中島歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかじま あゆむ
中島 歩
中島 歩
第30回 東京国際映画祭(2017年)
本名 同じ
生年月日 (1988-10-07) 1988年10月7日(33歳)
出生地 日本の旗 日本宮城県
身長 184 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台映画TVドラマ
活動期間 2013年 -
事務所 テンカラット
公式サイト TEN CARAT 中島歩
主な作品
舞台
黒蜥蜴
愛の眼鏡は色ガラス
BENT
テレビドラマ
花子とアン
植木等とのぼせもん
映画
グッド・ストライプス
サタデー・フィクション
偶然と想像
愛なのに
 
受賞
第7回TAMA映画賞
最優秀新進男優賞
『グッド・ストライプス』(2015年)
第35回高崎映画祭
最優秀助演俳優賞
『いとみち』『偶然と想像』(2021年)
テンプレートを表示

中島 歩(なかじま あゆむ、1988年10月7日 - )は、日本俳優宮城県出身。テンカラット所属。

略歴[編集]

明治時代の小説家・国木田独歩玄孫にあたり[1]、両親が付けた名前の「歩」は独歩に由来する[2]。宮城県生まれ、東京都育ち[3]

東京都立小石川高等学校[4]日本大学藝術学部文芸学科卒業[5]。中学までサッカー、高校はバレー部で、大学では落語研究会に所属した[6]。役者を目指す足掛かりとして大学在学中にモデルを始める。モデル時代はギグマネジメントジャパンに所属していた。2012年1月にモデルをやめ、アルバイトをしながらオーディションを受ける。美輪明宏主演の舞台『黒蜥蜴』のオーディションで200名の中から雨宮潤一役に選ばれ、2013年4月、同舞台で俳優デビューした。

2014年上半期に放送された連続テレビ小説花子とアン』で仲間由紀恵演じる蓮子の駆け落ち相手・宮本龍一役でTVドラマ初レギュラーとなる。2015年5月公開の初主演映画『グッド・ストライプス』で第7回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞。

2019年第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に選出された『サタデー・フィクション[7]で初の海外作品出演。2021年、出演作『偶然と想像』が第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した[8]

2021年11月からアジアを中心に公開された香港映画・『梅艷芳ANITA』に出演(日本劇場未公開。2022年4月からDisney+でディレクターズカット版が日本配信[9])。2022年、『いとみち』『偶然と想像』で第35回高崎映画祭最優秀助演俳優賞を受賞。

人物[編集]

中学校と高校の国語の教員免許を持っている。趣味は落語・釣り・ギター・写真。空手初段。

出演[編集]

ドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

オーディオドラマ[編集]

  • BATMAN 葬られた真実(2022年、Spotify) - ハーベスター 役[15]

映画[編集]

舞台[編集]

TV番組[編集]

配信ドラマ[編集]

  • Webドラマ「恋を落とす」(2018年4月26日 - 5月24日、全5話、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス[33]
  • CM・横浜三菱地所周年記念ショートフィルム「4つのお祝い」(2018年6月 - 12月、監督:沖田修一)
  • 映画・浅草キッド(2021年12月9日 - 、Netflix[34] - 井上 役

ミュージックビデオ[編集]

  • back number・LITHIUM FEMMEコラボレーション短編映画「花束 feat. LITHIUM FEMME」(2015年4月)
  • ザ・プーチンズ「恋愛契約書」(2015年6月)
  • 平井堅#302」(2019年12月)
  • YeYe「暮らし」(2020年1月)

受賞歴[編集]

  • 2015年 - 第7回TAMA映画賞最優秀新進男優賞(『グッド・ストライプス』)[35]
  • 2022年 - 第35回 高崎映画祭最優秀助演俳優賞(『いとみち』『偶然と想像』)[36]

脚注[編集]

  1. ^ 【花子とアン】仲間由紀恵の相手役・中島歩は国木田独歩の玄孫だった|ORICON STYLE
  2. ^ TVガイドPERSON VOL.22、p.73(2014年6月9日)
  3. ^ 朝日新聞|オトコの別腹
  4. ^ 高田文夫のラジオビバリー昼ズ ニッポン放送 2016年12月5日放送
  5. ^ +actインタビュー
  6. ^ +actインタビュー
  7. ^ オダギリジョー&中島歩、中国の名匠ロウ・イエ監督のスパイ映画に参加へ cinemacafe.net
  8. ^ 濱口竜介「偶然と想像」ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞、審査員グランプリに
  9. ^ 香港トップスター、故アニタ・ムイの伝記映画に新映像追加「アニタ:ディレクターズカット」配信
  10. ^ “大河ドラマ「青天を衝け」に磯村勇斗、深川麻衣、中島歩、板垣李光人ら17名出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年1月26日). https://natalie.mu/eiga/news/413849 2021年1月26日閲覧。 
  11. ^ 「岸辺露伴は動かない」キャストメッセージ&シーン写真公開!そしてアニメ放送や特別展開催情報も!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2021年12月3日). 2021年12月30日閲覧。
  12. ^ “池松壮亮が名探偵・金田一耕助演じるドラマ放送、板谷由夏や芋生悠も参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年2月20日). https://natalie.mu/eiga/news/466313 2022年2月20日閲覧。 
  13. ^ WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい” (日本語). WOWOW. 2022年1月19日閲覧。
  14. ^ 与田祐希『量産型リコ』共演キャスト一挙発表 藤井夏恋&田中要次ら9人”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年5月23日). 2022年5月23日閲覧。
  15. ^ 大谷亮平、中島美嘉、岩田剛典、松井玲奈らがバットマンほかキャラクター演じる音声コンテンツ『BATMAN 葬られた真実』、Spotifyにて世界独占配信スタート”. SCREEN ONLINE. 近代映画社 (2022年5月3日). 2022年5月6日閲覧。
  16. ^ “菊池亜希子「グッド・ストライプス」でリアルな結婚事情に迫る!中島歩とダブル主演”. 映画.com. (2014年11月5日). http://eiga.com/news/20141105/2/ 2014年11月5日閲覧。 
  17. ^ 第30回東京国際映画祭
  18. ^ 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』三宅島短編映画公開!
  19. ^ 日本映画界の"新しい波=SHINPA(シンパ)"による新シリーズ『SHINPA the Satellite』、二宮健の全作品をLOFT9にて上映!
  20. ^ “中村倫也「水曜日が消えた」に石橋菜津美、深川麻衣、きたろう、中島歩、休日課長”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月29日). https://natalie.mu/eiga/news/364864 
  21. ^ 大泉洋(主演)×柳楽優弥で贈るNetflix映画『浅草キッド』に門脇麦、ナイツの土屋伸之、鈴木保奈美ら出演! - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)” (日本語). screenonline.jp. 2021年12月16日閲覧。
  22. ^ 濱口竜介監督の新作映画『偶然と想像』が『ベルリン国際映画祭』に正式出品
  23. ^ 日本人歌手熱愛の真相も!?香港歌姫の生涯を描く『アニタ』日本初上映 大阪アジアン映画祭
  24. ^ 城定秀夫監督&今泉力哉脚本『愛なのに』2022年初春公開決定!ポスター&キャスト解禁!
  25. ^ 松井玲奈×中島歩で島本理生「よだかの片想い」映画化! 監督は安川有果
  26. ^ ETERNAL CHIKAMATSU|梅田芸術劇場
  27. ^ BENT ベント| PARCO STAGE
  28. ^ 「牡丹灯籠」などの名作落語を演劇に!中島歩×埜本幸良×スズキ拓朗 舞台「怪談」が9月に上演
  29. ^ 斜交(しゃっこう)〜昭和40年のクロスロード|水戸芸術館ACM劇場プロデュース
  30. ^ 「灼熱の巴里」本日開幕、山内ケンジ「要するに面白いです」
  31. ^ 秋之桜子×高橋正徳が大正の文学青年描く、流山児★事務所「赤玉★GANGAN」
  32. ^ 舞台『この声をきみに〜もう一つの物語〜』
  33. ^ 深川麻衣さん初主演Webドラマ、「恋を落とす」配信スタート
  34. ^ 『浅草キッド』新映像解禁、柳楽優弥とビートたけしは「孤高な感じが通ずる」”. ドワンゴジェイピーnews. 2021年12月7日閲覧。
  35. ^ 第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM
  36. ^ 受賞者・受賞作品 – 第35回 高崎映画祭

関連項目[編集]

外部リンク[編集]