川本源司郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MARUGENビルから転送)
移動先: 案内検索

川本 源司郎(かわもと げんしろう、昭和7年(1932年[1] - )は、日本実業家銀座中洲小倉などに「丸源ビル」の名称で多くの雑居ビルを所有する。日本の億万長者の1人として知られる[2]

人物[編集]

1932年福岡県小倉市(現・北九州市)の呉服屋「丸源」に生まれた[3][4]。子供のころの夢は「金閣寺に住みたい」であった[5]

地元小倉の私立常磐高等学校を卒業。慶応大学中退し家業を継ぐ[4]。もうけの大半を不動産投資[4]。高度経済成長による不動産価格の高騰で莫大な利益を上げ、貸しビル業に乗り出す[4]

呉服屋を廃業後、1960年に飲食ビル賃貸業に転じる[3]。家具付きで飲食店を貸し出す手法が人気を博し、事業は順調に伸び、福岡の中洲に進出する[3]

1972年には東京へ進出する[3]。2年後の1974年には、当時は飲食ビルが少なかった銀座の目抜き通りに10階建てのビルを建設[3]1980年には銀座に8棟のビルを所有するまでになった[3]。丸の中に「源」という赤いネオンは、夜の銀座の象徴にすらなった[3]。バブル期には、銀座をはじめ赤坂六本木、福岡の中洲などに計60棟ほどの飲食テナントビルを所有、約5,900のテナントが入居していた[3]

バブル期の総資産は1,000億円を優に超え、資産家として雑誌に度々登場[3]。映画『地平線』(新藤兼人監督)の制作に際し8億円をキャッシュで出した[3]。徹底した現金主義者として知られ借金もゼロ、クレジットカードすら持たず現金でできる範囲のことをやっていたために、バブル崩壊期もほぼ無傷で乗り切った。バブルも川本は異常な状態と認識し、競うように不動産に投資を行っていた銀行も信用せずに自らの目で物件を選んだ。こうした川本の冷徹な一面を虚無主義者と評する者もいた[5]

自身の事を『日本一の資産家』と自称し、かつては『1000億、2000億は簡単に動かせる』と豪語して回っていた。また、1996年ハワイに高級住宅を購入し、そこに低所得者を住まわせたり建物を管理せず放置して近隣住民とのトラブルになった。金銭に執着しない一面、税金の支払いには極度に消極的な姿勢を見せ「節税をしない経営者はバカ。無駄な税金を支払う必要はない」と公言。節税対策には細心の注意を払った[5]

丸源ビル[編集]

スナッククラブなどが多数入居するビル(ソシアルビル)が中心である。ビルには番号が付いており、例えば「丸源29ビル」のように表記される。ちなみに、1番は福岡県北九州市小倉北区京町にあったが、小倉駅前東地区第一種市街地再開発事業によるセントシティ北九州ビル(現在、コレットが入居)建設に伴い解体された。

また、売却されたビル[6]や、売却後解体されたビル[7]もある。

川本は不動産の管理に特定の会社を設けず、丸源興産、みなもと興産、丸源、丸源商事、東京商事など自身が代表を務める会社の設立と清算を繰り返してきた。

2013年3月4日、会社の所得約28億円を隠し、約8億円を脱税したとして、東京地検特捜部法人税法違反容疑で、5日に社長に対する強制捜査が行われた[8]。翌6日特捜部に法人税法違反で逮捕された[9]。同月25日に起訴[10]

2016年、北九州市にある2棟の丸源が所有するビルに防火設備の不備があるのに、改善命令に従わなかったとして、福岡県警察消防法違反容疑で、4月20日付けで代表の川本と法人としての丸源が書類送検された[11]

ハワイでの事業[編集]

1987年、ハワイカイの高級住宅176件を買収、1988年、ヘンリー・カイザーの邸宅をアメリカの個人住宅としては当時最高額の4255万ドルで買収。

2013年2月、ハワイの高級住宅街カハラに所有する不動産27戸のリフォームを巡り近隣住民とトラブルを起こしている[12]

映画[編集]

芸術関係にも造詣が深く、さまざまな映画の企画なども手がけた。なおこれらの映画は、川本の意志により、ビデオ化等はもとより、封切りを除きその後の公開を一切許されていない[13]。川本は映画製作から早々に手を引いたが、作品そのものの版権と原盤のありかが不明確で、そのためソフト化はもちろん上映も困難とする話もある[14]

  • 地平線 - スタッフ(製作)。監督:新藤兼人
  • 食卓のない家 - スタッフ(製作)。監督:小林正樹
  • 鹿鳴館 - スタッフ(製作)。監督:市川崑。丸源が製作、数億円を投じて再現された鹿鳴館の豪華セット、セリフを舞台風に読ませた大胆な演出などで話題になった。

家族・親族[編集]

川本家[編集]

2013年現在、川本は独身で、後継者も育ててこなかった[15]

周囲には「僕が死ねば資産は国に接収されて丸源は終わり。それでいい」と漏らしていたという[15]。ある知人男性は「あれだけの成功者なら、たいこ持ちのような人間を周囲に集めたり、若く美人な妻などを欲しいと思うもの[15]。しかし彼はそうしたものに興味がない[15]」と明かした。

あるとき、商売仲間が“結婚しない理由”を問いただすと、川本はこう答えていたという[16]。「子供ができて変なことされても困るからな[16]。この商売をやるのは俺1人でいいんだ[16]。」

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 「節税はゲーム」 謎のベールに包まれた億万長者、逮捕の「丸源ビル」川本容疑者2013年3月5日 産経ニュース
  2. ^ 月刊Forbes(フォーブス)2000年9月号<日本の億万長者>■〔デベロッパー・不動産〕岩崎福三(岩崎産業)/森章(森トラスト)/堤義明(西武鉄道)/糸山英太郎(新日本観光)/竹中統一(竹中工務店)/川本源司郎(丸源)/森稔(森ビル)
  3. ^ a b c d e f g h i j 「丸源ビル」の川本源司郎容疑者の逮捕が突きつけた「脱税と節税は紙一重」(後)
  4. ^ a b c d 一代で銀座の不動産王 脱税容疑で逮捕の丸源社長2013年3月5日 産経ニュース
  5. ^ a b c 産経ニュース(2013.3.10 12:00)「 地面に落ちた札束も拾わない男…逮捕の丸源オーナー、寂しさと達観の素顔」
  6. ^ データ・マックス ネットアイビーニュース中洲地区の丸源ビルの動き 2009年8月6日
  7. ^ ガゾーン関門北九州圏土木建築 - 旦過ホテル
  8. ^ 産経ニュース「丸源ビル」社長を強制捜査へ 十数億円所得隠し、法人税法違反容疑 東京地検 2013年3月5日
  9. ^ 「丸源ビル」元社長を逮捕 東京地検、8.6億円脱税の疑い 日本経済新聞 2013年3月5日付
  10. ^ 「丸源ビル」元社長を起訴 約10億円の脱税 日本経済新聞 2013年3月25日付
  11. ^ 丸源ビル社長ら書類送検 ビル2棟で消防法違反疑い 北九州 産経ニュース 2016年5月13日付
  12. ^ 「丸源ビル」川本源司郎ハワイの不動産買い占め大騒動
  13. ^ 『映画監督 小林正樹』岩波書店
  14. ^ 樋口尚文「80年代「異業種映画」の栄光と挫折」『1980年代の映画には僕たちの青春がある』キネマ旬報社、2016年
  15. ^ a b c d 「丸源ビル」の川本源司郎容疑者の逮捕が突きつけた「脱税と節税は紙一重」(後)
  16. ^ a b c 「丸源ビル」川本源司郎容疑者 81年間結婚しなかった理由女性自身、2013年03月17日

参考文献[編集]

関連項目[編集]