ジーン・クルーパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジーン・クルーパ
Gene Krupa
Gene Krupa.jpg
1946年6月、ニューヨークにて
基本情報
出生名 Eugene Bertram Krupa
生誕 1909年1月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 シカゴ
死没 (1973-10-16) 1973年10月16日(64歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル ジャズ
スウィング・ジャズ
ディキシーランド・ジャズ
ビッグバンド
職業 ドラマー作曲家バンドリーダー
活動期間 1927年 - 1973年
レーベル RCAビクターコロムビアClef RecordVerve Record
共同作業者 ベニー・グッドマン
著名使用楽器
Slingerland、Zildjian

ジーン・クルーパ(Gene Krupa, 本名:Eugene Bertram Krupa, 1909年1月15日 - 1973年10月16日)は、アメリカ合衆国ジャズドラマー。2人の姉、6人の兄の末っ子として育つ

スウィング期を代表する名ドラマーであり、それまで伴奏楽器だったドラムにスター性をもたらした、ジャズ・ドラム史における最も偉大なドラマーの1人。その影響はジャズ界だけにとどまらず、レッド・ツェッペリンジョン・ボーナムキッスピーター・クリス、ハードロック・ドラミングのパイオニアとして知られるカーマイン・アピスベンチャーズメル・テイラーなどが、クルーパを憧れの対象とした。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1909年1月15日、シカゴに生まれる。父親はポーランドからの移民だった。幼少からサックスや打楽器などに親しみ、先輩のデイブ・タフに連れられてルイ・アームストロング楽団の名ドラマー、ベイビー・ドッズ、ズティ・シングルトンなどに師事し、ニューオリンズ・スタイルのドラミングを身に付ける。クルーパのドラムに対する姿勢は、非常に練習熱心で研究家であったといわれている。アフリカにおける太鼓のルーツも熱心に研究していたとされる。

デビュー[編集]

1927年の初め、クラリネット奏者のメズ・メズロウに楽団への参加を請われて、メジャー活動を開始する。また、この楽団でクルーパが世界で初めてタムタムやバスドラムを録音に使用した事でも知られる。エディ・コンドンやレッド・ニコルズ&ヒズ・ファイブ・ペニーズといったディキシー・スタイルのジャズバンドを中心に活動を幅を広げ、次第にその実力を知られるようになる。またニコルズ楽団に居たグレン・ミラーから音楽理論を4部音符、8部音符から教わり、新しいフレーズはいつも彼に歌ってもらってから頭に入るまで練習したという。

ベニー・グッドマン楽団時代[編集]

1934年12月、かねて交流のあった、同じシカゴ出身のベニー・グッドマンに誘われ、ベニー・グッドマン楽団に参加。 1935年、ジャズ史では伝説として語られる、ロサンゼルスのパロマー・ボールルームでの演奏では、ベニー・グッドマン楽団としての大成功はもとより、エキサイティングなクルーパのドラミングが注目され、一躍スター・ドラマーとなる。

同楽団で数々の名演を残すが、中でも「シング・シング・シング」での黒人が叩いているようなプリミティブでアフリカ的な激しいドラム・ソロは、ジャズにおけるこれまでのドラムの位置づけを覆す一大センセーショナルを巻き起こした。そして、それまで伴奏楽器としての扱いに過ぎなかったドラムをフロントのスター楽器に押し上げ、ソロ楽器として確立させることに多大な貢献をした。 今ではスタンダード・ナンバーとなっている「シング・シング・シング」のドラム・ソロは、クルーパの代名詞ともいえる存在であり、米国内にとどまらず、日本でもジョージ川口猪俣猛といった、日本ジャズ界の黎明期のドラマー達にも多大な影響を与えた。日本のジャズドラマーで第21回日本レコード大賞プライヤー賞を受賞した泉君男はクルーパと共演している。

また、クルーパはルックスも良かったことから、一介のドラマーでありながらアイドル的な人気を博し、映画などにも出演した。

独立[編集]

1938年にベニー・グッドマン楽団を退団してからは、ジーン・クルーパ楽団を創設。ここでクルーパは、ロイ・エルドリッジ(tp)やアニタ・オデイ(vo)、バディ・デフランコ(cl)、チャーリー・ヴェンチュラ(sax)、レッド・ロドニー(tp)といった才能ある人材を発掘して高い人気を博し、バンド・リーダーとしても高い手腕を発揮する。なかでもアニタ・オディはクルーパの楽団に入る前、ベニー・グッドマンのオーディションを受けていたが、「歌に対する感性が足りない」と不採用になっていた。こういったクルーパのミュージシャンを見抜く目は演奏スタイルの異なるプレイヤーにも敏感であり、セロニアス・モンク(p)のバンドのドラマーであったダニー・リッチモンドを高く支持、支援した。また、来日時には秋吉敏子(p)のプレイを耳にし、彼女はアメリカに連れて帰っても大成すると言い切った。 なお、秋吉は後にクルーパと同じノーマン・グランツのレコード会社Clef( Verve)と契約し、レコーディングを行った。

また、人種差別の激しかった当時において、クルーパはベニー・グッドマン同様、そうした偏見を持たずに団員を採用していたことも評価に値する。黒人であるロイ・エルドリッジは、クルーパ楽団の楽団員であるにもかかわらず、出演先のホールで警備員に入館を拒否されるといった事態が発生することがしばしばあったが、クルーパは「うちの楽団のスターに失礼なことをするな」といって怒ったという。

テクニックが絶頂時のバンドのスランプ[編集]

1990年頃、日本ジーン・クルーパ協会のジョージ川口へのインタヴュー(電話録音) では、1940年代(38年独立以降) ベイシーエリントンウディ・ハーマンチャーリー・バーネット、グレン・ミラーなどと比べてレコードの販売数や人気が低いのは何故かと質問したところ「ビッグバンドのバンドカラーが薄かったから」とし、「また日本ではトラディッショナル・モダン問わず、マイルスコルトレーン等、進化型のミュージシャンが圧倒的に人気がある事も理由だね。」と答えている。

冤罪による投獄[編集]

1943年に大麻所持の疑いをかけられて投獄され、クルーパ楽団は解散の憂き目に合う。彼の失態を聞きつけた元妻(1941年離婚)であるエセルはクルーパとの離婚の際に支払われた10万ドルの小切手をそっくりそのまま彼に手渡し、再度エセルと再婚する事となった。釈放後はベニー・グッドマン楽団やトミー・ドーシー楽団を経て、自分の楽団を再結成するが、商業的にはかつての勢いを取り戻すことは難しくなった。バディ・デフランコ曰く、彼は非常に冷静かつ人間的にも良い人だったので、事件(冤罪)はとても悲しい事であったと後日、語っている。激しい競争音楽社会においてクルーパのみならず冤罪は多く、同楽団から独立したオデイもはめられたと語っている(もっとも彼女は薬はやっていたと自身で語っている)。

来日[編集]

第二次世界大戦後はRCAにビッグ・バンドでの録音を残したが、すぐに小編成のコンボで活動し、1952年(昭和27年)4月19日 東京羽田に初来日時はチャーリー・ベンチュラ(sax)、テディ・ナポレオン(p)のトリオであった。東京(銀座)~横浜~名古屋~大阪(梅田)での公演、また当時築地にあった日本ビクター・スタジオにてレコーディングを行い、6曲を吹き込み、SP盤とEP盤で発売された。日本向けとして「荒城の月」日本の童謡である「証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)」も吹き込まれた。 収録時、クルーパはタヌキの事をスタッフに詳しく尋ねるも、そもそもタヌキはアメリカには生息しないためにプロデューサーの河野隆次が証城寺の絵本を持ってきてクルーパはその本をタムの上に置き15分程無言で考え込んだのちに、スタッフ達がもうあきらめて別の曲で行こうという時にクルーパは「よし、思いついた!イントロはこれで行こう!テディ、これでどうだ?」と後はトントンと録音が進んだ。狸がちょこまか動く様子をテーマに入れ、ドラム・ソロでは狸が腹づつみを打つイメージをシンプルに表現している。また、クルーパ楽団のヒット曲「ドラム・ブギ(Drum Boogie)」は、これまでビッグ・バンドでしか演奏をした事がなく、トリオでレコーディングするのはこの来日時が初めてであったとされるが、来日の前月の3月にClefレーベルに同メンバーでレコーディングされており、SP盤、LP盤、EP盤で発売された。

また来日時に分かった事としてドラムセットを収める8個のトランク以外にもう中が3段に分かれている箱があり、ドラムセット補修用の小道具と代替部品が入れられていた。ステージ本番でどこかに故障が出来て、応急な場合もこれならば慌てず対処出来るということである。その心がけや支度の良さに当時の日本のバンドボーイは感激し、頭が下がった思いになったという。またセット以外の荷物の他に大きなスーツケースがありどこでもクルーパの近くに置かれていた。これは替えの下着類一式がぎっしりと詰め込まれていて、1ステージが終わると、頭の先からつま先まで全身汗だくになるので1ステージごとに着替える必要があったからだった。

NHK交響楽団、新交響楽団、日本交響楽団のティンパニー奏者だった小森宗太郎が通訳を通じてクルーパと対面した。畑は違えど同じ打楽器奏者として聞いておきたいという事であったが、小森のクルーパに対する感想は「ドラムとしてもバンドとしても完全無欠です」とただ一言云っただけで感動しきっていた。クルーパも小森の素性を見抜きクルーパは「私もティンパニを叩く事がある」と言って暫しの時間会談を交わしたという。

翌年、1953年11月、ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック(JATP)のツアーに参加して2度目の来日を果たす。また、この頃来日したアメリカのジャズメン達が、日本に第一次ジャズ・ブームを生み出す火付け役となった。 この頃遠征を行った先にはスウェーデンやオーストラリア、ベルリン等がある。後に1964年にはワールド・ジャズ・フェスティバル出演のため、自己のカルテットで3度目の来日をした。

クラシック音楽への挑戦[編集]

1950年代後半はレギュラーでのライブ・ツアーの他にラヴェルやリムスキー・コルサコフ、エドワード・マクダウェル、ベート-ヴェンなどにも取り組み、実際レコーディングも行ったが発売には到らなかった。

友人でもあるレナード・バーンスタインと「ジャズは交響曲に影響を与えたか?」という対談を行い、クルーパは決して影響は与えてないとしたものの、バーンスタインは確かに影響を与えていると語った。

晩年[編集]

後年クルーパは心臓病を患って激しいプレイが出来なくなり、縮小した演奏活動の中でテレビ出演やドラム・バトル、グッドマンとの再演などをこなすが、1970年代に入っても素晴らしい演奏を聞かせた。現に、死の前年1972年に行われたルイ・アームストロングの追悼コンサートではカウント・ベイシー、デューク・エリントン、ディジー・ガレスピーデイヴ・ブルーベック等大物が出演した中でもスタンディングオベーションが沸き起こったのはグッドマン・クルーパ・カルテットだけであった。実際はジョージ・デュヴィヴィエが加わってのクインテットであったが、あくまでアナウンスは「オリジナル・ベニーグッドマン・カルテット」であった。

1973年10月16日、白血病によりニューヨークで逝去。

プレイスタイル [編集]

スウィング期の黄金時代に活躍したドラマーであるが、プレイスタイルはニューオーリンズやディキシーがベースになっており、そこにドライブ感溢れるスウィングのノリが加わった独特の雰囲気を作り上げている。 手数や技巧に走るタイプではなく、演奏はシンプルであるが、ソロを取ってもバンドをドライブさせても超一級品のバランスの良いプレイヤーである。ドラム・ソロのイメージが強い彼も、レコーディングではバディ・リッチやルイ・ベルソン等と比べても、ソロは少なく控えめであった。またマイルス・デイビス等とは対極的にライブでは常に観客の反応をよく観て演奏していたと言われる。

演奏中の顔通りの音を出し、初期は4分音符でライドし、2拍・4拍を軽いプレスでスネアの上を転がし、シングル・ストローク・ロールによるアクセントを利用したリズムが彼の持ち味だったが、のちにニューヨークへ戻り、ドラムテクニックを一から見直す修行をしたという。昼間は練習パッドで7時間程度の個人練習を行い、夜にはステージでソニー・グリアーなどの優れたドラマーやタップダンサーを見て勉強し、自分のスタイルを作っていった。バッキングをしているだけでもその存在感は相当なものがあり、フィルインでのシンプルなスネアのアクセントや、バスドラムの一発だけで聴衆を沸かすことができる強烈な魅力を持つ。

当時、クルーパを幼少時から憧れのドラマーとして尊敬していたピーター・クリスキッスに加入する前の下積み時代に同じステージに立つ機会があり、生前のクルーパから直接テクニックを学んだ。その姿勢に関心したクルーパはピーターに対して数々の自らのテクニックを伝授した逸話がある。ジャズ界ではルイ・ベルソン(Louis Bellson),ミッキー・シーン(Mickey Sheen) などがジーン・クルーパ・ドラムコンテスト(スリンガーランド社の主催する)で優勝した。 またモダン・ドラマーの「ダニー・リッチモンド」の演奏に感銘を受け、スリンガーランド社に彼を推薦した。

バディ・リッチとの関係[編集]

同時期に活躍した名ドラマー、バディ・リッチとライバル的に扱われることが多く、実際にリッチとは恋人を取り合ったりと(バディ・リッチの妻はクルーパの元恋人)、ドラマーとしてもプライベートでもライバル同士であったが、お互いの友情はクルーパが死ぬ直前迄厚かったという。クルーパは年下のリッチと度々、ライブやレコーディングで共演を行った。バディ・リッチが亡くなった時の死亡記事によると、リッチ自身のお気に入りのレコードの三枚の中には、クルーパとのドラムバトルのレコードが含まれていたという。

関連項目[編集]