ダ・カーポ (歌手グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダ・カーポ
出身地 日本の旗 日本
活動期間 1973年 -
レーベル 日本コロムビア
公式サイト ダ・カーポ 公式ホームページ
メンバー 榊原 広子(女声・作詞
榊原 まさとし(男声・作詞作曲ギター
旧メンバー 榊原 麻理子(女声・フルート

ダ・カーポ (Da Capo) は、久保田広子と榊原まさとしが結成した日本の男女フォークデュオ歌手グループ。1973年8月にデビュー[1]。翌1974年6月1日発売のシングル『結婚するって本当ですか』がヒット。久保田は1980年に榊原と結婚し榊原姓になり、以降は夫婦デュオとして活動。一時期は娘の榊原麻理子をメンバーに加えていた[1][2]1970年代から1980年代を中心にヒット曲を飛ばし、現在も活躍している。2013年にデビュー40周年を迎えた[1]

親しみやすいメロディーと高い歌唱力、とくに広子の柔らかな美声で人気を博し、オリジナル曲のフォークソングもさることながら、童謡抒情歌唱歌)、わらべ唄民謡など日本の伝統的楽曲カバーでも高く評価されている。

グループ名は演奏記号で「曲の最初に戻る」を意味するダ・カーポに由来し、「いつまでも初心を忘れずに」という思いがこめられている[1][2]

メンバー[編集]

元メンバー
  • 榊原 麻理子(さかきばら まりこ)神奈川県横浜市出身。まさとし・広子夫妻の娘。女声、フルート

経歴[編集]

1971年栃木県出身の久保田広子が家業のスーパーマーケットを継ぐため、神奈川県横浜市の大手スーパーに派遣されて修行中、市内のフォークソングサークルの「歌の仲間募集」ポスターを見て、榊原まさとしの兄が経営していた「サカキ音楽研究所」を訪れ、ここで2人が出会った[2][3]。30人ほどでフォークソングのサークルを作って活動しており、グループ名「ダ・カーポ」はこのサークル名をそのまま引き継いだものである[2]

1973年、研究所の送別会が渋谷ジァン・ジァンで開かれた。このときお互いに刺激されてグループ結成を決意する。同1973年8月コロムビア・レコードからシングル『夏の日の忘れもの』でデビュー。なお、メジャーデビューにあたりグループ名は、2人の活動の場でまさとしの出身地でもある横浜にちなみ、カモメを意味する「シーガル (Seagull) 」[注釈 1]とする案もあったが、結局サークル名から引き継いだ「ダ・カーポ」をそのまま使用することとした[2]

1974年のシングル『結婚するって本当ですか』が60万枚を売り上げる大ヒットを記録し代表曲となった。この曲は、広子が高校時代の友人から突然届いた結婚式の招待状に驚いて「結婚するって本当ですか」と返事を書いた体験をもとに、広子自身が詞を書き、まさとしがその詞に曲を付けて誕生した(なお歌詞の内容はあくまで創作で実話とは異なるという)[2]。また曲名も、レコード会社からは歌い出しの歌詞から『雨あがりの朝』を提案されたが、ダ・カーポ側からの要望で『結婚するって本当ですか』とされた[2]

またこの頃から、わらべ唄や民謡のアレンジを手掛けたことが評価され、1974年9月に横浜音楽祭地域活動奨励賞を受賞した。1976年にはシングル『宗谷岬(そうやのみさき)』がNHKみんなのうたで放送されてヒットし、「結婚するって本当ですか」に続く代表曲となった。

1980年には、竹宮恵子原作の東映アニメ映画地球へ…』の主題歌を担当し、これを機にアニメ主題歌を手掛けるようになる。同1980年9月に榊原まさとしと久保田広子が結婚したのを機に、ダ・カーポとしての活動を一時中止。夫のまさとしがソロデビューし、TBSテレビドラマ2年B組仙八先生』主題歌の『不良少女白書』がヒットする。

結婚後、広子は娘の麻理子を出産。1983年に夫婦2人での活動を再開した。同1983年、画家山下清をモデルとしたフジテレビ系列のドラマ『裸の大将放浪記』シリーズ(のち『裸の大将』シリーズと改名。主演は芦屋雁之助)の主題歌「野に咲く花のように」はよく知られており、2007年9月1日に放送された塚地武雅主演によるリメイク版『裸の大将』の主題歌としても使われた。

麻理子が中学校2年生のとき、広子が変形性股関節症にかかる[2]。その治療のため、1996年1月よりダ・カーポとしての活動を半年間休止。5ヶ月間にわたり入院し、両足股関節手術と術後のリハビリを経て[4]、翌1997年10月には書籍出版。ダ・カーポ名義(広子・まさとし共著)で、夫婦での闘病記『歩けるって幸せ!~変形性股関節症の克服もデュエットで~』を講談社から刊行した[2]

1998年1月、デビュー25周年記念シングル『てふてふ / 神戸物語』を発表した。

2001年のシングル『よこはま詩集』がNHK新ラジオ歌謡、NHKみんなのうたで放送される。また同年には『ドラえもん』シリーズの東宝映画がんばれ!ジャイアン!!』の主題歌を担当した。2003年にはデビュー30周年記念ベストアルバム『ありがとう』をリリースした。

2007年10月のデビュー35周年記念アルバム『home〜世界の名歌集〜』から、娘の麻理子が正式メンバーとして加わり、新生ダ・カーポとして活動開始。2013年から麻理子が2年間パリにフルートを学びに留学することが決まり、再び夫婦デュオとなった。

2012年には「もうすぐ40周年記念シングル」として『恋する横浜/ふたりの記念日』をリリース。翌2013年8月にデビュー40周年を迎えた。

2014年、まさとしが胸椎腰椎圧迫骨折による体調不良のため入院し治療に専念。2015年11月7日のコンサート「ダ・カーポ コンサート〜まさとし完全復活祝い!〜」で復帰した[5]

受賞歴[編集]

  • 1973年11月 - 新宿音楽祭で銅賞。
  • 1974年 9月 - オリコンチャート月間新人賞。
  • 1974年 9月 - 横浜音楽祭地域活動奨励賞。
  • 1975年 5月 - 広島平和音楽祭ゴールデンメイブル賞。
  • 1975年 7月 - スターマイセレクション(読売新聞主催)最優秀賞。
  • 1975年11月 - 全国民放祭(テレビ神奈川主催)放送活動部門賞。
  • 1976年10月 - 空の音楽祭グランプリ受賞。
  • 1976年11月 - 北海道有線放送優秀賞。
  • 2001年11月 - 横浜遊大賞受賞。
  • 2002年10月 - 横浜市文化奨励賞受賞。
  • 2009年 1月 - 神奈川県イメージアップ大賞受賞。

年譜[編集]

出典:ダ・カーポ公式サイト「プロフィール」「ディスコグラフィー

  • 1973年
  • 1974年
    • 6月 - シングル『結婚するって本当ですか』発売。ヒット曲となる
    • 7月 - ライブアルバム『GET TOGETHER WITH DA CAPO ダ・カーポ ファースト・ライブ』発売
    • 11月 - オリジナルアルバム『日誌』発売(「結婚するって本当ですか」収録)
  • 1975年
    • 8月 - オリジナルアルバム『いつか愛する人ができたら』発売
    • 10月 - 童謡・民謡のアレンジで横浜音楽祭地域活動特別賞を受賞
  • 1976年
    • 4月 - シングル『宗谷岬(そうやのみさき)』発売。NHKみんなのうたで放送
    • 8月 - オリジナルアルバム『道知辺(みちしるべ)』発売
    • 10月 - 「愛する人と生まれた街へ」で「空の音楽祭」グランプリ受賞
    • 11月 - 初のベストアルバム『ブーケ』発売
    • 11月 - NHKみんなのうた「宗谷岬」で北海道有線放送優秀賞を受賞
  • 1977年
    • 5月 - シングル『愛する人と生まれた街へ』発売
    • 10月 - サウンドトラック『いんてぃめっと~ダ・カーポ グランド劇場を歌う~』発売
    • 11月 - ベストアルバム『やさしさ通信 ダ・カーポ ベスト16』発売
    • 5月 - オリジナルアルバム『遊歩道』発売
    • 10月 - カバーアルバム『てんさぐの花~僕らは歌追い人 その1』発売(「てんさぐの花」ほか収録)
    • 11月 - オリジナルアルバム『チャイム』発売
  • 1979年
    • 6月 - オリジナルアルバム『ハートメイド』発売
    • 6月 - カバーアルバム『僕らは歌追い人 その2』発売(「鎌倉の子守唄」ほか収録)
  • 1980年
    • 2月 - シングル『地球(テラ)へ…』発売(竹宮恵子原作の東映アニメ映画『地球へ…』主題歌)
    • 6月 - サウンドトラック『宇宙船地球号~「地球へ・・・」によせて~』発売(「地球(テラ)へ…」収録)
    • 7月 - ベストアルバム『ダ・カーポ ベスト・アルバム』(「地球(テラ)へ…」ほか収録)
    • 9月 - カバーアルバム『僕らは歌追い人 その3』発売(「組曲わらべ唄」ほか収録)
    • 9月 - まさとしと広子の結婚を機に、ダ・カーポとしての活動をいったん休止
  • 1981年
    • 5月 - まさとしソロデビュー。シングル『不良少女白書』発売(TBSテレビドラマ『2年B組仙八先生』挿入歌)
    • 5月 - まさとしソロアルバム『孤独なルネッサンス』発売(「不良少女白書」収録)
    • 11月 - まさとしソロシングル『明日…あざやか』発売(NHK銀河テレビ小説『めぐり逢いて』主題歌)
  • 1982年
    • 5月 - まさとしソロシングル『横浜マリー』発売
    • 6月 - まさとしソロアルバム『心象風景』発売(「明日…あざやか」「横浜マリー」収録)
  • 1983年 - 広子の出産を経て、夫婦でのダ・カーポとしての活動再開
    • 7月 - オリジナルアルバム『いい日でしたか』発売(ジャケットに親子3人の写真を採用)
    • 8月 - デビュー10周年を迎える
  • 1984年
  • 1985年
    • 10月 - シングル『SELAM - よみがえれアフリカ - 』(テレビ朝日『アフリカ飢餓救済』キャンペーンソング)
    • 12月 - シングル『鳩の詩(うた)』発売。NHKみんなのうたで放送
  • 1986年
    • 6月 - シングル『青春は舟』発売(日本テレビ青春アニメ全集』主題歌)
    • 10月 - シングル『大きなリンゴの木の下で』発売。NHKみんなのうたで放送
  • 1987年
    • 6月 - シングル『硝子の心』発売(NHKファミリードラマ『旅少女』主題歌)
  • 1988年
    • 3月 - 『ハートフルミュージックコレクション(1)ダ・カーポ 童謡ファンタジー ぬくもりの贈りもの』(2枚組50曲)発売
    シリーズ第1弾。童謡カバーアルバム。
    • 7月 - ベストアルバム『ダ・カーポ全曲集』(代表曲14曲収録)発売
    • 8月 - デビュー15周年を迎える
    • 12月 - 『ハートフルミュージックコレクション(2)ダ・カーポ 抒情歌ファンタジー おもいでの贈りもの」(2枚組40曲)発売
    シリーズ第2弾。抒情歌唱歌)カバーアルバム。
  • 1990年
    • 4月 - 『ハートフルミュージックコレクション(3)ダ・カーポ フォークソングファンタジー 青春の贈りもの』(2枚組40曲)発売
    シリーズ第3弾。フォークソングニューミュージックのヒット曲カバーアルバム
    • 11月 - シングル『せせらぎの町へ』発売
  • 1991年
    • 4月 - オリジナルアルバム『アル・モ・ニー (HARMONIE) 』発売(鈴木茂プロデュース)
  • 1992年
    • 6月 - ベストアルバム『ソングライター・ルネッサンス (THE SONGWRITER RENAISSANCE) 』発売(鈴木茂プロデュース)
  • 1992年
    • 1月 - シングル『ずっと遠くから・・・』発売。NHK新ラジオ歌謡で放送
  • 1993年
    • 2月 - シングル『生きてるよ』発売(アニメ映画『カッパの三平』主題歌)
    • 5月 - 『ハートフルミュージックコレクション(4)アコースティックファンタジー 友への贈りもの』(2枚組36曲)発売
    シリーズ第4弾。フォークソングニューミュージックヒット曲カバーアルバム。
    自作曲「クリーム色の電車に乗って」(シングル『結婚するって本当ですか』B面カップリング曲)、アルバム『日誌』初出)も収録。
    • 8月 - デビュー20周年を迎える
    • 9月 - オリジナルアルバム『Mother Earth』発売
  • 1994年
    • 4月 - シングル『My Life』発売(NHK『現役クラブ』主題歌)
  • 1995年
    • 4月 - シングル『よさこいワンダーランド』発売。NHKみんなのうたで放送
    • 6月 - ベストアルバム『ダ・カーポ シングル・コレクション』(2枚組32曲)発売

シングルA面曲のコレクション。まさとしのソロシングル3曲も収録

    • 8月 - シングル『星形のペンタス』発売
  • 1996年
    • 1月 - 広子の変形性股関節症の治療のため、ダ・カーポとしての活動を半年間休止
  • 1997年
    • 4月 - CD-BOX『ダ・カーポ フォーエヴァーファンタジー 明日への贈りもの」(5枚組)発売
    「童謡」「抒情歌(唱歌)」「フォークソング」「アコースティック」カバー4枚、「オリジナル」自作曲ベスト1枚のセット
    • 10月 - 広子の変形性股関節症の闘病記『歩けるって幸せ!~変形性股関節症の克服もデュエットで~』を講談社から出版
  • 1998年
    • 1月 - デビュー25周年記念シングル『てふてふ / 神戸物語』発売
    • 8月 - デビュー25周年を迎える
  • 2000年
    • 10月 - シングル『To the Future』発売
  • 2001年
    • 1月 - シングル『よこはま詩集』発売。NHK新ラジオ歌謡で放送
    • 1月 - サウンドトラック『写真家 白川義員 神々の座 世界百名山を撮る』発売(3月にDVDビデオソフト発売)
    • 3月 - シングル『さよならとは言わないで』(映画版ドラえもんテーマ曲)発売
    • 4月 - 『ハートフルミュージックコレクション(5)ベストヒットファンタジー ありがとうの贈りもの』(2枚組37曲)発売
    シリーズ第5弾。自作曲ベストアルバム。同年に過去のシリーズ第1弾~第4弾も再発、5作シリーズ完結
    • 7月 - マキシシングル『よこはま詩集』発売。NHKみんなのうたで放送
    • 7月 - DVD『日本の童謡・抒情歌集』発売
    • 10月 - シングル『ウエディング・ワルツ (Wedding Waltz) 』発売
    • 11月 - ヨコハマ遊大賞を受賞
  • 2002年
    • 9月 - シングル『悲しみにさよならを / 雨の匂い』発売
    • 10月 - 横浜文化賞奨励賞を受賞
  • 2003年
    • 1月 - サウンドトラック『ヒマラヤの詩(うた)』発売
    • 5月 - デビュー30周年記念ベストアルバム『ありがとう』発売(20曲)
    NHKみんなのうたで放送されたシングル曲「よこはま詩集」ほか収録
    • 8月 - デビュー30周年を迎える
  • 2004年
    • 6月 - シングル『人生の贈り物~他に望むものはない~』発売(さだまさし作曲)
  • 2005年
    • 4月 - シングル『ベストパートナー』発売
    • 7月 - シングル『野に咲く花のように』発売
  • 2006年
    • 3月 - ベストアルバム『ベストパートナー』発売
    シングル曲「ベストパートナー」、「野に咲く花のように」(アレンジバージョン)収録
  • 2007年
    • 6月 - デビュー35周年記念アルバム第1弾『日本の歌ベスト30』発売
    • 8月 - デビュー35周年を迎える
    • 10月 - 35周年記念アルバム第2弾『home~世界の名歌集』発売
    • 12月 - 35周年記念シングル『青春のままに』発売
  • 2008年
    • 1月 - デビュー35周年記念CD-BOX『メモリアルCD-BOX 名曲大全集 ハートフルベスト (HEARTFUL BEST) 』発売
    • 3月 - シングル『君へと続く道』発売(アニメ番組『ポルフィの長い旅エンディングテーマ
  • 2009年
    • 1月 - 第11回神奈川イメージアップ大賞を受賞
  • 2012年
    • 2月 - もうすぐ40周年記念シングル『恋する横浜/ふたりの記念日』発売(小林篁次作詞、榊原まさとし作曲)
  • 2013年
    • 6月 - デビュー40周年記念ベストアルバム『ダ・カーポ ザ・ベスト』(3枚組56曲)発売
    シングル曲「恋する横浜」「ふたりの記念日」収録
    • 6月 - 40周年記念アルバム『とっておきの贈りもの』発売
    • 6月 - 40周年記念CD-BOX『オリジナル大全集 122(い~ふうふ)』(7枚組135曲)発売
    Disc1「故郷」、Disc2「愛」、Disc3「青春」、Disc4「旅」、Disc5「希望」、Disc6「祈り」、Disc7「僕らは歌追い人」のテーマ別構成
    • 8月 - デビュー40周年を迎える
  • 2017年
    • 6月 - デビュー45周年記念アルバム『日本のうたファンタジー』発売(1枚組15曲)
    カバーアルバム。「花〜すべての人の心に花を〜」など、過去のシリーズ未収録曲も一部収録。
  • 2018年
    • 7月 - カバーベストアルバム『童謡&抒情歌 ファンタジーベスト 明日への贈りもの』発売(2枚組40曲)
    過去に発売した童謡・抒情歌カバーアルバムの音源を編集したリマスター
    • 8月 - デビュー45周年を迎える

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 夏の日の忘れもの(1973.08)
  2. 恋はかげろう(1973.11.10)
  3. この手のひらいっぱいに(1974.03)
  4. 結婚するって本当ですか (1974.06.01)
  5. 家族日誌(1974.11.01)
  6. バスが坂道を下りてくる(1975.03.10)
  7. 燃える手紙 1975.09)
  8. おはようさん(1975.11)NHK連続テレビ小説おはようさん』主題歌
  9. 宗谷岬 (1976.04)NHKみんなのうた
  10. 雨あがりのファンタジー(1976.06)
  11. 誰かと今日もすれ違い(1977.02)日本テレビグランド劇場一丁目物語 ゴッドマザーの二度目の青春』主題歌
  12. 愛する人と生まれた街へ(1977.05)空の音楽祭グランプリ受賞曲
  13. 卒業(1977.11)
  14. 夕凪のふたり(1978.01)日本テレビ 『気まぐれ本格派』主題歌
  15. バイバイ・イエスタディ(1978.06)
  16. 旅路から(1978.08)TBS 『あじのある旅』主題歌
  17. 雪もよう(1979.02)
  18. 帰らざる風(1979.07)
  19. 眠れないあなたに(1979.11)
  20. 地球(テラ)へ…(1980.02)東映アニメ映画『地球へ…』主題歌
  21. 風の翼(1980.04)
  22. 夢中でいれば、美しい。- KEEPING ON GOING -(1980.08)武田薬品工業 アリナミンA25・テレビCMソング
  23. かんじんの唄(1980.10)
  24. 不良少女白書(1981.05.01)榊原まさとしソロ。TBSテレビドラマ『2年B組仙八先生』挿入歌。さだまさし作詞・作曲
  25. 明日…あざやか (1981.11)榊原まさとしソロ。NHK 銀河テレビ小説『めぐり逢いて』主題歌
  26. 横浜マリー(1982.05)榊原まさとしソロ
  27. 淋しさは夕立ちのように/野に咲く花のように (1983.07.21)「野に咲く花のように」は関西テレビ花王名人劇場裸の大将放浪記』主題歌
  28. 冬のかもめ(1984.01)松竹映画 『家族同盟』主題歌
  29. 愛と光のバラード(1984.08)ヘラルド映画 『しのぶの明日』主題歌
  30. 空からこぼれたStory(1984.11.25)テレビ朝日 『名探偵ホームズ』主題歌
  31. SELAM -よみがえれアフリカ- (1985.10)テレビ朝日 『アフリカ飢餓救済』キャンペーンソング
  32. 鳩の詩(1985.12)NHKみんなのうた
  33. 青春は舟(1986.06)日本テレビ 『青春アニメ全集』主題歌
  34. 大きなリンゴの木の下で(1986.10)NHKみんなのうた
  35. 硝子の心(1987.06)NHKファミリードラマ『旅少女』主題歌
  36. 夢狩人(1989.03.01)角川映画 『宇宙皇子』主題歌
  37. せせらぎの町へ(1990.11.21)秋田県河辺町 町の歌
  38. ずっと遠くから… (1992.01.21)NHK新ラジオ歌謡
  39. 生きてるよ(1993年2月21日)アニメ映画『カッパの三平』主題歌
  40. My Life(1994.07.21)NHK『現役くらぶ』主題歌
  41. よさこいワンダーランド(1995.06.21)NHKみんなのうた
  42. 星形のペンタス(1995.08.19)NHK-FM音楽遊覧飛行・ふるさとのうた 心の旅』テーマ曲(インストゥルメンタルバージョンを使用)
  43. てふてふ/神戸物語(1998.01.21)
  44. To the Future(2000.10)
  45. よこはま詩集(2001.01.20)NHK新ラジオ歌謡
  46. さよならとは言わないで(2001.03.01)『がんばれ!ジャイアン!!』主題歌
  47. Wedding Waltz(2001.10.20)
  48. 悲しみにさよならを(2002.09)
  49. 人生の贈り物 〜他に望むものはない〜(2004.06.23)
  50. ベストパートナー(2005.04.20)
  51. 青春のままに(2007.12.26)
  52. 君へと続く道(2008.03.19)世界名作劇場ポルフィの長い旅」エンディングテーマ
  53. はじめての日 (2010.07.10)お母さん大学「百万母力プロジェクト」テーマソング(自主制作盤
  54. 恋する横浜/ふたりの記念日 (2012.02.22)〜もうすぐ40周年〜記念シングル

アルバム[編集]

  • 歌う風たち = ダ・カーポ アルバム Vol. 1(1973年11月24日)
  • 日誌 = ダ・カーポ アルバム Vol. 2(1974年10月31日)
  • いつか愛する人ができたら = ダ・カーポ アルバム Vol. 3(1975年8月31日)
  • 道知辺(1976年8月24日)
  • ブーケ(1976年11月24日)
  • いんてぃめっと 〜ダ・カーポ グランド劇場を歌う〜(1977年10月24日)
  • チャイム(1978年11月24日)
  • 僕らは歌追い人 II(1979年6月24日)
  • ハートメイド(1979年8月24日)
  • 宇宙船 地球号 〜「地球 (テラ) へ…」によせて〜(1980年7月31日)
  • 僕らは歌追い人 III(1980年9月24日)
  • ぬくもりの贈りもの 童謡ファンタジー(1988年2月29日)
  • おもいでの贈りもの 抒情歌ファンタジー(1988年11月30日)
  • 友への贈りもの アコースティック・ファンタジー(1993年4月30日)
  • ザ・ベスト ダ・カーポ 童謡ファンタジー ぬくもりの贈りもの(2007年12月31日)
  • ダ・カーポ名曲大全集 ~HEARTFUL BEST~(2009年11月8日)
  • ダ・カーポ40周年記念 とっておきの贈りもの(2013年6月18日)
  • 「若者たち」 コンピ・ベスト(2014年9月2日)
  • ことばの豊かな子を育てる くもんの うた200アルバム 1(2017年10月2日)
  • ことばの豊かな子を育てる くもんの うた200アルバム 2(2017年10月2日)
  • みんなの童謡 〜心に響く思い出の名曲たち〜(2018年6月30日)
  • 童謡 & 抒情歌 ファンタジーベスト -明日への贈りもの-(2018年6月30日)

ご当地ソング・CM出演[編集]

神奈川県[編集]

NHKみんなのうた」で2001年8月〜9月初放送。5分間の放送枠をフルコーラスで放送された。歌詞に登場する横浜市内の風景が実写で使われ、映像で使用される横浜の風景画はまさとし自身がが手掛けた。
  • 恋する横浜 - 2012年の「もうすぐ40周年記念」シングル(以降発売されたベスト盤にも収録)。小林篁次(青木寶久)作詞、榊原まさとし作曲。
  • 15秒の風景 - 広子か学生時代に下宿していた横浜市の西谷付近を歌った楽曲。相模鉄道西谷駅と交差する東海道新幹線の車窓に一瞬映る街の風景を歌う。
1979年のアルバム『ハートメイド』初出。新録音の「2006年ヴァージョン」が『ベストパートナー』に収録され、それ以降に発売されたベストアルバムにも収められている。
2000年3月29日リリースのポニーキャニオンCD『横浜ベイスターズ選手別応援歌2002』1曲目に収録。球団歌「熱き星たちよ」、各選手の応援テーマ、湘南シーレックス公式ソングなどが同時収録。
2003年5月のデビュー30周年記念ベストアルバム『ありがとう』、2013年6月のデビュー40周年記念ベストアルバム『ダ・カーポ ザ・ベスト』にも収録されている。

この他にも、横浜や神奈川(湘南などを含む)を題材とした楽曲を多数制作している。

市町村歌[編集]

  • 県民の歌 (栃木県)[6][7] - 広子が栃木県出身ということもあり、ダ・カーポの歌う「県民の歌」が、地元のとちぎテレビ放送終了時にテロップ付きで毎日3番まで放送されているほか、栃木放送でも放送開始時の音楽として採用されている。以前はとちぎテレビでは放送開始告知後にも流していた。
  • 福井市民の歌「わたしのまち ときめきのまち」 - 福井市市制100周年を記念して制定された市民の歌を歌唱しており、作曲も榊原まさとしが手掛けている[8]。扱いとしては2代目市歌となっている。
  • めぐる季節の中で[9] - 広子の出身地である栃木県佐野市で、1993年の市制50周年を記念して制作されたイメージソング。
ダ・カーポは佐野市の「佐野ふるさと特使」も務めている[10]
なお、佐野市はこの曲の制定後、2005年2月28日安蘇郡田沼町葛生町新設合併し、新・佐野市となっている。
町域を流れる岩見川にちなみ、町のキャッチフレーズが「せせらぎの町」だった。平成の大合併により2005年1月11日、秋田市に編入合併されて自治体としては消滅している。

ローカル番組・CM[編集]

その他楽曲[編集]

  • 「空からこぼれたSTORY」 - テレビアニメ「名探偵ホームズ」オープニングテーマ
  • 「テームズ河のDANCE」 - テレビアニメ「名探偵ホームズ」エンディングテーマ
  • 「星からの手紙」 - 特撮テレビ番組「超人機メタルダー」挿入歌

主な出演番組[編集]

テレビ出演[編集]

  • 裸の大将 第23回「清と島の花嫁さん」(1987年7月12日、関西テレビ
  • 栃木ブランド情報番組 栃木のきらめき(とちぎテレビナレーション、広子のみ(2012年3月まで)
  • 栃木ブランド情報番組 満喫!とちぎ日和(とちぎテレビ)広子のみ(2012年4月から、上記の後継番組)

ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ カモメは横浜市のシンボルとしてよく使われる鳥だが、横浜市の市の鳥として正式に制定されているわけではない。市の花としてバラのみが制定されている。なお、カモメは神奈川県の県の鳥として制定されている。横浜市公式サイト「横浜市の概要 き章・市の花」、神奈川県公式サイト「神奈川県のシンボル / 県民歌「光あらたに」 」を参照のこと。また神奈川県のシンボル一覧都道府県のシンボルの一覧も参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d プロフィール ダ・カーポ オフィシャルサイト
  2. ^ a b c d e f g h i スペシャル対談 2008年10月号「歌手 ダ・カーポ 家族で紡ぎ出す幸せのメロディー」 トランタンネットワーク出版社、2019年9月25日閲覧。
  3. ^ 朝日新聞 asPara NEXT-AGE、2010年12月19日19面
  4. ^ 両足手術を即決…ダ・カーポ榊原広子さんと変形性股関節症 日刊ゲンダイヘルスケア、2018年06月04日、2019年9月25日閲覧
  5. ^ ダ・カーポ復活「野に咲く花のように」など披露”. 日刊スポーツ (2015年11月8日). 2015年11月9日閲覧。
  6. ^ 栃木県/県民の歌 栃木県公式サイト、2018年7月1日更新、2019年9月23日閲覧。
  7. ^ ダ・カーポ ただ今、東奔西走 2017年「全国山城サミットin佐野」 2017年11月25日、2019年9月23日閲覧。
  8. ^ 福井市民の歌「わたしのまち ときめきのまち」 福井市公式サイト、2016年4月20日更新、2019年9月23日閲覧。
  9. ^ ダ・カーポ ただ今、東奔西走 2017年「栃木県は佐野のイベントに参加して来ました」 ダ・カーポ 公式サイト、2017年2月26日、2019年9月23日閲覧。
  10. ^ 【第1回さのまるの日イベント「ご当地グルキャラ大作戦」出演者vol.5】 ダ・カーポ・2月26日 佐野ふるさと特使。榊原広子・まさとし夫婦デュオ。 Twitterさのまる公式ニュース、2017年2月22日、2019年9月23日閲覧。
  11. ^ SBSマイホームセンター

外部リンク[編集]