Drop's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Drop's
出身地 日本の旗 日本 北海道
ジャンル ロック
ブルース
活動期間 2009年 -
レーベル カムイレコード
(2011年 - 2013年8月)
キングレコード/STANDING THERE, ROCKS(2013年9月 - )
公式サイト Drop's Official Site
メンバー 中野ミホ(ボーカルギター
荒谷朋美(ギター)
小田満美子(ベース
石橋わか乃(Keyboard)
石川ミナ子(ドラムス
旧メンバー 奥山レイカ(ドラムス

Drop'sは、日本の5人組ガールズバンド。ジャンルはブルースロック。所属レコードレーベルキングレコード内のロックレーベル「STANDING THERE ,ROCKS」。

概要[編集]

高校入学と同時に軽音楽部で出会った5人で結成。結成前はそれぞれギターピアノを弾いたりはしていたが、ちゃんとしたバンドを組むのはDrop'sが初めてだった。10代の少女たちが結成したにもかかわらず、ブルース、ロックンロールのスピリットを持ち、そのソウルフルなサウンドが多くの注目を集める。[1]

結成の経緯[編集]

高校の軽音楽部にはバンドを組んでいないと入部できなかったので、5人は共通の友達を介して集まった。バンドがやりたいというだけで、特にこういう音楽をやろうという話をしたわけでもなかった。メンバーを探しているときにボーカルが見つからなくて、ボーカルをやりたがっているらしいという噂の中野に声をかけた。その時中野が歌ったのがSuperflyの「愛をこめて花束を」だった[注 1]。そこから「Superflyのコピーをやろうか」という感じでバンドは始まった。[1]

メンバー[編集]

(参考:オフィシャルサイト・バイオグラフィー[2]

中野ミホ
ボーカルギター担当。
1993年11月12日うまれ(23歳)。
好きなもの:散歩、映画鑑賞、カマンベールチーズ、ねこ、喫茶店
嫌いなもの:きゅうり、すいか、虫、早起き
ブルースと昭和歌謡が好き[3]
小学校のときからエレクトーンを習い、そこで歌を歌ったりもしていた。ギターは中学のときに家にあった音楽好きの父のアコースティックギターを弾いていた程度。The BirthdayTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTがすごく好き。バンドではなんとなくブルースっぽいフィーリングの音楽がやりたかった。[1]
荒谷朋美
ギター担当。
1993年4月22日うまれ(24歳)。
好きなもの:機械いじり、マンガ、ヨーグルト、温泉
嫌いなもの:トマト、ネギ、虫、犬
小田満美子
ベース担当。
1993年8月22日うまれ(23歳)。
好きなもの:睡眠、ねこ、爬虫類
嫌いなもの:ナス、早起き
中学1年までピアノを習っていたが、それまでは音楽自体にあまり興味を持っていなかった。しかし、中学3年のときに初めて行った土屋アンナのライブを見て、「音楽やバンドって楽しそうだな」と思い、ベースがすごく格好良かったのでこのバンドでベースを始めた。[1]
石橋わか乃
キーボード担当。
1993年8月24日うまれ(23歳)。
好きなもの:カフェめぐり、お母さんの卵焼き、チョコレート
嫌いなもの:揚げ物、アイス、辛いもの、スポーツ、ホラー
松任谷由実が好き[3]
石川ミナ子
ドラムス担当。
1991年9月19日うまれ(25歳)。
2017年4月1日加入。

旧メンバー[編集]

奥山レイカ
ドラムス担当。
1994年3月1日うまれ(23歳)。
好きなもの:ウィンドウショッピング、トマト、納豆、料理
嫌いなもの:ブロッコリー、ハト、蛇、ホラー
左腕に腱鞘炎と神経脱臼を発症したため、2017年1月8日をもって脱退。

経歴[編集]

2009年
  • 同じ高校の軽音楽部に入部した新入生5人で「Drop's」を結成。
2010年
  • 高校2年の夏休み、初めて作ったオリジナル楽曲『泥んこベイビー』で高校生バンドコンテストに挑み、グランプリを獲得。
2011年
  • 7月、高校3年で1stミニアルバム『Drop's』をリリース。
  • 12月、ともに全国ツアーを敢行した同じ北海道在住のバンド爆弾ジョニーとスプリットシングル「SPLIT」をリリース。
2012年
  • 6月7日、tricot 小学生と行く!SPACE TOUR 2012 梅雨に出演。
  • 7月21日、北海道の夏フェスJOIN ALIVE 2012に出演。
  • 8月、東名阪ツアーを敢行。
  • 10月27日、夢チカLIVE VOL.81に出演。
2013年
  • 3月6日、2ndミニアルバム「LOOKING FOR」をリリース。発売後、全国8か所でのツアー『2013 TOUR「LOOKING FOR」』を敢行。
  • 3月21日・22日、爆弾ジョニーのイミナシ!TOUR2013 「我が人生にイミナシ!」に出演。
  • 4月5日、全国ツアーファイナルとなる地元札幌でのワンマンライブにて、キングレコードのロックレーベル“STANDINGTHERE, ROCKS” への所属を発表。
  • 4月28日、Niigata Rainbow ROCK Marketに出演。
  • 7月17日、タワーレコード限定シングル「太陽」リリース。
  • 7月、2度目となるJOIN ALIVE出演に加え、山口県の夏フェスWILD BUNCH FEST.にも初出演を果たす。
  • 9月1日、RADIO BERRY ベリテンライブ2013 ~HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2~に出演。
  • 9月4日、バンド初となるフルアルバム『DAWN SIGNALS』でメジャーデビュー[4]
  • 9月17日・24日・29日、タワーレコードショーケース・イベント、「NEW TOWER GENERATION 2013」に出演。
  • 10月5日、MEGA☆ROCKS 2013に出演。
  • 10月13日、MINAMI WHEEL 2013に出演。
  • 10月14日、DOES結成10周年企画第4弾「対バン10本勝負」に出演。
  • 11月9日、TOKYO BOOT UP! 2013に出演。
2014年
  • 3月、「DAWN SIGNALS」が第6回CDショップ大賞2014 北海道ブロック賞を受賞。
  • 3月15日、HAPPY JACK 2014に出演。
  • 3月22日、MUSIC CUBE 14に出演。
  • 4月29日、NAONのYAON 2014に出演。
  • 5月14日、バンド初となるEP「コール・ミー」をリリース。
  • 6月8日、SAKAE SP-RING 2014に出演。
  • 7月9日、メジャー2ndアルバム「HELLO」リリース。
  • 7月19日、3度目となるJOIN ALIVEに出演し、過去2回出演したステージと比べ約2倍のキャパのステージにオープニングアクトとして出演を果たす。
  • 8月から、アルバム「HELLO」を引っ提げての全国9箇所(うち3箇所はワンマン)を周るライブツアーを行う。
  • 8月23日、RockDaze! 2014 3×4×GOW!!に出演。
  • 10月4日、CONNECT 歌舞伎町Music Festival 2014に出演。
  • 10月12日、MINAMI WHEEL 2014に出演。
  • 10月18日、チリヌルヲワカ Presents ツーマンイベント「ヲワカとダレカ 北海道編 '14」に出演。
  • 11月24日、go!go!vanillas「Magic Number」Tour 2014に出演。
  • 12月3日、2ndEP「さらば青春」をリリース。
  • 12月27日、年末調整GIG 2014に出演。
  • 12月28日、大阪府で毎年年末に開催されているFM802 RADIO CRAZYに初出演。
2015年
  • 1月11日、No.1 SOUZOU-SEA NEW YEAR NIGHTに出演。
  • 3月7日、JAPAN'S NEXT vol.7に出演。
  • 3月13日から2ndEP「さらば青春」購入者限定ライブツアー「SHOW CASE LIVE TOUR」を札幌・大阪・東京で開催。
  • 3月15日、HAPPY JACK 2015に出演。
  • 3月21日、OTOEMON FESTA 2015に出演。
  • 3月22日、FX2015出演。
  • 3月28日、IMAIKE GO NOW 2015に出演。
  • 4月18日、音楽と人LIVE 2015 ローリング・サンダー・レビューに出演。
  • 4月22日、3rdEP「未来」をリリース。
  • 4月29日、COMIN'KOBE15に出演。
  • 6月6日、SAKAE SP-RING 2015に出演。
  • 6月27日、ミルク40周年+ミルクスタジオ35周年+ペニーレーン24 25周年+アキちゃん還暦 ザ感謝ライブ出演。
  • 7月4日、THE TON-UP MOTORS「Thank You!! Sweet Home "HOKKAIDO" tour」北見ONION HOLL公演に出演。
  • 7月22日、メジャー3rdアルバム「WINDOW」をリリース。
  • 8月8日、国内最大規模の夏フェスROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015に出演。
  • 8月14日、北海道の夏フェスRISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZOに出演。
  • 9月20日から、ワンマンツアー「View from WINDOW」を名古屋・東京・札幌で開催。
  • 10月11日、MINAMI WHEEL 2015に出演。
  • 10月15日・17日、a flood of circle「What's Going On Tour EXTRA! "HOKKAIDÖ RIDERS"」に出演。
2016年
  • 3月18日から,ライブツアー「Drop's 2016 TOUR MARCH WITH ME」を東京・名古屋・大阪・札幌で開催。
  • 4月30日、ARABAKI ROCK FEST.16に出演。
  • 5月25日、メジャー4thアルバム「DONUT」をリリース。
  • 5月25日から、4th FULL ALBUM「DONUT」発売記念インストアライブを名古屋・大阪・東京で開催。
  • 6月12日、自主企画イベント「ICECREAM THEATER3(空きっ腹にドーナツ)」を札幌で開催。
  • 6月25日から、ライブツアー「DONUT JOURNEY」を大阪・東京・名古屋で開催。
  • 7月17日、JOIN ALIVE2016に出演。
  • 8月12日、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZOにボーカルの中野ミホが出演。
  • 9月16日、初のライブアルバム「IN LIVE SOMEWHERE」をリリース。
  • 11月28日、腕の障害を理由に、2017年1月8日 地元である札幌でのライブを最後に、ドラマーである奥山レイカの脱退が発表される。あわせて、活動拠点を札幌から東京に移すことを発表。またJR東日本「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」CMのボーカルを中野ミホが担当したことを発表される。
2017年
  • 1月8日、奥山レイカのラストライブ、「SWEET JOURNEY BLUES」を札幌にて開催。
  • 3月27日、キーボードの石橋わか乃が4月2日のライブ以降、学業専念のため1年間の活動休止を発表する。
  • 4月1日、ドラムに石川ミナ子が加入。新体制ワンマンライブ「HELLO,NEW SEASON」を東京で開催。

ディスコグラフィー[編集]

インディーズ[編集]

  • Drop's (2011/7/20)- ミニアルバム
  1. 赤のブルーズ
  2. 泥んこベイビー
  3. エレクトリック・ブギー
  4. ダンス・ダンス・ブラックホール
  5. 雨粒と街
  6. ウォーキン
  7. コーク・エイジ
全楽曲:作詞・曲/中野ミホ
  • LOOKING FOR (2013/3/6) - ミニアルバム
  1. くだらないブルース
  2. トラッシュ・アウト
  3. 夜の迷路
  4. 真夜中の時限爆弾
  5. 黒いシャツ
  6. 赤い花

メジャー[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 規格 品番 備考
タワーレコード限定 2013年7月17日 太陽 CD NMAX-1152
1st 2014年5月14日 コール・ミー CD KICM-1518 オリコン110位
2nd 2014年12月3日 さらば青春 CD KICM-1559 オリコン110位
3rd 2015年4月22日 未来 CD KICM-1589 オリコン98位

アルバム[編集]

リリース日 タイトル 規格 品番 備考
1st 2013年9月4日 DAWN SIGNALS CD KICS-1962
NAS-2017-2018(数量限定アナログLP盤)
オリコン150位
2nd 2014年7月9日 HELLO CD KICS-3076(通常盤)
KICS-93076(初回限定盤)
NAS-2019-2020(数量限定アナログLP盤)
オリコン64位
3rd 2015年7月22日 WINDOW CD KIZC-321~2(CD+DVD)
NAS-2021-2022(数量限定アナログLP盤)
オリコン85位
4th 2016年5月25日 DONUT CD KICC-3386 オリコン68位

Liveアルバム[編集]

リリース日 タイトル 規格 品番 備考
1st 2016年9月16日 IN LIVE SOMEWHERE CD NKCD-6767 オリコン-位

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
沖崇信 トラッシュ・アウト
番場秀一 かもめのBaby」「コール・ミー」「太陽」「さらば青春」「未来」「ハイウェイ・クラブ
小澤雅人 月光

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ先
Purple My Ghost アニメ「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」第13話 配信版エンディングテーマ
どこかへ 映画『無伴奏』主題歌[5]
月光 映画『月光』主題歌[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 特にSuperflyのファンだったわけではなく、みんなが知ってる曲ということで選択した[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]