木曜劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木曜劇場』(もくようげきじょう)は、1984年10月からフジテレビ系列で毎週木曜日22:00 - 22:54(JST)に放送されているテレビドラマ放送枠およびその冠タイトル。

概要[編集]

月曜9時枠の連続ドラマ(以下「月9」枠)と並んで長い歴史をもつフジテレビの看板ドラマ枠であるが、長らく月9がラブストーリーコメディが多いのに比べて、社会派ドラマやミステリー・ヒューマンドラマなどを扱う作品が多いのが特徴だった。 近年では、「月9」でも社会派・ミステリードラマが多くなるにつれ、同クールの木曜劇場枠ではラブストーリーやコメディなども放送するようになり。これに木曜劇場ならではの社会派作品や医療ドラマなども含めて、総合的な連続ドラマ枠となっている。

本枠は1984年10月の「オレゴンから愛」が第一作目となるが、元々は田宮二郎の代表作「白い巨塔」などを生んだ「土曜劇場」(1981年3月末に「ゴールデン洋画劇場」と枠交換の形で終了)や「北の国から」などを生んだ「金曜劇場」(1981年4月に「ゴールデン洋画劇場」と枠交換の形で開始、1984年9月末に「金曜女のドラマスペシャル」放送開始に伴い終了)を継承した形となる。

開始当初はオープニングタイトルや番組宣伝などで枠名「木曜劇場」が表示されていたが、1997年7月からそれがなくなり、2004年頃からは「木曜劇場」と言う呼び名自体あまり使われなくなったが、正式な番組名では作品名の前に付随する。近年では、通称『木10』(もくじゅう)とも呼ばれている。

過去に放送された代表的な作品には、1988年に放送されトレンディドラマの代表作となった"W浅野"こと浅野温子浅野ゆう子の主演作『抱きしめたい!』や『ニューヨーク恋物語』、その流れを継いだ1990年代の『愛という名のもとに』・『29歳のクリスマス』、柴門ふみ原作の『Age,35 恋しくて』や中山美穂木村拓哉主演のサスペンス眠れる森』、長澤まさみ上野樹里など当時の若手人気俳優を起用し若者の悩みをテーマに描いた『ラスト・フレンズ』、インターネット掲示板の投稿をもとにしたベストセラーをドラマ化した『電車男』などがある。

また、木曜劇場では初めての時代劇となった『大奥』(第1作は別枠)やスタイリッシュな刑事ドラマとして評判を呼んだ『BOSS』などシリーズ化される作品も数多く、『白線流し』のようにその後をスペシャルドラマとして10年間追い続けた例もある。

2000年代以降は特に吉岡秀隆が主演、柴咲コウ時任三郎が共演した『Dr.コトー診療所』(2006年に続編が放送)、唐沢寿明江口洋介主演でリメイクした『白い巨塔』を筆頭に、シリーズ化した『医龍-Team Medical Dragon-』、続編が制作された『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、俳優緒形拳の遺作となった『風のガーデン』などの医療ドラマが多く放送され、いずれもヒットしている。

しかし、2011年以降のフジテレビの低迷と相まってこの枠の平均視聴率(以下ビデオリサーチ関東地区調べ)も2014年10月クールの『ディア・シスター』を最後に2桁に乗らない低迷状態が続いていた。1話ごとの視聴率でも2016年7月クールの『営業部長 吉良奈津子』第1話で10.2%を記録したのを最後に1桁台が続いていたが、2018年7月クールの『グッド・ドクター』第1話で11.5%を記録し、2年ぶりに視聴率が2桁となり、平均視聴率も4年ぶりに2桁に乗った。 2017年7月クールの『セシルのもくろみ』は第5話において、3.8%と史上初の3%台を記録した。さらに翌週の第6話では3.7%を記録。その後、2019年10月クールの『モトカレマニア』は第4話において3.0%を記録した[1]。本枠のワースト記録は『忍者に結婚は難しい』最終話の2.8%であるが、これは裏番組としてテレビ朝日系列にて2023年ワールド・ベースボール・クラシックの日本対イタリア戦が中継されていたことによる。

続編が制作される場合、多くは引き続いて本枠で放送されているが、『離婚弁護士』や『コード・ブルー』など、第1弾を本枠で放送後に、続編を別枠で放送する作品もある(前者は火9枠で、後者は月9枠で放送)。

2016年10月の改編で関西テレビ制作の火曜22時枠が火曜21時台のバラエティ番組枠との交換で火曜21時台に移動したため、22時枠の連ドラ枠は当枠のみとなったが、その火曜21時枠も2021年10月の改編で月曜22時台に移動(25年半ぶり)して、その時点で22時台の連ドラ枠は再び2枠となる。[2][注 1]、2022年4月の改編から水曜22時台のドラマ枠が6年ぶりに復活したため、2023年現在22時台の連ドラ枠は3枠となる。[3][4]

なお、かつては当枠の放送終了後に次の連ドラの作品予告が放送されていた[注 2]。現在は、連ドラの予告ではなく、明日のラインナップ(関東地区では「明日のフジテレビ」)の予告が流れている[注 3]

原則として1クール当たり11回程度(前後あり)である。

歴代平均視聴率10傑[編集]

1 眠れる森 1998年 25.2%
2 愛という名のもとに 1992年 24.7%
3 白い巨塔 2003年 23.9%
4 Dr.コトー診療所2006 2006年 22.4%
5 29歳のクリスマス 1994年 22.2%
6 電車男 2005年 21.2%
7 しゃぼん玉 1991年 21.1%
8 リング〜最終章〜 1999年 19.9%
8 並木家の人々 1993年 19.9%
10 素晴らしきかな人生 1993年 19.7%

歴代最高視聴率10傑[編集]

1 愛という名のもとに 1992年 32.6% 最終回
2 白い巨塔 2004年 32.1% 最終回
3 眠れる森 1998年 30.8% 最終回
4 Age,35 恋しくて 1996年 28.1% 最終回
5 29歳のクリスマス 1994年 26.9% 最終回
6 Dr.コトー診療所2006 2006年 25.9% 最終回
7 電車男 2005年 25.5% 最終回
8 素晴らしきかな人生 1993年 25.0% 最終回
9 しゃぼん玉 1991年 24.9% 第2回
10 親愛なる者へ 1992年 24.4% 最終回

作品リスト[編集]

以下の制作プロダクション記号のない作品はフジテレビの局制作(制作・フジテレビドラマ制作センター、制作著作・フジテレビ)。

(初参画順。太字は制作著作、細字は共同制作、斜体字は制作協力)

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』以降は正式ロゴ(フジサンケイグループ統一書体)の「共同テレビ」ではなく2018年10月導入の新ロゴ(共同テレビ独自ロゴ)で「共テレ」とクレジットされている。その際は目玉マークもフジテレビにしかクレジットされない。

1980年代(1984年 - )[編集]

期間 作品名 主演 主題歌 キャッチコピー 備考(制作など) 平均視聴率 最高視聴率
1984年10月 - 12月 オレゴンから愛  古谷一行 さだまさし
「オレゴンから愛」
「まだ、愛は語れます。」
1985年1月 - 3月 男の家庭科 田村正和 菊池俊輔
「MY BLUE HEAVEN」
「このたび、主夫に転職しました。」
1985年4月 - 6月 間違いだらけの夫選び 市毛良枝 安全地帯
恋の予感
「♀と♂と♀で△関係。」
1985年7月 - 9月 親戚たち 役所広司 「想い出のグリーングラス」 「近くの他人より遠い親戚。色々不満もございましょうが、とりあえず、ハイチーズ!」
1985年10月 - 12月 アルザスの青い空 坂口良子 「ゆっくり人を、愛してますか。」
1986年1月 - 3月 女は男をどう変える 田村正和 安全地帯
ガラスのささやき
「正和が、せつない。」
1986年4月 - 6月 ライスカレー 時任三郎 宇崎竜童&時任三郎
「ALONE & ALONE」
「賭けてみないか 夢・恋・冒険。」
1986年7月 - 9月 わたしの可愛いひと 八千草薫 早瀬優香子
「私は女」
1986年10月 - 12月 時にはいっしょに 細川俊之 「時にはいっしょに、家族をしよう。」
1987年1月 - 3月 間違いだらけの女磨き 市毛良枝 三田村邦彦
「In My Loneliness〜哀しみの部屋〜」
「間違いの数だけ、女は美しくなる。」
1987年4月 - 6月 クセになりそな女たち 小川知子 刀根麻理子
「マリオネットの夜 -人形芝居-」
「ヘンなコトしないでくださいクセになりそうな女たちですから」
1987年7月 - 9月 熱くなるまで待って! 田村正和 平山みき
「冗談じゃない朝」
「夏場の恋は、よく冷やしてから召しあがれ。」 テレビ朝日系列の東日本放送でも再放送されたことがあった。
1987年10月 - 12月 女も男もなぜ懲りない 中井貴一 中井貴一
「愛しのサブリナ」
国生さゆり
恋は遠くから
「オーストラリアすると、こうなります。」
1988年1月 - 3月 窓を開けますか? 松坂慶子 平山みき
「ヴァイア・コンディオス(VAYA CONDIOS)」
「結婚するより、愛してる。」
1988年4月 - 6月 家と女房と男の名誉 沢口靖子 和田加奈子
LUCKY LOVE
1988年7月 - 9月 抱きしめたい! 浅野温子浅野ゆう子 カルロス・トシキ&オメガトライブ
アクアマリンのままでいて
「夏は誰もが惚れっぽい。」
1988年10月 - 12月 ニューヨーク恋物語 田村正和 井上陽水
リバーサイドホテル
「日本じゃできない恋もある。」
1989年1月 - 3月 あなたが欲しい 渡辺謙 泉谷しげる
春夏秋冬
「男の逆襲。」 [KT][TE]
1989年4月 - 6月 ハートに火をつけて! 浅野ゆう子 杏里
Groove A・Go・Go
「そういう気持ちに、よく効きます。」
1989年7月 - 9月 この胸のときめきを 岸本加世子 サム・ハリス
「I'D DO IT ALL AGAIN」
「木曜夜10時、恋のフライトにご搭乗ください。」
1989年10月 - 1990年3月 過ぎし日のセレナーデ 田村正和、古谷一行 ヤン・スギョン
「愛されてセレナーデ」
「大人の恋は、長編になる。」

1990年代[編集]

期間 作品名 原作 主演 主題歌 キャッチコピー 備考(制作など) 平均視聴率 最高視聴率
1989年10月 - 1990年3月 過ぎし日のセレナーデ 田村正和、古谷一行 ヤン・スギョン
「愛されてセレナーデ」
「大人の恋は、長編になる。」
1990年4月 - 6月 恋のパラダイス 浅野ゆう子 氷室京介
JEALOUSYを眠らせて
「本木が騒ぐ。」「鈴木が目覚める。」「陣内がねばる。」
「浅野が恋する。」「石田が口説く。」「菊池がときめく。」
1990年7月 - 9月 パパ!かっこつかないゼ 柴田恭兵 柴田恭兵
「BREAK OUT」
「色恋は、遺伝する。」 [KT]
1990年10月 - 12月 ニューヨーク恋物語II 男と女 田村正和、篠ひろ子 EVE
「Joseph! Joseph!」
「ウソツキ。」
1991年1月 - 3月 結婚の理想と現実 中村雅俊田中美佐子 Zard
Good-bye My Loneliness
「おたくでは、まだ異性同志ですか。」
1991年4月 - 6月 もう誰も愛さない 吉田栄作 ビリー・ヒューズ
Welcome to the Edge(とどかぬ想い)
「ハンパな「愛」じゃつまらない。」 [AC]
1991年7月 - 9月 ヴァンサンカン・結婚 安田成美菊池桃子 上田知華
「I WILL」
Sugar beat
「五番目のde ja vu」
「結婚はしないかもしれない」 [KT]
1991年10月 - 12月 しゃぼん玉 長渕剛 長渕剛
しゃぼん玉
[TE]
1992年1月 - 3月 愛という名のもとに 鈴木保奈美唐沢寿明江口洋介 浜田省吾
悲しみは雪のように
「きみの青春と友情がここにある。」
1992年4月 - 6月 ジュニア・愛の関係 高嶋政伸加藤雅也 ヤン・スギョン
「いつかきっと微笑みへ」
「力は愛を抱けない。」 [KT]
1992年7月 - 9月 親愛なる者へ 浅野ゆう子、柳葉敏郎 中島みゆき
浅い眠り
「あなたに抱かれて、誰かの夢を見た。」
1992年10月 - 12月 わがままな女たち 古手川祐子 EPO
ある朝、風に吹かれて
「いい女はいつも前向き。」 [AB]
1993年1月 - 3月 並木家の人々 武田鉄矢陣内孝則、安田成美 KAI FIVE
風の中の火のように
「歯の浮くセリフは、ひとこともない。」
1993年4月 - 6月 愛情物語 中村雅俊 Mi-Ke
Please Please Me, LOVE
「ぼくは、妻が大好きだ。」
1993年7月 - 9月 素晴らしきかな人生 浅野温子 井上陽水
Make-up Shadow
「たわむれに恋はすまじ。」
1993年10月 - 12月 都合のいい女 浅野ゆう子 平松愛理
戻れない道
1994年1月 - 3月 陽のあたる場所 中村雅俊 江口洋介
愛は愛で
「いまさら青春だって?まいったぜ。」
1994年4月 - 6月 この愛に生きて 安田成美 橘いずみ
永遠のパズル
1994年7月 - 9月 グッドモーニング 浅野温子 THE WAVES
「Baila! Baila! Baila!〜グッドモーニング〜」
「悔やんでなんていられませんわ。」
1994年10月 - 12月 29歳のクリスマス 山口智子 マライア・キャリー
恋人たちのクリスマス
「ひとりになりたい夜もある。」
「ひとりじゃ淋しい夜もある。」
[KT]
1995年1月 - 3月 明るい家族計画 大地康雄 プリンセス・プリンセス
Birthday Song
宇都美慶子
「愛について私が知っている2、3の事」
「Hが愛だ。」 [AB]
1995年4月 - 6月 輝く季節の中で 石田ひかり FIELD OF VIEW
君がいたから
「命を前に、ふるえが止まらない。愛を前に、涙が止まらない。」
1995年7月 - 9月 ひとりにしないで 賀来千香子 globe
Feel Like dance
「ボヤボヤしてたら、30歳。」
「チヤホヤされて、33歳。」
[KT]
1995年10月 - 12月 恋人よ 鈴木保奈美、岸谷五朗 セリーヌ・ディオン with クライズラー&カンパニー
To Love You More
「抱かないのは燃えたいから」
「抱かれないのは感じたいから」
1996年1月 - 3月 白線流し 長瀬智也 スピッツ
空も飛べるはず
「高校時代、生意気だった。何もできなかったけど。」
1996年4月 - 6月 Age,35 恋しくて 柴門ふみ小学館ビッグコミックス刊) 中井貴一田中美佐子 シャ乱Q
いいわけ
「桔平、恋幕。」「美沙子、動揺。」
「貴一、苦悶。」「朝香、誘惑。」
「木曜劇場」初、原作ありのドラマ化。
1996年7月 - 9月 コーチ 浅野温子、玉置浩二 玉置浩二
田園
「人生も、ツーアウトから。」 [KT]
1996年10月 - 12月 ドク 安田成美、香取慎吾 今井美樹
PRIDE
「彼女は、日本語を教えた。」
「彼は、夢と希望を教えた。」
1997年1月 - 3月 彼女たちの結婚 鈴木京香松本明子 globe
FACE
「他人ごとなら、笑っちゃう。」 [KT]
1997年4月 - 6月 ミセスシンデレラ 薬師丸ひろ子 藤井フミヤ
DO NOT
「あなたを想うと、指輪がイタイ。」
1997年7月 - 9月 こんな恋のはなし 真田広之、玉置浩二 玉置浩二
MR.LONELY
[KT]
1997年10月 - 12月 イヴ 唐沢寿明葉月里緒菜 PUFFY
MOTHER
「心にキズがなかったら、生きてくのはどんなにラクだろう。」
1998年1月 - 3月 甘い結婚 木梨憲武財前直見 Every Little Thing
Time goes by
「「いってらっしゃい。」その日、夫は棄てられた。」 [KT]
1998年4月 - 6月 お仕事です! 柴門ふみ(小学館ビッグコミックススピリッツ刊) 鶴田真由松下由樹 ウルフルズ
まかせなさい
1998年7月 - 9月 今夜、宇宙の片隅で 西村雅彦 「愛情と友情、どちらを選びますか?」 [KT]
1998年10月 - 12月 眠れる森 中山美穂木村拓哉 竹内まりや
カムフラージュ
「記憶だけは、殺せない。」
1999年1月 - 3月 リング〜最終章〜 鈴木光司KADOKAWA角川ホラー文庫刊) 柳葉敏郎 ORIGINAL LOVE
STARS
[KT]
1999年4月 - 6月 アフリカの夜 鈴木京香 SPEED
Breakin' out to the morning
1999年7月 - 9月 らせん 岸谷五朗 rough laugh
「誰がために鐘は鳴る」
「あなたも、貞子から逃げられない。」 [KT]
1999年10月 - 12月 危険な関係 豊川悦司 井手麻理子
THERE MUST BE AN ANGEL(Please With My Heart)

2000年代[編集]

期間 作品名 原作 主演 主題歌 キャッチコピー 備考(制作など) 平均視聴率 最高視聴率
2000年1月 – 3月 ブランド 今井美樹 今井美樹
Goodbye Yesterday
「貴方にとっての「ブランド」とは何ですか?」 [KT]
2000年4月 – 6月 太陽は沈まない 滝沢秀明 エルトン・ジョン
グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
「愛と真実のための、僕の戦いが始まった。」
2000年7月 – 9月 合い言葉は勇気 役所広司 「正義は勝つ、よね。」 [EE]
2000年10月 – 12月 ラブコンプレックス 唐沢寿明、反町隆史 反町隆史
Free
「ウソツキね」「アナタもね」
2001年1月 - 3月 カバチタレ! 田島隆(原作)、東風孝広(作画)、青木雄二プロダクション(監修)(講談社モーニングKC刊) 常盤貴子深津絵里 キタキマユ
ドゥー・ユー・リメンバー・ミー
「きっと、アナタの武器になる。」
2001年4月 - 6月 ムコ殿 長瀬智也 松任谷由実
7 TRUTHS 7 LIES〜ヴァージンロードの彼方で
「ここだけの話、うちのムコはスターなんです。」
2001年7月 - 9月 非婚家族 柴門ふみ(小学館ビッグコミックスペリオール掲載) 真田広之 アンバー
「涙のマリッジ」
「結婚が幸せの邪魔してる・・・。」
2001年10月 - 12月 スタアの恋 藤原紀香草彅剛 globe
Stop! In the Name of Love
[KT]
2002年1月 - 3月 恋ノチカラ 深津絵里、堤真一 小田和正
キラキラ
[KT]
2002年4月 - 6月 ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜 石田衣良波のうえの魔術師』より(文藝春秋刊) 長瀬智也 SAYAKA
ever since
「このドラマの配当は愛だ。」
2002年7月 - 9月 恋愛偏差値 唯川恵(出版社不詳) 中谷美紀、常盤貴子、財前直見、柴咲コウ MISIA
眠れぬ夜は君のせい
「彼女も、彼女も、彼女も、あなた。」 [KT]
2002年10月 - 12月 薔薇の十字架 三上博史 フェイス・ヒル
CRY
この作品以降高精細度テレビジョン放送
2003年1月 - 3月 美女か野獣 松嶋菜々子福山雅治 東京スカパラダイスオーケストラ
銀河と迷路
「Kiss? or Fight?」
2003年4月 - 6月 ムコ殿2003 長瀬智也 elliott
「木曜日の糸」
2003年7月 - 9月 Dr.コトー診療所 山田貴敏(小学館週刊ヤングサンデー小学五年生ビッグコミックオリジナルGAKUMANplus掲載) 吉岡秀隆 中島みゆき
銀の龍の背に乗って
「そこに、人が生きている。」
2003年10月 - 2004年3月 白い巨塔 山崎豊子新潮社新潮文庫刊) 唐沢寿明、江口洋介 ヘイリー
アメイジング・グレイス
「あの頃と、命の重さは、変わったのだろうか。」 [KT]
2クール(6か月間)放送
フジテレビ開局45周年記念ドラマとして放送
2004年4月 - 6月 離婚弁護士 天海祐希 hitomi
心の旅人
「法律は、男と女に何ができるのか。」
2004年7月 - 9月 人間の証明 森村誠一棟居刑事シリーズ』より(KADOKAWA角川文庫刊) 竹野内豊 河口恭吾
A Place In The Sun
「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」
2004年10月 - 12月 大奥〜第一章〜 松下由樹 サザンオールスターズ
愛と欲望の日々
[TE]
2005年1月 - 3月 優しい時間 寺尾聰二宮和也 平原綾香
明日
「富良野の森で、いちばんよく泣く生き物は人間でした。」 [FC]
2005年4月 - 6月 恋におちたら〜僕の成功の秘密〜 草彅剛 Crystal Kay
恋におちたら
2005年7月 - 9月 電車男 中野独人(新潮社刊) 伊東美咲伊藤淳史 エレクトリック・ライト・オーケストラ
トワイライト
サンボマスター
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
「こんな僕に彼女のお相手は無理ぽ…。」
2005年10月 - 12月 大奥〜華の乱〜 内山理名 東京事変
修羅場
[TE]
2006年1月 - 3月 小早川伸木の恋 柴門ふみ(小学館ビッグコミックス刊) 唐沢寿明 ナナムジカ
くるりくるり
「みんな、一生懸命、嘘を付いて生きている。」
2006年4月 - 6月 医龍-Team Medical Dragon- 永井明(原作)、吉村美恵(医療監修)、乃木坂太郎(作画)(小学館ビッグコミックス刊) 坂口憲二 AI
Believe
2006年7月 - 9月 不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜 有吉佐和子(新潮社新潮文庫刊) 米倉涼子 アン・ルイス
あゝ無情
2006年10月 - 12月 Dr.コトー診療所2006 山田貴敏(小学館週刊ヤングサンデー・小学五年生→ビッグコミックオリジナル・GAKUMANplus掲載) 吉岡秀隆 中島みゆき
「銀の龍の背に乗って」
「今日も、ここで、生きている。」
2007年1月 - 3月 拝啓、父上様 二宮和也 森山良子
「パピエ」「手」
[FC]
2007年4月 - 6月 わたしたちの教科書 菅野美穂 BONNIE PINK
Water Me
「世界を変えることは、できますか?」
2007年7月 - 9月 山おんな壁おんな 高倉あつこ(講談社イブニングKC刊) 伊東美咲、深田恭子 EXILE
時の描片 〜トキノカケラ〜
「ムネはないけど、ユメはある。」
2007年10月 - 12月 医龍-Team Medical Dragon-2 永井明(原作)、吉村美恵(医療監修)、乃木坂太郎(作画)(小学館ビッグコミックス刊) 坂口憲二 AI
ONE
2008年1月 - 3月 鹿男あをによし 万城目学幻冬舎刊) 玉木宏 「神は使いに、鹿を選んだ。」 [KT]
2008年4月 - 6月 ラスト・フレンズ 長澤まさみ 宇多田ヒカル
Prisoner Of Love
「今を生きる若者たち、それぞれの愛のかたち。」
「ほどこうとするたびに、離れられなくなっていく。」
2008年7月 - 9月 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 山下智久 Mr.Children
HANABI
「この国には、もっと救える命がある。」
2008年10月 - 12月 風のガーデン 中井貴一 平原綾香
ノクターン
「人は最期に何処に還るのだろう。」 フジテレビ開局50周年記念ドラマとして放送
2009年1月 - 3月 ありふれた奇跡 仲間由紀恵加瀬亮 エンヤ
Dreams Are More Precious
「ある日、わたしたちはひとりじゃなかった。」
2009年4月 - 6月 BOSS 天海祐希 Superfly
Alright!!」「My Best Of My Life
2009年7月 - 9月 任侠ヘルパー 草彅剛 SMAP
そっと きゅっと
「介護の道を極める、それも極道。」
2009年10月 - 2010年3月 不毛地帯 山崎豊子(新潮社新潮文庫刊) 唐沢寿明 トム・ウェイツ
トム・トラバーツ・ブルース
「1945年8月、現代が始まった。」 2クール(6か月間)放送
フジテレビ開局50周年記念ドラマとして放送

2010年代[編集]

期間 作品名 原作 主演 主題歌 キャッチコピー 備考(制作など) 平均視聴率 最高視聴率
2009年10月 - 2010年3月 不毛地帯 山崎豊子(新潮社新潮文庫刊) 唐沢寿明 トム・ウェイツ
「トム・トラバーツ・ブルース」
「1945年8月、現代が始まった。」 2クール(6か月間)放送、

フジテレビ開局50周年記念ドラマとして放送

2010年4月 – 6月 素直になれなくて 瑛太上野樹里 The Ting Tings
「Great DJ」
WEAVER
Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜
「好きだなんて、言い出せなかった。」
2010年7月 – 9月 GOLD 天海祐希 Superfly
Wildflower
「金メダルを獲らなければ、終われないの。」
2010年10月 – 12月 医龍-Team Medical Dragon-3 永井明(原作)、吉村美恵(医療監修)、乃木坂太郎(作画)(小学館ビッグコミックス刊) 坂口憲二 DEEP
未来への扉
「龍よ、眠れ。」
2011年1月 - 3月 外交官 黒田康作 織田裕二 IL DIVO
TIME TO SAY GOODBYE
2011年4月 - 6月 BOSS 第2シリーズ 天海祐希 Superfly
「Alright!!」
Rollin' Days
「ただいま。事件だから。」
2011年7月 - 9月 それでも、生きてゆく 瑛太、満島ひかり 小田和正
東京の空
2011年10月 - 12月 蜜の味〜A Taste Of Honey〜 榮倉奈々、菅野美穂 aiko
ずっと
「あなたがいれば。あなたさえいなければ。」
2012年1月 - 3月 最後から二番目の恋 小泉今日子、中井貴一 浜崎あゆみ
how beautiful you are
「大人って、淋しすぎると笑っちゃう。」
2012年4月 - 6月 カエルの王女さま 天海祐希 家入レオ
Shine
「希望の歌を、聴かせてあげる!」
2012年7月 - 9月 東野圭吾ミステリーズ 東野圭吾光文社光文社文庫刊) 週代わり主演。
ストーリーテラー:中井貴一
一部作品で外部プロダクションが制作協力。

一話完結型のオムニバス形式。

2012年10月 - 12月 結婚しない 菅野美穂、天海祐希 コブクロ
紙飛行機
「5人に1人が生涯独身!?」
2013年1月 - 3月 最高の離婚 瑛太 桑田佳祐
Yin Yang
「なぜだろう。別れたら好きになる。」
2013年4月 - 6月 ラスト♡シンデレラ 篠原涼子 ケラケラ
スターラブレイション
「春だ、恋せよ、おやじ女子。」
2013年7月 - 9月 Oh,My Dad!! 織田裕二 GReeeeN
愛し君へ
「キミがいるから、どんな明日も歩いていける。」
2013年10月 - 12月 独身貴族 草彅剛 SMAP
シャレオツ
2014年1月 - 3月 医龍-Team Medical Dragon-4 永井明(原作)、吉村美恵(医療監修)、乃木坂太郎(作画)(小学館ビッグコミックス刊) 坂口憲二 EXILE ATSUSHI
青い龍
「奴らを世界に高く売れ。」
2014年4月 - 6月 続・最後から二番目の恋 小泉今日子、中井貴一 浜崎あゆみ
Hello new me
「大人の青春って、始末に負えない。」
2014年7月 - 9月 昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜 上戸彩 一青窈
他人の関係 feat. SOIL&"PIMP"SESSIONS
「昼、あなたを受け入れた舌が、夜、夫に嘘をつく。」
2014年10月 - 12月 ディア・シスター 石原さとみ松下奈緒 シェネル
Happiness
「姉妹の魅力は反発力。」
2015年1月 - 3月 問題のあるレストラン 真木よう子 きゃりーぱみゅぱみゅ
もんだいガール
「怒れるすべての女性たちへ」
2015年4月 - 6月 医師たちの恋愛事情 斎藤工 シシド・カフカ
「Don't be love feat. 斉藤和義
「命を救う人間が、恋におちてはいけませんか。」
2015年7月 - 9月 探偵の探偵 松岡圭祐(講談社講談社文庫刊) 北川景子 超特急 feat. マーティー・フリードマン
Beautiful Chaser
「アンタを××まで、私は死ねない。」
2015年10月 - 12月 オトナ女子 篠原涼子 中島美嘉
花束
「女子のリアルを、すっぴんにする。」
2016年1月 - 3月 ナオミとカナコ 奥田英朗幻冬舎刊) 広末涼子 EXILE ATSUSHI + AI
「No more」
「いっそ二人で殺そうか、あんたの旦那」
2016年4月 - 6月 早子先生、結婚するって本当ですか? 立木早子イースト・プレス刊) 松下奈緒 chay
それでしあわせ
「大人になれば、誰でも結婚できると思ってた。」 当初は4月14日に放送を開始する予定だったが、平成28年熊本地震に伴う報道特別番組放送の影響で、開始が1週繰り下がった。
2016年7月 - 9月 営業部長 吉良奈津子 松嶋菜々子 山下達郎
CHEER UP! THE SUMMER
2016年10月 - 12月 Chef〜三ツ星の給食〜 天海祐希 松任谷由実
Smile for me
「わるいわね、予約のお子様で満席よ。」
2017年1月 - 3月 嫌われる勇気 岸見一郎、古賀史健(ダイヤモンド社刊)[TE][6] 香里奈 NEWS
EMMA
大塚愛
「私は、私のために生きる。」 [TE]
2017年4月 - 6月 人は見た目が100パーセント 大久保ヒロミ講談社BE・LOVE掲載)[7] 桐谷美玲 JY
女子モドキ
「女子は一日にしてならず!!」
2017年7月 - 9月 セシルのもくろみ 唯川恵光文社刊)[8] 真木よう子 夜の本気ダンス
「TAKE MY HAND」
「女の欲望は深い。女の絆だって深い。」
2017年10月 - 12月 刑事ゆがみ 井浦秀夫(小学館ビッグコミックス刊)[9] 浅野忠信神木隆之介 WANIMA
ヒューマン
2018年1月 - 3月 隣の家族は青く見える 深田恭子、松山ケンイチ[10] Mr.Children
here comes my love
「どんな夫婦も、悩みを隠して、笑っている。」
2018年4月 - 6月 モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐- アレクサンドル・デュマ・ペール ディーン・フジオカ DEAN FUJIOKA
Echo
「それは、震えるほど美しい復讐劇。」
2018年7月 - 9月 グッド・ドクター 韓国ドラマ『グッド・ドクター』 山﨑賢人 androp
Hikari
「すべての子どもが、大人になれますように。」
2018年10月 - 12月 黄昏流星群 弘兼憲史(小学館) 佐々木蔵之介 平井堅
half of me
「運命の人なんて、何歳で出会うかわからないから、怖いのだ。」
2019年1月 - 3月 スキャンダル専門弁護士 QUEEN 竹内結子 milet
inside you
YUKI
やたらとシンクロニシティ
「愛+嘘=スキャンダル」 KT][SK
2019年4月 - 6月 ストロベリーナイト・サーガ 誉田哲也 二階堂ふみ亀梨和也KAT-TUN ロイ-RöE-
「VIOLATION*」
亀梨和也
Rain
「この女、危険なほどに、刑事。」 KT
2019年7月 - 9月 ルパンの娘 横関大(講談社)[11] 深田恭子 サカナクション
モス
「泥棒が愛したのは、警察官でした。」
2019年10月 - 12月 モトカレマニア 瀧波ユカリ(講談社) 新木優子高良健吾 安田レイ
アシンメトリー
超特急
Revival Love
「女だって引きづる!!」

2020年代[編集]

期間 作品名 原作 主演 主題歌 キャッチコピー 備考(制作など) 平均視聴率 最高視聴率
2020年1月 - 3月 アライブ がん専門医のカルテ 松下奈緒 須田景凪
はるどなり
「いま、誰かのために強く生きたい。」 KF 7.1% 8.4%
2020年4月 – 6月 無し(新型コロナウイルス感染拡大の為) 振替番組として、『グッド・ドクター』(2018年)、『Dr.コトー診療所2004 特別編』の再放送が行われた。
2020年7月 – 9月 アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 荒井ママレ(原作)、富野浩充(医療原案)、徳間書店月刊コミックゼノン』連載[12] 石原さとみ DREAMS COME TRUE
YES AND NO
「患者の未来と、向き合っている。見えないところで、支えている。」 当初は4月クールの予定であったが、コロナによる撮影スケジュールに多大な影響が出たことから、開始が延期。 9.6% 10.6%
2020年10月 – 12月 ルパンの娘 第2シリーズ 深田恭子 サカナクション
「モス」
「泥棒と警察の新婚生活、はじめました。」 5.7% 7.5%
2021年1月 - 3月 知ってるワイフ 韓国ドラマ『知ってるワイフ』[13] 大倉忠義関ジャニ∞ 関ジャニ∞
キミトミタイセカイ
「過去を変えれば、夫婦も変わる。」 KT 7.4% 8.9%
2021年4月 - 6月 レンアイ漫画家 山崎紗也夏、原案協力:西田大輔AND ENDLESS)(講談社)[14] 鈴木亮平 佐藤千亜妃
「カタワレ」
「恋愛ってナンデスカ?」 KT 5.4% 6.5%
2021年7月 - 9月 推しの王子様 比嘉愛未[15] ※代役 Uru
「Love Song」
「理想の男は、育てる時代へ。」 KT
当初、主演には深田恭子が予定されていたが、適応障害と診断されたことから療養のために降板
4.9% 6.0%
2021年10月 - 12月 SUPER RICH 江口のりこ 優里
ベテルギウス
「見てろ、昨日の自分。」 6.9% 7.8%
2022年1月 - 3月 ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 黒木華 キタニタツヤ
冷たい渦」「プラネテス
「フェイクのなのは、彼らか、世界か。」 KT 6.0% 6.8%
2022年4月 - 6月 やんごとなき一族 こやまゆかり(講談社) 土屋太鳳 milet
Walkin' In My Lane
「ようこそ、高貴狂気の上流社会へ」 FL 6.0% 7.3%
2022年7月 - 9月 純愛ディソナンス 中島裕翔Hey! Say! JUMP Hey! Say! JUMP
Fate or Destiny
「この夏、愛の不協和音(ディソナンス)が、あなたの心をかき乱す。」 KT 3.9% 4.8%
2022年10月 - 12月 silent 川口春奈 Official髭男dism
Subtitle
「どんなに美しい音色を聴くよりも、あなたの言葉をみつめていたい。」 7.6% 9.3%
2023年1月 - 3月 忍者に結婚は難しい 横関大(講談社) 菜々緒 aiko
あかときリロード
「うまくいくワケないじゃん。お互い秘密だらけだもん。」 5.2% 7.0%
2023年4月 - 6月 あなたがしてくれなくても ハルノ晴(双葉社) 奈緒 稲葉浩志
Stray Hearts
「同じベッドで眠るたび、ひとりぼっちになっていく。」 5.5% 6.3%
2023年7月 - 9月 この素晴らしき世界 若村麻由美 ※代役 小田和正
what's your message ?
「踊る女。踊らされる女。」 当初、主演には鈴木京香が正式発表されていたが、体調不良による降板。この影響で当初の予定よりも話数が削減 3.9% 5.4%
2023年10月 - 12月 いちばんすきな花 多部未華子[16]松下洸平神尾楓珠今田美桜 藤井風
」「花 (Ballad)
「二人組を求める人生で出会った、4人のひとりたち」 5.1% 5.9%
2024年1月 - 3月 大奥 小芝風花 「咲くのは恋か、裏切りか。」 TE][FE 4.8% 6.7%
2024年4月 - Re:リベンジ-欲望の果てに- 赤楚衛二 Stray Kids
「WHY?」

ネット局・基幹時間[編集]

作品によって初回及び最終回は放送枠が拡大される。まれに放送枠を前倒しし、21:00スタートの形式をとる場合もある。

FNS加盟28局が同時ネットで放送している他、海外でもFCI[注 4]が、この枠のドラマの大部分を数ヶ月遅れで放送している[注 5]

また青森県においては、青森テレビにおいて、月曜・水曜 23:56 - 翌0:55に不定期で放送している[注 6]。なお、『恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』と『電車男』の2作品は同時期の火曜21時枠の作品[注 7]が以前青森テレビで放映された関係から、それらとの交換として青森放送で放映された[注 8]

岩手県においては、岩手めんこいテレビ開局以前はテレビ岩手で、高知県においては、高知さんさんテレビ開局以前は高知放送でそれぞれ遅れネットで放送された。また、山口県では、1991年~1993年の間、山口放送(放送時点では日本テレビ系列・テレビ朝日系列クロスネット局)で、金曜 1:00 - 1:55(木曜深夜)に放送されていた。また以前にテレビ山口が平日午後の再放送枠で集中放送していた[注 9]。山梨県でも山梨放送が青森テレビと同様、平日午前の再放送枠などにおいて集中放送している。

山形県において、かつてフジテレビ系列だった山形テレビは1989年9月までTBS系列MBS制作『世界まるごとHOWマッチ』をスポンサードネットで放送していたが、TBS系のテレビユー山形開局後1989年10月からネットを開始した。但し、ネット保障外だったため内容は系列他局から1週遅れであり、提供もローカルスポンサーに差し替えて放送していた。山形テレビにおいて最終作品になった『並木家の人々』は、第10回(1993年3月25日)までは木曜22時で放送され、最終回のみ1993年3月27日の14時30分からネットされた[17]。なお、山形テレビのネットチェンジ以降は山形放送には移行されず[注 10]テレビユー山形にて一部の作品[注 11]が平日午後の再放送枠で遅れネットで放送された。ただし、ケーブルテレビなどで近隣のフジテレビ系列局(秋田テレビ・福島テレビ・新潟総合テレビ・仙台放送)を受信できた場合は引き続き視聴可能だった。

テレビ熊本では、この枠でテレビ朝日系列の番組を同時ネットしていた関係で非ネットだったが、1985年10月から同時ネットで放送している。

テレビ大分では、この枠でテレビ朝日系列の番組を同時→遅れネットで放送していた関係で木曜20時からの遅れネットだったが、その後休止(一部作品は平日午後2時台に遅れネットで放送)となり、1986年4月より同時ネットで放送している。

鹿児島テレビでは、この枠で木曜ゴールデンドラマを放送していた関係で非ネットだったが、1985年4月から同時ネットで放送している。

テレビ宮崎では、この枠ではテレビ朝日水曜21時枠刑事ドラマを1990年3月まで遅れネットで放送していた時期(現在は火曜22時枠で放送している関西テレビ制作のバラエティ番組枠を差し替える形で放送)は月曜 - 金曜の14時の『UMK奥様劇場』枠で遅れネットにて放送していたが、同年4月以降は同時ネットで放送している。

これにより、1993年10月以降はフジテレビ系列全局での同時ネットを達成したことになった。

2021年10月以降は本枠は唯一フジテレビ系列全局での同時ネットの連続ドラマ枠となった。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 フジテレビ(CX)
制作局
フジテレビ系列 木曜 22:00 - 22:54
北海道 北海道文化放送(uhb)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 NST新潟総合テレビ(NST)[注 12]
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 さんいん中央テレビ(TSK)
岡山県香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(tss)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

脚注[編集]

[19]

注釈[編集]

  1. ^ これと引き換えに、21時枠の連ドラ枠は『月9』のみとなった。
  2. ^ 2010年9月までは「月9」の予告だったが、2010年10月 - 2011年3月までは日曜の「ドラマチック・サンデー」の予告、2012年4月 - 2014年9月までは「土ドラ」の予告(ただし、2013年10月 - 2014年3月は「金曜ドラマ」の予告)、2014年10月 - 2015年3月までは「月9」の予告、2015年4月 - 2016年3月までは「土ドラ」の予告、2016年4月 - 2017年9月までは「日9ドラマ」の予告。
  3. ^ このような流れは『月9』も同様である。
  4. ^ Fujisankei Communications International Inc. アメリカ合衆国の主要数州で主にケーブルテレビロサンゼルス付近では地上波)現地局の放送枠を通じ放送を行っているフジテレビの現地法人。
  5. ^ 放送日時は州により異なる。2009年2月時点までに放送された最新のドラマは「風のガーデン」。
  6. ^ ただし、『合い言葉は勇気』から『優しい時間』までの一部の作品と『不毛地帯』、『医龍-Team Medical Dragon-3』、『外交官 黒田康作』は月9枠を中心に放送していた土曜13時枠(この放送枠で放送された作品はフジテレビから9日遅れの放送だった。)と「ドラマストリートI」枠での放送が交互に繰り替えされた。
  7. ^ 離婚弁護士II〜ハンサムウーマン〜』と『海猿 UMIZARU EVOLUTION』の2作品。
  8. ^ フジテレビ制作の火曜21時枠ドラマは基本的に青森放送で遅れネットで放送していた。
  9. ^ ただし2009年3月までは月曜24:40〜25:35に放送されていた。
  10. ^ 山形放送は山形テレビのネットチェンジに協力したとみなしたことから、山形テレビのネットチェンジ以降本番組愛情物語以降の作品)を含むフジテレビ系の番組の販売を例外(権利切れの再放送など)を除き拒否されていた。
  11. ^ 素晴らしきかな人生』などを放送。
  12. ^ 2019年9月までは新潟総合テレビ[18]

出典[編集]

  1. ^ “新木優子「モトカレマニア」2人のキス目撃3・0%”. 日刊スポーツ. (2019年11月8日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/201911030001195.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp&__twitter_impression=true 2019年11月8日閲覧。 
  2. ^ フジ「月10」もドラマ 今秋火曜9時からスライド、好調「月9」からリレー 新たな視聴者層獲得へ”. スポーツニッポン (2021年6月25日). 2021年6月26日閲覧。
  3. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年1月19日). “間宮祥太朗が脱ヤンキー フジ水10枠6年ぶり復活、新ヒーロー像生み出す第1弾”. サンスポ. 2022年1月22日閲覧。
  4. ^ フジ新「水10ドラマ」枠誕生!主演・間宮祥太朗×本広克行監督“脱ヤンキー”物語”. フジテレビュー!! (2022年1月19日). 2022年1月22日閲覧。
  5. ^ ソケット株式会社の企業概要ソケット株式会社東京都渋谷区恵比寿西、法人番号:不詳)
  6. ^ “香里奈“嫌われる女刑事”で連ドラ主演!NEWS加藤は初刑事役”. サンケイスポーツ. (2016年11月29日). https://www.sanspo.com/article/20161129-TKPYM7WMQVIPJGANKLL3SQUG4Q/ 2016年11月29日閲覧。 
  7. ^ “桐谷主演『人は見た目が-』原作者の大久保さん「白衣姿…ワクワク」”. サンケイスポーツ. (2017年1月25日). https://www.sanspo.com/article/20170125-PU3ESCASPZNMDDP4E22JW2MGGI/ 2017年1月25日閲覧。 
  8. ^ “女たちのもくろみ!真木よう子主演ドラマで豪華女優陣がぶつかり合う”. サンケイスポーツ. (2017年5月24日). https://www.sanspo.com/article/20170524-4E7U67IP7VN7LH5OPFKMWNLAGY/ 2017年5月24日閲覧。 
  9. ^ “浅野忠信×神木隆之介、連ドラで凸凹バディ!息ぴったりの自撮り披露”. サンケイスポーツ. (2017年7月31日). https://www.sanspo.com/article/20170731-V7DGSAGB5FOAFEDQHZTBKWULQI/ 2017年7月31日閲覧。 
  10. ^ “深キョン×松ケンが妊活に励む!大河「平清盛」以来の夫婦役タッグ”. サンケイスポーツ. (2017年11月9日). https://www.sanspo.com/article/20171109-VRFOIYJTGJMRXM23NBASBQBJ74/ 2017年11月9日閲覧。 
  11. ^ “深田恭子&瀬戸康史がドラマ「ルパンの娘」で共演、泥棒の娘と警官のラブコメディ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月10日). https://natalie.mu/eiga/news/330780 2019年6月1日閲覧。 
  12. ^ “石原さとみが処方します!日本初“縁の下の力持ち”薬剤師が主役の医療ドラマ”. サンケイスポーツ. 産経デジタル: p. 1. (2020年2月5日). https://www.sanspo.com/article/20200205-FBU3YOUTDZJ5ZMCUJ6AN2HYLSU/ 2020年2月5日閲覧。 
  13. ^ “大倉忠義×広瀬アリス『知ってるワイフ』2021年1月放送へ 結婚生活5年目のリアルをコミカルに描く”. Real Sound (株式会社blueprint). (2020年8月13日). https://realsound.jp/movie/2020/08/post-601734.html 2020年11月28日閲覧。 
  14. ^ “山崎紗也夏「レンアイ漫画家」TVドラマ化、鈴木亮平が恋愛下手な少女マンガ家役に”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/413646 2021年1月25日閲覧。 
  15. ^ 比嘉愛未、深田恭子の代役でフジ連ドラ初主演「最後まで全力」 渡邊圭祐との“逆マイ・フェア・レディ”描く”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年5月29日). 2021年5月29日閲覧。
  16. ^ 10月期フジ木曜劇場『いちばんすきな花』に『silent』チーム集結 主演の1人は多部未華子”. Real Sound映画部. blueprint (2023年8月23日). 2023年8月23日閲覧。
  17. ^ 山形新聞縮刷版平成5年3月号』、708頁(山形新聞社)。及び『山形新聞』1993年3月27日、朝刊24面。
  18. ^ 【WEB】190911「NST社名変更のお知らせ」” (PDF). 新潟総合テレビ (2019年9月11日). 2024年1月29日閲覧。
  19. ^ 『企業と広告』第10巻第11号、チャネル、1984年11月1日、58頁、NDLJP:2853020/52 

関連項目[編集]

フジテレビ 木曜22:00 - 22:54
前番組 番組名 次番組
木曜劇場
(1984年10月 - )
-----