のび太・ジャイアン症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

のび太・ジャイアン症候群(のびた・ジャイアンしょうこうぐん)は、司馬理英子(本名: 松浦理英子)が命名した造語}。実際には正式な医学用語ではない。星野仁彦という精神科医が「ジャイアン型」「のび太型」の分類を使用している[1]

藤子・F・不二雄漫画作品『ドラえもん』の登場人物、のび太ジャイアンに由来し、司馬理英子の書籍内にて注意欠陥・多動性障害 (ADHD) の症例をのび太とジャイアンという馴染み深いキャラクターで例えて伝えようとした[2]

概要[編集]

造語の周知[編集]

1997年、造語の提唱者である司馬は日本人には馴染み深い『ドラえもん』の登場人物に典型的なADHDの症状がみられることから、「のび太・ジャイアン症候群」という愛称を付けてADHDを日本に紹介をした[2]。具体的には、短気で怒りっぽく乱暴な児童を「ジャイアン型」、引っ込み思案で自信がなく、自己主張ができない児童を「のび太型」に分類している[3]。また、『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版 (DSM-IV) では、のび太・ジャイアン症候群、すなわちADHDを、行動障害に分類しているが、その診断基準を分かりやすいように言い換えも行っている[4]

司馬の著書である『のび太・ジャイアン症候群』が発表された当時には、この用語が雑誌や新聞などのマスコミでも取り上げられたほか[4][5]、司馬以外の研究者によっても「のび太・ジャイアン症候群」と冠した講演会が開催されたこともあり[6]、ADHDの認知度向上に貢献した。2005年には、山崎雅保や白井由佳といった識者の見解を紹介しながら毎日新聞で「のび太・ジャイアン症候群」に関する特集が組まれたこともあった[7]

実際の用法[編集]

精神科医星野仁彦は、『発達障害に気づかない大人たち』で「ジャイアン型」「のび太型」の分類を使っている[1]。同書によれば、「ADHDやAS(アスペルガー症候群)などの発達障害者の大きな特徴の一つ」として、「感情の不安定性」がある[1]。発達障害者は「大きくなった子ども」と呼ばれることがあり、すなわち発達障害者は「気分や感情のセルフコントロールがうまくできず、極めて不安定」だとされている[1]

ADHDは

  • 多動・衝動性優勢型(ジャイアン型)
  • 不注意優勢型(のび太型)

に大別される[1]。以下は同書からの引用。

多動・衝動性優勢型(ジャイアン型)の場合、自分の思い通りにならないと、ほんの些細なことでもすぐに不機嫌になり、瞬間湯沸かし器のように怒りの感情を爆発させます。このため周囲からは「短気でキレやすい、癇癪持ち」と思われています。

キレたとき、彼らは一種の解離状態(思考や感情などの精神機能の一部が自己から切り離された状態)に陥り、後で聞いてもキレたことを覚えていないことが少なくありません。また理由もないのに妙にウキウキして高揚したハイな気分になることもあります。[1]

不注意優勢型(のび太型)の場合は、やはり些細なことで不機嫌になるのですが、逆に気持ちが落ち込んでメソメソします。[1]
実際にはこの両者の混合型が多いので、キレたと思ったら、メソメソ落ち込んだりするケースが少なくありません。[1]

このため発達障害者の人格は、「気分屋で情緒不安定でストレス欲求不満に耐えられない、未熟な人格」と見なされることが多い[1]。発達障害者のパートナー友人たちはよく、「大きくなった子ども」と形容するという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 星野 2010, p. 62.
  2. ^ a b 斉藤希史子「大きな“のび太”:ADHD/上 20代女性の場合」『毎日新聞』2005年9月8日東京朝刊14面
  3. ^ 星野仁彦「のび太・ジャイアン症候群」『朝日新聞』1999年12月01日福島朝刊26面
  4. ^ a b 深山真治「「のび太・ジャイアン」症候群が増えている」『週刊読売読売新聞社1998年7月5日号、pp.34-35
  5. ^ 「タイプ別、いじめ解説「のび太・ジャイアン症候群」を出版」『朝日新聞』1997年4月24日富山朝刊
  6. ^ 「不登校の悩みどうぞ 来月1日 八幡東区に相談所オープン」『読売新聞』2001年2月10日西部朝刊32面
  7. ^ 斉藤希史子「大きな“のび太”:ADHD/中」『毎日新聞』2005年9月9日東京朝刊12面
    「大きな“のび太”:ADHD/下」『毎日新聞』2005年9月10日東京朝刊15面

参考文献[編集]

  • 司馬理英子、1997年、『のび太・ジャイアン症候群 いじめっ子、いじめられっ子は同じ心の病が原因だった』ISBN 4072212733
  • 司馬理英子、1999年、『のび太・ジャイアン症候群2 ADHDこれで子どもが変わる』ISBN 4072249173
  • 司馬理英子、2001年、『のび太・ジャイアン症候群3 ADHD子どもが輝く親と教師の接し方』ISBN 4072289809
  • 司馬理英子、加藤醇子、千谷史子、2003年、『のび太・ジャイアン症候群4 ADHDとアスペルガー症候群 この誤解多き子どもたちをどう救うか』ISBN 4072376302
  • 司馬理英子、2004年、『のび太・ジャイアン症候群5 家族のADHD・大人のADHD お母さんセラピー』ISBN 407242482X
  • 星野, 仁彦 『発達障害に気づかない大人たち』 祥伝社2010年ISBN 978-4-396-11190-8