氷結 (チューハイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
氷結
基本情報
種類 チューハイ
度数 5%(スタンダード)
原産国 日本の旗 日本
製造元 キリンディスティラリー
販売元 麒麟麦酒(二代目)/ キリン
詳細情報
テンプレートを表示

氷結(ひょうけつ)は、ウォッカベースの缶入りチューハイ[1][2]キリンディスティラリーが製造し、麒麟麦酒(二代目)、およびキリンが販売する。麒麟麦酒(初代、後のキリンホールディングス)の総合酒類化の商品第一号として2001年7月11日に発売された[1]。発売当初の商品名は「氷結果汁」[1]

歴史[編集]

開発[編集]

麒麟麦酒の子会社であるキリン・シーグラムの開発グループによって開発が開始された[1]。開発にはウイスキーブレンダーも携わった[3]

アルコールのベースを焼酎にせずにウォッカにした理由として

  • 当時のキリングループは甲類焼酎を生産する工場や設備、さらには焼酎の製造免許を持っていなかった[3]。また、富士御殿場蒸留所ではウイスキーの生産設備を用いてウォッカの生産もしていた[3]
  • キリン・シーグラムは、1990年代半ばにキリンビールと近畿コカ・コーラボトリングにウォッカベースのフルーツチューハイをOEMで供給した経験も持っていた[3]
    • 当時のチューハイは焼酎ベースであることが常識であったことなどの理由でウォッカベースのフルーツチューハイの売り上げは芳しくなかったが、「氷結」の開発に関わった人間によれば、それらの商品を深く認めていた層もいたという[3]
  • 原材料として用いるストレート果汁の良さを活かすためには、焼酎よりも酒の匂いが薄いウォッカの方が向いている[4]

以上の見解により、ウォッカベースという方向性自体には問題はないと判断し、開発を進めた[3]

キリンビールは総合酒類化へ方向転換することになり[注釈 1]、この新商品もキリンビールの販売網でキリンビールの商品として販売されることとなる[1]。結果、総合酒類化の第一号商品として販売されることが経営会議にて指名される[1]

「氷結」の開発にあたっては、「果実の瑞々しさを出すために濃縮果汁ではなくストレート果汁を使用する」「純度の高いクリアな炭酸を使用する」「白樺活性炭を用いた濾過によりクリアなウォッカを使用する」の3点にこだわっているという[5]。特に「加熱を行わず凍結させたストレート果汁を使用する」点は発売当初からのアピールポイントで、「氷結」という商品名の由来にもなっている[6]。缶は東洋製罐が開発した「ダイヤカット缶」を採用し、そのデザインや開封時に出る「パキパキッ」という音で氷をイメージさせるなど、冷たさや爽快感を表現している[7]。(ミウラ折りの仲間[8]。吉村パターン[9]

実績[編集]

2001年7月に発売開始。当初はレモングレープフルーツという2フレーバーでの展開だったが、発売開始からの半年間で611万ケース(250ml缶換算)を販売する[10]ヒット商品となり、翌2002年には缶チューハイ市場におけるシェアが早くも3割に達する[5]。一方で「『氷結果汁』というネーミングでは、通常の果汁入り清涼飲料との誤認を招きやすい」という消費者からの苦情を受け、2002年3月に商品名を現在の「氷結」に変更した[11]。商品ラインナップも多角化し、少し贅沢な路線の「プレミアム」、糖類ゼロ系の「ZERO」、強アルコール度数の「ストロング」などの展開も行なわれた[12][13]

その後も販売は伸び続け、2009年末には販売開始からの総売上本数が60億本(250ml缶換算)を突破[14]。市場でのシェアも2006年に4割を超え[5]、缶チューハイ市場のメジャーブランドとしての地位を確立している。

2005年からは中国・上海市周辺での販売を開始するなど[15]、日本国外への展開も進められている。

2014年からは冷凍可能な「氷結アイススムージー」が夏季限定で発売されている。こちらはウォッカではなく、アルコールを原材料に使用している。商品右側上部に「これはお酒です」と表示されている。

2017年からは海外で出会ったお酒を氷結流にアレンジした「旅する氷結」が発売されている。こちらは原材料に食用色素を使用している商品もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 永井隆『ビール最終戦争』84ページによれば、キリンビールは1999年9月にはビール発泡酒だけではなく、ウイスキーや清涼飲料なども扱うことで市場ニーズに応えることを発表。また、2000年9月に、2001年から低アルコール飲料参入など総合酒類事業に移行することを発表した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 永井隆. “第2章 各社、総合酒類化へ”. ビール最終戦争. 日経ビジネス人文庫. 日本経済新聞社. pp. 84から93ページ. ISBN 4-532-19347-8. 
  2. ^ ウオッカでも「チューハイ」、チューハイの「チュー」って何? - エキサイトニュース 2005年6月24日
  3. ^ a b c d e f 永井隆. “第1章 ビール戦線、異常あり”. ビール最終戦争. 日経ビジネス人文庫. 日本経済新聞社. pp. 20から24ページ. ISBN 4-532-19347-8. 
  4. ^ 2010年6月30日放送『シルシルミシル』(テレビ朝日テーマ1 / キリンビール
  5. ^ a b c 東京中日スポーツ 2010年6月4日付 5面(記事広告
  6. ^ 「キリンチューハイ 氷結果汁」新発売 - キリンビール 2001年4月19日
  7. ^ NASAと「氷結」の意外な関係 - エキサイトニュース 2007年10月12日
  8. ^ 潰れて強度が増す「ミウラ折り」の不思議 三浦 公亮 氏
  9. ^ 三谷 純. “図学と折り紙(1) (PDF)”. 日本図学会. 2017年1月12日閲覧。
  10. ^ 「キリンチューハイ 氷結」で新フレーバー「オレンジ」新発売 - キリンビール 2002年3月13日
  11. ^ 「キリンチューハイ 氷結果汁」の商品名変更とパッケージ変更について - キリンビール 2002年3月13日
  12. ^ 「キリンチューハイ 氷結」プレミアムフルーツシリーズをリニューアル - キリンビール 2006年6月21日
  13. ^ キリン「氷結」に学ぶ定番商品生き残りのヒミツ〔2〕 - INSIGHT NOW! 2010年7月20日
    キリン「氷結」に学ぶ定番商品生き残りのヒミツ - gooニュース 2010年7月20日
  14. ^ 「キリンチューハイ 氷結」スタンダードシリーズをリニューアルするとともに「キリンチューハイ 氷結 アイスウォッカ〔ウォッカ&天然水ソーダ〕」を新発売 - キリンビール 2010年1月8日
  15. ^ 「キリンチューハイ 氷結」を中国上海市で発売 - キリンビール 2005年5月11日

外部リンク[編集]