ドラえもん (星野源の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラえもん
星野源シングル
B面 ここにいないあなたへ
The Shower
ドラえもんのうた(House Ver.)
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
レーベル SPEEDSTAR RECORDSJVCKENWOOD
Victor Entertainment
作詞・作曲 星野源
プロデュース 星野源
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • デイリー1位(オリコン)
  • アニメ週間1位(オリコン)
  • 週間1位Billboard Japan Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Top Singles Sales)
  • 1位(6週連続、Billboard JAPAN Hot Animation)
  • 2018年度年間5位(Billboard Japan Hot 100
  • 2位iTunes
  • 星野源 シングル 年表
    Family Song
    2017年
    ドラえもん
    2018年
    アイデア
    (2018年)
    ミュージックビデオ
    「ドラえもん」 - YouTube
    テンプレートを表示

    ドラえもん」は、日本のシンガーソングライター星野源の楽曲。2018年(平成30年)2月28日に11枚目のシングルとしてJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント社内カンパニーであるSPEEDSTAR RECORDSより発売された[1]

    表題曲である「ドラえもん」は『映画 ドラえもん のび太の宝島』の主題歌として書き下された楽曲[2]

    背景[編集]

    2017年(平成29年)12月1日に、星野源が『映画 ドラえもん のび太の宝島』の主題歌と挿入歌を担当する事が発表された[3]。2018年1月15日に主題歌のタイトルが「ドラえもん」で、11枚目のシングルとして2018年2月28日にリリースされる事が発表された[4]

    表題曲「ドラえもん」は原作者である藤子・F・不二雄の言葉が歌詞に織り込まれている他、間奏に「ぼくドラえもん」の旋律が引用されており[5]、2018年2月2日放送分のテレビ朝日系アニメ『ドラえもん』エンディングに表題曲「ドラえもん」が使用された際には間奏作曲として菊池俊輔の名が併せてクレジットされていた。

    2019年10月5日からはTVシリーズの放送時間帯変更に伴いオープニング曲としての起用が決まった。映画主題歌からオープニング曲への逆輸入(採用)は『ドラえもん』では史上初となる[6]ドラえもんたちが「どどどどどどどどどドラえもん」の部分を「どどどどどどどどどド曜5時」に変えて歌う予告も制作された。

    2018年12月19日発売のアルバム『POP VIRUS』には収録されていない。 シングル表題曲がアルバムに収録されないのは「ギャグ」以来となる。

    チャート成績[編集]

    2018年2月27日付のオリコンデイリーランキングでは9.4万枚を売り上げ1位にランクインし、その後も6日連続で1位をキープした。3月12日付のオリコン週間ランキングでは、14.4万枚を売上げ1位にランクイン。前作「Family Song」に引き続き2作連続で1位を獲得した[7]。ドラえもんの主題歌がオリコンデイリーランキングで1位を獲得するのはKis-My-Ft2の「光のシグナル」以来、4年ぶりの快挙となった。また、アニメ週間チャートにおいても星野源にとって初の1位を獲得した。

    ビルボードにおいてもHot 100・Top Singles Sales・Hot Animationの3部門全てで1位を獲得した[8][9][10]。特にHot Animationは初の首位獲得となり、翌週以降も6週連続で1位を守っている[11][12][13][14][15]

    収録曲と規格[編集]

    CDシングル、デジタルダウンロード
    全曲作詞・作曲・編曲:星野源(#4のみ作詞:楠部工・ばばすすむ、作曲:菊池俊輔、編曲:星野源)
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「ドラえもん」  
    2.「ここにいないあなたへ」  
    3.「The Shower」  
    4.ドラえもんのうた(House Ver.)」  
    合計時間:

    初回限定盤特典DVD[編集]

    初回限定盤の特典DVD「ViVi Video」には、下記の作品が収録されている。

    • ニセ明をスキーに連れてって
    • 星野源と友人によるコメンタリー

    厳選弾き語りライブ映像(テレビ朝日ドリームフェスティバル)

    • 地獄でなぜ悪い
    • 化物
    • SUN

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 星野源、2・28に11枚目シングル タイトルは「ドラえもん」”. ORICON NEWS (2018年1月15日). 2018年1月16日閲覧。
    2. ^ 「映画ドラえもん」星野源が主題歌&挿入歌書き下ろし、特報も到着”. 映画ナタリー (2017年12月1日). 2018年1月16日閲覧。
    3. ^ 星野源、『映画ドラえもん』主題歌・挿入歌を書き下ろし”. BARKS (2017年12月1日). 2018年1月16日閲覧。
    4. ^ 星野源、新曲タイトルは「ドラえもん」!愛を込めた映画主題歌!”. シネマトゥデイ (2018年1月15日). 2018年1月16日閲覧。
    5. ^ 星野源の「ドラえもん」が提示した“オリジナル”アニソンへの原点回帰”. ORICON NEWS (2018年2月1日). 2018年2月8日閲覧。
    6. ^ ドラえもん:“引っ越し”後の新OPは星野源! 劇場版主題歌が初めてTVアニメのOPに”. まんたんウェブ (2019年9月6日). 2019年9月6日閲覧。
    7. ^ 【オリコン】星野源、「ドラえもん」で2作連続1位 ソロ歌手首位は今年初,オリコン,2018年3月6日
    8. ^ 【ビルボード】星野源「ドラえもん」4冠で総合首位獲得 米津玄師「Lemon」は3週連続で総合2位,Billboard JAPAN,2018年3月7日
    9. ^ 【ビルボード】星野源『ドラえもん』が140,318枚を売り上げシングル・セールス首位獲得,Billboard JAPAN,2018年3月5日
    10. ^ 【ビルボード】星野源「ドラえもん」、アニメ・チャートで断トツ1位! 2位争いは接戦,Billboard JAPAN,2018年3月7日
    11. ^ 【ビルボード】星野源「ドラえもん」アニメ・チャート連覇、ユニゾン「春が来てぼくら」は初登場3位,Billboard JAPAN,2018年3月14日
    12. ^ 【ビルボード】星野源「ドラえもん」3週連続でアニメ・チャートを制す,Billboard JAPAN,2018年3月21日
    13. ^ 【ビルボード】星野源「ドラえもん」4週連続アニメ・チャート首位 「リメンバー・ミー」が初登場,Billboard JAPAN,2018年3月28日
    14. ^ 【ビルボード】星野源「ドラえもん」、アニメ・チャート5週目の首位をマーク BiSH「PAiNT it BLACK」初登場2位,Billboard JAPAN,2018年4月4日
    15. ^ 【ビルボード】星野源×『ドラえもん』vs福山雅治×『名探偵コナン』、劇場版の主題歌争いを制するのは?,Billboard JAPAN,2018年4月11日

    外部リンク[編集]