ブルックリン・ブルワリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブルックリン・ブルワリー
Brookylnbrewery.svg
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨークブルックリン区
開業 1988年 (1988)
年間生産量 217,000 米国ビール用バレル
(25,500キロリットル)、2013年[1]
テンプレートを表示

ブルックリン・ブルワリー (Brooklyn Brewery) は、アメリカ合衆国ニューヨークブルックリン区ブルワリービール醸造所)。1988年に、スティーヴ・ヒンディ (Steve Hindy) とトム・ポッター英語版が創業した。

歴史[編集]

WSTM Team Dustizeff 0007.jpg

ヒンディは、6年間にわたって、サウジアラビアクウェートなどの中東諸国に滞在していた間に、ビールの醸造法を学んだ。1984年に出身地のブルックリン区に戻ったヒンディは、同じ建物の階下に住んでいたパーク・スロープ英語版出身のポッターとともに、それぞれの仕事を辞めて、このブルワリーを創業した[2]。二人は、「アイ・ラブ・ニューヨーク」キャンペーンのロゴの創案で知られるグラフィックデザイナーミルトン・グレイザ-英語版を雇い、会社のロゴとアイデンティティを創らせた[3][4]。グレイザ-は報酬として、会社の株式を受け取った[5]

創業当初、すべてのビールはマット・ブルーイング・カンパニー英語版で契約生産され、創業者の二人は自前の販売会社を興し、自らニューヨーう周辺のバーや小売店に商品を運んで、市場を開拓した[6]1996年、元はマッツァー工場だったブルックリン区ウィリアムズバーグを手に入れ、これを改装して機能的なブルワリーとした[2][7]

ブルワリーは、このニューヨーク市内の施設の生産能力を高めようとしたが、初めのうちはウィリアムズバーグの生産能力に限界があって需要に追いつかず、瓶詰め工程の装置も欠いており、また契約生産の方がコスト面で有利であったため、ブルックリン・ラガー (Brooklyn Lager) と瓶ビールの全量を含む生産の大部分は、いわゆるアップステート・ニューヨークであるニューヨーク州中央部のユーティカにおける契約生産に委ねられていた。その後、ブルックリンにおける施設拡充が取り組まれたが、地区内に適切な場所を見いだすことは難しかった[8]。しかし、やがて景気後退が生じ、2009年には650万ドルを投じて、ウィリアムズバーグにおいてブルワリーの規模を拡大することができた[9]

1994年以降は、ギャレット・オリヴァー英語版が、ブルックリン・ブルワリーの醸造主任 (brewmaster) を務めている。オリヴァーは、1989年徒弟としてマンハッタン・ブルーイング・カンパニー・オブ・ニューヨーク英語版に入って修業し、1993年にはその醸造主任になった。2003年に、オリヴァーは著書『The Brewmaster's Table: Discovering the Pleasures of Real Beer with Real Food』を出版している。彼はまた、グレート・アメリカン・ビア・フェスティバル英語版の審査員を11年間にわたって務めた[10]

2004年以降、11年間にわたって販売数量が年平均18%もの急成長を遂げ、輸出量も増えてクラフトビールとしては屈指の規模となった[11]

2016年、ウィリアムズバーグの施設の地主であるヨール・ゴールドマン英語版が、地価の高騰に見合った賃料を設定できないことを理由に、借地契約の更新を拒んで土地を売却するとしたため、ブルワリーは、ウィリアムズバーグで行なっていた特別なビールの生産を移転せざるを得ないと公表した[12]。ブルワリーは、ユーティカにある主力工場を移転させ、7000万ドルを投じて20万平方フィート(2ha弱)の新たな施設をスタテンアイランドに新設すると発表した[12]

2016年10月、日本キリンビールが資本提携し、ブルックリン・ブルワリーの 24.5%を所有する株主となり、両者が協力して日本やブラジルでブルックリン・ブランドの商品の販売に当たることが発表された[11][13]。その後2017年2月に同社との合弁会社「ブルックリンブルワリー・ジャパン」を設立。

Beer School[編集]

Beer School: Bottling Success At The Brooklyn Brewery
著者Steve Hindy and Tom Potter
言語英語
ジャンルビジネス
出版社ジョン・ワイリー・アンド・サンズ
出版日2005年9月21日
ページ数304
ISBN0471735124

ヒンディとポッターは、2006年に、共著書『Beer School: Bottling Success At The Brooklyn Brewery』をジョン・ワイリー・アンド・サンズから出版した[6]。この本は、起業ビール醸造の両方のガイドであり、二人がブルックリン・ブルワリーを作り上げてきた回想録ともなっている。『Beer School』は、チームの作り方から、ゲリラ・マーケティングパブリシティなどにも言及しており、ブルワリーの歴史に沿って、個々のテーマを中心に各章が綴られている。この本は、ヒンディとポッターの視点から語られており、多くの批評家たちから好評を得た[14][15]

栄誉[編集]

エスクァイア』誌は2012年2月号の記事で、ブルックリン・ラガー16オンスを「今飲むべき最高の缶ビール (Best Canned Beers to Drink Now)」として取り上げた[16]

ビール[編集]

年間を通して生産する商品[編集]

  • Brooklyn Lager - 5.2% アメリカン・アンバー・ラガー (American Amber Lager)
  • Brooklyn American Ale - 4.5% アメリカン・ペール・エール (American Pale Ale)
  • Brooklyn Brown Ale - 5.6% アメリカン・ブラウン・エール (American Brown Ale)
  • East India Pale Ale - 6.9% インディア・ペール・エール (India Pale Ale)
  • Brooklyn Pilsner - 5.1% ドイツ式ピルスナー (German-Style Pilsner)
  • Brooklyn Defender IPA - 6.7% レッドIPA (Red IPA)
  • Hecla Iron Ale - 3.4% ダーク・エール (Dark Ale) - 海外向けのみ
  • Brooklyn Blast! - 8.4% ダブルIPA (Double IPA)
  • Brooklyn Greenmarket Wheat - 5% ヴァイス (Weisse Brewed) - ニューヨーク州産の小麦麦芽ホップで製造
  • Scorcher IPA - 4.5% セッションIPA (Session IPA)
  • Brooklyn Brewery 1/2 Ale - 3.4% ホッピー・セッション・セゾン (Hoppy Session Saison)
  • Local 1 - 9% 瓶入り再発酵ゴールド・エール (bottle refermentation gold ale)
  • Local 2 - 9% 瓶入り再発酵ダーク・アベイ・エール (bottle refermentation Dark Abbey Ale)
  • Sorachi Ace - 7.6% ファームハウス・セゾン (Farmhouse Saison) - イギリスの「Brewer's Gold」、日本の「Beikei No. 2」、チェコの「Saaz」の3種類のホップをブレンドして使用

季節商品[編集]

  • Black Chocolate Stout
  • Brooklyn Winter Ale
  • Monster Ale
  • Brooklyn Dry Irish Stout
  • Brooklyn Summer Ale
  • Brooklyn Oktoberfest
  • Post Road Pumpkin Ale
  • Brooklyn Black Ops

脚注[編集]

  1. ^ Ottaway Brothers Assume Leadership Roles at Brooklyn Brewery
  2. ^ a b Williams, Lena (1996年6月2日). “Could the Dodgers Follow? Brewing Returns to Brooklyn”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1996/06/02/nyregion/neighborhood-report-williamsburg-could-dodgers-follow-brewing-returns-brooklyn.html 2010年4月24日閲覧。 
  3. ^ Foltz, Kim (1990年11月13日). “Lotas Minard Swaps Work for Equity Stake”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1990/11/13/business/the-media-business-advertising-addenda-lotas-minard-swaps-work-for-equity-stake.html 2010年1月22日閲覧。 
  4. ^ Case Studies: Brooklyn Brewery”. Milton Glaser Inc.. 2011年10月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月1日閲覧。
  5. ^ Acitelli, Tom (2013). The Audacity of Hops: The History of America's Craft Beer Revolution. Chicago: Chicago Review Press. p. 158. ISBN 9781613743881. OCLC 828193572 
  6. ^ a b Hindy, Steve; Potter, Tom (2005). Beer School: Bottling Success at the Brooklyn Brewery. Hoboken: John Wiley & Sons, Inc.. ISBN 0-471-73512-4 
  7. ^ Furman, Phyllis (2007年4月16日). “Brooklyn's King of Beers”. Daily News (New York). http://www.nydailynews.com/money/2007/04/16/2007-04-16_brooklyns_king_of_beers_-2.html 2010年4月24日閲覧。 
  8. ^ McGeehan, Patrick (2008年7月20日). “Double Edge to Brooklyn's Success”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/07/20/nyregion/20brewery.html 2010年4月24日閲覧。 
  9. ^ McGeehan, Patrick (2009年11月1日). “Soft Real Estate Market Is a Key Ingredient at Brooklyn Brewery”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/11/02/nyregion/02brewery.html 2010年4月24日閲覧。 
  10. ^ Smagalski, Carolyn. “Garrett Oliver - Brooklyn Brewmaster of Beer and Food”. BellaOnline.com. 2010年1月22日閲覧。
  11. ^ a b 中山 一貴 (2016年10月22日). “キリンが「クラフトビール」に食らいつく理由 ニューヨーク発ビールは若者の心をつかむか”. 東洋経済 online. 2017年2月12日閲覧。
  12. ^ a b The Real Deal: "Brooklyn Brewery looking for 60K sf for brewing operation - The well-known beer brand is checking out Navy Yard, Industry City for space" February 23, 2016
  13. ^ ブルックリン・ブルワリー社との資本業務提携について (PDF)”. キリンホールディングス (2016年10月12日). 2017年2月12日閲覧。
  14. ^ Nonfiction Review: Beer School”. Publishers Weekly. 2012年11月9日閲覧。
  15. ^ Book Report – Beer School: Bottling Success at the Brooklyn Brewery”. Seattle PI. 2012年11月9日閲覧。
  16. ^ Best Canned Beers to Drink Now”. Esquire magazine via Yahoo news website (2012年2月22日). 2012年2月22日閲覧。

参考文献[編集]

『クラフトビール革命 地域を変えたアメリカの小さな地ビール起業』発売日:2015年7月3日 出版社:DU BOOKS 著者:スティーブ・ヒンディ(ブルックリン・ブルーワリー創業者) 翻訳:和田侑子 ISBN 978-4-907583-54-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度43分18秒 西経73度57分28秒 / 北緯40.72167度 西経73.95778度 / 40.72167; -73.95778