宙ポコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宙ポコ
ジャンル SF漫画
漫画
作者 藤子・F・不二雄
出版社 小学館
掲載誌 別冊コロコロコミック
発表号 1983年4月号 - 6月号
話数 全3話
テンプレート - ノート

宙ポコ』(ちゅうポコ)は、藤子・F・不二雄による日本漫画作品。小学館の『別冊コロコロコミック』(以下、『別コロ』と略)において、1983年4月号から同年6月号まで連載された。

概要[編集]

それまで隔月刊であった『別コロ』が月刊化されることを記念して、新生『別コロ』の目玉として開始された作品である[1][2]。当初は藤子の代表作である『ドラえもん』と同等、またはそれ以上のキャラクターを目指しており[3]、連載開始時は誌上に「ドラえもんに続く最大のギャグヒーロー[2]」「SFギャグ漫画の決定版」などと大掛かりな宣伝文句を掲げられ[4]、『別コロ』の月刊化に合わせて開催されたイベント「コロコロまんがまつり」では看板キャラクターとして等身大のぬいぐるみが飾られるなど、鳴り物入りの登場を果たした[2][5]

しかし連載中、藤子Fが本作のことを「どうしてもドラえもんになってしまう」と苦悩していたことから、結果的にはわずか3回で連載を終了することとなった。宙ポコは何でもできる万能のキャラクターと設定されていたが、そのためにどうしてもドラえもんに似てしまい、新しい作品としての形が見えず、別の作品になり得なかったものと見られている。『コロコロ』の4代目編集長・黒川和彦は、本作執筆当時の藤子Fのことを「かなり苦しんでいた」と語っている[1]

あらすじ[編集]

主人公・つとむ少年が山の中で出会った、小さな恐竜ゴジラの子供を思わせる全身黄色の謎の生物。それはソールス星という別の惑星から旅行で地球を訪れた宇宙人・宙ポコだった。高い知能と不思議な能力を持つ宙ポコを、つとむは自宅に住まわせ、いじめっ子のガマグチとイナリのコンビを懲らしめたり、ガールフレンドのマリに見せて自慢しようとするが、宙ポコは彼の身勝手さを怒り、地球を去ると言い出す。しかしガマグチたちに弱点を突かれて苦しんでいる宙ポコを、つとむが身を挺して助けたことで、2人は友達になる。こうしてつとむと宙ポコの、不思議な物語が始まる。

登場人物[編集]

宙ポコ(ちゅうポコ)
ソールス星人。全身が黄色い小型の恐竜ゴジラのような姿をしている。学校の春休みを利用して地球にやってきた。
つとむ
宙ポコを見つけた少年。
マリ
つとむのガールフレンド。
ガマ口
ガキ大将.
イナリ
ガマ口の腰巾着。

書誌情報[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「コロコロの魂・藤子マンガ」『定本コロコロ爆伝!!』、121頁。
  2. ^ a b c 「熱血!!コロコロ伝説 Vol.04-04 シークレットファイル」『熱血!!コロコロ伝説』、192頁。
  3. ^ 千葉和治 「藤本先生の魂の雑誌『コロコロコミック』」『ミラ・クル・1 宙ポコ / 宙犬トッピ』、323頁。
  4. ^ 「特別資料室」『ミラ・クル・1 宙ポコ / 宙犬トッピ』、319頁。
  5. ^ 「ホビーブーム黎明期」『定本コロコロ爆伝!!』、307頁。

参考文献[編集]