検察側の罪人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
検察側の罪人
著者 雫井脩介
発行日 2013年9月10日
発行元 文藝春秋
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判 上製カバー装
ページ数 512
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-382450-5
ISBN 978-4-16-790784-6(上)(文庫本
ISBN 978-4-16-790785-3(下)(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

検察側の罪人』(けんさつがわのざいにん)は、雫井脩介による日本の小説。『別册文藝春秋』の2012年9月号(301号)から2013年9月号(307号)まで連載され、2013年9月に文藝春秋から単行本が刊行された。

「時効」をストーリーの着想の端緒とし、検事を作品の主題として選んでおり[1]、取材には元検察官の郷原信郎が協力している[2]

2013年の『週刊文春ミステリーベスト10』の国内部門4位に選出された[3]ほか、宝島社の『このミステリーがすごい! 2014年版』の8位となった[4]。文芸評論家の郷原宏は、現行の司法制度の問題点を描いた「すぐれて社会的な司法ミステリー」であると評価している[5]

あらすじ[編集]

東京地検の検事・最上毅と同じ刑事部に、検察教官時代の教え子だった沖野啓一郎が配属されてきた[5]。沖野は老夫婦刺殺事件の容疑者・松倉重生を取り調べることとなる[5]。しかし、松倉は、かつて最上が関わった女子中学生殺人事件の関係者でもあった[5]

2012年4月、大田区蒲田で刺殺事件が起きる。被害者は74歳の都築和直と71歳の晃子という2人暮らしの老夫婦である。都築夫婦は、年金のほかにアパート貸しの家賃収入で生活をしていたが、競馬が趣味の和直は、競馬仲間たちに数万から数十万円程度の金貸しをしていた。沖野は最上の指導のもと、この捜査本部事件を担当することになる。捜査に立ち会った最上は、複数の容疑者リストの中から一人の容疑者の名前に気づき驚愕する。松倉重生。それは、すでに時効となった23年前の根津で起きた女子中学生殺人事件の有力容疑者と当時目されていた人物だった。殺された少女・久住由季(当時中学2年生)は、最上が大学時代に親しくしていた寮の管理人夫婦の一人娘であった。しかし、結局は証拠不十分で逮捕には至らず、事件は迷宮入りしたまま時効を迎えていた。

松倉は、リサイクルショップでアルバイトをする、現在63歳の風采のあがらない男であった。最上は、松倉が今回の蒲田の刺殺事件の犯人であるならば、今度こそ松倉に罪の償いをさせ、法の裁きを受けさせなければならないと決意する。別件で逮捕された松倉は取り調べ中に、すでに時効の成立した23年前の根津の事件についてはあっさり自身の犯行を自供したものの、今回の事件に関しては一貫して犯行を否認し続ける。捜査が進むにつれ、新たな有力容疑者(弓岡嗣郎)が浮上するなど、松倉犯人説は難しくなっていくが、最上はあくまでも松倉にこだわり続ける。一方、直接、松倉の取り調べを担当する沖野は、最上が執着する事情を知らず、彼が指示する捜査方針に疑問を持ち始める。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

最上毅(もがみ たけし)
東京地検の検事。
沖野啓一郎(おきの けいいちろう)
最上の部下である新人検事。
松倉重生(まつしげ しげお)
老夫婦刺殺事件の容疑者。23年前に起きた女子中学生殺人事件でも犯人ではないかと疑われていた。63歳。リサイクルショップでアルバイトをしている。
白川雄馬(しらかわ ゆうま)
「無罪職人」「白馬の騎士」などの異名で知られるベテラン弁護士。人権派の弁護士の第一人者。マスコミをうまく利用して捜査のずさんさを訴えることで世論の流れを変え、裁判の勝利を勝ち取る戦法。芸能人や政治家の弁護人もつとめるすスター弁護士。小田島のあこがれの弁護士。松倉の弁護団に加わる。
小田島誠司(おだじま せいじ)
老夫婦刺殺事件の裁判で松倉重生被告の国選弁護士となる。弁護士になって3年目で、浅草橋にて小田島法律事務所を経営。妻の昌子は事務所の事務員としてともに働く。幼い子どもが1人いる。
諏訪部利成(すわべ としなり)
闇社会の取引に関わるブローカー。
最上に依頼され、拳銃マカロフを手配する[6]

東京地検関係[編集]

橘沙穂(たちばな さほ)
沖野啓一郎の立会事務官。沖野より3歳年下。優秀な事務官で、沖野は信頼を寄せる。のちに、沖野と恋仲になる。
長浜光典(ながはま みつのり)
最上毅の相棒の事務官。30代半ば。
脇坂達也(わきさか たつや)
東京地検の最上の上司。刑事部の副部長。
永川正隆(ながかわ まさたか)
東京地検の最上の上司。刑事部の部長。
酒井達郎(さかい たつろう)
東京地検・公判部の副検事。

最上毅の友人[編集]

前川直之(まえかわ なおゆき)
同じ北海道出身で、大学も同期、同じ学生寮「北豊寮」に住んでいた友人の弁護士。月島に弁護士事務所をかまえるいわゆる「街弁」。胃癌で胃を半摘する。
小池孝昭(こいけ たかあき)
大学時代の友人。大手弁護士事務所「三田村・ジェファーソン事務所」につとめる弁護士。
丹野和樹(たんの かずき)
大学時代の友人。元弁護士。与党・立政党より立候補し政治家(代議士)に転身。立政党の大物政治家・高島進の娘婿。妻・尚子(高島進の娘)との間に中学生の息子・正(ただし)がいる。闇献金疑惑事件で追い込まれ、自殺する。
水野比佐夫(みずの ひさお)
学生寮「北豊寮」の先輩。通信社の政治記者から、週刊誌の契約記者となる。週刊誌『週刊ジャパン』の記者として、老夫婦刺殺事件に関する記事を執筆。

最上毅の家族[編集]

最上朱美(もがみ あけみ)
妻。韓流ドラマのファンで、よく韓国に旅行へ行く。
最上奈々子(もがみ ななこ)
一人娘、女子大生。名古屋の高校を卒業後、東京の女子大の大学生となる。
最上義一(もがみ ぎいち)
父。妻(最上の母)が他界した後は札幌の老人ホームに入り、札幌に住む弟夫婦が面倒を見ている。
最上清二(もがみ せいじ)
叔父。最上義一の弟。一人で小田原に暮らす。最上毅が「キャンプ」と偽って出てきた週末、この叔父に車やシャベルなどを借りる。

沖野啓一郎の東京地検・同期検事[編集]

三木高弘(みき たかひろ)
沖野の同期の東京地検・検事。最初は刑事部、現在、公判部に所属。
末入麻里(すえいり まり)
沖野の同期の東京地検・検事。最初は刑事部、現在、公判部に所属。
栗本政彦(くりもと まさひこ)
沖野の同期の東京地検・検事。現在、公安部に所属。

大田区蒲田の刺殺事件の被害者・遺族[編集]

都築和直(つづき かずなお)
74歳。大田区蒲田六郷の自宅室内で刺殺された被害者。アパート貸しや、知り合いに金貸しをしていた。
都築晃子(つづき あきこ)
71歳。夫とともに、自宅廊下で刺殺された被害者。
原田清子(はらだ きよこ)
都築晃子の妹。刺殺された夫婦の第一発見者。川崎大師に住む。姉の晃子とは月に一度くらい会っていた。
岩崎美和(いわさき みわ)
殺された都築夫妻の一人娘。

23年前の事件の被害者・遺族、「北豊寮」関係者[編集]

久住義晴(くずみ よしはる)
東京都文京区根津にある「北豊寮」(北海道出身者向けの学生寮)の管理人。2年前に死去。最上毅、前川直之、水野比佐夫らは、「北豊寮」で学生時代を過ごした仲間。
久住理恵(くずみ りえ)
久住義晴の妻。癌を患い、死去するが、最上は葬儀には行かなかった。
久住由季(くずみ ゆき)
久住義晴・理恵夫妻の一人娘。最上は大学生のころ、勉強をみてあげるなど、親しくしていた。23年前、中学2年生のときに、自室で絞殺される。
高田憲市(たかだ けんいち)
23年前の事件当時、「北豊寮」の2階、203号室(久住由季の部屋の真上にあたる)に住んでいた人物。当時40代で、松倉重生(当時40歳)の勤め先の同僚。松倉はよく高田の部屋に遊びに来ていた。

警視庁関係者[編集]

青戸公成(あおと きみなり)
警視庁刑事部捜査一課七係の係長。警部。
田名部(たなべ)
警視庁刑事部捜査一課、管理官。23年前、女子中学生絞殺事件の捜査を担当していた。
森崎(もりさき)
大田区蒲田で起きた老夫婦刺殺事件の松倉重生容疑者の取調担当。警部補。
和泉三郎(いずみ さぶろう)
23年前の女子中学生絞殺事件の取調担当であった元刑事(警視庁OB)。当時、捜査一課の警部補。

その他[編集]

弓岡嗣郎(ゆみおか しろう)
58歳。老夫婦刺殺事件の捜査中、松倉重生の後に、有力な容疑者に浮上した人物。犯行現場で見つかった金庫の中に保管されていた借用書の中には弓岡宛のものは無かった。犯行時に自分の借用書だけを引き抜いた疑いがある。刺殺された都築和直の競馬仲間の一人。元板前(競馬のやり過ぎで勤め先の店を解雇された)。
矢口昌広(やぐち まさひろ)
弓岡嗣郎と焼き鳥屋でたまたま隣り合って飲食した人物。38歳。窃盗などの前科前歴者で、置き引きの現行犯で逮捕された際に、弓岡と焼き鳥屋で会話を交わしたことを語る。弓岡は自分が犯人であることを臭わせるようなことを語ったという。
船木賢介(ふなき けんすけ)
週刊誌『週刊平日』の記者。小田島、白川両弁護士の協力者。

書籍情報[編集]

映画[編集]

検察側の罪人
KILLING FOR THE PROSECUTION
監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 雫井脩介『検察側の罪人』
製作 臼井央(企画・プロデュース)
佐藤善宏
西野智也
製作総指揮 山内章弘
出演者 木村拓哉
二宮和也
吉高由里子
平岳大
大倉孝二
八嶋智人
音尾琢真
大場泰正
谷田歩
酒向芳
矢島健一
キムラ緑子
芦名星
山崎紘菜
松重豊
山崎努
音楽 富貴晴美
土屋玲子
撮影 柴主高秀
編集 原田遊人
制作会社 東宝映画
製作会社 東宝
ジェイ・ストーム
配給 東宝
公開 日本の旗2018年8月24日
香港の旗2018年8月29日
台湾の旗2018年10月19日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年8月24日公開。監督・脚本は原田眞人、主演は木村拓哉[7][8]二宮和也が共演する[9]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 雫井脩介『検察側の罪人』(文春文庫刊)
  • 監督・脚本 - 原田眞人
  • 音楽 - 富貴晴美、土屋玲子
  • 製作 - 市川南
  • 共同製作 - 藤島ジュリーK.
  • エグゼクティブプロデューサー - 山内章弘
  • 企画・プロデュース - 臼井央
  • プロデューサー - 佐藤善宏、西野智也
  • 協力プロデューサー - 鍋島壽夫
  • プロダクション統括 - 佐藤毅
  • ラインプロデューサー - 芳川透
  • 撮影 - 柴主高秀
  • 照明 - 大坂章夫
  • 美術 - 福澤勝広
  • 録音 - 矢野正人、鶴巻仁
  • 編集 - 原田遊人
  • 装飾 - 籠尾和人、高橋光、岩井健志
  • VFXスーパーバイザー - オダイッセイ
  • 衣装 - 宮本まさ江
  • ヘアメイク - 酒井啓介
  • Bカメラ撮影 - 堂前徹之
  • 音響効果 - 柴崎憲治
  • スプリクター - 西岡智子
  • キャスティング - 杉野剛
  • 助監督 - 桑原昌英、谷口正行
  • 製作担当 - 伊藤栄
  • 配給 - 東宝
  • 製作プロダクション - 東宝映画
  • 製作 - 東宝、ジェイ・ストーム

公開[編集]

2018年8月25日 - 26日の土日2日間全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、初登場1位となった[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 雫井脩介 (2013年12月3日). “自著を語る 二人の検事が信じる正義とは”. 本の話WEB(『オール讀物』2013年10月号). 文藝春秋. 2017年5月3日閲覧。
  2. ^ 元特捜検事も協力の検察小説”. 東京スポーツ (2014年1月6日). 2017年5月3日閲覧。
  3. ^ 週刊文春ミステリーベスト10 2013年【国内部門】第1位は『教場』”. 週刊文春WEB (2013年12月5日). 2015年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月3日閲覧。
  4. ^ 発表!「このミステリーがすごい!2014年版」”. HMV. 2013年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月3日閲覧。
  5. ^ a b c d 郷原宏 (2013年11月20日). “書評 日本のリーガル・サスペンスの新しい里程標”. 本の話WEB(『本の話』2013年10月号). 文藝春秋. 2016年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月3日閲覧。
  6. ^ 雫井脩介 『検察側の罪人』 文藝春秋、2013年、261頁。ISBN 978-4-16-382450-5。「緩衝シートに包まれたマカロフが出てきた。」
  7. ^ 木村拓哉&二宮和也が夢コラボ 来年公開映画で共演”. 日刊スポーツ (2017年5月3日). 2018年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月3日閲覧。
  8. ^ “睨む木村拓哉、吠える二宮和也 憎悪と涙が交錯する「検察側の罪人」90秒予告完成!”. 映画.com. (2018年6月29日). オリジナル2018年7月26日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/r2vF7 2018年7月26日閲覧。 
  9. ^ 木村拓哉×二宮和也、世紀のタッグ!「検察側の罪人」で映画初共演”. 映画.com (2017年5月3日). 2017年7月2日閲覧。
  10. ^ 木村拓哉×二宮和也『検察側の罪人』1位スタート!”. シネマトゥデイ (2018年8月27日). 2018年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]