日本航空ハイジャック事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本航空ハイジャック事件(にほんこうくうハイジャックじけん)は、日本航空会社である日本航空が遭遇したハイジャック事件の一覧。

概要[編集]

1960年代後半から1970年代にかけ、日本赤軍などの日本の新左翼過激派によるテロ事件やハイジャック事件が多発した。特に日本の航空会社として唯一国際線を運航していた日本航空は、国外および国内で数度の被害にあっている。

過激派組織は日本の警察による摘発の強化や国民からの反発などが原因で1970年代後半には衰退し、国および航空会社によるハイジャック対策が功を奏したこともあり、1977年9月のダッカ日航機ハイジャック事件を最後として、過激派組織による日本航空機に対するハイジャック事件は発生していない。また、過激派組織による犯行以外にも、計画性に乏しい行き当たりばったりの犯行に至ったものもあった。

事件一覧[編集]

よど号ハイジャック事件[編集]

よど号ハイジャック事件とは、1970年3月31日羽田空港板付空港(現在の福岡空港)行きの日本航空351便(ボーイング727、乗員7名、乗客131名)が、富士山付近の上空を飛行中に、日本刀拳銃、手製爆弾などの武器を持った赤軍派学生を中心とした犯人グループによりハイジャックされた事件。犯人グループは航空機関士を拘束し、機長と副操縦士に対して北朝鮮平壌に向かうよう指示した。

この要求に対し機長は、北朝鮮に直接向かうには燃料が不足しているとして犯人グループを説得し、給油のため板付空港に着陸した。ここで女性や子供などの一部の人質が解放された。その後要求通り北朝鮮に向かおうとしたものの、韓国領空内で、韓国空軍機がソウル金浦空港へ誘導し着陸させた。その後韓国政府は犯人たちに平壌に到着したと偽装する工作を行ったものの失敗。4月3日に事件解決の為にソウルを訪問していた山村新治郎運輸政務次官が乗客の身代わりとなることで決着し、客室乗務員を含む人質全員を解放し、その後犯人グループとともに平壌に向かった。

その後同機は平壌郊外の飛行場に着陸し、犯人全員は北朝鮮当局に投降、その後亡命し、機長と副操縦士、山村政務次官らは4月5日に同機で帰国した。

ドバイ日航機ハイジャック事件[編集]

ドバイ日航機ハイジャック事件とは、1973年7月20日に、丸岡修ら4人の「被占領地の息子たち」と自称するPFLP日本赤軍の混成部隊が、爆弾等の武器を持ちパリアムステルダムアンカレッジ経由東京(羽田)行きの日本航空機(ボーイング747-246B型機 JA8109)をハイジャックし、アラブ首長国連邦ドバイ国際空港シリアダマスカス国際空港等を経由し、リビアベンガジにあるベニナ空港に着陸させた事件。

その後、乗員乗客141人の人質を解放後同機を爆破し投降した後、犯人グループは、ムアンマル・アル=カッザーフィー大佐率いるリビア政府の黙認の元逃亡した。

ダッカ日航機ハイジャック事件[編集]

ダッカ日航機ハイジャック事件とは、1977年9月28日フランスパリ南回り東京(羽田)行きの日本航空472便(ダグラス DC-8-62型、JA8033、乗員14名、乗客137名)が、経由地のインドボンベイ国際空港を離陸直後、拳銃手榴弾等で武装した日本赤軍グループ5名によりハイジャックされた事件。その後同機はバングラデシュダッカ国際空港に強行着陸し、犯人グループは人質の身代金として600万ドルと、日本で服役および勾留中の日本赤軍メンバー及び日本赤軍に加えようと目をつけた囚人9名の釈放を要求した。

これに対して福田赳夫内閣総理大臣が「人命は地球より重い」と述べて、身代金の支払いおよび、超法規的措置としてメンバーなどの引き渡しを決断。身代金と、釈放に応じたメンバーなど6名(3名は拒否)を特別機でダッカへ輸送し人質は全員解放された。

ちなみに、人質の段階的解放の最中にこの身代金を狙ったクーデターが起き、現地の管制塔が2時間ほど銃撃され、バングラデシュ全土でバングラデシュ要人を含む11人が殺害され、現地に派遣された日本政府や日本の報道機関の要員もクーデター軍に銃撃されかかった。この時、バングラデシュ側から機内の犯人へはクーデターが発生し、ハイジャック機内の身代金や、犯人一味や人質達の身柄がクーデター軍に狙われている事は伝えられずに「自分の身は自分で守れ」とクーデター軍への射撃許可を出している。これを受けて身代金強奪を恐れたバングラデシュ大統領令でハイジャック機は人質の一部を乗せたまま強制離陸させられ、日本の外務省が手配したアルジェリアに向かった。

その他[編集]

上記3件は全て日本赤軍及び赤軍派に関連する事件だが、過激派等の組織的背景はない単独犯により日本航空の旅客機が乗っ取られた事件としては以下がある。いずれも国内便において発生している。

日本航空351便ハイジャック事件[編集]

日本航空351便ハイジャック事件とは、1972年11月6日羽田空港福岡空港行きボーイング727を覆面をした男が乗っ取り、キューバへの亡命を要求。膠着状態の後、犯人は逃亡用にダグラス DC-8機を用意させ、乗客を解放したが、DC-8への移動時に逮捕された事件。在米日本人の単独犯であった。

日本航空903便ハイジャック事件[編集]

日本航空903便ハイジャック事件とは、1974年3月12日、羽田空港発那覇空港行きボーイング747を那覇空港着陸直前に青年が乗っ取り、2億円の身代金と那覇空港で給油のうえ羽田へ引き返すようを要求した事件。同空港着陸後、6時間余りにわたり乗客を人質に立てこもったが、同日夜、操縦席に突入した警察官らによって逮捕された。犯人は18歳の青年であった。

日本航空124便ハイジャック事件[編集]

日本航空124便ハイジャック事件とは、1974年7月15日伊丹空港発羽田空港行きダグラスDC-8を中年男が乗っ取り、元赤軍派議長を釈放した上で北朝鮮へ行くよう要求した事件。羽田に着陸後も機内に立てこもった末、翌日未明に再び機を離陸させ、名古屋空港に着陸の後説得に応じて投降し逮捕された。犯人は赤軍派とは無関係だった。

日本航空514便ハイジャック事件[編集]

日本航空514便ハイジャック事件とは、1975年4月9日千歳空港発羽田空港行きボーイング747が羽田空港の滑走路上を滑走中、男が乗員を拳銃で脅迫した事件。犯人は乗客を降ろした後に逮捕されたが、その際犯人は拳銃を発射した。

日本航空768便ハイジャック事件[編集]

日本航空768便ハイジャック事件とは、1976年4月5日バンコク・ドンムアン空港マニラ国際空港・伊丹空港経由羽田空港行きダグラスDC-8を、マニラ国際空港寄港中に男2人組が乗っ取った事件、伊丹を経由せずに羽田へ直行するよう要求されたが、犯人は説得の末逮捕された。

日本航空112便ハイジャック事件[編集]

日本航空112便ハイジャック事件とは、1979年11月23日、伊丹空港発羽田空港行きダグラスDC-10をナイフを持った中年男が乗っ取り、ソ連へ行くよう要求し、成田空港に強行着陸させた事件。犯人からの要求で給油作業を行っている間、客室乗務員が柔道の心得がある乗客を前方に集結させ、操縦室に突入の上犯人を取り押さえた。機長は犯人との格闘の際手の指を骨折した。犯人の男は逮捕時に数十円しか所持金がなく、犯行の動機も不明。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]