八木竜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八木竜一(やぎ りゅういち、1964年12月19日 - ) は、日本の映画監督CGディレクター。東京都出身。白組所属[1]

経歴[編集]

1987年、白組に入社。CMのデジタルマット画やゲームムービーのCGディレクションに携わる。
代表作は「クロックタワー3」、「バイオハザード0」、さらには2006年からNHK教育で絶大な人気を誇る「うっかりペネロペ」、CX「もやしもん」の演出も務めるなど活躍の場を広げている。
ゲーム『鬼武者3』のオープニングムービーは2004年度のSIGGRAPHのElectronic Theaterで入選を果たした。
次代を担うCGクリエイターが同い年の盟友・山崎貴とともに、監督デビューを果たす。

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]