食卓のない家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

食卓のない家』(しょくたくのないいえ)は円地文子の小説、およびそれを原作とした映画。小説は1979年新潮社より発売される。1970年代連合赤軍のメンバーによる山岳ベース事件あさま山荘事件日本赤軍による日本航空ハイジャック事件を材料としている[1]

あらすじ[編集]

電機メーカーに研究員として勤務する鬼童子信之は、妻と3人の子どもを持つ平凡な男であった。長男の乙彦は優秀であったが、進学した大学で、学生運動に熱中する。やがてセクトのリーダーとなった乙彦は、八ヶ岳の山荘で人質・籠城事件を起こして警察に逮捕されてしまう。逮捕の後、セクト内では同志殺人を起こしていたことが判明し、逮捕された学生たちだけでなく、その親たちにも世間の非難が集中した。彼らの中には退職したり、ついには自殺に追い込まれるものも出た。しかし、信之は「成人となった子どもの責任を負う理由はない」という姿勢を貫き、頑なに乙彦との面会を拒否し、謝罪も行わないことを明言した。そうした態度により信之はさらに激しい批判を受けることになる。

映画[編集]

MARUGENビル製作で1985年11月2日松竹富士系で公開され、小林正樹監督の遺作となった。作品そのものの版権と原盤のありかが不明確で、そのためソフト化はもちろん上映も困難だという[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本における『ロミオとジュリエット』佐野昭子、『帝京大学文学部紀要- 米英言語文化』第37号、平成18年度
  2. ^ 樋口尚文「80年代「異業種映画」の栄光と挫折」『1980年代の映画には僕たちの青春がある』キネマ旬報社、2016年

関連項目[編集]