実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
The Red Army (国際英題)
United Red Army (欧州英題)
監督 若松孝二
脚本 若松孝二
掛川正幸
大友麻子
原作 掛川正幸
製作 尾崎宗子
大友麻子
製作総指揮 若松孝二
出演者 下記参照
音楽 ジム・オルーク
撮影 辻智彦
戸田義久
配給 若松プロダクション
公開 日本の旗 2007年8月26日[1]
湯布院映画祭
日本の旗 2007年10月20日[2]
東京国際映画祭
日本の旗 2007年12月9日[3]
(函館港イルミナシオン映画祭)
日本の旗 2007年12月22日[4]
シネマスコーレ先行上映)
ドイツの旗 2008年2月13日[5]
ベルリン国際映画祭
日本の旗 2008年3月15日
日本の旗 2008年3月20日
京大西部講堂
ドイツの旗 2008年4月3日[6]
(Nippon Connection Filmfest)
上映時間 190分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 2億円[7]
テンプレートを表示

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(じつろく・れんごうせきぐん あさまさんそうへのみち)は、2008年公開の日本映画。若松孝二監督。

概要[編集]

若松監督は本作品の構想を2005年の段階で明らかにしており、自身の集大成とも位置づけている。

内容は、ベトナム反戦運動公民権運動ヒッピー文化やパリ5月革命など世界的な左翼全盛の時代に、日本でも反権力的な学生運動が盛り上がっていたころが舞台である。その学生運動の中でも最も純粋であったがゆえに、真剣に革命の実現を信じた連合赤軍の若者たち。彼らが何に突き動かされ、どのような葛藤を経てあさま山荘事件へと至っていったのか、そしてリンチ事件へと至ったのか。連合赤軍側の立場から、彼らの生き様を描こうとしている。

本作品は低予算であり、制作費の一部はカンパでまかなわれた他、若松孝二監督が自宅を抵当にいれ、宮城県大崎市(旧鳴子町)の自身の別荘をあさま山荘のロケセットとして使用、解体までおこなって、ラストシーンの撮影が行われた。また、リアルさと現場での緊張感を優先させる為、出演者はオーディションの段階からマネージャーの帯同禁止、メイクや衣装も自前で用意させる、山岳ベースからあさま山荘シーンの撮影時には、宮城の山中での長期合宿等、焦燥感ある空気を画面に創り出す工夫が成されている。撮影は「順撮り」(ストーリーの順番)で行われたため、出演者達が段々憔悴していく姿がリアルである。長台詞が多いので、棒読みにならないよう感情を乗せるのが難しかったという。

逆の立場の映画として、連合赤軍と対峙する警察による視点で描かれた映画『突入せよ! あさま山荘事件』がある。

2007年12月22日に若松監督がオーナーの映画館シネマスコーレ名古屋市)で先行上映された後、翌2008年3月15日に全国公開が開始され、順次、各地で上映されていた。

出演者[編集]

連合赤軍

赤軍派
革命左派

連合赤軍に関連する人物

赤軍派
革命左派

その他

スタッフ[編集]

  • 監督・製作・企画:若松孝二
  • プロデューサー:尾崎宗子、大友麻子
  • 原作:掛川正幸
  • 脚本:若松孝二、掛川正幸、大友麻子
  • 撮影:辻智彦、戸田義久
  • 助監督・制作進行:井上亮太、千田孝一、河野建治、清水雅美、花木英里、福士織絵
  • 美術:伊藤ゲン
  • 小道具:千田孝一
  • ガンエフェクト:ビル横山
  • 音楽:ジム・オルーク
  • 照明:大久保礼司
  • 録音:久保田幸雄
  • メイキング:竹藤佳世
  • キャスティング:小林良二
  • スティール:掛川正幸

受賞歴[編集]

関連書籍[編集]

舞台[編集]

同名タイトルの舞台化作品が、2017年3月にSPACE雑遊で上演予定。演出はシライケイタ(劇団温泉ドラゴン)が担当[8]

連合赤軍元メンバーからの批判[編集]

連合赤軍元メンバー加藤倫教は連合赤軍事件に関するインタビューの中で本作について話が及んだ際に本作の終盤の劇中で加藤元久が言うセリフに対して批判的に語っている。

「映画を見て感動したというひとが、僕のまわりにもたくさんいるんだけど、それは弟の言った言葉だというんです。しかし、それは事実としてはないこと。完全なフィクションであるならそれも構わないけれども、仮にも『実録』とタイトルをつけるかぎりは、違和感が拭えない。(中略)銃を持って交番を襲撃しろといったら、行くひとたちだった。それを『勇気がない』という一言でまとめられたんでは、ものすごく腹が立ちますね。それが間違っていると思っていたなら、行動するひとたちですよ。あるいは、組織を捨てて出たでしょう。間違っているんじゃないかという気持ちは、僕にもありましたよ。しかし、間違いだ、と言い切れない、『これはこういうことだから間違っている』と言うだけの論拠、確信がなかったんです」(中略)「若松さんに聞きたいことがあるかと言われたら、一つだけ。なぜあのような日本人ならわかるだろうという情緒的な落とし方に、どうしてしてしまったのか。あれでは『こう言いたいんだけど、言えなくて……』というのと、同じですよね。そして事が起きてしまったら、『ほんとはこうしたかったんだ』と弁解する。それと同じ扱いですよね。若松さんは、あの事件を単にそういうふうなことと理解したということなのか」[9]

関連項目[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湯布院映画祭にて。。。(『実録・連合赤軍』制作委員会公式ブログ)
  2. ^ 東京国際映画祭で上映(『実録・連合赤軍』制作委員会公式ブログ)
  3. ^ 函館港イルミナシオン映画祭スケジュール - 函館山山頂クレモナホール上映作品
  4. ^ シネマスコーレ初日、各回ほぼ満員でした!(『実録・連合赤軍』制作委員会公式ブログ)
  5. ^ ベルリン国際映画祭 報告03(『実録・連合赤軍』制作委員会公式ブログ)
  6. ^ Nippon Connection 2008, Frankfurt a. M: UNITED RED ARMY
  7. ^ nikkansports.com: 「若松監督私費2億投入『連合赤軍-』初日」(2008年3月15日16時25分)
  8. ^ “若松孝二生誕80年記念し「あさま山荘」舞台化決定、演出はシライケイタ”. ステージナタリー. (2016年5月30日). http://natalie.mu/stage/news/188953 2016年5月31日閲覧。 
  9. ^ 朝山実『アフター・ザ・レッド 連合赤軍 兵士たちの40年』角川書店、2012年

予告編[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]