キリンレモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キリンレモン
キリンレモン関連商品のリターナブル瓶
キリンレモン関連商品のリターナブル瓶
左から
1:キリンレモンクレール(1965年 発売当初の瓶)
2:キリンレモン(1958年 初のACL印刷瓶)
3:キリンレモン(1970年代)
4:キリンジュース(1954年 発売当初の瓶)
5:キリンジュース(1960年代)
6:キリンオレンジ(1970年代)
7:チェスタ(1973年 発売当初の瓶)
8:チェスタ(1970年代後半)
9:キリンタンサン(1950年代)
種類 炭酸飲料
販売元 麒麟麦酒株式会社
1928年 - 1991年
キリンビバレッジ株式会社
(1991年 - 2012年
キリン株式会社
2013年 - )
発祥国 日本の旗 日本
販売開始 1928年3月16日
透明
関連商品 大人のキリンレモン
三ツ矢サイダー
三ツ矢サイダーゼロ
リボンシトロン
スプライト
C.C.サイダー
公式サイト キリンレモン
テンプレートを表示

キリンレモン (KIRIN LEMON) は、キリンビバレッジが製造し、キリン株式会社が販売している無色透明炭酸飲料である。

概要[編集]

1928年3月16日に発売され、日本国内ではサントリーフーズから発売されているセブンアップ日本コカ・コーラから発売されているスプライトアサヒビール系のアサヒ飲料から発売されている三ツ矢サイダーサッポロビール系のポッカサッポロフード&ビバレッジから発売されているリボンシトロンなどに並ぶ無色透明炭酸入り清涼飲料類[注 1]の定番でロングセラー商品である。340ml瓶は1958年、クレールと通称される200ml瓶は1965年以来類似したデザインを概ね踏襲しているが製造年次により細かい変化があり、340ml瓶は1960年代初頭に形状を変更しているほか、1960年代末期に印刷デザインを大幅に変更している。200ml瓶も1969年ごろに印刷内容を大幅に変更している。340mlは2002年、200mlは2003年にそれぞれ軽量化されて微かに変化しており、340ml瓶は2010年秋ごろに製造を終了している

レモンを抱く商品名だが無果汁で、レモンの爽やかさを楽しむためにレモン果皮から抽出した天然香料を用いている。近年の流行りである微炭酸に反し、高めの炭酸を含有して嗜好家に人気を得ている。レモン果汁入り微炭酸のキリンレモンセレクトは、1998年に一旦生産終了するも2007年に約1年間再度販売された。ビール業界でドライビールが好評を博した1988年にキリンレモンドライを発売している。缶やペットボトル製品は発売当初、1958年に採用されたACL印刷瓶製品と同様、キリンラガービールラベル記載の古代中国霊獣としての麒麟を簡略化した聖獣マーク[注 2]だったが1998年にキリンレモンセレクトと統合し、キリンビールのラベルで用いられている古代中国霊獣としての麒麟ではなく、実在のキリンとレモンを合体した「キリンレモンくん」なるマスコットキャラクターを用いた。

2006年糖質を従来のキリンレモンに比して27%減じて風味を刷新し、CMはモデルの浦浜アリサを起用し、デザインは佐藤可士和が「キリンレモン」をロゴ文字から明朝体に置き換えるなど大胆な変更に賛否があった。びん製品は従来の風味とデザインが変更されていない。

2008年に発売80周年を期して商品改良している。レモン香料の改良や天然水100パーセント使用に加えて乳酸カルシウムを新たに配合し、商品外観デザインを黄色と青ベースで一層目立たせ、2006年の改良で缶とペットボトル商品から消えた「キリンレモン」のロゴ文字が復活している。蜂蜜とレモン果汁を配合した「キリンレモンスポーツ」やミント風味「キリンレモンクール」などの新商品を同時に発売している。CMは『巨人の星』が用いられて星飛雄馬星一徹星明子が登場する星一家編と、左門豊作が登場する左門一家編がある。びん製品は従来の風味とデザインが継続されている。9月2日、レモン香料を加えたホワイトソーダ「キリンレモン白組」を9月9日に全国発売すると発表。しかし9月5日、輸送時の振動や保存状態によって泡が噴き出しやすくなる不具合が判明したとして、同商品の発売中止を発表した

2009年4月21日にレモン本来の爽やかな風味をさらに強化するリニューアルを行う。レギュラー(天然水を使用)はペットボトルのみの展開になり、缶製品は「キリンレモンオリジナル」として従来の瓶製品の味を再現したものに変更された(こちらは純水を使用)。さらに、瓶製品は従来の味が存続され(瓶のデザインも変わっていない)、キリンレモンの中でも、味や品質が少しずつ異なる商品が3種類存在している。

2010年4月6日にレギュラーをリニューアル。新たに、カルシウムビタミンB6を配合し"健康炭酸飲料"に進化。同日にシジミに含まれるオルニチンクエン酸、ビタミンB6を配合し、早摘みレモン果汁使用(果汁1%)、糖類ゼロ設計の「大人のキリンレモン」を発売した。この「大人のキリンレモン」はキリングループ縦断ブランド「キリン プラス-アイ」の1製品として発売される。なお、製品のリニューアルに伴い、EXILEMAKIDAITAKAHIROがCMに出演しており、楽曲も本CMのために書き下ろした『My Station』を起用している(この楽曲は同年6月9日にリリースされたシングルFANTASY』に収録)。

2011年6月7日に「大人のキリンレモン」をリニューアル発売。レモン感をアップし、クエン酸を増量。また、従来の500mlペットボトルに加え、大容量の1.5Lペットボトルを追加設定した(東日本大震災の影響で当初の予定から約2か月遅れのリニューアル発売)。CMにはこれまでのEXILEの2人に加え、新たにAKIRAも参加している。同年12月6日にはTVCMに出演しているMAKIDAI・AKIRA・TAKAHIROの監修を受け、オルニチンに加え、レモン30個分のビタミンCローヤルゼリーをプラスし、レモン(果汁10%未満)のみずみずしいおいしさに仕上げた数量限定品「大人のキリンレモン リミテッド」を発売。本製品は東日本大震災復興支援プロジェクト「EXILE Rising Sun Project」[注 3]の製品となっており、売り上げの一部は東日本大震災の復興支援に役立てられる。

2012年4月9日に「キリンレモン」・「大人のキリンレモン」を同時リニューアル。「キリンレモン」は甘みを立たせた味わいに改良。また、サイズラインナップは従来からのペットボトルに加え、約3年ぶりに缶製品も追加された(缶製品の追加に伴い、「キリンレモンオリジナル」は2012年4月で製造終了)。「大人のキリンレモン」はレモンピールの香りを加え、甘みもアップした。同年6月12日にはクエン酸・ナトリウム・カルシウム・ビタミンB6を配合した中学生・高校生向け製品「青春のキリンレモン」を発売した。

2014年7月1日に「キリンレモン」を約2年3か月ぶりに全面刷新(リニューアルはペットボトル・缶製品のみで、200ml瓶は従来通り発売)。中身は新たにはちみつが加えられた。パッケージは「キリンレモン」の伝統カラーである青・黄・水色を生かしながら、ブランドロゴを刷新するなどより現代的なパッケージとなった。またレモンの黄色をオレンジに近づけ、ハチミツのイメージを印象づけるデザインでもあった。

2018年4月10日に「キリンレモン」をリニューアル(ペットボトル・缶製品が対象で、200ml瓶は従来通りの仕様で併売)[1]。発売90周年を迎え、約3年9か月ぶりに刷新。中身は瀬戸内レモンピールエキスが新たに加えられたほか、JASマークの表示が廃止された。パッケージは初代製品をモチーフに、2014年7月改良時よりもシンプルなデザインとなり、中央に聖獣マークが再び描かれるようになった。なお、聖獣マークの上の記載内容がペットボトル製品と缶製品で異なり、ペットボトル製品は2行で「90TH ANNIVERSARY」、缶製品は1行で「SINCE 1928」と記されている。また、500mlペットボトルは450mlに減容され、ボトルの形状が変更された。

CMキャラクター[編集]

現在[編集]

過去[編集]

CMソング[編集]

1961年より三木鶏郎作曲による「キリンレモンのうた」がCMソングとして用いられている[2]。上述のさかともえりによる『好きになったらキリンレモン』のように時代に合わせてアレンジが施されて使われることもある。

2018年には発売90周年を記念し、「キリンレモンのうた」のメロディラインを活かす形でアレンジを施した、BiSHによる新バージョン「透明なままでゆけ。」が使われている[3]。また、キリンレモンの公式サイトではそれ以外のアーティストなどによる別アレンジのトリビュートミュージックビデオを公開する「キリンレモントリビュート」を展開している。

キリンレモントリビュート

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この商品は柑橘系香味であり、狭義ではサイダーとして扱わない。同社が過去に発売した商品のうち、厳密な意味でサイダーと呼べる製品に「キリンサイダー」が存在した。語義の詳細についてはサイダーの記事を参照。
  2. ^ 1928年から 1957年まで販売された瓶は、キリンラガービールラベル記載の麒麟がデザインされた紙ラベルが貼られていた。
  3. ^ 本プロジェクト連動のTVCMには「キリンレモン」のほかに「ウィッシュトヨタ自動車)」のバージョンと「ロートジーロート製薬)」のバージョンがあり、基本パターンは統一されている。

出典[編集]

提供番組[編集]

外部リンク[編集]