シング・シング・シング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シング・シング・シング
ルイ・プリマ楽曲
リリース 1936年
規格 SPレコード
ジャンル ジャズスウィングビッグバンド
時間 ブランズウィック英語版 7628
作詞者 ルイ・プリマ

シング・シング・シング」(原題:Sing, Sing, Sing (With a Swing))は1936年に発表された「スウィンガーの王様」こと歌手トランペット奏者のルイ・プリマによって書かれたで、最初はニューオーリンズ・ギャングによって収録された。ブランズウィック・レコード英語版によって1936年2月28日に発売された。SPレコード規格では、「It's Been So Long」がB面に収録されている。この曲はスウィング・ジャズの代表曲の一つとして知られており、ビッグバンドやスウィング演奏家の間でよく演奏されている。特にフレッチャー・ヘンダーソンが編成を担当したベニー・グッドマン楽団のそれは有名である。

概要[編集]

トロンボーンとトランペットの掛け合いによる躍動感あるイントロ、サクソフォーンとトランペットが奏でるマイナーキーにもかかわらずダンサブルで華やかなメロディ、延々と続くドラムソロが印象的な楽曲であり、スウィング・ジャズの特徴を余すところ無く盛り込んだ一曲である。さらには後述のベニー・グッドマンの影響もあってクラリネットのソロでもお馴染みである。

1938年ベニー・グッドマン楽団がカーネギー・ホールでのコンサートで演じて以来、同楽団の代表曲として知られる。特に、当時の同楽団の看板ドラマー・ジーン・クルーパの黒人的なドラムソロは、ジャズ界におけるドラムの認識を覆すほど革新的で、シング・シング・シングといえば、誰しもがまずジーン・クルーパのドラムソロを連想するほどだった。グッドマンは、差別の激しい時代に黒人ジャズマンを楽団に採用した、リベラルな白人としても知られている。

以後も数々のビッグバンドによってカバーされ、日本映画スウィングガールズ』でも特徴的に取り上げられている。同国では1959年の『第10回NHK紅白歌合戦』で朝丘雪路が歌唱した。

近年では吹奏楽向けのアレンジもなされ、吹奏楽の曲の一つとして取り上げられることも多い。

また、フィギュアスケートのプログラムにもよく使用されている。2001-2002シーズンに本田武史(途中で「ドン・キホーテ」に変更)、2005-2006シーズンにジェフリー・バトル、2009-2010シーズンにレイチェル・フラットデニス・テンなど、それぞれのフィギュア選手がショートプログラムに同曲を採用した。

BSイレブンの「柳家喬太郎のイレブン寄席」には、ベースと三味線を組み合わせたアレンジ版がテーマソングとして起用されている。

日本での著作権権利者には、俳優の高島忠夫も名を連ねている。これは、彼がこの曲をいたく気に入り、直訴したという話がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]