KENSO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KENSO
出身地 日本の旗 日本
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1974年 -
レーベル キングレコード
公式サイト KENSO OFFICIAL HOMEPAGE
メンバー 清水義央(ギター
小口健一(キーボードギター
光田健一 (キーボード)
三枝俊治 (ベース
小森 啓資 (ドラムス)

KENSOケンソー)は、清水義央(しみずよしひさ)を中心に結成された日本のプログレッシブ・ロックバンド

略歴について[編集]

  • 1974年、バンドのギタリスト兼リーダーとなる清水義央を中心にバンド「県相(けんそう)」が結成される。当時清水は神奈川県立相模原高等学校の2年生で、バンド名は学校の通称から取った[1]
  • 1980年、自主制作盤である1stアルバム、『KENSO』リリース。
  • 1985年キング・レコード傘下のネクサスより3rdアルバム『KENSO』(1stアルバムとは別物)でメジャー・デビュー。
  • 幾多のメンバーチェンジを経た後、1990年に当時芸大の作曲科の現役の学生だった光田健一が参加し、清水以下、光田健一(キーボード)、小口健一(キーボード)、三枝俊治(ベース)、村石雅行(ドラム)のラインナップが完成。翌1991年には5thアルバム『夢の丘』を完成させ、リリースする。同作はフランスでも発売された。
  • 2000年ロサンゼルスで行われたプログレッシブ・ロック・フェスティバル「PROGFEST」[2]に出演。
  • 2002年に7thアルバム『天鵞絨症綺譚(びろーどしょうきたん)』をリリース。
  • 2003年10月31日には、清水の出身校である神奈川県立相模原高等学校にて同校の創立40周年記念式典ライブを行う。
  • 2004年ドラムの村石に代わり、前年のライブにゲストとして参加していた小森啓資が加入。
  • 2005年ベツレヘムで行われたプログレッシブ・ロック・フェスティバル「NEARfest」[3]に出演。
  • 2006年に8thアルバム『うつろいゆくもの』をリリース。
  • 2014年には8年ぶりの新作となる9thアルバム『内ナル声ニ回帰セヨ』をリリース。

メンバーについて[編集]

  • 清水義央(しみずよしひさ):Gt.
「KENSO」の中心人物にしてリーダー。少年時代にロックの洗礼を受けギタリストを目指した。流麗さとハードさが構築的に同居するバンドの音楽性にもそのロック志向が色濃く反映されている。1974年昭和49年)にKENSOを結成して以来バンドを主導し続ける。ミュージシャンであると同時に神奈川県横浜市で開業している現役の歯科医でもあり、1990年平成2年)に大脳生理学で岡山大医学部の医学博士号を取得[4]している[1]
KENSOのコンサートは清水の本業の多忙さと他のメンバーが平行して行っている活動の合間を縫って行われており、そのキャリアに比して露出的な活動は少ない。2003年(平成15年)に東京・池袋で行われたローランドのイベントに出演した際には「午前中は診察があったもんで、、、」と忙しさをうかがわせた。
辛らつな毒舌が特徴で、サイトの日記上などでは他のアーティストに向けた歯に衣着せぬ暴言が飛び出すことは日常茶飯事であり、ライブにおいても同様である。上記のローランドのイベントでは自分がネクタイをしている事を冗談めかして「これは危険な発言をしないようにというローランドに対する忠誠の証としてつけてます!だからこれが外れたときは危ないですよ〜。」と自ら言っていた。
  • 小口健一(おぐちけんいち):Key.
現在のメンバーの中では清水を除いて最古参のメンバーで1983年(昭和58年)に加入。
  • 光田健一(みつだけんいち):Key.
現在のメンバーの中では最年少で、1990年(平成2年)に加入。加入当時はまだ東京芸大音楽学部作曲科の現役の学生であった。プログレッシブ・ロックバンドのメンバーとして名を連ねるが、ソロ活動ではポップな曲も手がけ、自らボーカルを取ることも多い。1998年(平成10年)より2001年(平成13年)までスターダストレビューに正式メンバーとして参加していた。
  • 三枝俊治(さえぐさしゅんじ):Ba.
1989年(平成元年)に「KENSO」に加入。2001年(平成13年)9月に、当時既にベーシストとしての職業を軌道に乗せていたにもかかわらず、「武者修行」と称してバークリー音楽大学に留学する。留学中は現地のミュージシャンと様々な交流を行い、ニューヨークカーネギー・ホールにて、バークリーストリングチェンバーオーケストラの一員として演奏を果たす。2004年(平成16年)12月に同校のジャズ作曲科(Jazz Composition Major)のプロフェッショナルディプロマ(Diploma Program)を首席卒業。
  • 小森啓資(こもりけいすけ):Dr.
現在のメンバーの中では一番新しく2004年(平成16年)に加入。Sence Of Wonder、野獣王国などで活躍。

過去に在籍した主なメンバーについて[編集]

  • 田中政行(Ba,Key)1stアルバム『KENSO』等に参加。
  • 矢島史郎(Flute)1stアルバム『KENSO』、2ndアルバム『KENSO II』等に参加(3rdにはゲストで)。
  • 山本治彦(Dr,Perc)1stアルバム『KENSO』〜4thアルバム『スパルタ』等に参加。KENSOと掛け持ちする形で、ポップス・バンドのLOOKにキーボード奏者として参加していた(「山本はるきち」名義)。
  • 牧内淳(Key)2ndアルバム」『KENSO II』等に参加(1st、3rdには、ゲストで)。
  • 松元公良(Ba)2ndアルバム『KENSO II』〜4thアルバム『スパルタ』等に参加。
  • 佐橋俊彦(Key)3rdアルバム『KENSO(3rd)』、4thアルバム『スパルタ』等に参加。現在、映画・ドラマ等の作曲家として活躍中。
  • 村石雅行(Dr)4thアルバム『スパルタ』以降バンドのドラマーをつとめ、『天鵞絨症綺譚』まで参加。2003年(平成15年)に脱退。

バンド名の由来について[編集]

  • もともとは「神奈川県立相模原高等学校」の略称である「県相」からとったものであるが、「喧騒」などの意味も含めるために表記は1stアルバムの発表時から「KENSO」と英語表記になっている。

「天鵞絨症」について[編集]

  • スタジオアルバムとしては7作目の『天鵞絨症綺譚』であるが、この「天鵞絨症(bombycosis)」とは精神病の一種で、症例が少ない奇病である。この病気の詳細については『天鵞絨症綺譚』のライナーノーツにてこう記されている。「白日夢、幻視体験を伴う顕著な性格偏向を示す疾患。その精神病理学的原因について、遺伝的要因が指摘されているが、特定にはいたっていない。(中略)主症状は幻視体験であり、幻聴は比較的少ない。しかしながら、自己像幻視/ドッペルケンガーを伴う著しい幻聴を生じた症例も2~3報告されている。(後略)」清水はこのアルバムの発売に当たって、自らのサイトで1989年(平成元年)に岡山大学医学部の研修生だった当時、学位論文を書くための文献検索の時に偶然この天鵞絨症の症状を目にし、どこか気になっていたことを告白している。

ディスコグラフィーについて[編集]

スタジオアルバム

ライヴアルバム

  • IN CONCERT (1986年)
  • LIVE '92 (1993年)
  • 空に光る~EARLY LIVE Vol. 1 (1994年)
  • 陰翳の笛~EARLY LIVE Vol. 2 (1995年)
  • ZAIYA LIVE (1996年)
  • IN THE WEST (1998年)
  • 謙遜愚素 (2000年)
  • PROGFEST 2000 (2003年) ※スーパーシスター、スポックス・ビアードらとのコンピレーション
  • ハレ紀 HA-RE-KI (2009年) ※DVD-オーディオ
  • AYR (2009年) ※DVD-オーディオ、兼ドキュメンタリー

映像作品

  • 秘匿性心象(VHS) 1983年から2000年までのライブ映像を収めたヒストリービデオ。未DVD化作品。
  • KENSO版プログレッシブロックの作り方(2008年

BOX

  • KENSO COMPLETE BOX(DVD付) (2012年) ※CD全スタジオアルバム8枚+IN CONCERT(2CD)+LIVE '92+ZAIYA LIVE+ボーナスCD(1枚)+ボーナスDVD(1枚)の豪華全14枚組

外部リンク[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「特集 歯科界 異能の達人たち ロックギタリスト 清水 義央」、『月刊歯科医療経済』第5巻第1号、医療経済出版東京都千代田区2015年1月15日、 21-23頁。
  2. ^ Exposé Online誌のprogfest2000におけるKENSOの記事。 http://expose.org/index.php/articles/display/progfest-2000
  3. ^ NEARfest 2005のKENSOのセットリスト。http://www.nearfest.com/pastlineups.asp?iBand=68
  4. ^ 岡山大学 医学博士 乙第2141号 Methylguanidineの発作発現機構に関する生理学的研究 1990-06-30