突入せよ! あさま山荘事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
突入せよ! あさま山荘事件
The Choice of Hercules
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 佐々淳行
『連合赤軍「あさま山荘」事件』
製作 佐藤雅夫
製作総指揮 原正人
出演者 役所広司
宇崎竜童
天海祐希
伊武雅刀
藤田まこと
音楽 村松崇継
撮影 阪本善尚
編集 上野聡一
配給 アスミック・エース東映
公開 日本の旗 2002年5月11日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10億円[1]
テンプレートを表示

突入せよ!あさま山荘事件』(とつにゅうせよ!あさまさんそうじけん)は、2002年5月11日に公開された日本の映画作品

長野県軽井沢町1972年2月19日から2月28日に起きた、連合赤軍あさま山荘事件を映像化した作品。原作は当時指揮幕僚団として派遣された佐々淳行の『連合赤軍「あさま山荘」事件』(文藝春秋刊)。

当初のタイトルは『救出』だったが、配給した東映・岡田茂会長(当時)の"鶴の一声"で『突入せよ!あさま山荘事件』に変更された[2][3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

史実と異なる点[編集]

  • 本人への配慮から、人質夫婦と長野県警関係者(佐々ら警視庁組と比較して大規模警備に不慣れで、体面ばかりを重んじる官僚として戯画的に描かれている)と犯人の名前を変えている。同様に、鉄球作戦に参加したクレーンを所有していた会社の社名、オペレータの風貌も実際とは異なっている。クレーン車も実際には社名の標記は無かった。
  • 機動隊の車両として登場する警視庁特型警備車消防車を改造したものだが、実際より小さく、形状・塗色も若干異なる。さらに機動隊の輸送車マイクロバス形)に1990年代になって製造が開始された日産・シビリアン(もしくはOEMのいすゞ・ジャーニー)を極力当時の車両らしく仕立てたものが登場する。また、機動隊員の装備品も当時存在しなかったものが一部使われている。
  • 機動隊員の出動服には、実際のものとは色調が異なる布地が用いられている。
  • 突入のシーンにおいて突然雪が降ったりすぐに晴れたりと天候が頻繁に変化している。実際の事件の際には天候にそれほどの変化はなかった。
  • 爆発物処理の手当てが農林水産省の技官の危険手当てよりも安い、と会話する場面があるが、農林水産省の設置は事件が発生した1972年から6年後の1978年である(事件当時は農林省)。また、警察官など『公安職』の基本給が、技官など『行政職』よりも高く設定されている点(言い換えれば、普段の基本給にも危険手当が含まれている点)についても言及されていない。
  • 作中に「雪国まいたけ」の段ボール箱が登場するが、同社がマイタケの出荷を始めるのは1983年のことである。
  • 映画の最終盤において、警察庁の兵頭参事官が警備の実施状況について指揮幕僚団を酷評しているが、これは事件当時の警察庁内に存在したと噂される評価を集約したものである。実際にそのような意見が存在したかはわかっておらず、兵頭参事官という人物も架空のキャラクターである。

その他[編集]

難局打開の鉄球
  • あさま山荘事件の舞台は長野県軽井沢町だが、山荘攻防戦のシーンの撮影は新潟県中頸城郡板倉町(現:新潟県上越市板倉区)で行われた。ロケ地となった上越市板倉区の光ヶ原高原には撮影記念碑があり、映画に使われた鉄球(「難局打開の鉄球」)が展示されている。
  • 現場の機動隊員が極寒の中、日清カップヌードルを食べているシーンがある。これは当時、同様の場面が全国に生中継され話題となったことに起因する。これによりカップヌードルの知名度が飛躍的に上がったとも言われ、あさま山荘事件の中でも非常に印象的な出来事であるとして映画でも再現されたという。
  • 劇中、剣道を行っているシーンは東京都文京区にある「野間道場」で撮影された[4]
  • 佐々淳行本人も映画館のシーンにエキストラの一人として出演しているほか、後田成美、宇田川信一も出演している。
  • この映画では、DVCPRO HDカメラである"VARICAM"(AJ-HDC27F)がメインキャメラとして使われ、全編デジタル撮影で収録された。フルハイビジョンではなく720p形式で撮影されている。この作品以降、VARICAM撮影による映画製作が急速に普及した。
  • 映画監督の若松孝二は本作を鑑賞の際、「権力側からの視点でしか描いていない」と私費を投じ『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』を連合赤軍の当事者の証言に基づき、主に反体制側の観点で映画化した[5]
  • 興行はあまり振るわず、原正人らは反省会を開き、「やはり今の時代は(題名は)"突入せよ"ではなく、"救出せよ"で行くべきだった」との結論に達した[3]
  • 映画公開前、あさま山荘事件が発生した際のサンケイ新聞号外復刻版が、映画をPRするためのチラシとして東京都内や大阪市内などで配布された。
  • 2006年6月12日月曜日21:00からTBS系列にて、地上波テレビでの初放映がなされた。

ソフト化[編集]

  • 突入せよ! 「あさま山荘」事件 DTS特別版(初回限定生産DVD2枚組、2002年11月1日発売、発売・販売元:アスミック・エース)
    • ディスク1:本編DVD
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー1(監督:原田眞人×撮影:阪本善尚)
        • オーディオコメンタリー2(原作:佐々淳行×プロデューサー:鍋島壽夫)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング・オブ「突入せよ!」
      • 監督撮影日誌
      • 監督自筆絵コンテと本篇の比較
      • 監督撮影台本抜粋
      • 未使用シーン&テイク集
      • シーン構成分析(一部マルチアングル収録)
      • HD720pカメラ「バリカム」解説
      • バリカムテスト映像「京華」(コメンタリー付き)
      • デジタルマット合成プロセス
      • 美術スタッフインタビュー
      • 未使用音楽集
      • 「あさま山荘」事件の背景
      • 完成披露試写会・初日舞台挨拶
      • 予告編集
      • ポスターギャラリー
  • 【TCE Blu-ray SELECTION】突入せよ! 「あさま山荘」事件 ブルーレイ スペシャル・エディション(BD1枚組、2012年9月5日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・TCエンタテインメント
    • 映像特典
      • メイキング・オブ「突入せよ!」
      • デジタルマット合成プロセス
      • 監督自筆絵コンテ
      • 未使用シーン&テイク集
      • 「あさま山荘」を再現する
      • 阪本善尚撮影監督インタビュー
      • 完成披露試写会
      • 初日舞台挨拶
      • 予告編集
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー1(監督:原田眞人×撮影:阪本善尚)
      • オーディオコメンタリー2(原作:佐々淳行×プロデューサー:鍋島壽夫)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 2002年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 「時代の証言者 映画を届ける 原正人(21)」読売新聞2013年11月30日
  3. ^ a b 第397回 原田眞人監督の時代劇、戦争映画、そして… | 広報ショートコラム
  4. ^ 野間道場は警視庁大塚警察署の裏手にあり、勤務する署員が師範として、生徒に稽古をつけている(現在は不明)。
  5. ^ “第63回毎日映コンの顔:/下◇腹立てぬと映画撮れない--監督賞・若松孝二”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年2月17日). オリジナル2009年2月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090220131100/http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20090217dde012200005000c.html 

外部リンク[編集]