ベトナムにおけるドラえもん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラえもん > ベトナムにおけるドラえもん

ドラえもん』は日本漫画家である藤子・F・不二雄の作品だが、ベトナムにおいても国民的な人気があり知名度は高い。ベトナム語では「ドレーモン」 (Đôrêmon) と呼ばれており、1992年キムドン社英語版(Nhà xuất bản Kim Đồng) から第1巻が刊行され、書店に行列ができるほどの人気になったという[1]。当初はいわゆる海賊版であったが、1998年小学館と契約を締結し出版権を取得[1]。作者である藤子不二雄の意向もあり、著作権料による奨学基金「ドラえもん基金」が設立された[2]

ベトナム語版『ドラえもん』の台詞タイ語[3]からの翻訳であり、源静香が「シャワーシーン」において水着を着用しているなどの改変もなされている[2]。ジャイアンこと剛田武のセリフである「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの」も知られており、また漫画本以外の関連グッズも人気があるという[4]。キムドン社の社長であるファン・クァン・ビンは、『ドラえもん』が人気となった高度経済成長期の日本と、1990年代以降のベトナムは時代背景が重なっていることが人気の理由ではないかと述べている[2]

1999年からはテレビアニメの放映も開始されている。テレビアニメは10年以上に渡って放送されており、オープニング主題歌である『ドラえもんのうた』はベトナム人に最もよく知られた日本の歌の一つとされる[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ドラえもん、ベトナム上陸20年」『The Daily NNA』インドネシア版、2012年12月14日号。
  2. ^ a b c MANGA、宴のあとで 海賊版を取り込め USA・VIETNAM」『朝日新聞』2011年2月7日付朝刊3面。
  3. ^ タイ語においても「ドレーモン」と呼ばれている。
  4. ^ あの漫画が流行っている?ベトナムの漫画事情 Excite Bit コネタ 2013年8月13日
  5. ^ 【第26回】これを歌えば大人気!? ベトナム人が知ってる日本の曲 VIETJO LIFE 2016年7月1日