back number

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
back number
出身地 日本の旗 日本群馬県
ジャンル J-POPロックポップ・ロックオルタナティヴ・ロック
活動期間 2004年 -
レーベル ユニバーサルシグマ
事務所 イドエンターテインメント
公式サイト back number official site
メンバー 清水依与吏VoG
小島和也BaCho
栗原寿Dr
旧メンバー 齋藤真希夫(G)

back number(バックナンバー)は、日本のスリーピースロックバンド[1][2]。所属レコード会社ユニバーサルミュージック。2004年に結成[2]。2011年にメジャーデビュー。略称は「バクナン」[3]、「bn」、「bknb」などがあるが、そのままの名称で呼ばれることが多い。公式ファンクラブ名は「one room」[4]

メンバー[編集]

清水 依与吏(しみず いより、1984年7月9日 -、群馬県太田市出身)
ボーカルギター担当。全楽曲の作詞作曲を手掛ける。
小島 和也(こじま かずや、1984年5月16日 -、群馬県伊勢崎市出身)
ベースコーラス担当。2005年10月加入。
栗原 寿(くりはら ひさし、1985年7月24日 -、群馬県伊勢崎市出身)
ドラムス担当。元メンバーの斎藤とは以前同じバンドに所属していて2006年5月に加入した。

元メンバー[編集]

齋藤真希夫(さいとう まきお、群馬県伊勢崎市出身)
ギター、コーラス担当。2007年3月31日脱退。栗原とは以前同じバンドに所属していて2006年5月に加入していた。現在は消防士、救命救急士。

来歴[編集]

  • 2004年、群馬県にて清水を中心に結成[2]。バンド名は「付き合っていた女性をバンドマンにとられた。彼女にとって、振られた自分はback number(型遅れ)だから[5]」 という意味で清水によって付けられた。
  • 2004年11月、初のライブを伊勢崎DUSTBOWLにて行う。
  • 2005年3月に初代ベーシスト、7月に初代ドラマーが脱退。
  • 2005年10月、当時サポートメンバーだった小島が正式加入。
  • 2005年11月27日、初めての自主企画「SAMMY COLOR HEA KEAL BEER 2005」を開催。同時に初めてのデモCD『GIFT×LIFE』を発表。
  • 2006年5月、齋藤と栗原が加入。
  • 2006年11月26日、自主企画「えっ?これ3つで1000円ですか?!」を開催。同時に2ndデモCD『distance knock tender』を発表。
  • 2007年3月31日、自主企画「足痛い奴は帰れ2007」を開催。ギターの齋藤が抜けて現在のメンバーになる。
  • 2007年11月、FM群馬主催の「ROCKERS2007」にて100組以上のバンドの中から準ベストロッカーズ受賞[6]
  • 2007年11月24日、初めてのワンマン「ひとりでできるもん’07」を前橋DYVERにて開催。会場を満員御礼で大成功をおさめ幕を閉じる。同時に3rdデモCD『then fish』を発表。
  • 2008年4月、FMTAROにて冠番組である「back numberのpizza small world!!」が放送開始[6](2014年3月に放送終了)。
  • 2008年6月、audioleefにて行われた「湘南音祭 オープニングアクト・オーディション」にて500組の応募の中から出場権を獲得し、大型野外フェス「湘南音祭 Vol.2」に出演[6]
  • 2009年2月18日、ミニアルバム『逃した魚』をリリース[6]
  • 2010年6月2日、アルバム『あとのまつり』をリリース[6]
  • 2011年4月6日、シングル「はなびら」でメジャーデビュー[6]
  • 2013年9月7日、初の日本武道館でのワンマンライブ「back number live at 日本武道館 -stay with us-」を開催。
  • 2014年4月より、ニッポン放送オールナイトニッポン」火曜日のレギュラーパーソナリティに抜擢[7]
  • 2014年9月14日、横浜アリーナにて、初のアリーナ公演「love stories tour 2014 ~横浜ラブストーリー2~」を開催。
  • 2015年12月15日、5thアルバム「シャンデリア」が初のオリコンチャート1位を獲得した。
  • 2016年12月28日、自身初のオールタイム・ベストアルバム「アンコール」を発売。
  • 2017年2月25日より、アルバム「アンコール」を引っ提げての全国アリーナツアー「All Our Yesterdays Tour 2017」を開催[8][9]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位 初収録アルバム
1st 2011年4月6日 はなびら UMCK-5319 45位 スーパースター
2nd 2011年6月22日 花束 UMCK-5331 18位
3rd 2011年10月5日 思い出せなくなるその日まで UMCK-5346 24位
4th 2012年3月7日 UMCK-5364 24位 blues
5th 2012年5月30日 日曜日 UMCK-5383 24位
6th 2012年7月18日 わたがし UMCK-5392 14位
7th 2012年11月7日 青い春 UMCK-5412 14位
8th 2013年6月26日 高嶺の花子さん UMCK-9623(初回限定盤)
UMCK-5434(通常盤)
11位 ラブストーリー
9th 2014年2月5日 fish UMCK-9656(初回限定盤)
UMCK-5458(通常盤)
4位
10th 2014年3月19日 繋いだ手から UMCK-9660(初回限定盤)
UMCK-5461(通常盤)
9位
11th 2015年1月21日 ヒロイン UMCK-9718(初回限定盤)
UMCK-5556(通常盤)
6位 シャンデリア
12th 2015年5月27日 SISTER UMCK-9738(初回限定盤)
UMCK-5572(通常盤)
9位
13th 2015年8月12日 手紙 UMCK-9763 4位
14th 2015年11月18日 クリスマスソング UMCK-9775(初回限定盤)
UMCK-5585(通常盤)
2位
15th 2016年5月25日 僕の名前を UMCK-9837(初回限定盤)
UMCK-5599(通常盤)
6位 アンコール
配信限定 2016年8月1日 黒い猫の歌 - -
16th 2016年11月16日 ハッピーエンド UMCK-9878(初回限定盤)
UMCK-5616(通常盤)
3位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考
インディーズ
Mini 2009年2月18日 逃した魚 IDSM-001 132位
1st 2010年6月2日 あとのまつり IDSM-005 55位
メジャー
2nd 2011年10月26日 スーパースター UMCK-1405 4位
3rd 2012年11月21日 blues UMCK-9565(初回限定盤)
UMCK-1434(通常盤)
7位
4th 2014年3月26日 ラブストーリー UMCK-9661(初回限定盤A)
UMCK-9662(初回限定盤B)
UMCK-1475(通常盤)
2位 初回限定盤Aは、2015年7月に復刻予約限定販売された。
5th 2015年12月9日 シャンデリア UMCK-9785(初回限定盤A)
UMCK-9786(初回限定盤B)
UMCK-1528(通常盤)
1位
Best 2016年12月28日 アンコール UMCK-9885(初回限定盤A [CD2枚組+Blu-ray+フォトブック)
UMCK-9886(初回限定盤A [CD2枚組+DVD+フォトブック] )
UMCK-9887(初回限定盤B [CD2枚組+Blu-ray] )
UMCK-9888(初回限定盤B [CD2枚組+DVD] )
UMCK-1560/1(通常盤)
2位 初のオールタイム・ベストアルバム

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
1st 2015年2月25日 “love stories tour 2014〜横浜ラブストーリー2〜” UMBK-9287(初回限定盤)
UMBK-1218(通常盤)
3位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番
2008年1月23日 吉祥寺ROCK RUSH

全15曲

  1. アン・ドゥ・トロア / 壱眼
  2. 青い青の前-。 / KaRato
  3. Bite the hand / Spin Out Jenny
  4. エンドロール / CHERRY NADE 169
  5. 欠片 / Call it Jesus
  6. slow / back number
  7. Smoky / the star spangled burner
  8. 傘おじさん / 七つ森
  9. 愛のホイミ / FOOMOON
  10. 漫画喫茶のサラリーマン / 新白河みのる
  11. ラヴエゴイスト / THE LED SNAIL
  12. 楽園の朝 / &seico
  13. 心音 / Dog on Backseat
  14. Bright / LOOP
  15. セプテンバー / フジサンズ
CJR-001
2009年2月14日 Melodizm

全11曲

  1. Merry go round / URCHIN FARM
  2. 灯源 / LACCO TOWER
  3. FORM of LIGHT / Dirty Old Men
  4. Message / chickenrace
  5. ルーティーン / DOOKIE FESTA
  6. Goodbye yesterday / UNDER LIFE
  7. then / back number
  8. I'm sure / chaqq
  9. 6月の雨 二人のドラマ / Lead-off Hitter
  10. Destiny / JANGA69
  11. 秘密のサイン / Fee
EFMD-0001
2010年1月8日 2010年1月20日 Shibuya O-WEST INVITATION CD

全6曲

  1. 西藤公園(acoustic live ver.)/ back number
  2. 重なり(band live ver.)/ back number
  3. エガオ+strings / My Autumn Rain
  4. water(studio live)/ My Autumn Rain
  5. KOI(Live At K'S DREAM)/ LISTEN UP
  6. 泣き星(Live At K'S DREAM)/ LISTEN UP
MLB-2010
2011年12月21日 アイのうた4

全15曲

  1. 花唄 / GReeeeN
  2. ベイビー・アイラブユー / TEE
  3. / FUNKY MONKEY BABYS
  4. 花束 / back number
  5. 若者のすべて / フジファブリック
  6. ずっと。 / 青山テルマ
  7. 声を聞かせて / BENI
  8. ルーズリーフ / Hilcrhyme
  9. 片想い / KGJAMOSA
  10. どうして好きなんだろう feat. Mai.K / NERDHEAD
  11. I loved you feat.HIROKO / WISE
  12. ぼくのとなりにいてくれませんか? / C&K
  13. おまえに。 / ハジ→
  14. アンマー / かりゆし58
  15. イット・ダズント・ストップ / Maia Hirasawa
UICZ-8094
2012年12月5日 アイのうた5

全15曲

  1. 恋文〜ラブレター〜 / GReeeeN
  2. ベイビー・アイラブユー (love with シェネル) / TEE
  3. LOVE SONG / FUNKY MONKEY BABYS
  4. ライオン / 遊助
  5. / Hilcrhyme
  6. ずっと君と… / INFINITY16 welcomez TEE & hiroko from mihimaru GT
  7. ボクでいいよね~愛のうた~ feat.LGMonkees / LGYankees
  8. 38℃ / KINGRASS HOPPERS
  9. ずっと。 / ハジ→
  10. 君じゃなきゃ / KG安田奈央
  11. 思い出せなくなるその日まで / back number
  12. 初恋に捧ぐ / 初恋の嵐
  13. キミへ / Brand New Vibe
  14. 家族 / Jam9
  15. ラララ~愛のうた~ / MINMI
UICZ-8106
2013年2月28日 スプリングハズカム スプリングハズカム
2014年4月16日 島田印 -島田昌典ワークス・ヒットコレクション-

全13曲

  1. SAKURA / いきものがかり
  2. あとひとつ / FUNKY MONKEY BABYS
  3. グッバイ・アイザック / 秦基博
  4. YOU -Single Version- / JUJU
  5. 花束 / back number
  6. 歓びの種 / YUKI
  7. ツバサ / アンダーグラフ
  8. ギブス / JUJU
  9. 春夏秋冬 / スガシカオ
  10. フルール / 近藤晃央
  11. 遠い匂い / YO-KING
  12. 帰りたくなったよ / いきものがかり
  13. 朝が来る前に / 秦基博
BVCL-588
2014年7月15日 忘れられぬミュージック 忘れられぬミュージック

タイアップ一覧[編集]

曲名 タイアップ
花束
平日のブルース
日曜日
わたがし
  • TBS系『COUNT DOWN TV』2012年7月度オープニングテーマ
青い春
笑顔
繋いだ手から
  • JTB「JTBプレミアム」CMソング
電車の窓から
ヒロイン
泡と羊
  • サンスター「トニックシャンプーキャンペーン」キャンペーンソング
SISTER
手紙
クリスマスソング
僕の名前を
黒い猫の歌
ハッピーエンド

ライブツアー[編集]

全箇所ワンマン公演である。

日程 タイトル 公演会場
2011年12月6日〜12月22日 スーパーツアー2011 全国4ヶ所4公演
  • 12月06日 名古屋 ell Fits ALL
  • 12月08日 心斎橋 MUSE
  • 12月17日 東京 TSUTAYA O-EAST
  • 12月22日 福岡 DRUM Be-1
2012年3月16日〜4月30日 恋は盲目ツアー2012 全国12ヶ所12公演
  • 3月16日 札幌 KRAPS HALL
  • 3月18日 仙台 HooK
  • 3月30日 福岡 DRUM LOGOS
  • 4月01日 名古屋 CLUB QUATTRO
  • 4月04日 群馬 CLUB FLEEZ
  • 4月07日 広島 ナミキジャンクション
  • 4月13日 大阪 AKASO
  • 4月15日 高松 DIME
  • 4月19日 福島 CLUB #9
  • 4月21日 新潟 CLUB RIVERST
  • 4月27日 東京 SHIBUYA-AX
  • 4月30日 東京 渋谷公会堂(追加公演)
2013年1月14日〜3月30日 back to the blues tour 2013 全国17ヶ所19公演
  • 1月14日 千葉 LOOK
  • 1月15日 水戸 LIGHT HOUSE
  • 1月17日 仙台 Rensa
  • 1月20日 札幌 PENNY LANE 24
  • 1月26日 新潟 LOTS
  • 1月27日 富山 SOUL POWER
  • 1月31日 鹿児島 CAPARVO HALL
  • 2月01日 熊本 DRUM Be-9 V1
  • 2月03日 岡山 IMAGE
  • 2月05日 広島 CLUB QUATTRO
  • 2月07日 高知 X-pt.
  • 2月09日 高松 Olive Hall
  • 2月14日 群馬 club FLEEZ
  • 3月01日 福岡 国際会議場 メインホール
  • 3月03日 愛知 名古屋市公会堂 大ホール
  • 3月08日 大阪 NHK大阪ホール(追加公演)
  • 3月09日 大阪 NHK大阪ホール
  • 3月29日~30日 東京 渋谷公会堂
2014年5月14日〜9月23日 love stories tour 2014 全国22ヶ所24公演
  • 5月14日 群馬 太田市新田文化会館 エアリスホール
  • 5月16日 群馬 伊勢崎市文化会館
  • 5月18日 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
  • 5月23日 鹿児島 鹿児島県文化センター 宝山ホール
  • 5月25日 福岡 福岡サンパレス
  • 5月31日 岡山 岡山市民会館
  • 6月01日 広島 上野学園ホール
  • 6月06日 静岡 アクトシティ浜松 大ホール
  • 6月08日 兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
  • 6月14日 北海道 札幌市民ホール
  • 6月20日 新潟 新潟県民会館
  • 6月21日 石川 本多の森ホール
  • 6月28日 宮城 東京エレクトロンホール宮城
  • 6月29日 岩手 盛岡市民文化ホール 大ホール
  • 7月04日~05日 大阪 オリックス劇場
  • 7月13日 愛媛 松山市民会館 大ホール
  • 7月15日 香川 サンポートホール高松 大ホール
  • 7月19日 愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール
  • 7月23日 東京 中野サンプラザホール
  • 7月25日 東京 NHKホール
  • 9月14日~15日 神奈川 横浜アリーナ(追加公演)
  • 9月23日 大阪 大阪城ホール(追加公演)
2015年3月25日〜6月7日 アーバンライブツアー2015 全国10ヶ所16公演
  • 3月25日~26日 新潟 LOTS
  • 3月31日~4月01日 仙台 Rensa
  • 4月03日 北海道 Zepp Sapporo
  • 4月08日~09日 愛知 Zepp Nagoya
  • 4月13日~14日 大阪 Zepp Namba
  • 4月17日 広島 BLUE LIVE
  • 4月19日 福岡 Zepp Fukuoka
  • 4月23日~24日 東京 Zepp Tokyo
  • 4月29日 沖縄 桜坂セントラル
  • 6月06日~07日 千葉 幕張メッセイベントホール(追加公演)
2016年1月24日〜7月24日 back number tour 2016 "ミラーボールとシャンデリア" 全国32ヶ所39公演

ホール公演

  • 1月24日 千葉 市川市文化会館 大ホール
  • 1月28日 東京 たましんRISURUホール
  • 2月04日 大分 iichikoグランシアタ
  • 2月06日 宮崎 宮崎市民文化ホール
  • 2月11日 奈良 なら100年会館
  • 2月12日 三重 四日市市文化会館第一ホール
  • 2月19日 広島 上野学園ホール
  • 2月21日 岡山 岡山市民会館
  • 2月25日 神奈川 神奈川県民ホール
  • 2月28日 茨城 茨城県立県民文化センター
  • 3月03日 北海道 ニトリ文化ホール
  • 3月04日 北海道 旭川市民文化会館 大ホール
  • 3月12日 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
  • 3月13日 京都 ロームシアター京都
  • 3月20日 新潟 新潟県民会館
  • 3月21日 富山 富山オーバード・ホール
  • 3月25日 静岡 静岡市民文化会館大ホール
  • 4月01日 愛媛 松山市民会館 大ホール
  • 4月03日 香川 アルファあなぶきホール 大ホール
  • 4月08日 福島 郡山市民文化センター 大ホール
  • 4月09日 長野 ホクト文化ホール
  • 4月15日 宮城 仙台サンプラザホール
  • 4月17日 青森 リンクステーションホール青森
  • 4月23日~24日 沖縄 ナムラホール
  • 4月27日 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール(3月27日の振替公演)
  • 4月29日 群馬 ベイシア文化ホール 大ホール(追加公演)

アリーナ公演

  • 6月04日~05日 愛知 日本ガイシホール
  • 6月18日~19日 千葉 幕張メッセ国際展示場 9~11ホール
  • 6月29日~30日 大阪 大阪城ホール
  • 7月09日 福岡 マリンメッセ福岡
  • 7月10日 福岡 マリンメッセ福岡(追加公演)
  • 7月14日~15日 東京 日本武道館(追加公演)
  • 7月23日~24日 群馬 ヤマダグリーンドーム前橋
2017年2月25日〜6月11日 back number "All Our Yesterdays Tour 2017" 全国15ヶ所30公演
  • 2月25日~26日 千葉 幕張メッセ国際展示場 幕張イベントホール
  • 3月03日~04日 大阪 大阪城ホール
  • 3月11日~12日 福井 サンドーム福井
  • 3月18日~19日 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
  • 4月01日~02日 愛媛 愛媛県武道館
  • 4月08日~09日 神奈川 横浜アリーナ
  • 4月15日~16日 兵庫 神戸ワールド記念ホール
  • 4月22日~23日 福岡 マリンメッセ福岡
  • 4月29日~30日 新潟 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター
  • 5月05日~06日 静岡 静岡エコパアリーナ
  • 5月12日~13日 北海道 北海道立総合体育センター北海きたえーる
  • 5月17日~18日 愛知 日本ガイシホール
  • 5月27日~28日 広島 広島グリーンアリーナ
  • 6月03日~04日 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
  • 6月10日~11日 沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟

出演[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

短編映画『世田谷ラブストーリー』[編集]

ラブストーリー』の収録曲「世田谷ラブストーリー」の詞・メロディーから、行定勲が脚本を製作し、2015年1月6日にYouTubeで公開された。[1]

ショートムービー『出発×泡と羊』[編集]

「back number×SUNSTAR TONICコラボキャンペーン」のタイアップ楽曲「泡と羊」の詞・メロディーから、福田雄一が脚本を制作し、2015年3月31日にYouTubeで公開された。[2]

短編映画『花束 feat. LITHIUM FEMME』[編集]

ファッションブランド「LITHIUM HOMME」のLady'sライン「LITHIUM FEMME」が、2015年秋冬に迎える同ブランドの10周年を記­念してコラボレーション。
花束」の詞・メロディーから、平松剛が脚本を制作し、山口保幸が監督を務め、2015年4月20日にYouTubeで公開された。[3]

受賞[編集]

  • ROCKERS2007・準ベストロッカーズ(2007年)
  • 第4回CDショップ大賞・入賞「スーパースター」(2012年)
  • 第5回CDショップ大賞・入賞「blues」(2013年)
  • 第7回CDショップ大賞・入賞「ラブストーリー」(2015年)
  • 第87回ドラマアカデミー賞「クリスマスソング」(2016年)
  • 第58回日本レコード大賞・優秀アルバム賞「シャンデリア」(2016年)
  • DAM年間カラオケリクエストランキング・1位(2016年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ back numberが「SONGS」に初登場! 彼らの原点から魅力に迫る”. シネマカフェ (cinemacafe.net) (2016年12月21日). 2017年2月25日閲覧。
  2. ^ a b c back number「日曜日」インタビュー (川倉由起子)”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2012年5月30日). 2017年2月25日閲覧。
  3. ^ 来週「Mステ」にグリーンボーイズ、B'z稲葉ユニット、キンキ、西野カナ、バクナン、舞祭組”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年1月13日). 2017年2月26日閲覧。
  4. ^ back number、FC限定ライブで初の電子チケット導入”. BARKS (Japan Music Network lnc.) (2016年6月15日). 2017年2月26日閲覧。
  5. ^ シリーズ人 - 朝日ぐんま、2013年5月24日
  6. ^ a b c d e f back numberのプロフィール・ヒストリー - オリコン芸能人事典-ORICON STYLE
  7. ^ 「いつもの僕らで」back numberがANN新レギュラーに - ナタリー、2014年3月7日
  8. ^ 「愛してるぞー!」back number、幕張でツアー開幕”. 音楽ナタリー (ナターシャ) (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  9. ^ back number、アリーナツアー開幕。“高嶺の花子さん”などベスト盤収録曲を披露”. rockin'on RO69 (アールオーロック) (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  10. ^ “back number、5/27発売シングルがポカリのCM曲に。「いつか作ってみたかった」”. Ro69. (2015年3月31日). http://ro69.jp/news/detail/121479 2015年3月31日閲覧。 
  11. ^ “back numberが「ルドルフとイッパイアッテナ」主題歌を書き下ろし”. 映画ナタリー. (2016年6月15日). http://natalie.mu/eiga/news/190924 2016年6月15日閲覧。 
  12. ^ “福士蒼汰×小松菜奈「ぼく明日」主題歌はback numberの新曲「ハッピーエンド」”. 映画ナタリー. (2016年10月13日). http://natalie.mu/eiga/news/205185 2016年10月13日閲覧。 
  13. ^ “back number×行定勲の短編映画の映像解禁&初のライヴ映像作品リリース”. Ro69. (2015年1月7日). http://ro69.jp/news/detail/116511 2015年1月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]