狗神 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狗神』(いぬがみ)は、坂東眞砂子による小説。また、それを原作にした2001年日本映画

童話作家・フリーライターとして知られた作者が『死国』に続き、手掛けた一般小説の2作目。1996年1月にカドカワノベルズで発表・掲載され、1996年12月18日角川文庫から出版された(ISBN 4-04-193203-3)。高知県尾峰を舞台に犬神(狗神)憑きやそれにまつわる差別・伝承や兄妹による近親相姦を題材にした悲劇と恐怖を描く。2001年1月27日に映画が公開された。

あらすじ[編集]

尾峰のある村に住む41歳の坊之宮美希は、紙漉きで和紙を作りながら慎ましく暮らしていた。実は彼女には10代の頃、それと知らずに実兄の隆直と肉体関係を持ち、彼に裏切られた上、子供を死産したという辛い過去があり、人生も恋も諦めて過ごしていた。やがて、彼女は、近くの池野中学校に赴任してきた青年奴田原晃と知り合う。年齢違いの晃の積極的なアプローチにやがて彼女は彼に魅かれていく自分を抑えられなくなっていく。彼女の血筋の坊之宮家は、狗神筋として村人から忌み嫌われており、次々と村人が倒れる正体不明の怪現象が起き始めたため、日に日に彼女や彼女の家族・一族に対する村人達の差別は酷くなっていく。彼女の幼馴染である土居製紙の長男、土居誠一郎は村での唯一の味方になってくれたが、彼の母克子が謎の鳴き声を発し、変貌して倒れてしまう事件が起きる。

やがて明らかになる美希と晃の意外な関係。そして、当主隆直ら主導による坊之宮家の先祖祭りが始まる時、かつてない惨劇が起きようとしていた……。

映画[編集]

2001年1月27日全国東宝系公開。同時上映は『弟切草』。R-15第51回ベルリン国際映画祭で上映された。上映時間:105分。興行収入は6億円[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画版の変更点[編集]

  • 原作冒頭と最後に登場する信濃長野県)の善光寺を訪れて不思議な体験をし、物語に関わる『時田昴治』の視点がなくなっている。
  • 奴田原晃の職業が中学校教師から小学校教師になっている。
  • 土居製紙の長男、土居誠一郎は登場せず、その息子の誠二が登場する。
  • 美希の母親・坊之宮富枝の扱いが違っている。原作では美希と晃の関係を握るキーマンだったが、映画では違った役割を果たすために登場する。
  • ラストの先祖祭りの惨劇は、原作では村人による焼き討ち(集団リンチ)だったが、映画では当主・坊之宮降直らによる一族の無理心中・集団自決となっている。(この場面は大部分がモノクロ映像で表現される。)
  • 美希と晃の最後が異なり、明確な最後は描かれていない。晃が獣に変身する描写はなく、美希が「」となった赤ん坊を死後出産する描写は別の形で盛り込まれている。

雑記[編集]

映画の劇場限定キャラクターグッズに「狗神くん」という本筋とは関係ないキャラクターが登場した。

漫画版[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2001年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2002年平成14年)2月下旬号、キネマ旬報社2002年、 138頁。

外部リンク[編集]