藤原ヒロユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤原 ヒロユキ(ふじわら ひろゆき、1958年9月4日[1] - )は、日本イラストレータービール伝道師大阪府出身[1]大阪教育大学教育学部卒業の元中学校教諭

ビア・ジャーナリスト/ビール伝道師[編集]

藤原ヒロユキがプロデュースしたキールズ'バー ビアテラスのカウンター (2008年)

日本ビアジャーナリスト協会代表。季刊「ビール王国」編集主幹。日本地ビール協会のマスター・イバリュエイター、アドバンスド・ビアジャッジ、ビア・コーディネィターの資格を取得[2]。日本のみならず、欧米で開催される数々のコンテストにてジャッジを務める。日本では1996年からのインターナショナルビアコンペティション、1998年からのジャパンビアカップのビアジャッジを毎年務める[2]

2000年、ビールの各種スタイルと世界のビールを紹介する書籍を執筆、2005年春に創刊されたビール専門誌『Beer & Pub』の編集長を務める。しかし2013年の同誌復刊に際し「総編集長」に再度就任するが、一度もゲラを見せられないまま発売されたことに納得がいかず、同職を辞任。2013年10月にワイン王国社から「ビール王国」を出版する。

また、常陸野ネストビール木内酒造にてビールを造るイベントの開催(2回めは2007年7月29日[3]アサヒビールアネックスでビールと料理マリアージュのイベントの開催[4]、ビアテラスのプロデュース (2008年の「キール'ズバー・ビアテラス」)[5]などビール文化の普及に一役を買っている。

国際コンペでは、2009年のグレートアメリカンビアフェスティバル(アメリカ・デンバー)、2010年ワールド・ビア・カップ(アメリカ・シカゴ)、2014年(アメリカ・デンバー)でインターナショナル・ビアジャッジとしてコンペティション、2013年インターナショナルビアフェスティバル・ターボル(チェコ)の審査員を務める。

2010年、一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会代表に就任。

「ソトコトロハスキッチン&バー」で「スロービールの夕べ」、「ベルジャンビアカフェ・アントワープセントラル」で「ベルギービールと料理のマリアージュ会」、「ニッポンクラフトビールフェスティバル」で「マリアージュセミナー」などビールと料理のマッチングのイベントを多数こなす。

ブログ「藤原ヒロユキ日記」は2000年1月から続いている。ユーストリームで「藤原ヒロユキのBEERマニア」を2010年9月から放送している。

イラストレーター[編集]

1983年、フリーのイラストレーターとして大阪で活動を開始。月刊『神戸からの手紙(現SAVVY)』、月刊『ぷがじゃ』などにイラストマップやイラストコラムを連載。

1985年にイラストガイド『365日デートガイド関西編』、1987年『新365日デートガイド関西編』、1986年にイラストと短編小説集『午前8時の缶ビール』をいずれもノラブックスから出版。

1986年上京後、月刊『装苑』で「楽園小路(パラダイスアレイ)」、月刊『パロ野球ニュース』(竹書房)で「ユニフォーム図鑑OFメジャーリーグ」などを連載。他にも月刊『Goods Press』(徳間書店)、『バッカス』(TBSブリタニカ)、『ゲイナー』(光文社)などで連載。

ホットドッグ・プレス』(講談社)「マスヒロ君が行く」、月刊『Begin』(世界文化社)「いきすぎ君の肖像」(95年に単行本化)などの連載シリーズのイラストを担当。

『男の食彩』、『食彩浪漫』(NHK出版)で連載シリーズ「簡単ではない」「簡単だった」のイラストを担当(のちに単行本化)。

2003年、カタログハウス本社地階のホールで「画業20周年作品展」を開く。

2008年、月刊『食楽』に「お取り寄せで作る藤原ヒロユキレシピ」を連載。

ビールを中心としたお酒や料理、食材やレシピの手順などのイラストを得意とする。また、デフォルメしつつも細部を描き込むという独特の画風で街角の風景を描くことも多い。

野球好きとしても知られていて、野球をモチーフにした作品も多数。日本野球はもとより、アメリカ野球にも詳しく、1985年から1995年までは毎年渡米してメジャー並びにマイナーリーグを観戦。30球場以上を巡っている。1990年、1991年にはマイナーリーグの始球式に招かれた経験ももつ。

現在、K&Kブランドのコンビーフや「缶つまプレミアム」などの缶詰で知られる『国分』の子会社でコンビニエンスストアを運営する「コミュニティ・ストア」が発行する小冊子「月刊コミュニティ」にてビールの魅力や、自身の趣味にまつわる記事を連載中。

書籍[編集]

著書[編集]

イラスト[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.490
  2. ^ a b 藤原ヒロユキ (初出年不明). “藤原ヒロユキ HISTORY of BEER”. 2008年2月16日閲覧。
  3. ^ 木内酒造 (2007年). “藤原ヒロユキBOPツアー2007”. 2008年2月16日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ アサヒビールアネックス (2008年). “アサヒビール アネックス/藤原ヒロユキの冬のビアディナー”. 2008年2月16日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 「キール'ズ・バー ビアテラス」オープン中”. SALUS (2008年7月21日). 2008年10月1日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]