odol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
odol
出身地 日本の旗 日本 東京都の旗 東京都
ジャンル ロック
活動期間 2014年 -
レーベル UK.PROJECT(2015年 - )
事務所 ヒップランドミュージック(2018年 - )
公式サイト https://odol.jp/
メンバー ミゾベリョウ(ボーカルギター
井上拓哉(ギター
Shaikh Sofian(ベース
垣守翔真(ドラムス
森山 公稀(ピアノシンセサイザー
旧メンバー 早川知輝(ギター

odol(オドル)[1]は、日本の5人組バンドである。2014年結成。バンド名の由来は「踊る」「躍る」から。所属事務所はUKPM / HIP LAND MUSIC。所属レーベルはUK.PROJECT[2][3]

メンバー[編集]

ミゾベリョウ[4]
ボーカルギター担当。2月25日生まれ。福岡県出身。
全ての楽曲の作詞を担当している。
井上拓哉(いのうえたくや)[5]
ギター担当。10月5日生まれ。
Shaikh Sofian(シェイクソフィアン)[6]
ベース担当。10月16日生まれ。
垣守翔真(かきもりしょうま)[7]
ドラム担当。12月27日生まれ。
森山公稀(もりやまこうき)[8]
ピアノシンセサイザー担当。1月28日生まれ。福岡県出身。
全ての楽曲の作曲を担当している。

旧メンバー[編集]

早川知輝(はやかわともき)
ギター担当。1991年11月29日生まれ。東京都出身。
2016年11月18日加入[9]、2019年9月30日脱退[10]
バンドDATSではベースを担当している。

来歴[編集]

2014年

  • 東京にて結成。
  • 2月10日 1st demo EP『躍る』リリース。
  • 7月26日 FUJI ROCK FESTIVAL’14 ROOKIE A GO-GOステージに出演。

2015年

  • 5月20日、1stアルバム『odol』リリース[11]
    これに伴い『odol 1st Album release party「Entree」』[12]、『odol 1st Album release party「Entree」II』[13]を開催。

2016年

  • 5月18日、2ndアルバム『YEARS』をリリース[14]
    これに伴い『odol 2nd Album「YEARS」release party「Center Lesson」』を開催[15]
  • 11月18日、早川知輝が加入し6人体制となる[9]
  • 12月10日、東京・下北沢GARAGEにて初ワンマンライブ『Variation』開催[16]

2017年

  • 1月12日、東京・新木場STUDIO COASTにて開催された、トゥー・ドア・シネマ・クラブ来日公演のオープニング・アクトを務める[17]
  • 6月16日、配信限定シングル「GREEN」をリリース[18]
  • 9月20日、EP『視線』をリリース。これに伴い全国3箇所で『odol TOUR 2018 "視線"』を開催。

2018年

  • 3月14日、シングル「時間と距離と僕らの旅」を配信リリース[19]
    またこの日、UK.PROJECTHIP LAND MUSIC両社による共同マネジメント契約を結んだことを発表した[20]
  • 5月30日、シングル「大人になって」を配信リリース。
  • 7月25日、タワーレコード限定シングル「four eyes」リリース[21]
  • 7月29日、FUJI ROCK FESTIVAL’18 RED MARQUEEに出演[22]
  • 10月24日、3rdアルバム『往来するもの』をリリース。これに伴い全国3箇所で『odol TOUR 2018 "往来"』を開催[23]

2019年

  • 6月19日、シングル「眺め / POSE」を配信リリース[24]
  • 7月19日、渋谷WWWにて、自主企画『O/g』10回目を記念してワンマンライブ『O/g-10』を開催。
  • 9月25日、"Rework Series"の第1弾として「狭い部屋 (Rearrange)」を配信リリース[25]
  • 9月30日、早川知輝が脱退しオリジナルメンバー5人体制となる[10]
  • 11月13日、シングル「身体」を配信リリース。
  • 12月19日、12月22日、大阪・FANJ twice、東京・WWWにて、ワンマンライブ『odol ONE-MAN LIVE 2019 “individuals”』開催。

2020年

  • 2月26日、"Rework Series"の第2弾として「虹の端 (Rearrange)」を配信リリース[26]
  • 4月1日、"Rework Series"の第3弾として「人の海で (Rearrange)」を配信リリース。
  • 6月24日、EP『WEFT』を配信リリース[27]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 作品名 規格品番 収録曲
UK.PROJECT
1st 2015年5月20日 odol UKCD-1153
2nd 2016年5月18日 YEARS UKCD-1162
UKPM / HIP LAND MUSIC
3rd 2018年10月24日 往来するもの UKCD-1172

EP[編集]

発売日 作品名 規格品番 収録曲
UK.PROJECT
2017年9月20日 視線 UKCD-1168
UKPM / HIP LAND MUSIC
2020年6月24日 WEFT UKCD-1191(配信限定)

シングル[編集]

発売日 作品名 規格品番 収録曲 収録アルバム
UK.PROJECT
2017年6月16日 GREEN 配信限定 視線
UKPM / HIP LAND MUSIC
2018年3月14日 時間と距離と僕らの旅 UKCD-1172H1(配信限定) 往来するもの
2018年5月30日 大人になって UKCD-1172H2(配信限定)
2018年7月25日 four eyes UKCD-1177(タワーレコード限定)
2019年6月19日 眺め / POSE UKCD-1183H1(配信限定) -
2019年11月13日 身体 UKCD-1183H2(配信限定)

Rework Series[編集]

既発曲に新たにリアレンジ、リレコーディング、リミックスを施して現在進行形の解釈を提示する"Rework Series"として作品をリリースしている。

発売日 作品名 規格品番 オリジナル収録作品
UKPM / HIP LAND MUSIC
RS01 2019年9月25日 狭い部屋 (Rearrange) UKCD-1185(配信限定) 視線
RS02 2020年2月26日 虹の端 (Rearrange) UKCD-1186(配信限定) 視線
RS03 2020年4月1日 人の海で (Rearrange) UKCD-1187(配信限定) 往来するもの

デモ音源[編集]

発売日 作品名 収録曲
2014年2月10日 躍る
2014年7月19日 生活/ふたり

参加作品[編集]

  • シシヤマザキ『出かけます』(コトブキサン、2016年2月17日発売)
    • 月夜&オパール
      • 編曲で参加。
  • ウェブCM「さあ、空を走ろう。」(経済産業省、2018年12月発表)
    • 森山が楽曲提供で参加。
  • ウェブCM「Good Morning 朝は好き?」(西川、2019年3月発表)
    • ミゾベが歌唱で参加。
  • yui (FLOWER FLOWER) × ミゾベリョウ (odol)『ばらの花 × ネイティブダンサー』(FRIENDSHIP.、2019年12月25日配信)
    • ミゾベが歌唱で参加。
  • ECHOLL / Rayons『サヨナラまでの30分』(ソニー・ミュージックレーベルズ、2020年1月22日発売)
    • 瞬間 (sayonara ver.)
      • ミゾベが作詞、森山が作曲、odolとして編曲で参加。
      2020年6月24日リリースのEP『WEFT』にオリジナルバージョンを収録。
  • FLOWER FLOWERターゲット』(ソニー・ミュージックレコーズ、2020年3月25日発売)
    • 熱いアイツ feat.ミゾベリョウ(odol)」、「ふたり feat.ミゾベリョウ(odol)
      • ミゾベが歌唱で参加。

タイアップ[編集]

起用年 作品名 タイアップ
2015年 生活 石川テレビ音楽情報番組「N-18 凸」5月エンディング
2016年 years 日本郵便「ゆうびん.jp/郵便年賀.jp」ウェブCM
2019年 身体 アース製薬『温泡 本物の素材感編』テレビCM
2020年 かたちのないもの UCC BLACK無糖 ウェブCM
小さなことをひとつ radiko ブランドムービーオリジナルソング

ミュージックビデオ[編集]

作品名 監督
2015年 飾りすぎていた 川崎龍弥
生活 はまいばひろや
2016年 退屈
years
夜を抜ければ
2017年 GREEN 林響太朗
虹の端 高司玲
2018年 時間と距離と僕らの旅 林響太朗
four eyes
光の中へ

出演[編集]

テレビ[編集]

  • NHK BSプレミアム 名盤ドキュメント『YMO“ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー”』(2019年1月)森山出演。

ラジオ[編集]

  • YOKOHAMA MUSIC AWARD『YMA ANNEX』FMヨコハマ、2016年)第1木曜日レギュラー出演
  • odolのMUSIC ARROWS〜idiodol〜TS ONE、2017年4月3日 - 2018年3月26日)レギュラー出演

公演[編集]

自主企画・ツアー[編集]

開催年 タイトル 会場 備考
2015 odol 1st Album release party「Entree」 4月26日 東京・下北沢GARAGE ゲスト:ドミコ、NOWEARMAN
odol 1st Album release party「Entree II」 7月16日 東京・新代田FEVER ゲスト:Helsinki Lambda ClubEmerald
2016 odol presents「Bar Lesson」 3月12日 東京・KOENJI HIGH ゲスト:Gateballers
odol 2nd Album「YEARS」release party「Center Lesson」 7月17日 東京・新代田FEVER ゲスト:Predawn、Taiko Super Kicks
Variation 12月10日 東京・下北沢GARAGE ワンマン
2017 凄い日" 3月3日 東京・新代田FEVER PELICAN FANCLUBとの共同企画。
ggpd 7月8日 東京・青山 月見ル君想フ ゲスト:LILI LIMIT
odol TOUR 2017 “視線” 11月10日 愛知・名古屋CLUB UPSET ゲスト:King Gnu
11月12日 福岡・天神graf ワンマン
11月26日 東京・渋谷WWW
2018 O/g-1 3月14日 福岡・INSA ゲスト:King GnuLILI LIMIT
O/g-2 3月15日 大阪・梅田Shangri-La ゲスト:LUCKY TAPESLILI LIMIT
O/g-3 6月3日 宮城・仙台space Zero ゲスト:iri集団行動
O/g-4 6月9日 愛知・名古屋CLUB UPSET ゲスト:mol-74集団行動
O/g-5 6月16日 福岡・天神graf ゲスト:Predawn、STEPHENSMITH
O/g-6 6月17日 大阪・心斎橋CONPASS ゲスト:mol-74集団行動
O/g-7 8月3日 東京・WALL&WALL ゲスト:世武裕子
odol TOUR 2018 “往来” 12月1日 福岡・INSA ゲスト:Attractions
12月2日 大阪・心斎橋CONPASS ゲスト:LILI LIMIT
12月16日 東京・渋谷WWW ワンマンライブ
2019 O/g-8 2月22日 大阪・心斎橋CONPASS ゲスト:カネコアヤノ
O/g-9 2月22日 東京・渋谷WWW X ゲスト:佐藤千亜妃、PAELLAS
O/g-10 7月4日 東京・渋谷WWW ワンマン
O/g-11 10月16日 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE ゲスト:雨のパレードものんくる
O/g-12 10月18日 大阪・心斎橋CONPASS ゲスト:Helsinki Lambda Club
O/g-13 11月14日 愛知・名古屋CLUB UPSET ゲスト:The fin.
odol ONE-MAN LIVE 2019 “individuals” 12月19日 大阪・FANJ twice ワンマン
12月22日 東京・渋谷WWW
2020 odol ONE-MAN LIVE 2020 “individuals” 7月23日 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
7月25日 大阪・梅田Shangri-La

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • odol - odolオフィシャルホームページ
  • odol(twitter) - odol公式アカウント
  • odol(instagram)- odol公式アカウント
  • HIP LAND MUSIC - 所属事務所
  • UKPM - 所属事務所

メンバー[編集]

出典[編集]

  1. ^ odol”. odol. 2020年3月17日閲覧。
  2. ^ UK.PROJECT” (日本語). UK.PROJECT. 2020年3月17日閲覧。
  3. ^ HIP LAND MUSIC CORPORATION” (日本語). hipland.co.jp. 2020年3月17日閲覧。
  4. ^ ミゾベリョウ(@ryo_mizobe)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2020年3月17日閲覧。
  5. ^ Takuya Inoue(@inotaku1005)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2020年3月17日閲覧。
  6. ^ (読み: シェイク ソフィアン)(@sofiand2014)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2020年3月17日閲覧。
  7. ^ 垣守 翔真(@shoma_gaalaas)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2020年3月17日閲覧。
  8. ^ koki moriyama(@KokiMoriyama)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2020年3月17日閲覧。
  9. ^ a b 音楽ナタリー (2016年11月18日). “odolにDATS早川知輝が加入、初ワンマン来場者に新曲プレゼント”. 2020年4月15日閲覧。
  10. ^ a b 音楽ナタリー (2019年6月19日). “odolからギタリスト早川知輝が脱退”. 2020年4月15日閲覧。
  11. ^ 音楽ナタリー (2015年2月10日). “odol、初のCDリリースはUK.PROJECTから”. 2020年4月15日閲覧。
  12. ^ 音楽ナタリー (2015年4月29日). “odol初の自主企画成功「3年後、5年後、10年後も楽しみにしていてほしい」”. 2020年4月15日閲覧。
  13. ^ 音楽ナタリー (2015年7月21日). “odol、ヘルシンキ&Emeraldと作り上げた2度目の自主企画”. 2020年4月15日閲覧。
  14. ^ 音楽ナタリー (2016年2月12日). “odolが2ndアルバムを5月に、Gateballers招いた自主企画で全曲お披露目”. 2020年4月15日閲覧。
  15. ^ 音楽ナタリー (2016年7月23日). “odol、盤石なアンサンブルで魅せた新代田の夜”. 2020年4月15日閲覧。
  16. ^ 音楽ナタリー (2016年12月14日). “odol初ワンマン大盛況、新曲&新体制お披露目”. 2020年4月15日閲覧。
  17. ^ 音楽ナタリー (2017年1月5日). “odol、Two Door Cinema Club来日公演に出演”. 2020年4月15日閲覧。
  18. ^ 音楽ナタリー (2017年6月5日). “odol、1年ぶり新曲「GREEN」配信リリース”. 2020年4月15日閲覧。
  19. ^ 音楽ナタリー (2018年2月26日). “odol「時間と距離と僕らの旅」配信リリース、今晩レギュラー番組で解禁”. 2020年4月15日閲覧。
  20. ^ 音楽ナタリー (2018年3月14日). “odolが新曲「時間と距離と僕らの旅」MV公開、自主企画の日程追加も”. 2020年4月15日閲覧。
  21. ^ 音楽ナタリー (2018年6月4日). “odol新作CDをタワレコ限定発売、カップリングにLILI LIMIT土器のリミックス”. 2020年4月15日閲覧。
  22. ^ 音楽ナタリー (2018年3月23日). “「フジロック」にcero、ハナレグミ、odol、テナー、5lack、MORE THE MAN、Fishboneら”. 2020年4月15日閲覧。
  23. ^ 音楽ナタリー (2018年8月3日). “odolが10月にニューアルバム発売、リリースツアーも実施”. 2020年4月15日閲覧。
  24. ^ 音楽ナタリー (2019年5月30日). “odol「眺め / POSE」配信リリース、ワンマンでKITEとのコラボ再び”. 2020年4月15日閲覧。
  25. ^ 音楽ナタリー (2019年9月25日). “odolが既発曲を現在進行形の解釈で提示する"Rework Series"始動、1曲目は「狭い部屋」”. 2020年4月15日閲覧。
  26. ^ 音楽ナタリー (2020年2月26日). “odolが「Rework Series」第2弾本日配信、7月に東京&大阪で「individuals」再び”. 2020年4月15日閲覧。
  27. ^ 音楽ナタリー (2020年6月1日). “odol新作「WEFT」配信リリース決定、radikoブランドムービーに新曲書き下ろし”. 2020年6月1日閲覧。