永井隆 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井隆(ながい たかし、1958年昭和33年) - )は、日本のフリージャーナリスト、元東京タイムズ経済部記者。日本経済新聞社の刊行する雑誌などに多く執筆している。

経歴[編集]

  • 1958年(昭和33年) 群馬県桐生市に生まれる。
  • 明治大学経営学部卒業
  • 地方紙などを経て東京タイムズの記者となる。
  • 1992年(平成4年)8月 東京タイムズ休刊に伴い失職。フリージャーナリストとなる。
  • 2005年(平成17年) 明治大学が発行する雑誌「明治」の編集委員に就任。

著書[編集]

  • 得な資格・損な資格(広済堂出版)
  • 「人事破壊」後(徳間書店)
  • リストラに克った(日本経済新聞社)
  • 技術屋たちのブレークスルー(プレジデント社)
  • ビール15年戦争―すべてはドライから始まった(日本経済新聞社)
  • ドキュメント敗れざるサラリーマンたち(講談社)
  • 技術屋たちの熱き闘い(日本経済新聞社)
  • 現場力(PHP研究所)
  • ビール最終戦争(日本経済新聞社)
  • 一身上の都合(ソフトバンククリエイティブ)
  • 「軽」ウォーズ戦陣訓 スズキvs.トヨタvs.ホンダ(プレジデント社)
  • 人事と出世の方程式(日本経済新聞出版社)
  • 国産エコ技術の突破力!(技術評論社)
  • サントリー対キリン(日本経済新聞出版社)
  • 究極にうまいクラフトビールをつくる キリンビール「異端児」たちの挑戦(新潮社)