日浦孝則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日浦 孝則(ひうら たかのり、1960年1月17日 - )は日本のミュージシャン広島県東広島市出身。インディーズレーベルVanilla Sky Records所属。元classのメンバー。

経歴[編集]

広島県安芸津町沖に浮かぶ大芝島生まれ。人口が500人余りの小島で現在は本土と橋が架かる。蜜柑栽培などを営む兼業農家に育つ。フォークソングの洗礼を浴びた最後の世代。吉田拓郎に憧れ二光通信販売でギターを購入、コピーを始めた。広島県立呉三津田高等学校入学後は今度はロックの洗礼を受けエレキギターに持ち替えバンドを結成。高校卒業後、京都立命館大学理工学部電気工学科に進学。洋楽のコピーを続けたが19歳の時、高校の後輩に誘われ吉田拓郎の篠島のコンサートに行く。5日前に島に行き1番乗りかと勇んだが、整理番号は29番でショックを受けた。このコンサートのドキュメンタリーフィルムにLARKのTシャツを着て出ている。コンサートに感激し日本語の歌を作ろうと決意した。ヤマハポプコンなど多くのコンテストに出場し25歳で上京。

1987年テイチクよりソロデビュー。シングル2枚(その2枚目は、メルシャンワインのコマーシャルソング、『隠密・奥の細道』主題歌に起用された「君よ綺麗になれ」である)とアルバム3枚リリース後、再びアマチュアに戻り、コンピュータ会社に就職、会社員をしながらレコード会社に持込を続ける。

1993年4月、33歳のとき、ツインボーカルデュオ「class」として再デビュー。デビュー曲「夏の日の1993」が大ヒット。以降シングル7枚、アルバム6枚をリリース。

1996年解散。ソロとして活動。その他作曲家として、横浜ベイスターズ応援歌「勝利の輝き」などを手掛けた。

2003年夏に「class」を再結成し活動していたが、2008年4月に脱退した。新聞には「家庭の事情で脱退」と書かれていたが、これについては本人が公式サイトにて否定しており、また「脱退」という表現についても「解散したグループだから、抜けるってことは無理でしょ?」と言った内容の発言を行っている。

2008年Vanilla Sky Recordsでの活動を開始。

2009年Vanilla Sky Recordsでの活動が本格化し始め、ライヴツアーやアルバム『心のベル』のリリースなどを行う。また、この年から毎年ライヴツアーのDVDを制作している。

2010年アルバム『俺達がいたあの夏』をリリース、ライブツアーも行う。

2011年アルバム『 SEA OF LOVE』をリリース、ライブツアーも行う。

2012年現在ニコニコ生放送にてコミュニティを作成(co416264)。ライブ配信を随時行っている。アルバム『 コーヒーがりがり』をリリース、ライブツアーも行う。また、アルバムタイトルに因んで、オリジナルブレンドコーヒーを作成。ライヴ等で販売された。

2013年アルバム『人生は鯨のようなもの』をリリース、ライブツアーも行う。

2014年アルバム『風の中で ~ Blowing In The Wind ~』をリリース、ライブツアーも行う。

2015年アルバム『風の駅』をリリース、ライブツアーも行う。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • スロウダンス(1987/4/21)
  • 君よ綺麗になれ(1988/2/21)
  • My Dear One(1998/10/23)

アルバム[編集]

オムニバス[編集]

  • 「君よ綺麗になれ」収録
    • 青春ドリーマーズ4(2003/2/21)
    • 忍者 グレイテスト・ヒッツ(2004/12/16)
  • 「勝利の輝き」収録
    • がんばれ 横浜ベイスターズ(1997/9/19)
    • 横浜ベイスターズ'98 選手別応援歌(1998/4/1)
    • 横浜ベイスターズ オフィシャル優勝記念CD VIVA YOKOHAMA(1998/10/18)
    • VIVA!横浜ベイスターズ(1998/12/2)
    • 横浜ベイスターズ セ・リーグ、日本シリーズ 優勝記念CD&佐々木ゴールデンアームキーホルダー(1998/12/2)
    • 横浜ベイスターズ'99 選手別応援歌(1999/3/17)
    • 横浜ベイスターズ選手別応援歌2001(2001/3/14)
    • 横浜ベイスターズ選手別応援歌2002(2002/6/19)
    • 横浜ベイスターズ選手別応援歌2003(2003/4/16)
    • BayStars Jump〜横浜ベイスターズ・オフィシャルソング SPECIAL EDITION〜(2004/4/7)

楽曲提供[編集]

  • 時任三郎「五月の風」作曲。
  • M-onederful「One More Wonderful」作詞。
  • 「餌食淫らな聖女」BGM作曲。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]