ドラえもん のび太の宝島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラえもん
のび太の宝島
Doraemon the Movie 2018
Nobita's Treasure Island
監督 今井一暁
脚本 川村元気
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
ゲスト
悠木碧
大泉洋
音楽 服部隆之
主題歌 星野源ドラえもん
製作会社 映画ドラえもん製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2018年3月3日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
テンプレートを表示

ドラえもん のび太の宝島』(ドラえもん のびたのたからじま)は、2018年3月3日に公開される予定の日本アニメ映画映画ドラえもんシリーズ通算第38作(アニメ第2作2期シリーズ第13作)。

キャッチコピーは「見つけたのは、宝物以上の、宝物。

概要[編集]

1998年公開の『ドラえもん のび太の南海大冒険』でのび太が読んで宝探しに憧れるきっかけとなった、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの児童文学『宝島』をモチーフとした作品である[1]藤子プロ創立30周年記念作品となっている。

2017年7月6日に予告編が初公開された後、同年12月1日特報が公開され、同日のアニメ放送で90秒の予告編が公開された。

第2期の映画としては初めてミニドラが登場する作品[注 1]でもあり、『のび太の恐竜2006』に絡めたミニコーナー「ドラドラ探検隊」以来、体が赤色以外のミニドラも登場する。本作の予告編が地上波初放送された2017年7月28日放送分のテレビシリーズでも、久しぶりにミニドラが登場した。

キャラクターデザインは第2作第2期以降テレビ、劇場版シリーズを含め、初めて大幅に変更された[注 2]。メインキャラクターは、第2作第1期初期から中期の1980年代に近いデザインに変更されている[注 3]。前作に引き続き、鉛筆タッチを意識した線であるが、2017年以降テレビシリーズで採用された、ポスターカラー調の色彩が採用されている。

関連・コラボ企画[編集]

森永製菓の「おっとっと」が本作とコラボし、ドラえもんとひみつ道具の形が入り、パッケージも本作のイラストが描かれたものになっている[2]。2017年7月下旬に発売された。

SCRAP主催の体感型謎解きゲームイベントであるリアル脱出ゲームとのコラボも決定しており、「映画ドラえもん×リアル脱出ゲーム・のび太の宝島からの脱出」が本作の公開1か月前にあたる2018年2月からゴールデンウィークにかけて東京原宿にある常設スタジオ原宿ヒミツキチオブスクラップ大阪心斎橋にある常設スタジオ大阪ヒミツキチオブスクラップにて約3か月弱、名古屋矢場町にある常設スタジオ名古屋ヒミツキチオブスクラップ札幌すすきのにある常設店舗アジトオブスクラップ札幌すすきのにて約2か月弱のロングランで開催され、4都市(札幌・東京・名古屋・大阪)での開催期間中に全国20都市を巡回する。参加者はのび太・しずか・ジャイアン・スネ夫になってさまざまな謎を解き、とある島に捕われてしまったドラえもんとキャプテン・キッドが遺したお宝を1時間以内に見つけ出し、お宝を奪還することとドラえもんを救出(脱出)することがクリア条件。キャッチコピーは「ドラえもんを救うのは、キミだ」である[注 4][注 5]

沿革[編集]

  • 2017年6月14日 - 正式に発表され、ビジュアルとホームページが解禁される。
  • 2017年7月6日 - 初の予告編ムービーがYouTubeにて公開され、同日放送のドラえもんでも予告ムービーが放送された。
  • 2017年11月10日 - 体感型ゲームイベント化が決定し、ゲーム制作をSCRAPが担当することが決定した。
  • 2017年11月26日 - ゲスト声優として大泉洋が出演することが発表され、同作の応援団長に就任した[3]
  • 2017年12月1日 - 主題歌及び挿入歌を星野源が担当する事が発表された[4]。同日に公開された特報、第2弾の予告編ムービーにて一部音源が公開されたが、この時点で主題歌のタイトルは発表されなかった。また、公式HPが更新され、新たなビジュアル、あらすじ、キャラ紹介、キャラクターデザインなど一部のスタッフが発表された。
  • 2017年12月24日 - テレビゲーム化が決定し、ニンテンドー3DS専用ソフトとして映画公開の2日前にフリューから発売することが決定した。

声の出演[編集]

ゲストキャラクター[編集]

フロック
声 - 山下大輝
セーラの兄。海賊船ではメカニック担当。妹を助けるためにドラえもん達と海賊船を追いかける。
セーラ
声 - 折笠富美子
フロックの妹。海賊船では食堂で働いている。容姿がしずかに似ている。
クイズ
声 - 悠木碧
フロックのペットのオウム型ロボット。冒険のヒントをクイズに出して言う。最初の予告編では体の色は緑だったが、第2弾の予告編では赤に変更されている。
ビビ
声 - 早見沙織
キャプテンシルバーの部下の女海賊。ガガとは夫婦。姉御肌でツートンカラーの髪型が特徴。剣使いの名人。
ガガ
声 - 大友龍三郎
キャプテンシルバーの部下で、魔女の帽子を被っている。ビビの夫で妻には頭があがらない。銃使いの名人。
キャプテンシルバー
声 - 大泉洋
のび太たちを襲った海賊団のリーダー。宝島に眠っている財宝の鍵を握った人物。

スタッフ[編集]

監督は、テレビシリーズの演出・絵コンテを手掛けている今井一暁が、脚本は「君の名は。」などのプロデューサーで知られる川村元気が担当する。本作の音楽は『のび太の恐竜 2006』より音楽を担当していた沢田完に変わり服部隆之が担当。キャラクターデザインには、今井一暁監督作品である「パロルのみらい島」でキャラクターデザインと作画監督を担当した亀田祥倫が初登板する。

主題歌[編集]

オープニングテーマ「夢をかなえてドラえもん
作詞・作曲 - 黒須克彦 / 編曲 - 大久保薫 / 歌 - mao / コーラス - ひまわりキッズ(日本コロムビア
エンディングテーマ「ドラえもん
作詞・作曲・歌 - 星野源 / 編曲 - (ビクターエンタテインメント
挿入歌「ここにいないあなたへ」
作詞・歌 - 星野源 / 作曲 - / 編曲 - (ビクターエンタテインメント)

関連企画[編集]

家庭用ゲーム[編集]

ニンテンドー3DSソフト「ドラえもん のび太の宝島」が2018年3月1日にフリュー株式会社より発売予定[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 映画本編を除けば前作のエンディングが初登場。
  2. ^ ただし、劇場版では作画監督が何度か変更されているので、第2作第2期においても作品ごとによって作画やタッチの違いはある。
  3. ^ ただし、ジャイアンは第2作第2期同様、白目がない。
  4. ^ テレビ朝日制作アニメとのコラボレーションは、これが初となる。
  5. ^ 月刊コロコロコミック作品とのコラボレーションは、これが初となる。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

映画
コラボレーション