突入せよ! あさま山荘事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
突入せよ! あさま山荘事件
The Choice of Hercules
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 佐々淳行
『連合赤軍「あさま山荘」事件』
製作 佐藤雅夫
製作総指揮 原正人
出演者 役所広司
宇崎竜童
天海祐希
篠原涼子
武田真治
椎名桔平
松尾スズキ
豊原功補
田中哲司
篠井英介
伊武雅刀
藤田まこと
音楽 村松崇継
撮影 阪本善尚
編集 上野聡一
配給 東映アスミック・エース
公開 日本の旗 2002年5月11日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10億円[1]
テンプレートを表示

突入せよ!あさま山荘事件』(とつにゅうせよ!あさまさんそうじけん)は、2002年5月11日に公開された日本の映画作品

長野県軽井沢町1972年2月19日から2月28日に起きた、連合赤軍あさま山荘事件を映像化した作品。原作は当時指揮幕僚団として派遣された佐々淳行の『連合赤軍「あさま山荘」事件』(文藝春秋刊)。

当初のタイトルは『救出』だったが、配給した東映・岡田茂会長(当時)の"鶴の一声"で『突入せよ!あさま山荘事件』に変更された[2][3]

スタッフ[編集]

あらすじ[編集]

物語は1972年2月19日、大雪で覆われた長野県軽井沢町地区から始まる。

長野県警察は、すでに山岳アジトの発見により大規模な山狩りから逃れて逃走中の、過激派連合赤軍メンバーを追っていた。しかし、逃走中の過激派一味はすでに県外の銃砲店襲撃で入手した数丁のライフル銃散弾銃および、大量の実弾のほか、手製のパイプ爆弾などで武装していた。そんな中で、冬場は比較的無人になりやすい別荘が点在する人里離れた地区を、捜索のためにパトカー1台で警ら中だった県警の機動隊五人が、道路際の積雪上に複数人の真新しい足跡を見つける。

さらに、足跡が『さつき山荘』という無人の民間施設敷地内へと続いていることから、パトカーに連絡員として木戸隊員を残し、有事に備えて全員の拳銃に実弾を装てんして四人で偵察に向かう。しかし、さつき山荘の建屋外周りで声を掛けながら拳銃を斜め上に向けての警戒捜索中に突然、建物の物陰からライフルを発砲しながら飛び出してきた過激派一味の急襲を受けて、これに応戦した機動隊員との間で銃撃戦となる。この激しい発砲音を聞き、パトカーに残っていた木戸隊員が腰を抜かしながらも必死に状況を伝えた緊急無線により、過激派一味が軽井沢町周辺に潜伏していたことが露呈する。その後、機動隊員の追っ手から逃れた過激派一味は、逃走中に偶然見つけたあさま山荘に侵入し、一人だけで留守番をしていた管理人夫婦の妻を人質に立て籠もってしまった。この時、主人はたまたま宿泊予定者を車で迎えるために外出していて難を逃れ、また結果的には過激派一味が車を使っての逃走も阻止された。

そのころ、警察庁内で英国SASから爆発物処理の研修を終え帰国した警察庁警備局付の佐々淳行警視正は、後藤田正晴警察庁長官から呼び出される。後藤田は長野県警の野間本部長は過激派鎮圧警備に不慣れであるため「ちょっと行って指揮してこいや」と言う。しかし佐々の年次では県警本部長の代理ができないため、警備局外事調査担当参事官の丸山昂警視監を団長とする指揮幕僚団を編成し、長野へ向かわせることを決定する。犯人逮捕にあたり後藤田は、"殉教者としないためにも過激派メンバー全員の生け捕り"、"人質の無事救出"、"銃器使用は警察庁の判断"などの方針を託し、指揮幕僚団を送り出す。

軽井沢に到着した佐々たちだが、現地対策本部となっていた軽井沢警察署内に設けられた合同の作戦会議で、既に現地入りしていた警視庁第九機動隊が、行動の要となる警視庁専用の警察無線設置を提案した。これに対して長野県警が、当初警察庁への「長野の人員だけで事足りるから、重装備だけ貸してくれ」といっていた手前、警察庁のお偉ら方や警視庁機動隊員多数が直接乗り込んできたことで、面子を潰されたことへの不満を持っていたために「こっちの県内系無線で事足りる」と、あっさり拒否した。佐々は現場の調和を重視し、しかたなく結果的には数日後に警視庁第二機動隊の応援が入るまでの間は、長野県警の広域通常用無線(県内系と呼ばれる県下全域を共用している無線)を使用した。しかし、山荘警備とはまったく関係のない通常の県内各地での交信も受信するために、これらとの激しい混信により指揮系統が麻痺する不備など、結果的には縄張り意識の強い長野県警との対立や、果ては県警との連体不足により無断で山荘入り口へ侵入した人質身代わり希望の民間人が、過激派一味により銃撃された挙句に病院で死亡し、結果的には初の死者を出してしまうなど、苦境に立たされる。

このような大混乱した状況下と、雪深い極寒の過酷な現場を連日連夜、日本中がテレビの前で釘付けとなって見守る中、軽井沢警察署に日々殺到する苦情電話に翻弄された挙句に、逆切れで叫びながら対応する女性電話交換手の人知れず裏方としての奮闘ぶりや、署内の記者会見場で毎日必ず定時で数回開かれる記者会見をめぐり、たとえ発表ネタがなくとも「えー、進展はありません。以上」っと言い切る発表側の佐々と、たとえ些細な進展でも待ちわびる記者たちとの間に起こっている無言の鍔迫り合い、挙句には人質の身代わり志願者が決意の証だとして『切断した小指を持参』した件への対応などを交えつつ、あさま山荘事件が当初の基本方針通りに「人質の無事保護および、犯人全員の生捕り」として、無事に解決することができるのだろうか。

そんな思いの中、後世に語り継がれることとなるあの"秘密兵器【鉄玉クレーン】"まで登場して、佐々たち警察組織と過激派連合赤軍との間で繰り広げられた、9日間もの熾烈な長い闘いが始まった。

キャスト[編集]

史実と異なる点[編集]

  • 史実での当事者本人への配慮から、人質夫婦と長野県警関係者(佐々ら警察庁及び警視庁組と比較して大規模警備に不慣れで、体面ばかりを重んじる官僚として戯画的に描かれている)と、立てこもり犯人および現場で説得に当たった、犯人一人の母親の名前を変えている。同様に、鉄球作戦に参加したクレーン車を所有していた会社名と、オペレータの風貌も実際とは異なっている。またクレーン車も実際には、過激派からの報復を恐れて所有社の社名標記は、運転席の防弾工事で一時的に消去された。
  • 機動隊員の出動服には、実際のものとは色調が異なる布地が用いられている。
  • 突入のシーンにおいて、突然雪が降ったりすぐに晴れたりと、天候が頻繁に変化している。しかし実際の事件の際には、天候にそれほどの変化はなかった。
  • 爆発物処理の手当て金額が、「農林水産省技官獣医)が行なう牛や馬の種付け作業にて、支給される危険手当てよりも安い」と会話する場面があるが、農林水産省の設置は事件が発生した1972年から6年後の1978年の事であり、事件当時は農林省であった。また、警察官など『公安職』の基本給が、技官など『行政職』よりも高く設定されている点(言い換えれば、普段の基本給にも危険手当が含まれている点)についても、一切言及されていない。
  • 長野の現地に派遣されている『役所広司』が、現地宿舎へ帰った時に一階の階段脇に座り込み、凍りついた靴に湯を掛けるシーンを始め、この階段周りでの各シーンでは、ほぼ毎回にわたり荷物棚に乱雑に置かれた「雪国まいたけ」社名とロゴ入りの、段ボール箱数個が登場する。しかし、同社が設立されたのは1983年7月のことであり、マイタケの出荷を始めるのはそれ以降である。また映画最後のエンドロール内でも、同社名は一切現れない。
  • 映画の最終盤において、警察庁の『兵頭参事官』が警備の実施状況について指揮幕僚団を酷評しているが、これは事件当時の警察庁内に存在したと噂される評価を集約したものである。しかし、実際にそのような意見が存在したかはわかっておらず、『兵頭参事官』という人物も架空のキャラクターである。
  • 警察官の階級章表示で、警視庁警察庁関係者は実際と同じであるが、長野県警側に至っては「長野県警警備部長が警視の階級章ですが、警視庁の警備部長なら警視監であるが県警であっても警視正若しくは警視長のはずである」「軽井沢警察署長が警備部長より上の警視正の階級章である」「長野県警機動隊長は略帽は警視の白線であり正しいのだが出動服の階級章は警部である」
  • 事件現場を見下ろす雑木林に陣取っている多くの報道陣の中に、数回登場する三脚をつけた生中継用の大型テレビカメラ(四角いグレー色仕様)には、現地の天候に配慮した雨天用のカバー類が一切掛かっておらず、通常の野外仕様となっている。

その他[編集]

難局打開の鉄球
  • あさま山荘事件の舞台は長野県軽井沢町だが、山荘攻防戦のシーンの撮影は新潟県中頸城郡板倉町(現:新潟県上越市板倉区)で行われた。浅間山をイメージした山岳の全景カットが挿入されているが、実際に写ってるのはロケ地の妙高山である。ロケ地となった上越市板倉区の光ヶ原高原には撮影記念碑があり、映画に使われた鉄球(「難局打開の鉄球」)が展示されている。
  • 現場の機動隊員が極寒の中で湯を沸かし、日清食品カップヌードルを食べているシーンがある。これは当時、同様の場面が全国に生中継され話題となったことに起因する。これによりカップヌードルの知名度が飛躍的に上がったとも言われ、あさま山荘事件の中でも非常に印象的な出来事であるとして映画でも再現されたという。
  • 劇中、剣道を行っているシーンは東京都文京区にある野間道場で撮影された[4]
  • 佐々淳行本人も映画館のシーンにエキストラの一人として出演しているほか、後田成美、宇田川信一も出演している。
  • この映画では、DVCPRO HDカメラである"VARICAM"(AJ-HDC27F)がメインキャメラとして使われ、全編デジタル撮影で収録された。フルハイビジョンではなく720p形式で撮影されている。この作品以降、VARICAM撮影による映画製作が急速に普及した。
  • 興行後原正人らは反省会を開き、「やはり今の時代は(題名は)"突入せよ"ではなく、"救出せよ"で行くべきだった」との結論に達した[3]
  • 映画公開前、あさま山荘事件が発生した際のサンケイ新聞号外復刻版が、映画をPRするためのチラシとして東京都内や大阪市内などで配布された。
  • 2006年6月12日月曜日21:00からTBS系列にて、地上波テレビでの初放映がなされた。
  • 特型警備車のレプリカ車は『仮面ライダー555』の撮影でも使われている。

ソフト化[編集]

  • 突入せよ! 「あさま山荘」事件 DTS特別版(初回限定生産DVD2枚組、2002年11月1日発売、発売・販売元:アスミック・エース)
    • ディスク1:本編DVD
      • 音声特典
        • オーディオコメンタリー1(監督:原田眞人×撮影:阪本善尚)
        • オーディオコメンタリー2(原作:佐々淳行×プロデューサー:鍋島壽夫)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング・オブ「突入せよ!」
      • 監督撮影日誌
      • 監督自筆絵コンテと本篇の比較
      • 監督撮影台本抜粋
      • 未使用シーン&テイク集
      • シーン構成分析(一部マルチアングル収録)
      • HD720pカメラ「バリカム」解説
      • バリカムテスト映像「京華」(コメンタリー付き)
      • デジタルマット合成プロセス
      • 美術スタッフインタビュー
      • 未使用音楽集
      • 「あさま山荘」事件の背景
      • 完成披露試写会・初日舞台挨拶
      • 予告編集
      • ポスターギャラリー
  • 【TCE Blu-ray SELECTION】突入せよ! 「あさま山荘」事件 ブルーレイ スペシャル・エディション(BD1枚組、2012年9月5日発売、発売元・アスミック・エース、販売元・TCエンタテインメント
    • 映像特典
      • メイキング・オブ「突入せよ!」
      • デジタルマット合成プロセス
      • 監督自筆絵コンテ
      • 未使用シーン&テイク集
      • 「あさま山荘」を再現する
      • 阪本善尚撮影監督インタビュー
      • 完成披露試写会
      • 初日舞台挨拶
      • 予告編集
    • 音声特典
      • オーディオコメンタリー1(監督:原田眞人×撮影:阪本善尚)
      • オーディオコメンタリー2(原作:佐々淳行×プロデューサー:鍋島壽夫)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 2002年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 「時代の証言者 映画を届ける 原正人(21)」読売新聞2013年11月30日
  3. ^ a b 大倉明 (2015年6月8日). “第397回 原田眞人監督の時代劇、戦争映画、そして…”. エフシージー総合研究所. 2015年10月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月1日閲覧。
  4. ^ 野間道場は講談社が所有しているが、近隣の団体にも貸し出しを行っており、近所の大塚警察署も利用している。

外部リンク[編集]