メルシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メルシャン株式会社
Mercian Corporation
Nakano central park south building 2012.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2536
2010年11月26日上場廃止
大証1部(廃止) 2536
2010年11月26日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
164-0001
東京都中野区中野四丁目10番2号
中野セントラルパークサウス
設立 1934年12月4日
業種 食料品
法人番号 8010001034939
事業内容 ワインを中心とした酒類の製造・販売、輸入酒販売
代表者 代表取締役社長 代野照幸
資本金 209億7293万円
(2009年12月31日現在)
売上高 単体747億68百万円
連結832億49百万円
(2009年12月期)
純資産 単体451億67百万円
連結459億44百万円
(2009年12月31日現在)
総資産 単体728億20百万円
連結772億70百万円
(2009年12月31日現在)
従業員数 559人(2012年12月31日現在)
決算期 毎年12月31日
主要株主 キリン株式会社:100%
主要子会社 マーカム・ヴィニヤーズ株式会社、シャトーレイソン有限会社、三桜産業株式会社
関係する人物 鈴木三郎助(味の素創業者)
鈴木忠治(設立者)
鈴木三千代(元社長)
植木宏(元社長)
横山清(元社長)
外部リンク http://www.kirin.co.jp/company/about/mercian/
特記事項:2006年12月、TOBによって味の素が主要株主ではなくなり、2007年7月にキリンホールディングスの事業子会社となる。
テンプレートを表示

メルシャン株式会社は、東京都中野区中野四丁目に本社を置く、酒類の製造販売をおこなう企業である。

概要[編集]

味の素の創業者として知られる鈴木三郎助の次男・鈴木忠治が、化学調味料製造の際に発生する大豆粕を原料にアルコール合成清酒製造を目的として1934年(昭和9年)に「昭和酒造株式会社」として設立。川崎に工場を竣工し、合成清酒「三楽」の製造を開始。その後は合成清酒や焼酎を製造する傍ら、飼料抗生物質なども生産。有するブランド「三楽」を冠し、世に製品を送り出してゆく。1949年には「三楽酒造株式会社」と社名変更。

1961年(昭和36年)には、当時山梨県東山梨郡勝沼町(現在・甲州市勝沼町)でワイナリーを経営していた日清醸造を買収し、同社が有していたブランド「メルシヤン」を傘下におくと、これを契機にワイン事業に参入。翌年には長野県北佐久郡軽井沢町でウイスキーの製造を行っていたオーシャン(大黒葡萄酒)を買収し、事業を拡大。同社のブランド「オーシャン」も傘下に置くと、サントリーを追随する形で総合洋酒メーカーに転身。1970年にはワイン「シャトー・メルシヤン」を発売し、ワインを専門分野とする一方、1980年代酎ハイブームの到来と共に、サワー系飲料、また「ピーチツリーフィズ」などのカクテル製品を今日まで生産を続けており、この分野での知名度も高い。味の素傘下時代には、「メルシヤン」と「ヤ」も大きく表記していた。

1990年には社名を現在の「メルシャン株式会社」に変更。

長年に渡り、味の素の創業者である鈴木一族が筆頭株主だったこともあり、同一族の影響の強かったが、1997年総会屋への利益供与事件に伴い、当時の味の素の社長だった江頭邦雄が「脱鈴木体制」を掲げたことから、同社もそれに追随する形で体制を改善、強化すると共に、2006年11月、麒麟麦酒(現・キリンホールディングス)との資本・業務提携を発表。同年11月17日から31日間実施された麒麟麦酒(以下「キリンビール」)による友好的TOB(取締役会賛同の株式公開買付け)により、キリンビールの連結子会社となった。翌2007年7月1日、旧・麒麟麦酒が持株会社に移行し、メルシャンはキリングループのワイン事業の中核となった。なおTOBには主要株主として、同根企業の味の素も参加している。

かつては酒類、加工用酒類に加え、医薬・化学品、飼料も扱っていたが、現在は撤退して酒類カンパニーに特化している(沿革欄参照)。

また、2013年1月1日のグループ再編に伴い、キリンホールディングス傘下として設立された綜合飲料会社(中間持株会社)であるキリン株式会社の傘下に移行し、ワイン・焼酎・梅酒事業を担う事業会社となっている。

沿革[編集]

  • 1934年 - 昭和酒造株式会社創立、本社を東京に置く。
  • 1935年 - 川崎工場竣工、アルコール製造開始。
  • 1941年 - 昭和農産化工株式会社と社名変更。
  • 1949年 - 三楽酒造株式会社と社名変更。
  • 1961年 - 日清醸造株式会社を吸収合併、「メルシャン」ブランドを傘下に。
  • 1961年 - 大和醸造株式会社を吸収合併。
  • 1962年 - オーシャン株式会社を吸収合併、「オーシャン」ブランドを傘下に、三楽オーシャン株式会社と社名変更。
  • 1965年 - 東邦酒類株式会社を吸収合併。
  • 1985年 - 三楽株式会社と社名変更。
  • 1990年 - 本場中国の紹興酒、紹興陳年花彫酒「古越龍山」発売。中国の深製薬廠、香港の萬聯行有限公司と3社合弁で、深センに制ガン剤を製造・販売する会社深セン萬楽薬業有限公司を設立。
  • 1990年 - メルシャン株式会社と社名変更。
  • 1991年 - 百万両新泉株式会社、沖縄オーシャン株式会社を吸収合併。
  • 1995年 - メルシャン軽井沢美術館設立。
  • 2006年11月16日 - 麒麟麦酒(現・キリンホールディングス)と業務提携。麒麟麦酒によるTOBの実施で、同年12月18日に同社の子会社になる。
  • 2007年3月31日 - 流山工場を閉鎖。
  • 2007年7月1日 - キリンビールの純粋持株会社制移行により、同社が社名変更したキリンホールディングスの事業子会社となる。同時にワイン販売事業を麒麟麦酒から譲受、一方で焼酎・低アルコール飲料(チューハイなど)・梅酒・洋酒・合成清酒の販売事業をキリンビールへ譲渡した。
  • 2008年7月1日 - 紹興酒の販売事業を同じキリングループの永昌源に移管。
  • 2010年1月27日 - 業績悪化により新卒採用の中止を決定・発表[1]
  • 2010年6月11日 - 水産飼料事業部において、幹部社員が関係した架空取引で、この4年間だけでも65億円の損失が見込まれる事が判明[2]
  • 2010年7月1日 -
    • 当社と協和発酵バイオ(当社と同じキリンホールディングス傘下の協和発酵キリンの子会社)の原料アルコール事業を統合し、同社との合弁で第一アルコールを設立。
    • 加工用酒類カンパニー(アルコール営業部除く)及び日光工場がキリン協和フーズ(現・MCフードスペシャリティーズ)と統合。
  • 2010年10月20日 - 鯉関連事業を行っていた子会社の南紀串本水産の全株式を東洋冷蔵へ譲渡。
  • 2010年- 山梨県勝沼市に新たな体験型ワイナリーをオープン。資料館内部には、『シャトー・メルシャン』と日本ワインの歴史を紹介する資料展示を常設。
シャトー・メルシャン内部。明治期以降に実際に使われていた醸造器具を展示
  • 2010年12月1日 - キリンホールディングスの完全子会社となる。
  • 2011年4月1日 - 水産飼料事業を東海シープロへ譲渡し同事業から撤退。
  • 2011年7月1日 - 医薬・化学品事業を三井物産へ譲渡。
  • 2011年11月6日 - メルシャン軽井沢美術館閉館。軽井沢ウイスキー蒸留所閉鎖。
  • 2012年7月1日 - キリンビールから梅酒・焼酎の販売事業を譲受、5年ぶりに販売を再開(焼酎は「ピュアブルー」や「タルチョ」など、キリンビールで発売した製品も含まれる)。
  • 2013年1月1日 - グループ再編に伴い、親会社がキリンホールディングス株式会社からこの日設立された国内綜合飲料事業会社(キリンホールディングス株式会社の中間持株会社)であるキリン株式会社に変更。
  • 2013年11月14日 - キリンビバレッジ株式会社とともに当社のウェブサイトをキリンビール(麒麟麦酒)株式会社に統合し、キリン株式会社のウェブサイトとして集約。

事業所[編集]

  • 支社
    • 北日本支社(仙台市)
    • 関信越支社(さいたま市)
    • 首都圏統括支社(東京都中央区)
    • 中部圏統括支社(名古屋市)
    • 近畿圏統括支社(大阪市)
    • 中四国支社(広島市)
    • 九州支社(福岡市)
    • 広域流通統括支社(東京都中野区)
    • 広域販売推進支社(東京都中央区)
  • 工場
    • 苫小牧工場
    • 流山工場(日光工場の完成を受け、2007年3月末に閉鎖)
    • 川崎工場(2003年閉鎖)
    • 藤沢工場
    • シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー
    • 軽井沢ウイスキー蒸留所(2011年11月に閉鎖)
    • シャトー・メルシャン桔梗ヶ原ワイナリー(2018年開設予定)
    • シャトー・メルシャン椀子ワイナリー(2019年開設予定)
    • 磐田工場
    • 宇和島工場
    • 八代工場(通称:八代不知火蔵)
    • 日光工場(2006年より稼働。2010年7月にキリン協和フーズと統合)
  • 研究所(組織上は、キリングループの醸造研究所と統合)
    • 生物資源研究所
    • 商品開発研究所
  • 経理・管理・受注センター
    • 経理センター(京橋)
    • 経理センター(川崎)
    • 物流管理センター
    • 受注センター
  • 文化施設

関連企業[編集]

子会社[編集]

関連会社[編集]

持分法適用関連会社[編集]

主要製品[編集]

☆印:キリンビールで販売されていた製品・商標
★印:キリンディスティラリーへ製造権を継承、およびキリンビールへ販売権を継承した製品・商標

  • ワイン
    • シャトー・メルシャン、エブリィ、おいしい酸化防止剤無添加ワイン、ボン・ルージュ、ビストロ、甘熟ぶどうのおいしいワイン、フランジア☆、フロンテラ、セント・ハレット・タティアラ、サンライズ、カッシェロ・デル・ディアブロ、コドーニュ、ロバート・モンダヴィ、ドゥルト b ボルドー、ボルサオ、ピア・ドールなど
  • 梅酒
    • まっこい梅酒、かろやか梅酒など
  • 焼酎
    • 単式蒸留焼酎(乙類) - 白水(麦焼酎/米焼酎)、どぎゃん(麦焼酎)、黒胡宝(黒ごま焼酎)、金胡宝(金ごま焼酎)、幻の露(麦焼酎)、海人の風(泡盛)、麒麟かおり麦☆(麦焼酎)、麒麟まろやか芋☆(芋焼酎)、ピュアブルー☆(麦焼酎)、タルチョ☆(麦焼酎/米焼酎)、浅黄うさぎ(芋焼酎)など
    • 連続式蒸留焼酎(甲類) - ホワイトパック、楽、スーパージャイアント、武勇伝(東北限定)、三楽焼酎(一部製品は九州限定)、サンラックドライ ホワイトリカー
    • 焼酎甲類乙類混和 - 火唐(ぽから、麦焼酎)など
  • ウイスキー(全て終売)
    • サンラックウイスキー、オーシャンウイスキー、オールドオーシャン、スペシャルオールドオーシャンSP、スペシャルオールドオーシャン12年、ビクトリー、ブライトデラックス、グロリア、ヘブン、ムー、軽井沢、KARUIZAWA EXCEED MATURED 12YEARS、KARUIZAWA 25malts、軽井沢15年、軽井沢17年、軽井沢マスターズブレンド、軽井沢 貯蔵8年、ジャスト・マイ・ハート、オーシャンラッキー★、オークマスター★(樽薫る辛口ウイスキー)、軽井沢シングルモルト12年貯蔵など
  • 他事業
    • アルコール事業(第一アルコールが担当)
    • 畜産飼料事業(メルシャンフィードが担当)

なお、現在はキリンブランド(キリンディスティラリー/キリンビール)で製造・販売しているブレンデッド・ウイスキー「オーシャンラッキー ゴールド」「オークマスター樽薫る」、缶入りチューハイ「本搾りチューハイ」はいずれも、もともとメルシャンが発売したもの、および商標(ブランド)であった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ メルシャン 採用情報
  2. ^ メルシャン循環取引 利益65億円かさ上げ - 水産飼料事業部で07年から - 日本経済新聞 2010年6月11日閲覧

外部リンク[編集]