ドラえもん ガラパ星から来た男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラえもん > ドラえもん ガラパ星から来た男
ドラえもん ガラパ星から来た男
ジャンル ギャグ漫画SF漫画
漫画
作者 藤子・F・不二雄
出版社 小学館
掲載誌 小学三年生
小学四年生
小学五年生

月刊コロコロコミック
発表期間 1994年7月 - 1994年9月
巻数 1巻(別冊付録として)
テンプレート - ノート

ドラえもん ガラパ星から来た男」(ドラえもん ガラパせいからきたおとこ)は、藤子・F・不二雄漫画ドラえもん』の1作品。藤子が執筆した『ドラえもん』全作品中で唯一、連作形式で発表された短編作品。そのため中編作品であるともいえる。

初出版は3回に分けて連載され、全51ページ、全374コマ。単行本化の際にやや加筆され全51ページ、全388コマとなった。てんとう虫コミックスドラえもん』最終45巻においては、タイトル名の来たきたになり、「ガラパ星からきた男」となっている。英題は「THE MAN FROM PLANET GALAPA」。

概要[編集]

『ドラえもん』連載25周年を記念して執筆された作品で、小学館の学年別学習雑誌『小学三年生』、『小学四年生』、および『小学五年生』の3誌同時に1994年7月号から9月号にかけて掲載された。『大長編ドラえもん』以外の作品では唯一連作形式で掲載された作品である。てんとう虫コミックスにも事実上の最終巻である第45巻のラストを飾る話として収録されている。

「短編」という括りで考えるならば本作は藤子・F・不二雄が描き上げた最後の『ドラえもん』作品で、これ以降、藤子は『大長編ドラえもん』以外の『ドラえもん』を執筆していない。

藤子の没後、1999年に大晦日特番『2000年だよ! ドラえもん』[注 1]で「未来を守れ! のび太VSアリ軍団」というタイトルでアニメ化されたが、内容はアリ人間が出てくることや2つの時代の同一人物が登場すること以外は大幅な変更がされている。

あらすじ[編集]

本作はタイムパラドックスが取り入れられ、内容が極めて難解になっている。

ゲームソフト欲しさに草むしりのお手伝いを始めたのび太は、例によってすぐ音を上げ、タイムマシンで一ヶ月先へ行き、お小遣いを『前借り』しようとするが、一ヶ月先の町はカナリアが犬のように吠えて暴れ、しかも人っ子一人おらず、代わりにアリ人間が横行していた。慌てて現在に帰るのび太だが、のび太の怠け癖に腹を立てていたドラえもんは、話も聞かずに記憶を消してしまうひみつ道具ワスレバット」でのび太を殴り、全てを忘れさせてしまう。

何もかも忘れて草むしりを再開するのび太だったが、そこへしずかから「うちのカナリアが猫に襲われて困っている」という相談が入る。そしてのび太がしずかの家に出かけた後、タイムマシンの引き出しからもう一人ののび太が出てきた。だが、その「もう一人ののび太」も早とちりしたドラえもんによって「ワスレバット」で殴られ、記憶を失ってしまう。

一方、「現在ののび太」は、お使いに出された「もう一人ののび太」とそれを探しに行ったドラえもんとすれ違いながら、ドラえもんのスペアポケットから出てきた未来デパートの勧誘マシン「ウリッコ」の口上に乗せられて、未来の「ガラパ星」という惑星にある生物進化研究所へむかう。そこで「現在ののび太」は、しずかのカナリアを「猫よりも強く、犬のように」強くし、さらに一度帰ってから出直し、なぜか無人となった研究所で自分の代わりにお手伝いをしてくれるようにアリを進化させる。

だが、現在に帰ってきた「現在ののび太」は出木杉から、「そのアリはサムライアリ。他の種族を捕まえて奴隷にしてしまう」と聞かされ、にわかに不安になり、タイムマシンでもう一度一ヶ月先へ行き、そしてもう一度無人の、アリ人間に支配された町を見る。そしてその一ヶ月先ののび太の部屋には、「進化させた生物は危険。研究所は閉鎖する」という凶報が届いていた。

慌てた「現在ののび太」は現在に戻ってドラえもんに助けを求めるが、そこで「ワスレバット」で殴られ、記憶を失ってしまう(つまりここで、『現在ののび太』は『もう一人ののび太』になる)。ようやく記憶を取り戻した「もう一人ののび太」とドラえもんは、進化して時さえ越える文明を手にしたアリ人間たちに捕まってしまい、不思議な銃での中に閉じ込められてしまう。そのまま1か月先の未来世界へ連れていかれ繭のまま放置されていたが、進化した生物を元に戻せる秘密道具が送り届けられ、それがぶつかったショックでのび太は脱出。ドラえもんも助け出すと二人はアリ人間たちが乗った巨大UFOを見つけるが、彼らは5万匹のアリを回収し、地球から飛び立つ寸前だった。ガラパ星に戻り進化させることで仲間を増やそうと画策していた。とても追いつけず諦めかけた時、強靭な肉体を得た「カナリア」がUFOと激突。怒ったカナリアはUFOを壊して墜落させてしまい、この機を逃さず秘密道具の光線を当てアリたちは元のただのアリに戻った。

一安心したところへ「その時間ののび太とドラえもん」が帰宅。実は彼らと町の人々は駅前でやっていたロケを見学していたため無人だったというしょうもないオチを聞かされ、ドラえもんとのび太は脱力する。

ドラえもん 第44.5巻[編集]

連載完結後、「ドラえもん 第44.5巻」(『月刊コロコロコミック』1994年9月号別冊付録)に連載全3回を収録した。この別冊附録はてんとう虫コミックスの装丁を模して作られている。最終ページの欄外床には「第44.5巻終わり、第45巻につづく」と書かれている。表紙は描き下ろしで、のび太をさらうアリ人間のUFOに果敢に立ち向かうドラえもんの様子が描かれている。

複雑な話を理解するための「のび太のパラレルMAP」と題した解説や、全15問のクイズコーナー「クイズ★ドランプリ」も設けられている。

登場人物[編集]

ウランカナ
未来デパートのセールスマン。新生物をのび太に売りつけた。「未来デパート新製品セールス部」に所属している。
ダイウィン博士
22世紀の天才科学者で研究所の開発技術部長。次々と新生物を作り出している。仕事よりも全長1キロの大ミミズを作る研究に夢中になっている。閉鎖される直前の研究所においては姿を見ないものの、その処遇は不明。
ウリッコ
いろいろな商品を売りつけてくる、手のひらほどの大きさの機械。ドラえもん宛に届いたダイレクトメールに入っていたものだが、のび太が勝手に封を開けた。作中では名称がでなかったが、ひみつ道具の事典ではこの機械がひみつ道具であるとし、名称を「ウリッコ」としている[1][2][3]
アリ人間
のび太が「ガラパ星生物進化研究所」のタンクを勝手に使ってサムライアリから誕生させた新人類たち。自分が生まれた理由が「人間の奴隷にされるため」だったことに憤慨し、逆に地球を征服し人間を奴隷にすることを画策する。高度な知能を持っており、ドラえもんのタイムマシンを極めて原始的と笑い捨てた。

舞台設定[編集]

ガラパ星
未来デパートの「ガラパ星生物進化研究所」がある惑星。3つのブラックホールの力が釣り合った位置にあるため、放射線が生物のDNAに特殊な影響を与え、連続的に突然変異を発生させている。未来デパートの「ガラパ星生物進化研究所」ではこのことを利用し、様々な新生物を誕生させている。ガラパ星には葉緑素をもつ家畜、土木作業を行うカブト虫やクワガタ虫などがいる。

その他[編集]

本編中で、未来デパート製品開発部のロボットに対し、のび太が開発代金をドラえもんのカード払いにして仕事を依頼するシーンがある。ドラえもんがクレジットカード類を使って買い物をしていることが反射的に描かれているが、のび太が勝手に決済をしていることから、本人の承諾なく決済ができる模様である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大型年越し番組『24時間地球大騒ぎ!!カウントダウン2000』内で放送。

出典[編集]

  1. ^ 『ドラえもんひみつ道具完全大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 66〉、1994年12月10日発行。ISBN 4-09-259066-0
  2. ^ 『最新版ドラえもんひみつ道具大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 96〉、2004年1月1日発行。ISBN 4-09-259096-2
  3. ^ 『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』小学館〈ビッグ・コロタン 111〉、2008年9月3日発行。ISBN 978-4-09-259111-0

関連項目[編集]