上原ひろみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上原ひろみ
Hiromi 5289072w.jpg
基本情報
別名 Hiromi
生誕 (1979-03-26) 1979年3月26日(39歳)
日本の旗 日本 静岡県
学歴 静岡県立浜松北高等学校法政大学法学部中退→バークリー音楽大学
ジャンル ジャズ
職業 ピアニストキーボーディスト
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1986年 -
レーベル テラークユニバーサル
事務所 Ellora Management
共同作業者 HIROMI'S SONICBLOOM
公式サイト HiromiUehara.com
HiromiMusic.com
ユニバーサル ミュージック
フランク・ザッパ
バッハ
オスカー・ピーターソン
Ahmad Jamal
スライ&ザ・ファミリー・ストーン
ドリーム・シアター
キング・クリムゾン
カール・ルイス
マイケル・ジョーダン

上原 ひろみ(うえはら ひろみ、Hiromi Uehara、1979年3月26日 - )は、静岡県生まれでアメリカ合衆国在住のジャズピアニスト。日本国外ではHiromiという名前で通している。2007年平成19年)9月1日デザイナー三原康裕と結婚した。

人物[編集]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

デビュー[編集]

  • 2003年4月22日、上原はバークリー卒業を目前にしてアメリカのジャズの名門、テラーク・レコードと契約。デビュー・アルバム"Another Mind"(日本盤『アナザー・マインド』)をリリースし、世界デビュー。アーマッド・ジャマルと、その友人バークリー音楽院の指導者でジャズ・ベーシストのリチャード・エヴァンスによる共同製作作品として結実することになる。上原はデビューアルバムで、たった3人編成のピアノ・トリオで、どこまで音楽を拡張できるかを課題として追究した。その後、全米各地のジャズフェスティバルに出演した。
  • 5月3日、第8回ケネディ・センターメアリー・ルー・ウィリアム・ウィミン・イン・ジャズ・フェスティヴァル(Kennedy Center Presents Eighth Annual Mary Lou Williams Women in Jazz Festival)にトリオで出演、そこでの演奏は「ロック、ファンク、ジャズ、パンクと音の力を究めた」と評価された。
  • 5月11日、バークリー音楽大学を首席で卒業(小曽根真に次ぐ快挙だった。)。
  • 6月25日 ユニバーサルより日本盤『アナザー・マインド』リリースし、国内で正式デビュー。
  • 10月19日 毎日放送製作のテレビ番組『情熱大陸』に出演し、ボストン在住の上原を密着取材した場面やニューヨークやヨーロッパツアーに同行取材して撮影したライヴ映像などが全国配信された。
  • 12月13日 - キリンのテレビCMに登場。

2004年[編集]

  • 3月10日、第18回日本ゴールドディスク大賞(主催日本レコード協会)で『アナザー・マインド』がジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞する。
  • 4月21日、セカンド・アルバム『Brain』をリリース。同アルバムはアメリカで『サラウンド・ミュージック・アワード<ニュースター賞>』を受賞。

2005年[編集]

  • 活動の拠点をボストンからニューヨークに移す。
  • 10月19日、サード・アルバム『スパイラル』をリリース。同アルバムは『ジャズディスク大賞 日本ジャズ賞』を受賞。

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

  • 1月26日、ソロ・ピアノ作品『Place to Be』をリリース(日本国内は2009年発売)し、アメリカのアマゾンのジャズチャートで1位を記録。
  • スタンリー・クラーク・トリオとして北米、日本をツアー。
  • 6月2日に発売されたスタンリー・クラーク・バンドのアルバム『スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ』において、一部の曲でピアノ・ソロを演奏。

2011年[編集]

2012年[編集]

  • 4月1日、ニューヨークの国連総会議場で行われたユネスコ主催の「第一回インターナショナル・ジャズ・デー」に参加。
  • 7月27日、フジロックフェスティバルのOrange CourtにHIROMI THE TRIO PROJECT featuring Anthony Jackson&Simon Phillipsとして出場。
  • 9月、「上原ひろみ Feat. Anthony Jackson&Simon Phillips」のTHE TRIO PROJECTとして2作目となるアルバム『MOVE』をリリース。

2013年[編集]

  • 3月『MOVE』の全米発売に合わせ、アメリカで最も権威のあるジャズ専門誌『ダウン・ビート』4月号の表紙に登場。(日本人アーティストとしては、秋吉敏子以来33年ぶり2人目)[6]
  • 4月、日本人アーティストでは唯一となるニューヨーク・ブルーノートでの9年連続6日間公演を成功させた。
  • 8月、国立新美術館で開催された「アメリカン・ポップ・アート展」の公式テーマ曲を手掛ける。

2014年[編集]

2016年[編集]

アルバムの『SPARK』が全米ビルボードのTraditional Jazz Albums部門で1位、またジャズ総合でも1位になった[8]。ジャズ部門の総合1位は松居慶子以来2人目となった。

コンサート(パフォーマンス)[編集]

日付 場所 タイトル・内容
2000年8月25日 東京神田・東京TUC 上原ひろみ ピアノライブ THIS IS ME
2003年5月3日 ケネディ・センター 第8回ケネディ・センター・メアリー・ルー・ウィリアム・ウィミン・イン・ジャズ・フェスティヴァル(Eighth Annual Kennedy Center Mary Lou Williams Women in Jazz Festival)にトリオで出演
2003年6月11日 静岡・浜松アクトシティ21 全米デビュー後の日本初ライブ
2003年6月12日 東京渋谷・JZ Brat Sound of Tokyo
2003年9月30日 ニューヨークジャズ・スタンダード
2003年10月10日 ドイツ、バードランド
2003年11月23日 名古屋・ブルーノート 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2003年11月25日 - 26日 福岡・ブルーノート 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2003年11月27日 - 28日 東京渋谷・JZ Brat Sound of Tokyo 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2003年12月1日 - 2日 大阪・ブルーノート(ジャズ・クラブ)(各日2ステージ) 国内デビュー後の日本四大都市凱旋公演
2004年9月18日 東京JAZZ
2004年10月11月 日本公演(東京札幌大阪名古屋福岡横浜
2005年1月 ブルーノートニューヨーク
2005年7月31日 フジロックフェスティバル
2005年11月 - 12月 日本公演。8都市14公演。(福岡大阪仙台横浜静岡名古屋新潟東京
2006年1月 ブルーノート(ニューヨーク
2006年9月 東京JAZZチック・コリアと共演。
2006年12月8日 昭和女子大学人見記念講堂 矢野顕子とのジョイントライブ
2006年12月11日 - 12月29日 日本(東京名古屋浜松西宮)、タイシンガポールインドネシア アジアツアー
2007年4月 ブルーノート(ニューヨーク 3年連続公演
2007年7月29日 フジロックフェスティバル'07
2007年7月31日 高知市文化プラザかるぽーと SUMMER LIVE IN KOUCHI(単独公演)
2007年8月4日 情熱大陸スペシャルライブ大阪公演
2007年8月5日 SAPPORO CITY JAZZ
2007年9月 ブルーノート東京 チック・コリアとのピアノ・デュオでのライブ
2008年4月30日 日本武道館 チック・コリアとのピアノ・デュオ

その他多数

テレビ出演[編集]

CM出演[編集]

  • 伊藤園「TEAs' TEA NEW AUTHENTIC」(2016年10月 - )[9]

ディスコグラフィー[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 2003年4月22日 Another Mind, Telarc CD-83558(米国)
    • 2002年9月録音 パーソネル Hiromi Uehara (p)・Mitch Cohn (b)・Dave DiCenso (ds)・ゲストAnthony Jackson (b)・Jim Odgren (as)・Dave Fiuczynski (g)
  • 2003年6月25日アナザー・マインド』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック(Telarcレーベル、以下同じ)UCCT-1077
  • 2004年4月21日ブレイン』ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1090
    • 2003年12月録音 パーソネル Hiromi Uehara (p)・Anthony Jackson (b)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)
    • 米国版は2004年5月25日に発売。
  • 2005年10月19日スパイラル』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1145
    • 2005年5月録音 パーソネル Hiromi Uehara (p)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)
    • 初回版はライブ映像のDVD付として発売。2006年11月22日にはツアー・エディション (UCCT-2004) として別内容のライブ映像のDVD付として発売。いずれも限定版。
    • 米国版は2006年1月17日に発売。
  • 2007年2月21日タイム・コントロール』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1181
    • 2006年10月録音 パーソネル Hiromi Uehara (p)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)・David Fiuczynski (g)
    • 前作のトリオにDavid Fiuczynski (g)を迎え、Hiromi's Sonicbloom というユニットで録音。
    • 米国版は2007年3月27日に発売。
  • 2008年5月28日ビヨンド・スタンダード』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1197
    • 2008年1月録音 パーソネル Hiromi Uehara (p)・Tony Grey (b)・Martin Valihora (ds)・David Fiuczynski (g)
    • 初回限定版DVD付き
    • 2008年11月5日 『ビヨンド・スタンダード ツア^・エディション』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-9009
  • 2009年9月5日プレイス・トゥ・ビー』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1218[10]
    • 初のソロアルバム。日本盤にはボーナス・トラックとして矢野顕子参加の「グリーン・ティー・ファーム」が収録されている。
    • 2010年11月17日 『プレイス・トゥー・ビー ツアー エディション』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-8014
  • 2011年3月16日ヴォイス』 ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-9015(CD + DVD 初回生産限定盤)、UCCT-1227(通常盤)[11]
    • 上原ひろみ THE TRIO PROJECT featuring Anthony Jackson & Simon Phillips名義
    • パーソネル Hiromi (p)・Simon Phillps (ds)・Anthony Jackson (b)
  • 2012年9月5日 『MOVE』(SHM-CD仕様)ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1240
    • 同日、「初回限定SHM-CD+DVD盤 (UCCT-9027)」、「SA-CD SHM仕様盤 (UCGT-9001)」発売
    • パーソネル:上原ひろみ:piano, keyboards / アンソニー・ジャクソン:contrabass guitar / サイモン・フィリップス:drums
  • 2014年5月21日 『ALIVE』(SHM-CD仕様)ユニバーサル・ミュージック・クラシック UCCT-1244
    • 同日、「初回限定SHM-CD+DVD盤 (UCCT-9029)」、「プラチナSHM (UCCT-40001)」発売
    • パーソネル:上原ひろみ:piano, keyboards / アンソニー・ジャクソン:contrabass guitar / サイモン・フィリップス:drums
  • 2016年2月3日『SPARK』
    • パーソネル:上原ひろみ:piano, keyboards / アンソニー・ジャクソン:contrabass guitar / サイモン・フィリップス:drums

コラボレーション[編集]

その他の参加作品[編集]

  • 2009年2月25日 関西テレビ開局50周年記念ドラマ『トライアングル』 サウンドトラック BMG JAPAN
    • テーマイメージ曲「フラッシュバック」を提供[13]
    • 國田大輔 (g)、田中 晋吾 (b)、坂東慧 (ds)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト

その他

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 内田光子 (2011年2月14日). “グラミー賞のスポットを浴びたクラシックス&ジャズの日本女性アーティスト”. BARKS. 2016年1月6日閲覧。
  2. ^ a b MySpace.com - Hiromi: アーティスト詳細: 「影響を受けた音楽」(2007年12月4日現在)より
  3. ^ 上原ひろみ. 上原 ひろみ へ“5”つの質問|ピアニスト・ラウンジPianist Lounge. (インタビュー). ヤマハ株式会社.. http://jp.yamaha.com/sp/products/musical-instruments/keyboards/pianist-lounge/now/006/question.html 2013年1月26日閲覧。 
  4. ^ 『第50回日本レコード大賞』大賞はEXILE「Ti Amo」 最優秀新人賞はジェロ”. Oricon Style. オリコン (2008年12月30日). 2015年2月14日閲覧。
  5. ^ グラミー賞受賞ピアニスト上原ひろみ、「シルクヱビス」CM曲を演奏! - CDJournalニュース”. 音楽出版社 (2011年2月21日). 2014年12月31日閲覧。
  6. ^ 上原ひろみ、日本人では秋吉敏子以来33年ぶり2人目の米ジャズ雑誌「ダウンビート」表紙に”. エキサイトニュース. Excite Japan (2013年3月5日). 2016年1月6日閲覧。
  7. ^ 上原ひろみ『ALIVE』、甲本ヒロト、メタリカが絶賛”. BARKS (2014年4月19日). 2016年1月6日閲覧。
  8. ^ ジャズピアニスト・上原ひろみが全米ジャズ総合チャート1位に 日本人では15年ぶり2人目の快挙
  9. ^ “世界的ピアニストが独創的な「きらきら星」で魅了”. Smartザテレビジョン. (2016年10月12日). http://thetv.jp/news_detail/89444/ 2016年10月17日閲覧。 
  10. ^ 「上原ひろみ:プレイス・トゥ・ビー - HIROMI:PLACE TO BE」(ユニバーサル・ミュージック)
  11. ^ 「上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト フィーチャリング・アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス - HIROMI:VOICE」(ユニバーサル・ミュージック)
  12. ^ 第53回グラミー賞を受賞している。
  13. ^ 小田和正&上原ひろみ「トライアングル」に新曲提供”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2009年1月6日). 2016年1月6日閲覧。