北園みなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北園みなみ
別名

M.Kitasono(2012 - 2014年) 北園みなみ(2014 - 2015) 山田晶造(2015 - 2018) 大沢建太郎(2018年 - 2021年)

MINAMI KITASONO(2021 -)
生誕 (1990-01-12) 1990年1月12日(31歳)
出身地 日本の旗長野県松本市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター作曲家編曲家
担当楽器 キーボードベース
活動期間 2012年 -
レーベル ポリスター( - 2017年
公式サイト http://minamikitasono.com/

北園 みなみ(現:MINAMI KITASONO)(きたその みなみ、1990年1月12日[1] - )は、日本ミュージシャンシンガーソングライター作曲家編曲家長野県松本市出身。2012年からM.Kitasonoとして活動を開始する。2014年に名義を北園みなみに変更。2017年10月31日まで株式会社ポリスターに所属していた。2018年12月26日 - 2021年1月10日は「大沢建太郎」名義で活動していた。2021年からは、活動名義をM.KItasonoの正式表記である「MINAMI KITASONO」としている。

人物[編集]

メディア露出に制限をかけており、現時点(2020年10月)では一切顔出しをしていない。

2018年2月21日、黒澤鷹輔(黒澤よう)、佐藤望と共にバンド・Orangeadeとして1stシングルをリリース。

2018年12月26日、Orangeadeの1stアルバム「Broccoli Here」のリリースを機に名前を大沢建太郎に変更[2]

2019年10月1日、Orangeadeの公式ホームページにおいて、著しい素行不良を理由にバンドを解雇されたことが発表された[3]

2021年1月10日、自身のツイッターにおいて、活動名をMINAMI KITASONOに変更することを発表した[4]

  • 管や弦のアレンジにこだわりも持つ。スコアは手書き派だが、ソフトに移行しつつある。
  • 最も得意とする楽器はエレキベースで、一時期はジャコ・パストリアスの採譜と完コピに努めた。
  • 音楽の嗜好は、23歳ごろからクラシックに移行し始め、最近はバロック期の多声音楽に傾倒する。
  • 座右の銘は、餅は餅屋(略すと餅々〈もちもち〉になるため)。
  • 好きな食べ物は、白米納豆銀杏サンマの煮物、他にインドカレー四川料理など。好き嫌いは殆ど無いが、例外は佃煮と、生のジャガイモ
  • 酒は飲める方だが、号泣、怪我、などをする頻度が増えてきたため、最初の一杯だけに留めることが多くなった。飲むときはワインを銘柄に拘り無く飲み続ける。
  • 元来、無病で太りにくい体質である。芸術や文学を広く浅く好み、小説は書いては放棄を繰り返している。

(以上、本人のホームページより)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2014年10月22日 promenade UVCA-3021 1stミニアルバム[5]
2015年7月15日 lumiere UVCA-3027 2ndミニアルバム[6]
2015年12月2日 Never Let Me Go UVCA-3033 3rdミニアルバム

アナログ盤[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2015年12月2日 ひさんなクリスマス UVAE-1002 7inchアナログ

Works[編集]

  • ファイザー CM「UUIを相談しよう」篇音楽
  • GUIRO 「アバウ(Pt.1)」ストリングス・アレンジ
  • Negicco 「クリームソーダ Love」マニピュレート、「楽園の余韻」編曲、「恋のEXPRESS TRAIN(あずさ ver.)」リアレンジ
  • KORGとのコラボ曲「On the Sunny Side Up Street」提供
  • 婦人倶楽部 「東京カラー」収録「FUJIN CLUB」 REMIX、「わたしお嫁に行くわ」編曲、「つるつる♨️スベスベ」(佐渡島温泉PRソング)編曲[7]
  • 花澤香菜 「Blue Avenue」収録「Nobody Knows」編曲、「Night And Day」ホーンアレンジ
  • まきちゃんぐ 「パンドラ」収録「パンドラの箱はオルゴール」編曲
  • THEATRE PRODUCTS 2015S/S COLLECTION イメージ音楽
  • Lamp 「A都市の秋」ストリングス&ブラス&コーラスアレンジ、「シンフォニー」「ため息の行方」ストリングス&ブラス・アレンジ
  • 井上水晶 「恋の終わり」「少女の行方」「Spicy Brownieの法則」アレンジ
  • 典雅 (企業) iroha FIT ウェブサイトBGM


脚注[編集]

外部リンク[編集]