ピルスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
元祖ピルスナーのピルスナー・ウルケル

ピルスナーは、チェコプルゼニ(ピルゼン)地方を発祥とするビールスタイルの一種である。淡色の下面発酵ビールであり、ホップが生む爽やかな苦味を特長とする。アルコール度数は4~5%の製品が多い[1]

プルゼニで開発された「ピルスナー・ウルケル」を源流とする。現在、世界中で醸造されているビールの大半はピルスナースタイルである[1]

日本の状況[編集]

日本でビールといえばピルスナースタイルのビールを指すことが大半である。大手ビール会社が醸造、販売するビールも多くはピルスナースタイルである[1][2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 【見る】ビール 多彩な風味『読売新聞』朝刊2017年8月21日
  2. ^ アサヒスーパードライ」「キリン一番搾り」「ザ・プレミアム・モルツ」「サッポロ黒ラベル」など。

関連項目[編集]