ジェフリー・バトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif ジェフリー・バトル
Jeffrey BUTTLE
Figure skating pictogram.svg
Jeffrey BUTTLE 2008 World Championships – Men.jpg
2008年世界選手権でのジェフリー・バトル
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: (1982-09-01) 1982年9月1日(34歳)
出生地: オンタリオ州の旗 オンタリオ州バリー
身長: 173 cm[1]
コーチ: リー・バーケル[1]
ラファエル・アルトゥニアン(2004-2008)[1][2]
元コーチ: ダグラス・リー
振付師: デヴィッド・ウィルソン[1]
所属クラブ: サドベリーSC[3]
引退: 2008年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 245.17 2008年世界選手権
ショートプログラム: 83.85 2008 四大陸選手権
フリースケーティング: 163.07 2008年世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
2006 トリノ 男子シングル
世界選手権
2005 モスクワ 男子シングル
2008 ヨーテボリ 男子シングル
四大陸選手権
2002 全州 男子シングル
2004 ハミルトン 男子シングル
2007 コロラドスプリングス 男子シングル
2008 高揚 男子シングル
グランプリファイナル
2004 北京 男子シングル
2005 東京 男子シングル

ジェフリー・バトル英語: Jeffrey Buttle, 1982年9月1日[1] - )は、カナダの元フィギュアスケート選手(男子シングル)、プロスケーター、振付師。2006年トリノオリンピック男子シングル銅メダリスト。2008年世界選手権優勝。

人物[編集]

1982年9月1日、オンタリオ州スムースロックフォールズで[4][5]、イギリス系カナダ人の家に生まれる。4人家族で、父、母、姉がいる。子供のころ語学教室でフランス語を学び、英語フランス語バイリンガルとなった。現在はトロント大学化学工学を専攻する学生でもある(現在は休学中)[6]

現役時代は競技者でありながらノービスの審査資格も持っており、選手の振り付けや指導を行うこともあった。金妍兒に振り付けをしたこともある[7]

引退後、オープンリーゲイとしてトロント・ゲイ・アイスホッケーリーグ所属のアイスホッケーチームに加入し、29歳にして個人競技から団体競技に挑戦を始めた[8][9]。またメダルやオリンピックユニフォームなどをCLGA(カナダ・レズビアン・ゲイ・アーカイブス)に寄贈することを公表した(結局CLGAから丁重に断られた)[10][11][12]。2014年2月には結婚をした。[13]

美しいスケーティングとエッジワーク、イナバウアーなどのムーブ・イン・ザ・フィールドが持ち味[14]。新採点システムで躍進した選手のひとりで、ステップ[15]スピンなどの質を高めることで高得点を上げてきた[14][16][17]

経歴[編集]

2歳でスケートを、5歳くらいからフィギュアスケートを始めた[18]。7歳のとき、コーチになったばかりのリー・バーケルのもとについた[19]。10歳くらいのころには、2歳年上の姉ミーガンとアイスダンスで競技することもあった[18]。同時にバレエにも取り組んでおり、13歳のころにはカナダ国立バレエ学校から入学許可を得ていた[2]。2001-2002シーズンのNHK杯で、グランプリシリーズ (GPシリーズ) 初参戦ながら2位となった[20]四大陸選手権では初出場初優勝。カナダ選手権では3位に入っていたが、カナダのソルトレイクシティオリンピック出場枠は2つしかなく、出場できなかった。世界選手権でも補欠だったが、エルビス・ストイコが欠場したため出場した[21]

2002-2003シーズン、四大陸選手権のショートプログラムで4回転-3回転のコンビネーションジャンプに成功し、4位となった。2003-2004シーズン、NHK杯でGPシリーズ初優勝を飾る。GPファイナルへの出場権を得たが棄権。世界選手権への出場は逃したが、四大陸選手権 で2度目の優勝を果たした。

2004-2005シーズンからラファエル・アルトゥニアンに師事した。カナダ選手権で初優勝し、GPファイナル世界選手権でも2位となる活躍を見せた。2005-2006シーズン、GPシリーズで表彰台に上がり続け、カナダ選手権も連覇。トリノオリンピックでは、SPでジャンプの転倒があり出遅れるが、フリースケーティング(フリー)では4回転トウループの転倒がありながら演技構成点で高い評価を受けるなどして追い上げ、銅メダルを獲得した。続いて地元カナダのカルガリーで行われた世界選手権では、ショートプログラムで3回転ルッツの失敗もあって出遅れ、3回転ジャンプのみで構成したフリースケーティングでは大きなミスはなかったものの追い上げはならず、総合で6位に終わった。

2006-2007シーズンは背中の疲労骨折に悩まされ、GPシリーズを欠場[22]。カナダ選手権で3連覇を達成。四大陸選手権 では、SPで首位に立ちながらフリーでジャンプの失敗が相次ぎ2位となった。世界選手権でも、SPはパーソナルベストの演技で2位につけたものの、フリーで精彩を欠いて6位に終わった。

2007-2008シーズン、GPシリーズでは本来の演技ができず、カナダ選手権でもパトリック・チャンに敗れた。しかし四大陸選手権ではパーソナルベストを更新して2位となった。世界選手権では4回転ジャンプを外す戦略で臨み、完成度の高い演技で初優勝。SPの『アディオス・ノニーノ』は、2008年6月のISUのコンポーネンツセミナーにおいて「ストーリー性はなくてもすべてが統一されて、絶対的に素晴らしかった」と評された[23]

2008年9月にアマチュア引退を表明。出場を予定していたスケートカナダでは、場内解説のコメンテーターを務めた[24]。現在はプロスケーターとして活躍する傍ら、振付師としても活動している。2012年、第1回メダルウィナーズオープンの男子シングルで優勝。一方、同じ時期に「社会を共有できるチームメートが欲しい」と氷上の団体戦であるアイスホッケーに挑戦。「できるなら60代まで続けたい」と意気軒高だが「自分の知識不足を耐え忍ぶチームメイトらに勇気づけられる」腕前である(上述外部リンク参照)。

主な戦績[編集]

大会/年 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08
冬季オリンピック 3
世界選手権 8 15 2 6 6 1
四大陸選手権 1 4 1 2 2
カナダ選手権 7 N 2 J 10 6 9 3 2 3 1 1 1 2
GPファイナル 棄権 2 2
GPスケートカナダ 7 2 3 2 3
GPロシア杯 4
GPエリック杯 1
GP中国杯 1
GPNHK杯 2 5 1
ボフロスト杯 2
シェーファー記念 3
ネーベルホルン杯 7 2
世界Jr.選手権 7
JGPハルビン 4
JGPウクライナ記念 3
JGPSBC杯 6
JGPスケートスロベニア 4
JGPブラオエン 6

詳細[編集]

2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年10月4日-日 2014年ジャパンオープンさいたま - 5
136.08
2
団体


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年10月5日-日 2013年ジャパンオープンさいたま - 5
127.43
2
団体


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年10月6日-日 2012年ジャパンオープンさいたま - 3
160.86
2
団体


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年10月1日-日 2011年ジャパンオープンさいたま - 4
138.33
1
団体


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年10月2日-日 2010年ジャパンオープンさいたま - 6
128.39
2
団体


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年10月3日-日 2009年ジャパンオープンさいたま - 2
142.26
2
団体


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 1
82.10
1
163.07
1
245.17
2008年2月11日-17日 2008年四大陸フィギュアスケート選手権高陽 3
83.85
2
150.17
2
234.02
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権バンクーバー 1
80.80
2
149.05
2
229.85
2007年11月22日-25日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 6
65.16
3
136.61
4
201.77
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 3
66.85
3
131.92
3
198.77


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年4月29日-日 2007年ジャパンオープンさいたま - 2
140.73
3
団体
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 2
79.90
8
135.06
6
214.96
2007年2月5日-11日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 1
77.72
2
146.24
2
223.96
2007年1月15日-21日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 1
78.85
1
153.98
1
232.83


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年5月14日-日 2006年ジャパンオープンさいたま - - - 2
団体
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 2
34.48
7
73.30
7
133.81
6
241.59
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 6
73.29
2
154.30
3
227.59
2006年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 1
38.51
1
77.01
1
151.38
1
266.90
2005年12月16日-18日 2005/2006 ISUグランプリファイナル東京 - 2
76.00
2
138.34
2
214.34
2005年11月17日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ - 1
76.08
1
139.40
1
215.48
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ - 1
74.53
3
126.66
2
201.19


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 4
32.00
3
77.39
2
136.30
2
245.69
2005年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ロンドン 2
34.35
1
70.93
1
156.95
1
262.23
2004年12月16日-19日 2004/2005 ISUグランプリファイナル北京 - 2
76.45
2
140.20
2
216.65
2004年11月11日-14日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 - 1
76.00
1
135.20
1
211.20
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファクス - 1
72.15
5
119.70
3
191.85


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年1月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン - 1 1 1
2004年1月5日-11日 カナダフィギュアスケート選手権エドモントン 1 2 4 3
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 - 2
71.70
1
139.30
1
211.00
2003年10月30日-11月3日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ - 4
67.95
2
141.68
2
209.63


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 6 8 19 15
2003年2月10日-16日 2003年四大陸フィギュアスケート選手権北京 - 5 5 4
2003年1月6日-12日 カナダフィギュアスケート選手権サスカトゥーン 1 4 2 2
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯京都 - 4 5 5
2002年10月30日-11月3日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ - 5 7 7


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月16日-24日 2002年世界フィギュアスケート選手権長野 4 7 12 8
2002年1月21日-27日 2002年四大陸フィギュアスケート選手権全州 - 2 2 1
2002年1月8日-13日 カナダフィギュアスケート選手権ハミルトン 5 4 3 3
2001年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯熊本 - 4 2 2
2001年10月10日-13日 2001年カールシェーファーメモリアルウィーン - 6 2 3
2001年9月4日-7日 2001年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 3 2 2


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年2月26日-3月2日 2001年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 6 11 4 7
2001年1月16日-21日 カナダフィギュアスケート選手権ウィニペグ 5 14 7 9
2000年10月12日-15日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン - 11 3 4
2000年9月21日-24日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念キエフ - 4 3 3
2000年9月5日-8日 2000年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 7 6 7


1999-2000 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2000年1月26日-30日 カナダフィギュアスケート選手権カルガリー 7 6 6
1999年11月19日-21日 ISUジュニアグランプリ SBC杯長野 4 6 6
1999年10月21日-24日 ISUジュニアグランプリ スケートスロベニアブレッド 5 4 4


1998-1999 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1999年1月26日-31日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 11 9 10
1998年10月7日-10日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 3 8 6


1997-1998 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1998年3月26日-29日 1998年ムラドストトロフィー ジュニアクラス(ザグレブ 1 1 1


プログラム[編集]

シーズン[25] SP FS EX
2008-2009[26] May in the backyard
作曲:坂本龍一
振付:デヴィッド・ウィルソン
ピアノと弦楽のためのエクローグ
作曲:ジェラルド・フィンジ
振付:デヴィッド・ウィルソン
Ribbon in the Sky
Personal Jesue
2007-2008[27] アディオス・ノニーノ
作曲:アストル・ピアソラ
振付:デヴィッド・ウィルソン

歌劇『道化師』より
作曲:ルッジェーロ・レオンカヴァッロ
振付:デヴィッド・ウィルソン
映画『アララトの聖母』より
作曲:マイケル・ダナ
振付:デヴィッド・ウィルソン
歌劇『道化師』より
作曲:ルッジェーロ・レオンカヴァッロ
ステイ・オア・ゴー
曲:ザ・クラッシュ
Tracks of My Tears
2006-2007 アディオス・ノニーノ
作曲:アストル・ピアソラ
振付:デヴィッド・ウィルソン
Go the Distance 映画『ヘラクレス』より
ボーカル:マイケル・ボルトン
High
ボーカル:ジェームス・ブラント
ステイ・オア・ゴー
曲:ザ・クラッシュ
2005-2006[17] シング・シング・シング
作曲:ルイ・プリマ
振付:デヴィッド・ウィルソン
歌劇『サムソンとデリラ』より[28]
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:デヴィッド・ウィルソン

グレン・グールドに捧げる クラシックバリエーション[29]
楽劇『トリスタンとイゾルデ』より
作曲:リヒャルト・ワーグナー
6つのピアノ小品
ピアノ組曲 作品25
作曲:アルノルト・シェーンベルク
舞い踊る愛撫
作曲:アレクサンドル・スクリャービン
ゴルトベルク変奏曲
平均律クラヴィーア曲集 第1巻BWV847
マルチェッロの主題による協奏曲第3番
作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
振付:デヴィッド・ウィルソン
I Love A Piano
作曲:アーヴィング・バーリン
アヴェ・マリア
演奏:イースト・ヴィレッジ・オペラ・カンパニー
フィックス・ユー
曲:コールドプレイ
Feeling Good
ボーカル:マイケル・ブーブレ
2004-2005 前奏曲嬰ハ短調
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
振付:デヴィッド・ウィルソン
ナコイカッツィ
作曲:フィリップ・グラス
振付:デヴィッド・ウィルソン
Sunglasses At Night
曲:コリー・ハート
アヴェ・マリア
演奏:イースト・ヴィレッジ・オペラ・カンパニー
Hurt
曲:ジョニー・キャッシュ
2003-2004 テイク・ファイヴ
作曲:デイヴ・ブルーベック
演奏:ポール・デスモンド
振付:デヴィッド・ウィルソン
歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:デヴィッド・ウィルソン
Lonely Christmas Eve
曲:ベン・フォールズ・ファイヴ
Angels
ボーカル:ロビー・ウィリアムズ
Do Nothing Till You Hear From Me
ボーカル:ロビー・ウィリアムズ
2002-2003 映画『陰謀のセオリー
作曲:カーター・バーウェル
振付:デヴィッド・ウィルソン
チェロ協奏曲
作曲:エドワード・エルガー
振付:デヴィッド・ウィルソン
Lonely Christmas Eve
ベン・フォールズ・ファイヴ
Angels
ボーカル:ロビー・ウィリアムズ
7 Days
曲:クレイグ・デイヴィッド
2001-2002 映画『ラストエンペラー』より
作曲:坂本龍一
振付:デヴィッド・ウィルソン
映画『』より
作曲:ニーノ・ロータ
振付:デヴィッド・ウィルソン
僕の歌は君の歌
曲:エルトン・ジョン
トラブル
曲:コールドプレイ

振付師としての主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.102
  2. ^ a b 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、 p.25
  3. ^ 『COLORS』p.26
  4. ^ 『COLORS』p.26
  5. ^ 『男子シングル読本』p.48
  6. ^ 『WFS35』p.45
  7. ^ 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.108
  8. ^ Olympic Skating Medalist Jeff Buttle Now Suits Up For Toront Gay
  9. ^ TGHA
  10. ^ Jeff Buttle - Come OUT and PLAY in support of The Stories Project
  11. ^ w:CanadianLesbian AndGayArchives
  12. ^ Gay Olympians support Come OUT and PLAY and The Stories Project
  13. ^ Jeff Buttle’s creative ideas come alive on the Stars on Ice tours
  14. ^ a b グランプリファイナル3日目エキシビション  ジェフリー・バトル 氷上の音楽「@nifty.sports」2005年12月20日、2010年1月23日閲覧
  15. ^ 2007年四大陸選手権ショートプログラムにおいてストレートラインステップとサーキュラーステップの2種類とも最高評価であるレベル4を獲得した。
  16. ^ 『COLORS』p.19, p.23
  17. ^ a b 『COLORS 2007』p.43
  18. ^ a b 斎藤貴子編『COLORS』p.23
  19. ^ 『COLORS 2007』p.88
  20. ^ ふつう初出場の選手には高得点が出ないとされるが、ジャッジのうち平松純子が5.7と高く評価(他のジャッジは5.2や5.3)している。『COLORS 2007』p.87
  21. ^ 『WFS35』p.44
  22. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.45
  23. ^ 『男子シングル読本』 p.92
  24. ^ 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.43
  25. ^ 『男子シングル読本』p.49
  26. ^ 『男子シングル読本』p.46
  27. ^ 「プログラムヒストリー」『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.57
  28. ^ トリノオリンピックを前に2シーズン前のプログラムに戻した。『COLORS』p.24
  29. ^ 邦題は『COLORS』p.26による

外部リンク[編集]