ドラえもん ケンちゃんの冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドラえもん ケンちゃんの冒険』(ドラえもん ケンちゃんのぼうけん)は、1981年国際障害者年記念のキャンペーンとして制作された日本アニメ映画[1]ドラえもん映画作品の一つであり、『ドラえもん』の登場人物たちと、ゲストキャラクターである車椅子の少年との交流を描く。

概要[編集]

本作は劇場用作品ではなく、1981年の夏から秋にかけ、日本各地の公民館学校などで上映され、同年10月5日にはテレビ朝日で放映され[2][3]、その後も21世紀に至るまで各地で上映され続けた[1]。車椅子の少年・ケン一は、製作元の全国心身障害児福祉財団の公式ウェブサイトの案内役キャラクターにもなった[4]

当時のドラえもん役の声優を務めた大山のぶ代は、それまで知らなかった障害者への接し方を学ぶことができ、忘れられない作品になったと語っており、テレビでの再放送を望んでいるものの、その機会は与えられていない[2][5]

あらすじ[編集]

のび太たちの学校のクラスに、車椅子の少年・ケン一(ケンいち)が転校してきた。ケン一は大好きなチョウの標本をコレクションしているが、どれも店で買ったものばかりで、自分でチョウを採ったことは一度もない。のび太はチョウを採りたいというケン一の願いを叶えるため、ケン一やいつもの仲間たちとともにタイムマシンに乗り、様々なチョウが飛び交っている3千万年前の世界へ向かう[1][2][3]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 第4回 四日市福祉映画の集い”. 四日市市 (2002年7月6日). 2010年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c d 大山 2006, pp. 108-109
  3. ^ a b c d e f 小学館 1981, pp. 305-308
  4. ^ 2000. “療育Web”. 全国心身障害児福祉財団. 2010年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月10日閲覧。
  5. ^ 2006年6月時点[2]
  6. ^ a b c d 古崎康成. “ドラえもんスペシャル ケンちゃんの冒険”. テレビドラマデータベース. 2010年1月10日閲覧。

参考文献[編集]