アサヒスーパードライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アサヒスーパードライ
2013年12月までの仕様
基本情報
種類 ビール
スタイル ドライビール[1][2]
度数 5.0%
主原料 麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ[注 1]
原産国 日本
製造元 アサヒビール[注 2][3]
詳細情報
明るい金色
備考 ドライ戦争の引き金となった。
テンプレートを表示

アサヒスーパードライは、アサヒビールが製造、販売しているビール。1987年2月より販売が開始される[4]スタイルはドライビール[1][2]。アサヒスーパードライの登場で、日本のビール市場にドライビールというジャンルが定着した[5]。また、日本のビール業界で発生したドライ戦争の引き金となったビールである。なお、2017年2月に発売開始から30周年を迎えた。

特徴[編集]

開発当時に進行していた日本の食生活の変化に対応したビールとして開発された[6][7]。同時代の日本で販売されていたビールに比べ、苦味を抑え、甘さも少なくしたビールである[8]。甘さを少なくしたことでそれまで主流であったアルコール度数4.5%と比べて0.5%高い5.0%となっている[8][9][注 3]。また、苦くてコクがあるビールよりも、キレのあるビールを目指して開発された[10][9]。使用する麦芽をぎりぎりまで減らし(約70%)[注 4]、副原料(コーンスターチ)の比率を高めることですっきりした味を実現[11]。アサヒビールはこの味を「ドライ」という言葉で表現した[10][注 5]。また、アサヒスーパードライは、アサヒビールのもつそれまでの経験に頼らず、ゼロから開発されたビールであった[12]

発売当初から2013年12月時点において、基本的な味・パッケージの変更は一切行っていない[13]。ただし、細部の小変更としてメインラベルは1989年1月に「SUPER "DRY"」の上部と「生」の周囲の英文表記を現在のものに変更し、1992年4月に「生」の下の表記を現在の「スーパードライ 生ビール(非熱処理)」に変更し、その際に缶の背景を無地から薄い横縞が入るように変更している[14]。また、瓶のラベル外周部、ネックラベルや裏ラベル、缶のラベル上部や側面の表記についても数年ごとに変更され、2012年2月頃には缶の右下に「お酒」マークが入っている。なお、スリムボトル缶は、他の製品とは異なるデザインを採用し、1年毎にデザインをリニューアルしている。なお、2014年2月には発売以来27年ぶりの全面改良が実施され、「生」の上に「洗練されたクリアな味、辛口。」と表記されるようになった。

ビール商品としては麦芽の使用率が低いため、日本で低税率系発泡酒が再度展開され始めた1990年代中盤頃の発泡酒商品の味に類似する面があり[11]、自社製品同士の競合が懸念され[15]、それが影響してアサヒビールは発泡酒市場への参入を躊躇したり難色を示したとされる[11][15]

なおアサヒビールは、沖縄県のオリオンビールを実質的に傘下に置いており、県内・奄美消費分の350mLと500mLの缶製品並びに10Lと20Lの樽製品は同社の名護工場で作り供給している[3]

ヒットの理由[編集]

日本では、景気浮揚期には新しいものを受け入れる消費者行動が顕著となり、大型のヒット商品が誕生する傾向がある[5]。また、それは新しいライフスタイルをも形成していく[5]。アサヒスーパードライは景気浮揚期に販売されたことがヒットに繋がった[5][注 6]

商品ラインナップ[編集]

2012年2月頃に「お酒」マークが入る前の350ml缶

スーパードライは容器のバリエーションについても業界一を誇る。他社の撤退した大型容器(ミニ樽や1L缶)も展開されている。派生商品以外の中身はどの容器でも基本的に共通であるが、容器・ラベル・パッケージの限定デザイン、出荷時期や提供方法の違いによる限定バリエーションもある。

スーパードライは、2013年12月下旬製造分より初の全面改良を行い、アサヒビール独自の酵母管理技術「S-3(Super Screening System)」を導入することにより、厳選された優良な酵母は発酵力に優れ、泡を分解する酵素の溶出量が少なくなり、辛口のうまさはそのままに、キレと泡のきめ細かさをそれぞれ1割向上させることを実現した[16]

2014年12月下旬製造分にも再び改良を行い、新仕込み技術により、時間経過による味の変化を抑制し飲みごたえとキレがそれぞれ1割向上した[17]

容器[編集]

  • 大瓶(633ml / ラベルも販売)
  • 中瓶(500ml / 祝ラベルも販売)
  • 小瓶(334ml)
缶 
  • 1L缶
  • 500ml缶
  • 350ml缶
  • 250ml缶
  • 135ml缶
  • ミニ樽(3L / 2L)
    • ミニ樽は、1977年5月に日本で初めて「アサヒ生ビールミニ樽(7リットル)」として発売[注 7]され、中身や容量を変えながら、他社が全面的に撤退した現在でも販売されているロングセラー商品である。
  • 樽生
    • 30L - 北海道・九州以外の地域
    • 20L - 東京・神奈川・千葉・埼玉限定
    • 19L / 10L
過去
  • 特大瓶「BIG BOY」(1957ml) - サントリーモルツ)が1990年代中頃に、キリン(ラガーと一番搾り)とサッポロ(黒ラベル(通称ジャイアンツ))が2000年代前半に生産終了する中で、スーパードライは継続して販売されていたが、東日本大震災の影響で販売休止となり、そのまま販売終了
  • スタイニーボトル(334ml) - シュリンクラベルとマキシキャップを採用した小瓶。東日本大震災の影響で販売休止となり、そのまま販売終了
  • スリムボトル缶(350ml / コンビニエンスストア限定)
    • 2007年3月7月に20周年を記念して合計120万箱限定発売され、2009年7月7日よりデザインをリニューアルしてコンビニエンスストア限定で通年販売を開始した。
    • その後2010年4月27日2011年3月15日に再びデザインをリニューアルしたが、東日本大震災東北地方太平洋沖地震)で被災した福島工場で製造していたため、2011年版は震災前に生産された分が少量販売されたのみで、在庫分が無くなり次第販売休止となった。
    • 2012年3月21日、デザインが再びリニューアルされ、生産場所が名古屋工場に変更されて、発売再開した。
    • 2013年4月23日、320mlの「スタイリッシュボトル缶」にリニューアルされ、製造を終了した。
  • スタイリッシュボトル缶(320ml) - コンビニエンスストア限定だったが、2014年4月8日に全チャネルに拡大し、デザインも通常缶と統一した。しかし、一般店舗ではあまり普及しなかった上、コンビニでも売り上げが減少し、2014年12月下旬のリニューアル時に製造終了
  • 750ml缶 - 他社(サントリーは700ml缶を販売)が1990年代後半に相次いで製造終了した中で、スーパードライは継続して販売していたが、2013年12月下旬のリニューアル時に国内での製造ならびに販売を終了した。なお、韓国への輸出用としては2017年現在も現在も吹田工場のみで製造されている。

限定[編集]

  • エクストラコールド
  • 鮮度実感パック[22][23]
    • 容器・パッケージ - 350mlの6本パック / 500mlの6本パック(北海道限定) / コンビニ限定仕様 - 缶350mlの2本パック、缶500mlの2本パック
    • 発売地域 - 沖縄を除く全国各地、北海道と四国地区はエリア限定デザイン仕様
    • 毎月原則1回発売される販売店・数量限定パック。
    • 工場で実感できる「できたてのビールのうまさ」を届けたいと徹底的に鮮度にこだわり、原則製造後3日以内で工場から出荷。
  • できたて工場直送プレミアムギフト
    • 2010年に「鮮度ギフト」として発売し[24]、2011年中元商戦からは現商品名として発売[25]
    • 製造後3日以内で工場から出荷したギフトセット商品を客へ直送[24][25]
  • 発売30周年限定特別醸造製品
    • 2017年、発売開始30周年を記念し季節ごとに限定発売。CMは福山雅治と有名ミュージシャンの競演バージョン。
    • 春 - EXTRA HARD(超刺激)[26]
    • 夏 - 瞬冷辛口[27]

派生商品[編集]

  • ドライブラック(缶(500ml / 350ml)・小瓶(334ml)・樽生(10L)) - スーパードライ初の派生製品
    • 黒ビール未経験者や苦手と感じる人、若い世代にも楽しめるように日本のビールユーザーの嗜好に合わせ、他社の黒ビールや同社の黒生など従来の黒ビール商品に比べ、キレ味のよい爽快な味わいの「ドライテイスト」に仕上げて差別化を図っている[28][29]
    • 原材料に黒麦芽を使用し、ホップを増量したことで香りやコクが増し、酵母はスーパードライと同じ「アサヒ318号酵母」で後味のキレの良さを出した仕上げになっている[28][29][注 8]。アルコール度数は5.5%とスーパードライ(5%)より高め[29]。先に発売した缶2種が好評なため、飲食店向けに小瓶を7月18日に、樽生を9月4日に発売し、7月19日より「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」限定で『ドライブラック』の樽生ビール“氷点下のドライブラック”を先行販売している[30]
    • 2013年2月13日にクオリティアップが実施され、複数のアロマホップを最適な比率で配合し、上質で爽やかな香りを高め、従来よりも雑味を低減した黒麦芽由来の原料を新たに使用することで、さらに爽快なキレ味を実現した。缶には金蓋が採用され、裏面に説明が表記されるようになっている[31]
    • 2013年12月下旬製造分から再びクオリティアップが実施され、北米産ホップの使用比率を高めることにより、「黒麦芽由来のコクがありながら、爽快でキレのある味わい」をさらに強化している。缶には「世界の常識を変える辛口の黒ビール - 氷点ろ過製法 -」という商品特長を表記したが、上部の麦と「ASAHI BREWERIES LIMITED」はなくなり、「生」も小さくなっている(小瓶のラベルは変更なし)[16]
  • ドライプレミアム(缶(500ml / 350ml)・瓶(633ml大瓶/500ml中瓶/334ml小瓶)・樽生(19L/10L))
    • 2013年6月11日発売。当初はギフト限定商品だったが、当初計画(120万セット)の約3倍となる343万セットを販売するヒット商品となり、2014年2月18日より通常商品に変更となる。エキス濃度の高い「国産ゴールデン麦芽」を使用し、醸造工程でひと手間かける贅沢醸造を採用し、スーパードライ酵母を使用することで、スーパードライならではの爽快で澄みきったキレ味がありながら、深い味わいに仕上げた。通常商品と同様に米、コーン、スターチの副原料は使用され、アルコール度数はギフト限定商品時代は5.5%となっていたが通常商品変更後より6%となった。通年発売1週間の販売状況は、90万ケースを超え計画を上回る好調なスタートを切り、2014年3月18日に樽生を、2014年9月2日には瓶製品を発売し、缶製品もラベル下部のレイアウトを瓶に合わせて修正[注 9]している。それに伴い、年間販売目標を当初の320万箱から樽生の発売に伴い360万箱に、6月中旬には神奈川工場[注 10]、名古屋工場に加え、博多工場にも製造工場を拡大して500万箱に引き上げている[32](すべて大瓶換算)。[16][33][34]
    • 2014年12月下旬製造分よりクオリティアップが実施され、新たにフレッシュな状態のスーパードライ酵母「ゴールデンドライ酵母」を使用することにより、贅沢なコクとキレが更に向上した。デザインは、缶中央の英文表記がなくなった一方で、「ドライプレミアム」が大きくなり、その下には「ゴールデンドライ酵母&国産ゴールデン麦芽使用」と表記されるようになっている(瓶のラベルは変更なし)[35]。後述する後継商品の「ドライプレミアム 豊醸」と入れ替わる形で2015年12月下旬を以って生産終了、2016年4月12日を以って販売終了となった。
  • ドライプレミアム 香りの琥珀(缶(500ml / 350ml))
    • 2014年11月5日発売。贅沢なコクとキレはそのままに、7種類の厳選したホップと黒麦芽由来の麦芽エキスを原材料の一部に使用することで、奥行きのある芳醇な香りを実現したギフト限定のプレミアムビール。アルコール度数は2013年のギフト版と同じ5.5%[36]
  • ドライプレミアム 初仕込みプレミアム(缶(500ml / 350ml))
    • 2014年12月24日発売。贅沢なコクとキレはそのままに、2014年に収穫した国産ゴールデン麦芽、国産ホップ(一部使用)、国産米を使用し、爽やかなホップの香りと麦のうまみを実感できる味わいに仕上げた[37]
  • ドライプレミアム 煎りたてコクのプレミアム(缶(500ml / 350ml))
    • 2015年2月17日発売。フレッシュなロースト香を有する「煎りたて国産麦芽」を一部使用することで、香ばしいコクと香りを、アルコール度数6.5%で、豊かな飲みごたえを実現した[38]
  • エクストラシャープ(缶(500ml / 350ml))
    • 2015年3月31日発売。氷点下でろ過する「エクストラコールドろ過製法」と、発酵度を高めアルコール度数を5.5%に高めたことによって、「超辛口のスーパードライ」”を作り上げた[39]
  • ドライプレミアム 豊醸(ほうじょう)(缶(500ml / 350ml)・瓶(500ml中瓶))
    • 2016年4月12日発売。先述のドライプレミアム(オリジナル)の事実上の後継商品。厳選した良質麦芽とチェコ・ザーツ産の最高級ファインアロマホップをふんだんに使用しドライプレミアム史上最大級のコクと香りを実現した。アルコール度数は6.5%。

関連商品[編集]

「アサヒ318号酵母」を使用した商品
  • アサヒスーパーモルト(缶(500ml/350ml/300ml)・瓶(500ml中瓶/334mlスタイニーボトル)・樽生(10L/5L))
    • 2000年1月14日と1月24日に順次発売。厳選された麦芽を100%使用し、発酵力の強さを特徴とする「アサヒ318号酵母」を使用することによって、麦芽100%ビールの「重さ」「飲みにくさ」、ライトビールの「水っぽさ」「物足りなさ」を解消し、クリアで軽やかな飲み口を実現したほか、アルコール分を約3.5%と従来よりも低く設定すると同時に、カロリーを約30%削減している。また、ビール好きにとって「ちょっと飲みたい」シーンで気軽に飲むのに丁度良いサイズとして300ml缶を初めて採用した[40]
    • 当初は好調で、3月25日より業務用市場向けに中瓶と樽生を発売[41]し、大瓶換算で317万箱程度[42]を売り上げた。
    • 2001年4月4日には、リニューアルを行い、軽やかな飲み口はそのままに、コク感をややアップさせた[42]が、その後は売り上げが減少し、2006年8月に製造終了した。
  • アサヒ新生/アサヒ新生3(第三のビール(その他の醸造酒(発泡性)①))(500ml/350ml/250ml缶)
    • 2005年4月20日発売。大豆ペプチドを使用しアサヒ318号酵母を活性化させることで、発酵度を高める『新生高発酵製法』を採用し、キリッとした新しいのどごしを実現した[43]
    • 当初は好調で、1ヶ月強で大瓶換算で400万箱強を売り上げ、7月20日に250ml缶を追加[44]した。
    • しかし、売り上げで『キリンのどごし<生>』や『サッポロドラフトワン』を上回るには至らず、11月22日に「新生高発酵製法」に磨きをかけると共に、仕込み工程で大豆ペプチド・酵母エキス・ホップを絶妙なレシピで仕込む「新生トライアングル仕込み法」を開発することで、雑味を低減し、進化したキレを持つ新商品として「アサヒ新生3」にリニューアルを行った[45]が、大きな改善には至らず、その後は新商品の登場とともに売り上げが減少し、2009年2月に製造終了した。
「アサヒ318号酵母」を使用せず、ドライ系の味わいを実現した商品
  • アサヒドライゼロ(缶(500ml / 350ml)・小瓶(334ml))
    • 2012年2月21日発売。麦汁を一切使用せずにビール成分を再現、余分な甘味や雑味を抑えることを可能にしたビールテイスト飲料

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1984年夏〜1985年夏 - 消費者の嗜好調査を実施[7]
  • 1985年 - 新アサヒ生ビール (コクキレビール) と並行して酵母の研究を開始[46]
  • 1986年3月 - 開発プロジェクト開始[46]。コードネームは「FX」[46][注 11]
  • 1986年6月 - 試作品が完成し、役員を対象に試飲を実施[9]
  • 1987年3月 - アサヒスーパードライ発売開始[9]
  • 1989年 - 初めて年間販売数量1億箱を突破[47]
  • 1996年6月 - 月間シェアNo.1となる[48]
  • 1997年 - 年間シェアNo.1となる[49]
  • 2009年9月 - スーパードライの新しい提供方法・飲み方「エクストラコールド」を飲食店にて展開を始める[50]
  • 2012年4月3日 - 初の派生商品「ドライブラック」を発売[28]

販売開始まで[編集]

当時の日本のビール業界では、サントリー以外の大手ビールメーカーは、ビール純粋令があったドイツから技術を学んではじまったこともあり、味わいが重厚なビールばかりであった[7][注 12]。この時期まではビールに関して、世の中の人からは「ビールは苦く重い」、ビール業界では目隠しテスト(ブラインドテスト)の結果から「客はビールの味がわからない」という考えが常識化していた[18][51][52]。アサヒスーパードライが製造開始される1987年前後の日本は食中酒としてのアルコール飲料を探していた時代といえた[53]

アサヒビールは1980年代前半から中盤にかけて低迷していたが、社長に村井勉が就任してからさまざまな改革を行っていた[54]。1984年夏から1985年夏にかけて[注 13]、アサヒビール[注 14]は東京と大阪でそれぞれ5000人を対象に味覚・嗜好調査を実施[7][18][51][52]。これで得られたデータや前述のビールに関する常識から推考したり発想を変えて「嗜好は変化する」「お客様は味が分かる」と仮説を立てて調査・分析すると下記の事柄が浮き彫りになってきた[18][52]

  • 日本では砂糖の摂取量が増え味付けがどんどん濃くなっており[18]油脂購入量は1960年から1980年の20年間で日本の一世帯あたり約2倍に増加[7]
  • 日本人は日本食という繊細な料理を食べていることから「日本食に合うビールがあるはず」と推測[18]
  • 肉中心の献立を好む子供が増加傾向にあるという学校給食研究会の調査結果[7]

各種の調査・研究・分析結果を踏まえ、将来に渡っても、油脂の多い食事と合うさらっとしたビールが求められていると、アサヒビール技術開発部長は分析した[7]

これらの結果から、消費者はビールに「軽快で飲みやすい」「味わい」「爽快感」を求めていることが判明[7][55][51]。この傾向は20代、30代の消費者に顕著であった[7]。これにマッチする味は辛口という仮説が生まれ[18]、新ビールのコンセプトは「辛口・生ビール」とした[51]

1986年3月、コードネーム「FX」として開発プロジェクト開始[46][注 11]。苦味を抑え、甘さも少なくしたビールを目指した[8]。開発の最初はレシピ作成からで、コンセプトに合う酵母を同社の酵母バンクから探した結果、発酵能力がズバ抜けて高く独特の香味特性を備え、コンセプトに適合していた「アサヒ318号酵母」に決定[51]。次に原材料の種類・使用比率や発酵条件など様々な条件や組み合わせを細かく設定しながら試作して、コンセプトを満たす必要条件を決め込んでいった[51]。アルコール度数は当時の一般的なビールの度数4.5%に対し、5%と高めにしてスッキリとした味わいを出した[52]。出来上がった数々の試作品と共に様々な和食洋食中華料理つまみを用意して、実際の飲食シーンに近い状況で試飲を多数繰り返した結果、コンセプトに合致する味に到達した[51]。3ヶ月後の同年6月、試作品が完成し、当時の社長である樋口廣太郎など複数の役員を対象に試飲を実施し、高評価を得る[9]。商品化の最終段階では、前年に発売した新アサヒ生ビール (コクキレビール) が好調であったため、自社製品である新アサヒ生ビールとの競合を懸念する声が社内から挙がったが、樋口の判断で1987年3月17日に名称「アサヒスーパードライ」として地域限定で販売開始[9]。販売開始年には年間100万箱を目標としていた[9]

ドライ戦争[編集]

シェアNo.1[編集]

1996年6月、アサヒスーパードライはキリンビールのキリンラガービールを抜いて月間シェアNo.1の座につく[48]。当時の社長瀬戸雄三は7月1日の夕方、本店の社員を社員食堂に集め、このことを報告した[48]。このとき、瀬戸は社員の前で涙を流した[48]という。

1997年には年間シェアもNo.1となり[49]、1998年の年間シェアではキリンラガービールとキリン一番搾り生ビールのシェアを合計したよりも多くのシェアを獲得する[56]

2011年には1989年以来、23年連続で年間販売数量1億箱を突破した[47]

エクストラコールド[編集]

エクストラコールドとはビールの提供方法・飲み方のひとつで、通常の樽生ビールの提供温度である4〜8度程度に比べてさらに低い温度に設定した、「摂氏マイナス2度〜2度で提供する樽生ビール」とアサヒでは定義している[18]。これは1998年にイギリスで若者のビール離れに対する対応策や新たな顧客獲得を目指して、ビールを摂氏2度で提供してスムースさをアピールした[18][50]。それ以降、ヨーロッパで導入が進んで普及し、現在では一般的な提供方法のひとつとなっており、他の地域ではアジアでも普及してきている[18][50]

この提供方法をスーパードライでも新しい飲み方として提案し、安定して低温ポイントに設定可能な専用ディスペンサーを新開発して、「スーパードライ エクストラコールド」として2009年9月より一部で展開を始め、2010年3月より本格展開を開始した[18][19][20][50]専用ディスペンサーが設置された飲食店にて提供可能で、アンテナショップの「エクストラコールドBAR」も期間限定で開設している[21]。「氷点下のスーパードライ」として、スーパードライを0度からマイナス2度と凍結寸前まで冷却して提供しており、通常のビールに比べ「苦みが感じにくくなり、ビール離れが進む若者・ビールが苦手な人・女性層に支持されている」傾向がある[20][21][24]。取り扱う飲食店も年々増加し、若い世代や女性など新たな顧客層の拡大に結びついている[21]

ドライブラック[編集]

2000年代後期にウイスキー炭酸水割ったハイボールがブームとなり、ウイスキー市場が活性化したことをヒントに、黒ビールのポジショニングがウイスキーに似ていると考察され「黒ビールも、飲みやすくする提案があれば新たな需要を生み出せるはず」との発想が同社から出てきた[29]。ターゲットは黒ビールのヘビーユーザーではなく、これまで黒ビールをあまり飲んでこなかった新規ユーザーとし、黒ビールに対して良いイメージを持っている半面、味については苦手意識を抱いている層の取り込みを目指し、従来の黒ビールのイメージとはかけ離れた、ゴクゴク飲めて食事との相性も良い味に仕上げた[29]

2012年4月3日、「スーパードライ」ブランドとして初の派生商品となった黒ビールの「アサヒスーパードライ ドライブラック」を発売[28]。初年度売上目標は日本の黒ビール市場規模[注 15]の2倍に当たる200万箱(大瓶換算)が当初の目標であった[13][28]が、6月末までに累計170万箱を販売し、初年度売上目標を300万箱に上方修正している[30]。また、先に発売した缶2種が好評なため、飲食店向けに小瓶を2012年7月18日に、樽生を9月4日に発売し、7月19日より「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」限定で『ドライブラック』の樽生ビール“氷点下のドライブラック”を先行販売[30]している。韓国においても、7月2日より350ml缶を販売開始している[57]

日本国外展開[編集]

1990年代後半以降、アサヒビールでは日本国外展開を積極的に進めており、その中でもスーパードライは主力ブランドに位置づけられている。

北米では1994年に提携先であるカナダモルソン社のバンクーバー工場でスーパードライの現地生産を開始したのを皮切りに本格的に販売を開始し、1998年に現地法人を設立した[58]

ヨーロッパでは、1999年チェコのスタロップラーメン社(Staropramen Brewery)へ現地生産委託を開始して本格的に進出[59]2005年からはイギリスでもシェパード・ニーム社(Shepherd Neame Brewery)の工場で現地生産を行っており、2009年にはイギリス国内での年間販売数量が30万ケースに達したほか、スーパードライの樽生を扱う飲食店もイギリス国内だけで500店舗を超えた[60]。また、シェパード・ニーム社製のスーパードライは、英国の国際ビール品評会“ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワーズ2011”(Brewing Industry International Awards)の“樽詰ラガー部門”クラス2(アルコール度数4.8 - 6.9%)で金賞を受賞している[61]。ロシアでは2008年からバルチカ社(Baltika Breweries)と提携し現地生産を開始している[58]

アジアでは、中国で1999年青島ビールとの合弁企業である「深圳青島ビール朝日有限公司」にて現地生産を開始し、2004年北京市の「北京ビール朝日有限公司中国語北京啤酒朝日」が操業を開始し、中国国内で2拠点体制を築いている。2009年には青島ビールの発行済み株式の約20%を取得し体制を強化した[62]韓国には2000年に輸出開始し、2004年にロッテグループの酒類販売会社に出資して販売を本格化させ、2010年には最需要地のソウル特別市を南北2支店制にして営業活動の強化に努め同国輸入ビール市場2位となり、2011年はCM放送やイメージ戦略が好影響を及ぼし同国輸入ビール市場のシェアは28.3%で日本メーカー初の首位獲得に貢献した[63]。2012年7月2日より、ドライブラックについても日本以外では初めて発売している[57]東南アジアに対しては、2002年にタイのブンロートグループ(Boon Rawd Brewery)への現地生産・販売委託を始めている[64]

影響[編集]

日本のビール市場の拡大[編集]

アサヒスーパードライの登場で、日本のビール市場は拡大された[5]とも言われている。日本のビール市場は、アサヒスーパードライ発売前の1986年と1990年では32%も成長した[5][注 16]

日本酒辛口ブームへの影響[編集]

辛口を売りにしたアサヒスーパードライによる「辛口ブーム」が日本酒辛口ブームの一因になったという説がある[65]

キャッチコピー[編集]

  • 「飲むほどにドライ、辛口・生。」(1987年)
  • 「KARAKUCHI。この味が、ビールの流れを変えようとしている(変えた)。」(1988年)
  • 「KARAKUCHI。世界を動かす味がある。」
  • 「この味、辛口。」
  • 「ダイナミックDRY」(1994年)
  • 「洗練されたクリアな味、辛口。」(現在)
  • 「世界No.1ドライ」

歴代CM出演者[編集]

※2017年7月現在

現在の出演者
過去の出演者

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2009年11月製造の缶ビールの缶より。
  2. ^ 沖縄県鹿児島県奄美群島向けの一部商品はオリオンビールが受託製造
  3. ^ 甘さを少なくするためには麦汁内のを少なくするためにアルコール発酵を進ませることになる。その結果、アルコール度数が高くなる。
  4. ^ 酒税法第3条第12項にビールの定義があるが、そこでは副原料の使用量が「麦芽の重量の百分の五十を超えない」範囲に制限されており、逆を返せば麦芽を最低3分の2(66.7 %)使用する必要がある。
  5. ^ 永井隆『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』46ページによれば、ワインリキュールで用いられる「スイート (甘口)」や「ドライ (辛口)」という表現から「ドライ」をそのまま採用したとされる。ドライの意味については「辛口」の項目も参照。
  6. ^ 永井隆『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』77ページによると、日本の経済企画庁平成景気の開始は1986年11月としていた。アサヒスーパードライはその翌年に発売されている。
  7. ^ 当初は業務用中心。現在発売されている家庭向けの3Lは1979年5月発売で、2Lは1981年3月発売。
  8. ^ 日経トレンディネットの記事(2012年2月23日) によると、スーパードライと比較したり、当商品の香りを感じる飲み方として、缶から直接飲むよりもコップやグラスに入れて飲む方が差異や特徴がわかりやすいとの内容が記述されている。
  9. ^ 当初は上に茶色で「厳選素材 国産ゴールデン麦芽使用」「ひと手間かけた贅沢醸造」、下に金色で「スーパードライ」「ドライプレミアム」と表記していたが、上に紫色の四角形の中に「ドライプレミアム」、下に金色で「ひと手間かけた贅沢醸造」「厳選素材 国産ゴールデン麦芽使用」と表記する形に変更している
  10. ^ 最初にスーパードライを製造開始した東京大森工場の後継工場で、ギフト版も製造していた
  11. ^ a b 永井隆『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』36ページによると、コードネームは当時の日本の次期支援戦闘機FSX」から。
  12. ^ 永井隆『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』43ページによれば、当時の日本のビールメーカーの技術者の目指すビールはドイツ風の重厚なビールであり、消費者の求めているビールとの乖離が生じていた。
  13. ^ 宮本紘太郎『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』45・46ページによると、「消費者の求める味」についての調査は5000人を対象に1986年に実施されたと記述されている。
  14. ^ 当時の商号は「朝日麦酒」
  15. ^ 日本の黒ビール市場は2012年2月にアサヒビールが発表した調査結果 によると、年間約100万ケースの販売数量で、ビール類市場全体の約0.2%程度となっており、その約6割が飲食店など業務用で販売されている。
  16. ^ 永井隆『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』78ページによれば、1986年と1990年の日本酒市場やウイスキー市場は減少している。

出典[編集]

  1. ^ a b 藤原ヒロユキ 『ビールの常識 絶対飲みたい101本』 アスキー・メディアワークス、2008年6月4日、初版、132ページ。ISBN 978-4-04-870031-3
  2. ^ a b 藤原ヒロユキ 「アサヒスーパードライ - 世界に誇るニュースタイル・ビール」『本当にうまいビール215』 ソフトバンク クリエイティブ〈ソフトバンク新書〉、2010年4月25日、初版第1刷、12、13ページ。ISBN 978-4-7973-5718-9
  3. ^ a b アサヒスーパードライ - オリオンビール”. オリオンビール. 2017年7月20日閲覧。
  4. ^ 永井隆 「はじめに」『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年8月1日、第1刷、3ページ。ISBN 4-532-19139-4
  5. ^ a b c d e f 永井隆 「第2章 "ドライ戦争"は一人勝ち」『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年8月1日、第1刷、78ページ。ISBN 4-532-19139-4
  6. ^ 宮本紘太郎 「第2章 スーパードライは、なぜ成功したか」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、51、52ページ。ISBN 4396611579
  7. ^ a b c d e f g h i 永井隆 「第1章 消費者が飲みたいビールが日本にはなかった」『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年8月1日、第1刷、41から44ページ。ISBN 4-532-19139-4
  8. ^ a b c 宮本紘太郎 「第2章 スーパードライは、なぜ成功したか」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、62、63ページ。ISBN 4396611579
  9. ^ a b c d e f g 永井隆 「第1章 消費者が飲みたいビールが日本にはなかった」『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年8月1日、第1刷、44から47ページ。ISBN 4-532-19139-4
  10. ^ a b 宮本紘太郎 「第7章 発泡酒、アサヒ「本生」の登場」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、184ページ。ISBN 4396611579
  11. ^ a b c 宮本紘太郎 「第7章 発泡酒、アサヒ「本生」の登場」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、199ページ。ISBN 4396611579
  12. ^ 宮本紘太郎 「第7章 発泡酒、アサヒ「本生」の登場」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、201、202ページ。ISBN 4396611579
  13. ^ a b スーパードライの“黒”、開発の裏に「ハイボールブーム」あり〔1〕 - 日経トレンディネット 2012年2月23日
  14. ^ 1987年3月17日アサヒ・スーパードライ発売 - Beer Can Museum 2012年5月28日
  15. ^ a b 「スーパードライ」を飲み干す「アサヒ本生」 - FINANCE Watch 2001年3月26日
  16. ^ a b c 「アサヒスーパードライ」2014年の新展開 - アサヒビール 2013年12月12日
  17. ^ 『アサヒスーパードライ』が更なる進化を実現! - アサヒビール 2014年12月19日
  18. ^ a b c d e f g h i j k 氷点下のビール「アサヒ スーパードライ エクストラコールド」体験会 - Netafull 2010年5月14日
  19. ^ a b 歴史・沿革:2000年代 - アサヒビール
  20. ^ a b c 氷点下ビール大人気 アサヒ、提供飲食店を600店に倍増へ - MSN産経ニュース 2010年8月7日
  21. ^ a b c d 氷点下の『スーパードライ』で大好評のBARが今年もオープン!『アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR』 - アサヒビール 2012年5月9日
  22. ^ アサヒスーパードライ 鮮度実感パック - アサヒビール
  23. ^ 鮮度にこだわった『スーパードライ』のうまさを体験できる!大好評!『鮮度実感パック』をリニューアル発売! - アサヒビール 2012年2月22日
  24. ^ a b c 2010年7月4日放送「がっちりマンデー!!」(TBS系列アサヒビール:アサヒビールは営業もスゴイ!
  25. ^ a b 『ASAHI SUMMER GIFT 2012』新発売について - アサヒビール 2012年4月24日
  26. ^ “『アサヒスーパードライ』発売30周年記念 特別限定醸造商品 『アサヒスーパードライ エクストラハード』 2017年3月14日(火)期間限定発売!! ~「乾杯!心がつながるうまさを、ぞくぞくと。」第3弾~” (プレスリリース), アサヒビール株式会社, (2016年12月21日), http://www.asahibeer.co.jp/news/2016/1221_3.html 2017年7月20日閲覧。 
  27. ^ “「アサヒスーパードライ」発売30周年記念、特別限定醸造商品! 『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』 2017年5月30日(火)新発売! ~「乾杯!心がつながるうまさを、ぞくぞくと。」~” (プレスリリース), アサヒビール株式会社, (2017年4月21日), http://www.asahibeer.co.jp/news/2017/0421.html 2017年7月20日閲覧。 
  28. ^ a b c d e 『スーパードライ』発売25周年にして“初”のエクステンション商品『アサヒスーパードライ-ドライブラック-』4月3日新発売 - アサヒビール 2012年2月22日
  29. ^ a b c d e スーパードライの“黒”、開発の裏に「ハイボールブーム」あり〔2〕 - 日経トレンディネット 2012年2月23日
  30. ^ a b c コクがありながらキレ味のよい“ドライテイスト”が大好評!『スーパードライ-ドライブラック-』樽生ビールを展開開始! - アサヒビール 2012年7月19日
  31. ^ コクがありながらキレ味のよい“ドライテイスト”が好評!『アサヒスーパードライ-ドライブラック-』クオリティアップ実施! - アサヒビール 2013年1月8日
  32. ^ 『アサヒスーパードライ ドライプレミアム』販売好調につき、年間販売計画を再度上方修正! 〜6月中旬より生産拠点を拡大!〜 - アサヒビール 2014年6月9日
  33. ^ 『アサヒスーパードライ ドライプレミアム』樽生(10L・19L)3月18日(火)に新発売!年間販売計画を360万ケース※へ上方修正! - アサヒビール 2014年2月21日
  34. ^ 『『アサヒスーパードライ ドライプレミアム』の容器展開を拡大! - アサヒビール 2014年7月8日
  35. ^ 『アサヒスーパードライ ドライプレミアム』クオリティアップ - アサヒビール 2014年12月19日
  36. ^ 『ASAHI WINTER GIFT 2014』新発売 - アサヒビール 2014年10月2日
  37. ^ 『アサヒスーパードライ ドライプレミアム 初仕込みプレミアム』12月24日(水)新発売! - アサヒビール 2014年11月5日
  38. ^ 『 アサヒスーパードライ ドライプレミアム 煎りたてコクのプレミアム 』〜 2月17日(火)期間限定新発売 〜 - アサヒビール 2015年1月6日
  39. ^ 『アサヒスーパードライ エクストラシャープ』3月31日(火)期間限定新発売! - アサヒビール 2015年1月6日
  40. ^ 21世紀に向けた新しいビールカテゴリー、新しいビール価値の提案『アサヒスーパーモルト』新発売のお知らせ - アサヒビール 1999年12月7日
  41. ^ 『アサヒ スーパーモルト』中びん500ml、樽生10Lを新発売 - アサヒビール 2000年3月7日
  42. ^ a b 更に磨きをかけた『アサヒ スーパーモルト』登場 - アサヒビール 2001年1月25日
  43. ^ “キリッとした新しいのどごし”の新商品『アサヒ 新生(しんなま)』新発売 - アサヒビール 2005年2月1日
  44. ^ 『アサヒ 新生』に新容器(缶250ml)が登場 - アサヒビール 2005年6月7日
  45. ^ 新商品『アサヒ新生3(スリー)』が登場 - アサヒビール 2005年9月15日
  46. ^ a b c d 永井隆 「第1章 消費者が飲みたいビールが日本にはなかった」『ビール15年戦争 すべてはドライから始まった』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年8月1日、第1刷、36ページ。ISBN 4-532-19139-4
  47. ^ a b 2012年『アサヒスーパードライ』ブランド戦略 - アサヒビール 2012年2月22日
  48. ^ a b c d 宮本紘太郎 「第4章 シェアトップの奪還と、瀬戸雄三」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、108ページ。ISBN 4396611579
  49. ^ a b 宮本紘太郎 「第4章 発泡酒、アサヒ「本生」の登場」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、188ページ。ISBN 4396611579
  50. ^ a b c d 氷点下の『アサヒスーパードライ』エクストラコールドを展開 - アサヒビール 2010年3月1日
  51. ^ a b c d e f g スーパードライ開発ストーリー - アサヒビール
  52. ^ a b c d 2010年7月4日放送「がっちりマンデー!!」(TBS系列アサヒビール:アアサヒビールは味がスゴイ!
  53. ^ 宮本紘太郎 「第2章 スーパードライは、なぜ成功したか」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、58ページ。ISBN 4396611579
  54. ^ 清水信年; 流通科学大学 (1996年9月). “アサヒビール 〜ビール市場の創造と適応〜 (PDF)” (日本語). 現代経営学研究学会 第7回シンポジウム資料. 清水信年ゼミナール. 2012年5月19日閲覧。
  55. ^ 宮本紘太郎 『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、45、46ページ。ISBN 4396611579
  56. ^ 宮本紘太郎 「第4章 発泡酒、アサヒ「本生」の登場」『アサヒビール 成功する企業風土 内側からみた復活の法則』、2002年9月10日、初版第1刷、186ページ。ISBN 4396611579
  57. ^ a b 海外初進出となる「アサヒスーパードライ-ドライブラック-」7月2日新発売
  58. ^ a b 国際事業 - アサヒビール会社案内
  59. ^ 競争激化、飽和状態のビール市場。活路は海外にあり?! - MSNマネー 特集「ニッポン企業の底ヂカラに学べ!」] - ウェイバックマシン(2011年6月7日アーカイブ分)
  60. ^ スーパードライが英国のヤンエグつかむ 売上好調 - ウェイバックマシン(2011年1月9日アーカイブ分) - MSN産経ニュース 2009年11月26日
  61. ^ 世界で最も歴史のある英国の国際ビール品評会“ブルーイング・インダストリー・インターナショナル・アワーズ2011”『アサヒ スーパードライ』が金賞受賞
  62. ^ アサヒが中国の青島ビールに出資 株式20%弱取得 - 47NEWS 2009年1月23日
  63. ^ 韓国輸入ビール市場でアサヒが日本初の首位に 各社が攻勢 - MSN産経ニュース 2012年2月1日[リンク切れ]
  64. ^ 製造拠点を見る - アサヒビール・海外のレストラン&バーガイド
  65. ^ 増田晶文 「第1章 地酒を醸す現場に行く」『うまい日本酒はどこにある?』 草思社、2004年9月30日、第1刷、60ページ。ISBN 4-7942-1347-6

外部リンク[編集]