ドラえもん、母になる〜大山のぶ代物語〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドラえもん、母になる〜大山のぶ代物語〜』(ドラえもん、ははになる おおやまのぶよものがたり)は2015年12月13日22:00-23:00に、NHK BSプレミアムプレミアムドラマ」で単発放送されたテレビドラマ

本作は、タレント・料理研究家の大山のぶ代の半生を描いた伝記作品である。大山は、藤子(F)不二雄の代表的作品の2度目となるテレビアニメ版『ドラえもん』の主演声優を、1979年の放映開始から2005年まで担当した。ドラマでは、大山が『ドラえもん』を通して子供たちに夢と希望を与えた生きざまと、そのはざまで揺れ動いた葛藤を描いている。劇中には、大山の自伝作品『ぼく、ドラえもんでした 涙と笑いの26年うちあけ話』(小学館、2006年、ISBN 9784093876544)の一節を紹介している。最初の制作発表当初のNHK・各種スポーツ紙・テレビ誌等のタイトル発表では、『ずっと一緒だよ 〜声優・大山のぶ代物語〜(仮題)』とされていた。

劇中音楽の殆どはオリジナルだが、『ドラえもん』の作中音楽(菊池俊輔作曲)も主に座談会パートで使用され、「ドラえもんのうた」もドラマオリジナルのインストバージョンが流れた。

出演[編集]

ドラマパート[編集]

座談会パート出演[編集]

  • 小原乃梨子 (元野比のび太役)
  • 肝付兼太 (元スネ夫役)
  • 野村道子 (元しずかちゃん役)
  • 別紙壮一(アニメプロデューサー)

インタビューパート出演[編集]

  • 砂川啓介

スタッフ[編集]

  • 資料提供 - 小学館マガジンハウス、堀隆弘、秋山庄太郎写真芸術館
  • 参考資料 - 大山のぶ代「ぼく、ドラえもんでした。」「私のおもしろ人生」砂川啓介「カミさんはドラえもん」
  • 演出 - 牟田口わか菜(テレビマンユニオン)
  • ディレクター - 石井永二(テレビマンユニオン)
  • 取材 - 黒川優珠、松倉大夏
  • 制作統括 - 千葉聡史、高城朝子
  • 制作著作 - NHK、テレビマンユニオン

脚注[編集]

  1. ^ 大山のぶ代本人も、一部の台詞の吹替で参加している。

外部リンク[編集]