ビッケブランカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビッケブランカ
出生名 山池 純矢(やまいけ じゅんや)
生誕 (1987-11-30) 1987年11月30日(29歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県西春日井郡
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ピアノ
活動期間 2012年 -
レーベル avex trax(2016年 - )
公式サイト 公式サイト

ビッケブランカ(本名:山池 純矢、1987年11月30日 - )は、日本のシンガーソングライターピアニスト愛知県生まれ。学習院大学文学部中退。二人兄妹の長男。

来歴[編集]

  • 小学校低学年の時、実家にあったピアノを弾き始める。ピアノは妹のために両親が購入した。
  • 小学校高学年の時、作曲を始める。
  • ピアノを習っていなかったため楽譜が読めず、弾くには作曲するしかなかった[1]
  • 中学、高校は友人からギターを借りて、ロック要素のある曲作りを始める。

2012年

  • 7月、韓国で開催された世界音楽コンベンション「MU:CON SEOUL 2012」に招聘。
  • 10月FM802主催「MINAMI WHEEL 2012」に出演。楽曲投票企画で、同時期に公開された「Wake up sweetheart」が約300曲中の第1位を獲得。

2014年

  同日、未発表曲集「TUBERCULIN: Ghost」[2] をSoundcloudに限定公開。

  • 11月、東名阪ワンマンツアー「TUBERCULIN Tour 2014」を開催。満員の名古屋CLUB QUATTROでファイナルを飾る。

2015年

2016年

  • 8月4日メタボリック社のグリーンスムージー「en Natural」のCMソングである「Natural Woman」をリリース。前日にはavex traxへの移籍も発表される。
  • 10月26日、メジャー移籍後初のミニアルバムとなる「Slave of Love」をリリース。リード曲である「Slave of Love」が「Google Play Music 音楽のある生活・ウェルカム篇」のCMソングに起用される。

音楽性[編集]

ミックスボイスヘッドボイスを混ぜたような高い裏声と、ピアノを基軸に据えたアレンジが特徴。裏声を共鳴させ、地声と裏声の移行を喚声点がわからないほどスムーズに行うことで高音を出している。ビートルズを聴かなかったためか、アレンジにギターの使用率が低い。影響を受けたアーティストにマイケル・ジャクソンエルトン・ジョンビリー・ジョエルミーカを挙げている。
作詞については『過去に自分が経験した「点」のような出来事を、脚本家の視点でより大げさに創作し「円」にする』[3] 手法をとっているため、最終的に書きあがった歌詞が自分の経験とはかけ離れていることが多いと語っている。どこか現実離れした寓話のような世界観はそれに起因していると思われる。 ミュージックビデオではダンスするシーンが見られる[4] が、本人にそのつもりはなく『あの程度でダンスなんていったら本物のダンサーの人達に申し訳ない。ただ音楽に”ノ”っているだけ』[5] と語っている。

ディスコグラフィー[編集]

インディーズ

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2014年10月15日 ツベルクリン
2nd 2015年8月5日 GOOD LUCK

配信シングル[編集]

発売日 タイトル
1st 2014年7月16日 追うBOY

メジャー移籍後

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2016年10月26日 Slave of Love

配信シングル[編集]

発売日 タイトル
1st 2016年8月1日 Natural Woman
2nd 2017年4月11日 Take me Take out

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ http://www.sundayfolk.com/livlog/8rqy9iu/detail/2/
  2. ^ 「TUBERCULIN Tour 2014」の終了と同時に非公開にされたため、現在は視聴できなくなっている。
  3. ^ ぴあ関西版WEBインタビュー http://kansai.pia.co.jp/interview/music/2014-11/vickeblanka-tuberculin.html
  4. ^ 『追うBOY』https://www.youtube.com/watch?v=nUu2X4Cmk6U
  5. ^ 関西ぴあWEBインタビュー

外部リンク[編集]