瞬間的シックスセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瞬間的シックスセンス
あいみょんスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル unBORDE / WARNER MUSIC JAPAN
WPCL-12996
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン[1]
  • 週間2位(Billboard Japan Hot Albums
  • 2019年2月度月間3位(オリコン)
  • 2019年3月度月間11位(オリコン)
  • 2019年4月度月間22位(オリコン)
  • 2019年5月度月間26位(オリコン)
  • 登場回数17回(更新中)(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD、日本レコード協会[2]
  • あいみょん アルバム 年表
    青春のエキサイトメント
    2017年
    瞬間的シックスセンス
    (2019年)
    EANコード
    EAN 4943674292493
    『瞬間的シックスセンス』収録のシングル
    1. 満月の夜なら
      リリース: 2018年4月25日
    2. マリーゴールド
      リリース: 2018年8月8日
    3. 今夜このまま
      リリース: 2018年11月14日
    ミュージックビデオ
    「満月の夜なら」 - YouTube
    「マリーゴールド」 - YouTube
    「夢追いベンガル」 - YouTube
    「今夜このまま」 - YouTube
    「GOOD NIGHT BABY」 - YouTube
    テンプレートを表示
    映像外部リンク
    あいみょん - 瞬間的シックスセンス【very short teaser】
    あいみょん「恋をしたから」Studio Recording Scene
    映画『あした世界が終わるとしても』予告編(主題歌Ver.)

    瞬間的シックスセンス」(しゅんかんてきシックスセンス)は、シンガーソングライターあいみょんのメジャー2ndフルアルバムワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル「unBORDE」から2019年2月13日に発売された。

    解説[編集]

    前作『青春のエキサイトメント』から約1年5ヶ月ぶりのリリース。2018年12月17日Zepp Tokyoで開催された「AIMYON TOUR 2018 -HONEY LADY BABY-」の千秋楽で本作のリリースが発表された。アートワークはとんだ林蘭が担当[3]

    タイトルの「瞬間的シックスセンス」は、アルバム制作より前に決まっており、「2018年は瞬間瞬間がとても大事で、迷ってる暇がない状況にいたから、感覚で行くしかないという気持ちでいた。」「“芸術は第六感が大事”というのも思っていて、もの作りに関しては自分の第六感が働いてる気がした。」と語っている[4]

    本作には、シングル3枚のタイトル曲や、オリジナル長編アニメーション『あした世界が終わるとしても』の挿入歌および主題歌として書き下ろされた「ら、のはなし」と「あした世界が終わるとしても」などを含む全12曲を収録。サウンドプロデューサーには、田中ユウスケagehasprings)、関口シンゴOvall)などが参加している。

    「あいみょんonline store限定盤」「HMV・Loppi限定盤」「CD」の3形態でリリースされ、「あいみょんonline store限定盤」には「AIMYON TOUR 2018 -HONEY LADY BABY-」のフォトブック、「HMV・Loppi限定盤」にはオリジナルTシャツが特典として付属しており、「CD」はスリーブケース仕様となっている[3]

    収録曲[編集]

    CD
    全作詞・作曲: あいみょん。
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
    1.満月の夜ならあいみょんあいみょん近藤隆史、立崎優介
    田中ユウスケ
    2.マリーゴールドあいみょんあいみょん立崎優介
    田中ユウスケ
    3.「ら、のはなし」あいみょんあいみょんトオミヨウ
    4.「二人だけの国」あいみょんあいみょん関口シンゴ
    5.「プレゼント」あいみょんあいみょん関口シンゴ
    6.「ひかりもの」あいみょんあいみょんトオミヨウ
    7.「恋をしたから」あいみょんあいみょん関口シンゴ
    8.「夢追いベンガル」あいみょんあいみょんトオミヨウ
    9.今夜このままあいみょんあいみょん近藤隆史
    田中ユウスケ
    10.「あした世界が終わるとしても」あいみょんあいみょん立崎優介、近藤隆史
    田中ユウスケ
    11.「GOOD NIGHT BABY」あいみょんあいみょん関口シンゴ
    12.「from 四階の角部屋」あいみょんあいみょん會田茂一
    合計時間:

    曲の解説[編集]

    シングル収録曲については各項目を参照

    1. 満月の夜なら
      • 4thシングル
    2. マリーゴールド
      • 5thシングル
    3. ら、のはなし
    4. 二人だけの国
      「プレゼント」と並行して制作された楽曲で、映画『失楽園』にインスパイアされて書かれた。あいみょんはアルバムのキーとなる曲としている。ギターの演奏は編曲を担当した関口シンゴによるもの[5]
    5. プレゼント
    6. ひかりもの
      自分自身を題材としたバラード。2018年初頭に書かれた。あいみょんの楽曲で初めてストリングスが導入された曲で、「音ができたときに泣きそうになった」と語っている[5]
    7. 恋をしたから
      弾き語りを基調としたアレンジの楽曲で、あいみょんのパートは一発録りとなっている[5]
    8. 夢追いベンガル
      小林光大が監督を務めたミュージック・ビデオも製作されており、「AIMYON TOUR 2018 -HONEY LADY BABY-」に密着したドキュメンタリー仕立ての内容となっている[6][7]
    9. 今夜このまま
      • 6thシングル
    10. あした世界が終わるとしても
      オリジナル長編アニメーション『あした世界が終わるとしても』主題歌で、声優による音声が加えられる前の映像を見た上で書き下ろされた[8]
    11. GOOD NIGHT BABY
      あいみょん曰く「10代や20代の恋愛をイメージして書いた」ラブソング。カジュアルライン「Reebok CLASSIC」とのコラボレーションでミュージック・ビデオも制作された[8]
    12. from 四階の角部屋
      一発録りによる楽曲で、後からトランペットのみ足された[8]。これまでに発表された楽曲で最も演奏時間が短い曲で、前曲より少々間を開けて始まる。

    タイアップ[編集]

    チャート成績[編集]

    • 2019年2月25日付のオリコン週間ランキングでは初動61,645枚を売り上げ、週間2位にランクインした。自身の最高順位。

    外部リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ オリコン週間 アルバムランキング 2019年02月11日~2019年02月17日”. ORICON NEWS. オリコン (2019年2月25日). 2019年5月5日閲覧。
    2. ^ RIAJ 2019年2月度
    3. ^ a b “あいみょん新AL『瞬間的シックスセンス』2月発売&日本武道館で単独公演”. CINRA.NET (CINRA. inc). (2018年12月17日). https://www.cinra.net/news/20181217-aimyong 2019年5月5日閲覧。 
    4. ^ カネコアツタケ (2019年2月12日). “あいみょん 『瞬間的シックスセンス』 〈第六感〉を信じて駆け抜けた成果がここに”. Mikiki (タワーレコード). http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/20688 2019年5月5日閲覧。 
    5. ^ a b c “あいみょん「瞬間的シックスセンス」インタビュー|怒涛の1年を駆け抜けた“ひかりもの” (2/3)”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). https://natalie.mu/music/pp/aimyong06/page/2 2019年5月5日閲覧。 
    6. ^ “あいみょんの“夢追いベンガル”に躍動するもの”. rockinon.com (ロッキング・オン). (2019年2月18日). https://rockinon.com/news/detail/184036 2019年5月5日閲覧。 
    7. ^ “あいみょん、新MV「夢追いベンガル」は全国ツアーの密着映像で構成”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2019年2月13日). https://okmusic.jp/news/321558 2019年5月5日閲覧。 
    8. ^ a b c “あいみょん「瞬間的シックスセンス」インタビュー|怒涛の1年を駆け抜けた“ひかりもの” (3/3)”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). https://natalie.mu/music/pp/aimyong06/page/3 2019年5月5日閲覧。