たかや健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

たかや 健二(たかや けんじ、1955年8月20日[1] - 2016年10月2日[2])は、日本漫画家千葉県船橋市出身[1]

経歴[編集]

1977年、『毎日中学生新聞』に「ファウンダー」を連載開始して漫画家デビュー[1]1980年、「スペーサー・バン」で第2回藤子不二雄賞を受賞する。ちなみに第2回藤子不二雄賞同期には「がんばれ!キッカーズ」のながいのりあき、「ラジコンボーイ」の大林かおるなどがいる。

1982年より『別冊コロコロコミック』で「3D甲子園 プラコン大作」を連載開始。プラモブームを象徴する人気漫画となる。1984年4月号より『月刊コロコロコミック』でも連載開始され、1985年春まで続く。小学館てんとう虫コミックス全6巻。コミックス版ではテクニカルアドバイザーに模型研究家の十川俊一郎を迎え、プラモデル作りの分かり易い解説をしていた。

一時、大林かおると事務所を共有、お互い執筆活動に励んでいた。

藤子・F・不二雄のチーフアシスタントを務めており「ドラえもん」、「パーマン」ではメインキャラクターのペン入れを担当したこともある。「のび太と鉄人兵団」では巨大ロボットの「ザンダクロス」のデザインを担当した[3]。「ドラえもん」劇中には「プラコン大作」の主人公・城戸大作がのび太の学校の生徒に混じって描かれていた事が有る他、単行本32巻収録『超リアル・ジオラマ大作戦』には「「プラコン大作」をよんだり、いとこに家庭教師をたのんだり」というスネ夫のセリフが登場する。一方「プラコン大作」中の観客のモブシーンには、たかやの筆によるドラえもんが混じって描かれていた。たかやが執筆した「新訂版 学研まんが ひみつシリーズ 地球のひみつ」は主役キャラクターが「T・Pぼん」や「ミラ・クル・1」の様な姿をしている。

主な作品[編集]

など

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著 『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、226頁
  2. ^ 訃報 ネオ・ユートピア Twitter 2016年10月3日閲覧
  3. ^ 藤子不二雄ファンクラブ『Neo Utopia』の会報40号のインタビューによる