クラフトビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラフトビール (英語: craft beer) は、英語で「職人技のビール」、「手作りのビール」などを意味する表現で、大手のビール会社が量産するビールと対比して用いられる概念。日本語では、英語の発音に近づけてクラフトビア と呼ばれることもある[1]

アメリカ合衆国における「craft beer」[編集]

アメリカ合衆国における小規模なビール醸造所(マイクロブルワリー)の業界団体であるブルワーズ・アソシエーション英語版 (BA) は、クラフト・ブルワリー (craft brewery) を 「小規模、独立、伝統的 (small, independent and traditional)」と定義している[2][3][4]。具体的には、年間生産量が600万バレル(米国ビール用バレル)(約70万キロリットル)以下、自身がクラフト・ブルワーではない他の酒類製造業者の支配する資本(株式)が25%未満、伝統的手法に革新を盛り込んだ原料と発酵技法を用いることがクラフト・ブルワリーの条件とされている[2]

ブルワーズ・アソシエーションの定義は、2011年1月までは、年間生産量の上限を200万バレルとしていたが、クラフト・ブルワリーとして最大規模であったサミュエル・アダムズを製造するボストン・ビール社英語版がこの基準を超える見込みとなったことを受けて、基準が引き上げられた[4]。この上限引き上げによって、それまでは規模の上でクラフト・ブルワリーとされていなかったイングリングが、最大のクラフト・ブルワリーということになった[5]

クラフト・ブルワリーの製造するビールがクラフトビールということになるが、その製造にあたっては伝統的な原料、手法が尊重されながらも、併合される添加物によって様々な風味などが工夫され、多様な製品が生まれることもクラフトビールの特徴とされる[2]

一応の定義を提示しているブルワーズ・アソシエーションだが、他方では「ブルワーズ・アソシエーションがクラフト・ビールの定義を定めていないのは、何がクラフト・ビールかは飲み手次第だと考えるからであるが、ビール醸造をおもな事業としている限り、どのようなタイプのビールをクラフト・ブルワーが醸造するかで区別をするようなこともない。(Since the Brewers Association doesn’t define craft beer — that idea remains up to the beer drinker — the definition doesn’t differentiate on what type of beer craft brewers brew, as long as the majority of what they make is beer.)」とも述べている[6]

クラフティ・ビール[編集]

ブルワーズ・アソシエーションの定義から外れるビールであっても、クラフトビールと呼ばれることもあるが、あえて「クラフト風ビール」という意味で、「クラフティ・ビール (crafty beer)」という表現がなされることもある[7][8]

大手ビール会社が、クラフトビールに準じる手法で生産しているブランドの例としては、ミラークアーズ (MillerCoors) が生産するブルームーンアンハイザー・ブッシュジーゲンボック英語版、ショック・トップ (Chock Top) などがあり、もともと独立していたブルワリーが大手ビール会社の傘下に入った例としては、ミラークアーズ傘下のキリアンズ英語版やアンハイザー・ブッシュ傘下のグースアイランド・ブルワリーなどの例がある[8]カナダケベック州で生産されているユニブルー英語版も、元々は独立したブルワリーであったが、その後、サッポロビールの傘下に入って合衆国での流通が増え、同様の位置付けになっている[8]

日本におけるクラフトビール[編集]

日本では、1994年酒税法改正によりビールの最低製造数量基準が2,000キロリットルから60キロリットルに引き下げられ、全国各地にマイクロブルワリーに相当する小規模なビール醸造会社が登場して、「地ビール」と総称されるようになり、一時は300社以上の地ビール会社があった[9][10]。当初のブームは2003年頃には終息し、地ビール会社の数は200社ほどに落ち着いたが[9]、以降は「地ビール」に代えて、「小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビール」、「品質を重視して、ビール職人が手塩にかけて造るビール」といった含意で「クラフトビール」をキーワードとし、小規模ビール生産者のビールを市場に送り出す取り組みが拡大し、ヤッホーブルーイング2004年から取り組んだ電子商取引を中心に規模拡大に成功したことなどを契機に、新たにクラフトビール市場が成長し始めた[9]。特に2010年代に入るとクラフトビールの人気が一層高まったとされており、統計によっては10%を超える成長を見せた年もあった[11]

日本の文脈では、「地ビール」という呼称が優勢であった初期から、これを「craft beer」と同じものと見なす用語法があり、社名やブランド名に「クラフトビール」を盛り込んだ地ビール会社も、仙南クラフトビール[12]月夜野クラフトビール[13]など、1990年代から存在していた。日本地ビール協会もその英文の正式名称を「The Japan Craft Beer Association (JCBA)」としていた(後に「The Craft Beer Association」と改称)[14]。『新明解国語辞典』は1997年の第5版から「地ビール」を語彙として収録しているが、その語釈は「ドイツ、イギリス、アメリカなどで、その土地の需要を満たす目的で作られる(比較的)生産量の少ないビール。」(カッコ内は第6版で削除)などというもので、諸外国の事例に言及することによって「地ビール」を「craft beer」と同じものと見なす用語法を支持している[15]。また、全国地ビール醸造者協議会 (Japan Brewers Association, JBA) は、「個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビールを「地ビール」といいますが、特に酒税法等の法律で定められた用語ではありません。クラフトビールと呼ばれることもありますが、双方、明確な定義はありません。」とし、この二つの用語が同義で置き換えられることもあるが、双方とも「明確な定義」はないとし、語義に曖昧なズレが生じ得ることも示唆している[15]

しかし、地ビール・ブーム衰退の反省から品質重視を前面に出したクラフトビールへと転換したことを踏まえ[10]、両者の違いを強調し、地ビール・ブームと2004年以降のクラフトビール・ブームの担い手の違いが強調されることも[16]、さらに後述のように2015年ころから大手ビール会社が本格的にクラフトビール市場に参入したことを踏まえて担い手の違いが強調されることもある[17]

アメリカ合衆国におけるブルワーズ・アソシエーションの定義は、そのままでは日本のブルワリーには当てはまらないと考えられている[4]。日本では、クラフト・ブルワリーとはみなされないオリオンビールも、ブルワーズ・アソシエーションの定義における規模の条件は満たすことになる[18]。また、地ビールの中には、黄桜酒造の「京都麦酒」[19]木内酒造の「常陸野ネストビール」など大小の日本酒メーカーが生産している例や[20]、日本酒メーカーや大手ビール会社が出資している例も、少なからずあり、事業の資本的独立が重視されているわけではない。

なお、日本の酒税法は、原材料によって税率の異なる酒類を複数設けており、クラフトビールの中でもフルーツビールなどは税法上のビールにはならず、発泡酒とされる[21]

地ビールへの課税については、2003年から時限措置として本来の税額の20%を免除する措置が取られていたが、2010年にはこの優遇措置が原則15%に圧縮された[22]。この措置は税法上のビールだけが対象であり、税法上の発泡酒などには適用されない[21]

大手ビール会社の参入[編集]

他方では、大手ビール会社がクラフトビールに関心を寄せて、日本国内やアメリカ合衆国のクラフト・ブルワリーと提携したり、自ら生産に乗り出す取り組みも少なからず見られる。アサヒビールは、1994年に子会社として隅田川ブルーイングを設立してマイクロブルワリーの支援業務などに乗り出すとともに、1995年からブルーパブを墨田区吾妻橋で開業しており、これを「東京で初めて販売したクラフトビール」と称している[23]

麒麟麦酒は、2014年7月に「クラフトビール戦略」を発表して、同年中には国内最大のクラフト・ブルワリーであるヤッホーブルーイングと資本業務提携し[24]2015年には傘下の子会社によってブルーパブ「スプリングバレーブルワリー」を代官山に開店させ[25][26]2016年にはアメリカ合衆国のブルックリン・ブルワリーと業務提携して、ブルワーズ・アソシエーションの定義に抵触しない範囲の24.5%の株式を取得するに至っている[24][27]

サントリーは、2015年に「クラフトビール(に)興味はあるが詳しくないユーザー向け」として缶ビールの「クラフトセレクト」ブランドを立ち上げ、2016年からペールエール、ゴールデンエール、ヴァイツェンを通年商品として供給している[28]サッポロビールも、子会社であるジャパンプレミアムブリューによって、2015年からクラフトビール市場に参入しており[29]、また上記のように、カナダユニブルーを資本傘下に収めている。さらに、オリオンビール2015年から「オリオンのクラフトビール」として、季節商品「オリオンクラフトシリーズ」の供給を始めた[30]。その第2弾「琉球ホワイト」は、原材料の関係でビールではなく発泡酒として発売された[31]

大手の参入が盛んになって以降は、品質重視で製造されたビールを、生産者の規模の大小を問わずクラフトビールとし、マイクロブルワリーに相当する大手以外の小規模事業者やそのビールを地ビールとする使い分けも見受けられる[17]

脚注[編集]

  1. ^ ビア金沢”. クラフトビア金沢実行委員会. 2017年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c Craft Brewer Defined”. Brewersassociation.org. 2017年2月13日閲覧。
  3. ^ What qualifies as craft beer?”. USA Today. 2017年2月13日閲覧。
  4. ^ a b c 藤原ヒロユキ (2012年10月16日). “クラフトビールの定義。クラフトビールとは?”. 日本ビアジャーナリスト協会. 2017年2月13日閲覧。
  5. ^ Brewers Association Lists Top 50 Breweries of 2015, , Brewers Association, (2016年4月5日), https://www.brewersassociation.org/press-releases/brewers-association-lists-top-50-breweries-2015/ 2017年2月13日閲覧。 
  6. ^ Brewers Association updates ‘craft beer’ definition; focus on ownership, adjunct acceptance”. CBB Media LLC (2014年3月10日). 2017年2月13日閲覧。
  7. ^ Tuttle, Brad (2012年12月27日). “Trouble Brewing: The Craft Beer Vs. ‘Crafty’ Beer Cat Fight”. Time Inc.. 2017年2月13日閲覧。
  8. ^ a b c Hernalsteen, Brian (2013年12月2日). “10 Crafty Beers Made By Big Beer Companies”. Paste Media Group. 2017年2月13日閲覧。
  9. ^ a b c 〈クラフトビール市場〉EC中心に再ブームの兆し/大手4社、事業を続々本格化”. 日本流通産業新聞社 (2015年5月29日). 2017年2月13日閲覧。
  10. ^ a b クラフトビール (craft beer) とは”. クラフトビール東京 (2016年12月22日). 2017年2月13日閲覧。 - 内容は2013年執筆。
  11. ^ 國尾一樹 (2015年1月19日). “クラフトビールはなぜこんなに人気が出たのか?”. HARBOR BUSINESS Online/扶桑社. 2017年2月15日閲覧。 “国内ビール大手5社のビール系飲料の出荷量は10年連続で減少し続けるなか、国税庁が昨年末に発表した「地ビール・発泡酒の製造概況調査」によると、平成25年、製造会社166社の平均販売金額は8700万円近くで、前年比14%増加と好調を維持。... 川野氏は、日本のクラフトビールは「2012年の夏あたりから風向きが変わり、2013〜2014年にかけて人気が出てきた」と言う。”
  12. ^ “独風地ビールレストラン、角田に9月オープン 7農協が建設”. 朝日新聞・朝刊・宮城. (1997年7月30日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  13. ^ “地ビールの生、瓶詰で発売 月夜野町”. 朝日新聞・朝刊・群馬. (1997年11月18日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  14. ^ Craft Beer Association”. The Craft Beer Association. 2017年2月13日閲覧。
  15. ^ a b 地ビールとは?”. 全国地ビール醸造者協議会. 2017年2月13日閲覧。
  16. ^ 大村美香; 長沢美津子. “クラフトビール個性競う 地ビールの進化形”. 朝日新聞・朝刊: p. 18. "日本地ビール協会(兵庫県芦屋市)の小田良司会長は「日本にも、2004年ごろから新たな作り手が現れてきた」と話す。ブーム後も生き残って作り続けてきた地ビールメーカーも活性化した。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  17. ^ a b 高野真吾 (2015年7月11日). “(be report)泡立つクラフトビール”. 朝日新聞・朝刊・週末be: p. 4. "製法や原料にこだわった「クラフトビール」の人気が急上昇している。地ビールと呼ばれていた時代からの製造会社に加え、ビール大手が相次いで参入。関係者からは「2015年はクラフトビール元年」との言葉が飛び交う勢いだ。... 迎え撃つのは地ビール各社だ。「大手と我々の商品には距離がある。消費者はごちゃごちゃにしないで飲んでもらいたい」。地ビールトップで10期連続の増収増益を続けるヤッホーブルーイングの井手直行社長(47)は「市場が盛り上がるのはとても良いことだ」との前置きに続いて、こう語った。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  18. ^ オリオンビールの年間生産能力は、72,000キロリットルとされている。:オリオンビール 株式会社”. 求人おきなわ. 2017年2月13日閲覧。
  19. ^ 地ビール ■京都麦酒■”. 黄桜酒造. 2017年2月13日閲覧。
  20. ^ 木内酒造こだわりホームページ”. 木内酒造. 2017年2月13日閲覧。
  21. ^ a b 知っていました?? 日本ではフルーツビールは全て【発泡酒】”. サンクトガーレン (2011年6月22日). 2017年2月14日閲覧。
  22. ^ 租税特別措置法の改正について (ビールに係る酒税の税率の特例 (PDF)”. 国税庁/税務署. 2017-02-14)閲覧。
  23. ^ 東京初のクラフトビールを醸造した直営レストラン リニューアル お客様と連携したプロジェクトを立ち上げ、ビールと食の新しい魅力を提案”. アサヒビール (2015年7月14日). 2017年2月13日閲覧。
  24. ^ a b 中山 一貴 (2016年10月22日). “キリンが「クラフトビール」に食らいつく理由 ニューヨーク発ビールは若者の心をつかむか”. 東洋経済 online. 2017年2月12日閲覧。
  25. ^ スプリングバレーブルワリー東京”. ジャパン・ビア・タイムズ (2015年3月24日). 2017年2月13日閲覧。
  26. ^ ビールをおもしろくすることで、見えてくる未来がある〜クラフトビール戦略〜”. キリン. 2017年2月13日閲覧。
  27. ^ ブルックリン・ブルワリー社との資本業務提携について (PDF)”. キリンホールディングス (2016年10月12日). 2017年2月12日閲覧。
  28. ^ <番外編>クラフトビールを気軽に楽しむ!~サントリー「クラフトセレクト」”. 東京ビアガーデン情報館 (2016年3月27日). 2017年2月12日閲覧。
  29. ^ 成長著しいクラフトビール市場に専門子会社を通じて参入~“Craft Label 柑橘香るペールエール”発売~”. サッポロビール (2015年3月18日). 2017年2月12日閲覧。
  30. ^ オリオンクラフトシリーズ第1弾 Ryukyu Pale Ale(琉球ペールエール)発売”. オリオンビール (2015年9月9日). 2017年2月12日閲覧。
  31. ^ Ryukyu White 琉球ホワイト”. オリオンビール. 2017年2月12日閲覧。