Hey! Say! JUMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Hey! Say! JUMP
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2007年9月24日 -
レーベル ジェイ・ストーム
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > Hey! Say! JUMP
J Storm > Hey! Say! JUMP
メンバー Hey! Say! 7
山田涼介
知念侑李
中島裕翔
岡本圭人
Hey! Say! BEST
有岡大貴
髙木雄也
伊野尾慧
八乙女光
薮宏太
旧メンバー 森本龍太郎

Hey! Say! JUMP(ヘイ! セイ! ジャンプ)は、日本男性アイドルグループ。所属芸能事務所ジャニーズ事務所。所属レコード会社ジェイ・ストーム2007年9月24日結成[1][2]

メンバー[編集]

イメージカラーはJ storm公式サイトのメンバープロフィールページで表示されている背景色[3]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

Hey! Say! 7[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 イメージカラー 備考
山田涼介
(やまだ りょうすけ)
(1993-05-09) 1993年5月9日(25歳) B型 東京都    
知念侑李
(ちねん ゆうり)
(1993-11-30) 1993年11月30日(24歳) AB型 静岡県     ピンク
中島裕翔
(なかじま ゆうと)
(1993-08-10) 1993年8月10日(24歳) A型 東京都     水色
岡本圭人
(おかもと けいと)
(1993-04-01) 1993年4月1日(25歳) O型 東京都    

Hey! Say! BEST[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 イメージカラー 備考
有岡大貴
(ありおか だいき)
(1991-04-15) 1991年4月15日(27歳) A型 千葉県     オレンジ
髙木雄也
(たかき ゆうや)
(1990-03-26) 1990年3月26日(28歳) O型 大阪府    
伊野尾慧
(いのお けい)
(1990-06-22) 1990年6月22日(28歳) A型 埼玉県    
八乙女光
(やおとめ ひかる)
(1990-12-02) 1990年12月2日(27歳) O型 宮城県     黄色
薮宏太
(やぶ こうた)
(1990-01-31) 1990年1月31日(28歳) A型 神奈川県     黄緑

元メンバー[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 備考
森本龍太郎
(もりもと りゅうたろう)
(1995-04-06) 1995年4月6日(23歳) A型 神奈川県 未成年喫煙で脱退後、退所。
現在はダンス&ボーカルユニット「ZERO」のメンバー[4]。活動時は最年少

概要[編集]

グループ名の由来[編集]

Hey! Say! Johnny's Ultra Music Power」の略で、「メンバー全員が平成生まれで、平成の時代を高くジャンプしていく」という意味が込められている[2]

記録[編集]

  • 2009年、横浜アリーナ史上初の7日間連続コンサートを開催[5]
  • 男闘呼組岡本健一を父に持つ岡本圭人がメンバーにおり、日本の音楽史上初めて親子ともにデビュー曲で“1位”を獲得した[6]
  • 2012年、横浜アリーナ史上初の7日間連続10公演のコンサートを開催、2009年に達成した連続公演記録を更新[7]
  • 東京ドームでのグループ史上最年少公演記録(平均15.2歳)を保持している[8]
  • 2017年1月1日、東京ドームで史上初の1日2回公演を行なった[9]
  • 2017年9月、グループ初となる3大ドームツアーを発表。
  • 2018年2月現在、今まで発売したすべてのシングル[10]・アルバム[11]オリコンの週間ランキングで初登場1位を獲得している。

来歴[編集]

2007年:結成、デビュー[編集]

2007年9月24日、『JOHNNYS' Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA』を『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』にて生中継し、結成を発表[1][2]。10月7日、『爆笑100分テレビ!平成ファミリーズ』が放送開始。山田、中島、森本がレギュラー出演。11月3日、薮と八乙女がメインで出演するレギュラー番組『Hi! Hey! Say!』が放送開始[12][13]。11月14日、「Ultra Music Power」でCDデビュー。オリコンの週間シングルランキングで初登場1位を記録[6]。11月2日 - 12月2日、『ワールドカップバレーボール2007』のスペシャルサポーターを担当[14][15]。12月22日、初の単独コンサート『Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり! in 東京ドーム』を開催。東京ドームでのグループ・ソロ合わせて史上最年少公演記録(当時、平均年齢15歳7か月)を更新[8][15]

2008年 - 2011年:NYCの活動、森本の脱退[編集]

2008年3月20日 - 26日、『第39回春の高校バレー全国大会』のサポーターを担当[16]。4月4日 - 5月6日、コンサート『Hey! Say! JUMP Spring concert 2008』を開催[17]。4月6日、『爆笑100分テレビ!平成ファミリーズ』の後継番組『時空間☆世代バトル 昭和×平成 SHOWはHey! Say!』が放送開始。引き続き山田、中島、森本がレギュラー出演。5月21日、2作目のシングル「Dreams come true」を発売。通算2作目のオリコン初登場1位を記録[18]。5月31日 - 6月8日、『2008北京オリンピック バレーボール世界最終予選』のスペシャルサポーターを担当[19]。7月23日、3作目のシングル「Your Seed/冒険ライダー」を発売。初の両A面シングルであり、通算3作目のオリコン初登場1位を記録[20]。8月2日 - 9月5日、舞台『SUMMARY 2008』に出演[21][22]。9月29日、Hey! Say! 7の冠ラジオ番組『Hey! Say! 7 Ultra Power』が放送開始。10月22日、4作目のシングル「真夜中のシャドーボーイ」を発売。通算4作目のオリコン初登場1位を記録[23]。12月20日 - 2009年1月5日、コンサート『Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09』を開催[24]

2009年3月20日 - 26日、『第40回春の高校バレー全国大会』のスペシャルサポーターを担当[25]。3月21日 - 25日、Hey! Say! 7が初の単独コンサート『Hey! Say! 7 spring concert 09 MONKEY』を開催[26]。3月31日 - 5月4日、コンサート『Hey! Say! JUMP CONCERT TOUR '09春』を開催[27]。4月5日、『時空間☆世代バトル 昭和×平成 SHOWはHey! Say!』が放送終了し『スクール革命!』がスタート。出演者が変更され山田、知念、八乙女の3人となった。6月7日、山田、知念が「NYC boys」に参加して活動開始[28]。7月23日 - 8月27日、コンサート『Hey! Say! サマーコンサート'09 JUMP天国TENGOKU-』を開催[29]。9月13日、コンサート『Hey! Say! JUMP TENGOKU DOME 何が起こるかわからない!? 東京ドーム』を開催[30]。この公演でコンサート観客動員が延べ100万人を突破し、単独のファンクラブの発足が発表された[31]。10月10日、『Hi! Hey! Say!』がリニューアルし『週末YY JUMPing』が放送開始。出演者は引き続き薮と八乙女。12月19日 - 2010年1月6日、コンサート『Hey! Say! JUMP WINTER CONCERT 09-10』を開催[32]

2010年2月24日、5作目のシングル「瞳のスクリーン」を発売。通算5作目のオリコン初登場1位を記録[33]。3月2日、山田、知念が中山優馬と「NYC」として活動することを発表[34]。3月20日 - 26日、Hey! Say! 7が『第41回春の高校バレー全国大会』のスペシャルサポーターを担当[35]。4月2日 - 5月16日、コンサート『Hey! Say! 2010 TEN JUMP』を開催[36]。初日の4月2日に国立代々木競技場の入り口前に特設ステージを作り公開会見を開いた[37]。4月2日:『ザ少年倶楽部』に年間番組サポーターとしてレギュラー出演開始。7月7日、ファーストアルバム『JUMP NO.1』を発売。オリコン初登場1位を記録[38]。7月19日 - 8月29日、舞台『SUMMARY 2010』に出演[39][40]。12月15日、6作目のシングル「「ありがとう」〜世界のどこにいても〜」を発売。通算6作目のオリコン初登場1位を記録[41]。12月25日 - 2011年1月16日、コンサート『Hey! Say! JUMP「ありがとう」〜世界のどこにいても〜 WINTER CONCERT 2010-2011』を開催[42]

2011年3月28日 - 5月29日、コンサート『Hey! Say! JUMP with NYC SPRING CONCERT 2011』を開催予定だったが、東日本大震災の影響で3月の公演を中止する[43][44]。4月、『ザ少年倶楽部』の司会を務める。4月10日 - 5月29日、コンサート『Hey! Say! JUMP&「勇気100%」全国ツアー』を開催[45]。4月16日、『ヤンヤンJUMP』がスタートする。6月27日、森本が過去に喫煙していたことが『週刊女性』の報道で発覚。無期限の活動休止処分をジャニーズ事務所が発表し、当面は9人で活動することになった[46][47][48]。6月29日、7作目のシングル「OVER」を発売。通算7作目のオリコン初登場1位を記録[49]。8月7日 ‐ 9月11日、舞台『SUMMARY 2011』に出演[50]。公演初日の開演前にメンバーが会見を開き、謹慎処分について謝罪した[51]。9月18日・24日・25日、舞台「さよなら夏休み! SUMMARYスペシャル」を開催[52][53]。9月21日、8作目のシングル「Magic Power」を発売。通算8作目のオリコン初登場1位を記録[54]。11月14日時点で、ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」、同公式携帯サイト「Johnny's web」、所属レコード会社「ジェイ・ストーム」公式サイトから、森本のプロフィールが削除されていることが判明する。

2012年 - 2016年:初の海外公演、舞台主演[編集]

2012年3月 - 6月、初のアジアツアーを開催。横浜アリーナでのコンサートで発表[55][56]。2月22日、9作目のシングル「SUPER DELICATE」を発売。通算9作目のオリコン初登場1位を記録[57]。5月26日・27日、初の海外公演(計4公演)を香港で行った[58]。6月6日、2作目のアルバム『JUMP WORLD』を発売[59]。7月8日 - 9月23日、コンサートツアー『Hey! Say! JUMP TOUR 2012』を開催[60]。11月10日 - 翌年1月、舞台『JOHNNYS' World』で座長を務める。

2013年4月13日 - 8月23日、コンサートツアー『Hey! Say! JUMP 全国へJUMPツアー2013』を開催[61]。6月26日、10作目のシングル「Come On A My House」を発売、通算10作目のオリコン初登場1位を記録[62]。12月25日、11作目のシングル「Ride With Me」を発売[63]、通算11作目のオリコン初登場1位を記録[64]

2014年2月5日、12作目のシングル「AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ」を発売、通算12作目のオリコン初登場1位を記録[65]。4月1日、八乙女と有岡が日本テレビ系『ヒルナンデス!』の火曜レギュラーに起用。6月18日、3作目のアルバム『smart』発売、オリコン初登場1位を記録[66]。8月2日 - 10月13日、全国コンサートツアー『smart』を開催[67]。同公演で観客動員数が100万人を突破した。通算69公演、動員総数103万5000人は現役アーティストで最多記録。9月3日、13作目のシングル「ウィークエンダー/明日へのYELL」を発売、通算13作目のオリコン初登場1位を記録[68]

2015年4月29日、14作目のシングル「Chau#/我 I Need You」を発売、通算14作目のオリコン初登場1位を記録[69]。6月24日、4作目のアルバム『JUMPing CAR』を発売、オリコン初登場1位を記録[70]。2014年12月29日に初めて単発バラエティーとして放送された[71]グループ初の単独冠番組[72]いただきハイジャンプ』が7月8日からレギュラー化[71]。7月25日 - 10月12日、コンサートツアー『JUMPing CARnival』を開催[73]。8月22・23日、『24時間テレビ38』のメインパーソナリティーをV6とともに務める[74]。10月21日、15作目のシングル「キミアトラクション」を発売、通算15作目のオリコン初登場1位を記録[75]。12月9日、Yahoo!検索大賞 2015・アイドル部門賞を受賞[76]。12月30・31日:京セラドーム大阪にて、初の単独カウントダウンコンサートを開催[77]

2016年5月11日、16作目のシングル「真剣SUNSHINE」を発売、通算16作目のオリコン初登場1位を記録[78]。7月23日・24日、『FNS27時間フェスティバル』で、「全国高校ダンク選手権」のスペシャルサポーターに抜擢。7月27日、5枚目のアルバム『DEAR.』を発売、通算オリジナルアルバム5作目の1位を記録[11]。7月28日 - 11月3日、コンサートツアー『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.』を開催[79]。10月26日、17枚目のシングル「Fantastic Time」を発売、通算17作目のオリコン初登場1位を記録[80]。12月14日、18枚目のシングル「Give Me Love」を発売、通算18作目のオリコン初登場1位を記録[81]。12月31日 - 2017年1月1日、東京ドームで単独カウントダウンコンサート[82]

2017年 - 現在:デビュー10周年[編集]

2017年1月1日、東京ドーム史上初の1日2回コンサート公演[9]。2月22日、19枚目のシングル「OVER THE TOP」を発売、通算19作目のオリコン初登場1位を記録[83]。7月5日、20枚目のシングル「Precious Girl/Are You There?」を発売、通算20作目のオリコン初登場1位を記録[84]。7月26日、グループ初となるベストアルバム「Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O」を発売。『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017』の横浜アリーナ公演のなかで12月から3大ドームツアー(大阪名古屋東京)『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018』の年末年始公演を開催することを発表。CDデビュー記念日の11月14日に東京渋谷区の東京体育館にてデビュー10周年イベント「ULTRA JUMParty 〜真のHey! Say! JUMPは俺だ!!〜」を開催。12月20日、21枚目のシングル「White Love」を発売、通算21作目のオリコン初登場1位を記録[85]。12月31日、第68回NHK紅白歌合戦に初出場[注釈 1]し、「Come On A My House」を白組トップバッターとして歌唱。

2018年1月17日、村井嘉浩宮城県知事より、2018年度宮城県観光キャンペーンキャラクターに任命され、グループを代表してメンバーの薮宏太と宮城県出身の八乙女光により、仙台市内にて起用の記者会見が行われる[86]。2月14日、22枚目のシングル「マエヲムケ」を発売。通算22作目のオリコン初登場1位を記録[10]

作品[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 週間
チャート
収録アルバム
1 2007年11月14日 Ultra Music Power 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5072/3 1位[6] JUMP NO.1
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5074
通常盤 (CD) JACA-5075
2 2008年5月21日 Dreams come true 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5096/7 1位[18]
通常盤 (CD) JACA-5098
3 2008年7月23日 Your Seed/冒険ライダー 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5106/7 1位[20]
通常盤 (CD) JACA-5108
4 2008年10月22日 真夜中のシャドーボーイ 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5119/20 1位[23]
通常盤 (CD) JACA-5121
5 2010年2月24日 瞳のスクリーン 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5209/10 1位[33]
通常盤 (CD) JACA-5211
6 2010年12月15日 「ありがとう」〜世界のどこにいても〜 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5251/2 1位[41] JUMP WORLD
通常盤 (CD) JACA-5253
7 2011年6月29日 OVER 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5271/2 1位[49]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5274/5
通常盤 (CD) JACA-5273
8 2011年9月21日 Magic Power 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5280/1 1位[54]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5282/3
通常盤 (CD) JACA-5284
9 2012年2月22日 SUPER DELICATE 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5304/5 1位[57]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5306/7
通常盤 (CD) JACA-5308
10 2013年6月26日 Come On A My House 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5369/70 1位[62] smart
初回限定盤2 (CD) JACA-5371
通常盤 (CD) JACA-5372
11 2013年12月25日 Ride With Me 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5389/90 1位[64]
初回限定盤2 (CD) JACA-5391
通常盤 (CD) JACA-5392
12 2014年2月5日 AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5393/4 1位[65]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5395/6
初回限定盤3 (CD) JACA-5397
通常盤 (CD) JACA-5398
13 2014年9月3日 ウィークエンダー/明日へのYELL 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5437/8 1位[68] JUMPing CAR
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5439/40
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5441
通常盤 (CD) JACA-5442
14 2015年4月29日 Chau#/我 I Need You 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5459/60 1位[69]
通常盤初回プレス仕様 (CD+DVD) JACA-5461/2
通常盤 (CD) JACA-5463
15 2015年10月21日 キミアトラクション 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5475/6 1位[75] DEAR.
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5477/8
通常盤 (CD) JACA-5479
16 2016年5月11日 真剣SUNSHINE 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5598/9 1位[78] Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5600/1
通常盤 (CD) JACA-5602
17 2016年10月26日 Fantastic Time 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5628/9 1位[80]
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5630
通常盤 (CD) JACA-5631
18 2016年12月14日 Give Me Love 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5640/1 1位[81]
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5642
通常盤 (CD) JACA-5643
19 2017年2月22日 OVER THE TOP 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5649/50 1位[83]
初回限定盤2 (CD) JACA-5651/2
通常盤 (CD) JACA-5653
20 2017年7月5日 Precious Girl/Are You There? 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5670/1 1位[84] -
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5672/3
通常盤 (CD) JACA-5674
21 2017年12月20日 White Love 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5708/9 1位[85]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5710/1
通常盤 (CD) JACA-5712
22 2018年2月14日 マエヲムケ 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5713/4 1位[10]
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5715
通常盤 (CD) JACA-5716
23 2018年8月1日 COSMIC☆HUMAN 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5744/5 TBA
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5746/7
通常盤 (CD) JACA-5748

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 週間
チャート
1 2010年7月7日 JUMP NO.1 初回限定盤 (CD) JACA-5230 1位[38]
通常盤 (CD) JACA-5231
2 2012年6月6日 JUMP WORLD 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5322/3 1位[59]
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5324
通常盤 (CD)
3 2014年6月18日 smart 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5430/1 1位[66]
初回限定盤2(CD+DVD) JACA-5432/3
通常盤初回プレス仕様 (2CD) JACA-5434/5
通常盤 (CD) JACA-5436
4 2015年6月24日 JUMPing CAR 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5467/8 1位[70]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5469/70
通常盤 (CD) JACA-5471
5 2016年7月27日 DEAR. 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5614/5 1位[11]
初回限定盤2 (2CD) JACA-5616/7
通常盤 (CD) JACA-5618

ベスト・アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 週間
チャート
1 2017年7月26日 Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O 初回限定盤1 (2CD+DVD) JACA-5700〜2 1位
初回限定盤2 (3CD) JACA-5703〜5
通常盤 (2CD) JACA-5706/7

映像作品[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 週間
チャート
1 2008年4月30日 Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり!in 東京ドーム 2DVD JABA-5040/1 2位[87]
2 2009年4月29日 Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09 DVD JABA-5049 1位[87]
3 2010年9月15日 Hey! Say! 2010TEN JUMP 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5072/3 1位[87]
通常盤 (2DVD)
4 2011年1月12日 SUMMARY2010 DVD JABA-5079 1位[87]
5 2012年3月7日 SUMMARY 2011 in DOME 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5094/5 1位[88]
通常盤 (2DVD)
6 2012年11月7日 JUMP WORLD 2012 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5103/4 1位[89]
通常盤 (2DVD)
7 2013年11月13日 全国へJUMPツアー2013[90] 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5112/3 1位[87]
通常盤 (2DVD)
8 2015年2月18日 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2014 smart 初回プレス仕様 (3DVD) JABA-5124〜6 1位[91]
通常盤 (2DVD) JABA-5127/8
9 2016年2月10日 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5158/9 1位[92]
通常盤 (DVD) JABA-5160
10 2017年4月26日 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR. 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5174/5 1位[93]
通常盤 (DVD) JABA-5176
11 2018年6月27日 Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018 初回限定盤1 (3DVD) JABA-5312〜4 TBA
初回限定盤2 (3DVD) JABA-5315〜7
通常盤 (3DVD) JABA-5318〜20

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

単発番組[編集]

  • 平成タイムジャンパー(2014年4月26日・11月29日・2016年1月15日、テレビ朝日)
  • Hey! Say! JUMPの昭和にジャンプ(2017年4月29日、NHK総合

特別番組[編集]

音楽番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2017年(平成29年)/第68回 Come On A My House 1/23 Little Glee Monster
* 出演順は「出演順/出場者数」を表す。
* 対戦相手の歌手名のカッコ内の数字はその歌手との対戦回数を表す。

ミュージックステーションスーパーライブ[編集]

年度 放送回 曲目 曲順 コラボレーション・ソロ
2007年 第16回 Ultra Music Power
2008年 第17回 2 Dreams come true
真夜中のシャドーボーイ
2009年 第18回 3 クリスマスメドレー
2010年 第19回 4 瞳のスクリーン
よく遊びよく学べ
「ありがとう」〜世界のどこにいても〜 Hey! Say! JUMP&NYC
2011年 第20回 5 OVER
2012年 第21回 6 Beat Line
SUPER DELICATE
2013年 第22回 7 Come On A My House
Ride With Me
2014年 第23回 8 明日へのYELL
2015年 第24回 9 キミアトラクション
2016年 第25回 10 Give Me Love
2017年 第26回 11 White Love

FNS歌謡祭[編集]

年度 放送回 曲目 曲順 コラボレーション・ソロ
2007年 第36回 Ultra Music Power 3/34
2008年 第37回 2 真夜中のシャドーボーイ 5/39
2012年 第41回 3 SUPER DELICATE 47/79
2013年 第42回 4 Come On A My House 72/76
2014年 第43回 5 Ultra Music Power 38/105
明日へのYELL 39/105
ケジメなさい 55/105 近藤真彦×NEWS×Hey! Say! JUMP
2015年 第44回
(第1夜)
6 Ultra Music Power 31/79
キミアトラクション 32/79
サンタが街にやってくる 57/79
2016年 第45回
(第2夜)
7 シンデレラ・クリスマス 1/90 KinKi Kids×Hey! Say! JUMP×Sexy Zone×A.B.C-Z×ジャニーズWEST
サンタが街にやってくる 2/90
Give Me Love 46/90
ウィークエンダー 47/90
2017年 第46回
(第2夜)
8 White Love 46/77
勇気100% 54/77

FNSうたの夏まつり[編集]

年度 放送回 曲目 曲順 コラボレーション・ソロ
2015年 第4回 Chau# 50/69
2016年 第5回 2 真剣SUNSHINE 47/172
Come On A My House 136/172
2017年 第6回 3 Ultra Music Power 54/59
ウィークエンダー 55/59

日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト[編集]

年度 放送回 曲目 曲順 コラボレーション・ソロ
2010年 第10回 Ultra Music Power
「ありがとう」〜世界のどこにいても〜
2011年 第11回 2 Ultra Music Power
OVER
2012年 第12回 3 Ultra Music Power
Magic Power
真夜中のシャドーボーイ
SUPER DELICATE
2013年 第13回 4 Ride With Me
DAY BREAK 桜井翔
2014年 第14回 5 AinoArika
夢物語 滝沢秀明タッキー&翼)、相葉雅紀)、
増田貴久NEWS)、横山裕関ジャニ∞)、
亀梨和也KAT-TUN)、Hey! Say! JUMP
ウィークエンダー
2015年 第15回 6 キミアトラクション
AinoArika
2016年 第16回 7 Fantastic Time
SUPER DELICATE
2017年 第17回 8 White Love
青春アミーゴ 修二と彰×Hey! Say! JUMP

THE MUSIC DAY[編集]

年度 放送回 曲目 曲順 コラボレーション・ソロ
2013年 第1回 Come On A My House
Ultra Music Power
2014年 第2回 2 Ride With Me
ウィークエンダー
2015年 第3回 3 Ride With Me
キラキラ光れ
2016年 第4回 4 ウィークエンダー
真剣SUNSHINE
2017年 第5回 5 Come On A My House
Ride With Me
Precious Girl

バレーボール大会[編集]

イメージキャラクターやスペシャルサポーターに就任し、イメージソングを担当した大会を挙げる。

その他のテレビ番組[編集]

  • 体操の時間。「JUMP体操」(2007年10月22日 - 11月2日、フジテレビ)
  • ワールドカップバレー2007Wの伝説(2007年10月22日 - 11月1日、フジテレビ)
  • ワールドカップバレーボール2007(2007年11月2日 - 12月2日、フジテレビ)
  • ワールドカップバレー2007ハイライト(2007年11月2日 - 12月2日、フジテレビ)

CM・キャンペーンキャラクター[編集]

舞台[編集]

イベント[編集]

コンサート[編集]

タイトル 日程・会場 備考
2007年 JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA ジャニーズJr.の一員として出演。初お披露目[2]
2007年 Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり! in 東京ドーム 初の単独公演。
アリーナ席を設けずステージを設置し、360度観客を入れたスタジアム公演の形となった。
後に同公演をDVDとして発売
2008年 Hey! Say! JUMP Spring concert 2008 髙木はスケジュールの都合により欠席したが[17]、VTRで歌う姿が流された[98]
ステージの構成は八乙女が担当した[98]
2008年 SUMMARY 2008 過去にNEWSKAT-TUNYa-Ya-yahなどが行なった総合エンターテイメントショー。
髙木はスケジュールの都合により、9月1日 - 2日は欠席。
2008年-
2009年
Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09 ステージの演出、構成、プロデュース等は薮と八乙女が行なった。
横浜の最終公演の映像がDVDとして発売[99]
2009年 Hey! Say! JUMP CONCERT TOUR '09春 Hey! Say! 7 Hey! Say! 7(中島、山田、知念、森本、岡本)のみの出演
名古屋公演のみ八乙女、有岡も参加(高木はインフルエンザのため欠席)
Hey! Say! JUMP
2009年 Hey! Say! サマーコンサート'09 JUMP天国TENGOKU- 横浜アリーナでは、同会場初の7日間連続公演を行った。
2009年 Hey! Say! JUMP TENGOKU DOME
何が起こるかわからない!? 東京ドーム
当初予定されていた公演タイトルは、「Hey! Say! JUMP in 東京ドーム なにが起こるかわからない!? お楽しみ公演!」であった。先に行なわれたアリーナツアーとは演出・セットリスト等が全く異なる。
2009年-
2010年
Hey! Say! JUMP WINTER CONCERT 09-10 薮は自身が主演する舞台「シーラブズ・ミー」に出演するため、大阪公演、名古屋公演および、1月6日の横浜公演を欠席。
2010年 Hey! Say! 2010 TEN JUMP グループ初となる国立代々木競技場、京セラドーム大阪公演が行われた。
最終公演の大阪公演がDVDとして発売[100]
2010年 SUMMARY 2010 グループ主演としては2度目の公演。
8月25日の公演を収録したDVDが発売された[101]
2010年-
2011年
Hey! Say! JUMP「ありがとう」~世界のどこにいても~
WINTER CONCERT 2010-2011
2011年 Hey! Say! JUMP &「勇気100%」全国ツアー 東日本大震災のため大阪・仙台公演は中止[43]、福岡公演は会場を福岡国際センターに変更して5月8日に開催[45]
岡本圭人は学校の試験のため、横浜公演については17時開始公演(3公演)のみ参加。
中山優馬は関西ジャニーズJr. with 中山優馬の公演に出演のため、3月31日・5月3日 - 5月5日は欠席。その模様はシングル「Magic Power」初回限定2に収録。
2011年 SUMMARY 2011
2011年 Hey! Say! JUMP さよなら夏休み! SUMMARYスペシャル 『SUMMARY 2011』の追加公演として開催。
2012年 Hey! Say! JUMP New Year Concert 2012 1月2日の公演で、新シングル曲「SUPER DELICATE」とアジアツアー開催を発表[55][56]
2012年 Hey! Say! JUMP 東北スペシャルイベント[103] Hey! Say! JUMP &「勇気100%」全国ツアー・仙台公演が行われなかったため
2012年 Hey! Say! JUMP ASIA FIRST TOUR 2012 初の海外公演を開催。
当初ではタイ・韓国での公演も予定されていた[104]が中止。
カイテック・スターホール(香港)での公演は、3月24日 - 25日から5月26日 - 27日へと変更になった[104]
2012年 Hey! Say! JUMP TOUR 2012
2013年 JOHNNYS' Worldの感謝祭 in 東京ドーム・大阪ドーム 共演:A.B.C-ZSexy ZoneジャニーズJr.
2013年 Hey! Say! JUMP 全国へJUMPツアー2013
2014年 Hey! Say! JUMP LiVE with me in TOKYO DOME
2014年 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2014 smart グループ初のアルバムをもとにしたツアー。
2015年 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival
2015年 Hey! Say! JUMP COUNTDOWN LIVE 2015-2016 JUMPing CARnival Count Down グループ初の単独カウントダウンコンサート
2016年 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.
2016年-
2017年
Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.
2017年 Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017
2017年-
2018年
Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018

書籍[編集]

写真集[編集]

  • Hey! Say! JUMP ファースト写真集(2009年11月21日、集英社
    • 付録として写真集のメイキングと涙のコンサートの時の心境を収めたDVDが付いている

漫画[編集]

  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP(2010年6月1日、小学館
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 2巻(2011年4月28日、小学館)
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 3巻(2012年12月27日、小学館)
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 4巻(2014年7月25日、小学館)
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 5巻(2015年11月28日、小学館)

関連ユニット[編集]

Hey! Say! 7(期間限定ユニット)[編集]

Hey! Say! 7
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2007年4月3日 - 9月29日[108]
レーベル ジェイ・ストーム
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー 山田涼介
知念侑李
中島裕翔
有岡大貴
髙木雄也

Hey! Say! JUMPの内部ユニットである「Hey! Say! 7」(ヘイセイセブン)の前身に当たる、期間限定のユニットである。TBS系アニメ『ラブ★コン』7月 - 9月期(オンエアは7月7日 - 9月29日)のテーマ曲を歌う、番組と連動したユニットとして結成された[108]。ユニット名の由来は2007年に結成されたことから[109]

2007年4月3日名古屋で行われたKAT-TUNの全国ツアーの初日[108]、Jr.コーナーで初お披露目され[110]、同年8月1日にデビューシングル「Hey! Say!」を発売[111]。ジャニーズとして、メンバー全員が平成生まれのユニットがCDをリリースすることは初めてであった[112]8月4日東京ドーム周辺、8月5日インテックス大阪1号館にてシングル発売記念の握手会を行った。

メンバー[編集]

シングル[編集]

オリジナル曲[編集]

CD未収録曲
  • FATALISM(作詞・作曲:宮崎歩) - JASRAC作品コード:140-7679-9
  • The One[要出典]

出演[編集]

バラエティ[編集]
コンサート[編集]

いずれもジャニーズ事務所所属の先輩グループが行っていたコンサートのゲスト出演、及びジャニーズJr.の一員としての出演であり、単独公演は行われていない。

イベント[編集]
  • CDシングル「Hey! Say!」 発売記念握手会(2007年8月4日・東京、8月5日・大阪)

NYC boys・NYC[編集]

2009年6月、メンバーの山田涼介と知念侑李が中山優馬 w/B.I.Shadowとともに「NYC boys」を結成[28]。当初は期間限定とされていたが、同年末の第60回NHK紅白歌合戦にも出場し、活動継続が決まった[115]。2010年3月、中山・山田・知念の3人組ユニット「NYC」を結成し、新曲の発売を発表[34]。以降、山田と知念は2015年10月までHey! Say! JUMPとNYCを兼任し活動していた。

せんせーションズ[編集]

2015年公開の、映画『暗殺教室』の主題歌を担当するグループとして結成された9人組ユニット。外見は酷似しているものの、設定としてはHey! Say! JUMPとは別物という扱いになっている。

メンバー[編集]

  • コマンダー - 山田涼介
  • ドクター - 知念侑李
  • バレット - 中島裕翔
  • SHINOBI - 岡本圭人
  • ファルコンJr. - 有岡大貴
  • ラピッドファイヤー - 髙木雄也
  • ギーク - 伊野尾慧
  • ソニックハンター - 八乙女光
  • スコープ - 薮宏太

作品[編集]

すべてDVDシングル

A.Y.T.[編集]

2017年6月より日本テレビ系列で放送されるドラマ『孤食ロボット』の主題歌を担当するグループとして、出演するHey! Say! JUMPのメンバー3人によって結成されたユニット。

メンバー[編集]

  • 有岡大貴(A)
  • 八乙女光(Y)
  • 髙木雄也(T)

楽曲[編集]

  • Are You There?
    • Hey! Say! JUMPとの両A面シングル「Precious Girl/Are You There?」収録(2017年)

7月5日)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 山田と知念は2009年 - 2012年にNYCboys及びNYCとして4度の出場経験があるがメンバー9人が揃って出場するのは初となる。

出典[編集]

  1. ^ a b “ジャニーズ平成生まれ10人組デビュー”. nikkansports.com. (2007年9月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070925-260982.html 2011年9月29日閲覧。 
  2. ^ a b c d “「Hey! Say! JUMP」メンバー全員平成生まれ!…ジャニーズ最多10人グループ誕生!”. スポーツ報知. (2007年9月25日). オリジナル2007年10月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071015155539/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070925-OHT1T00048.htm 2011年9月29日閲覧。 
  3. ^ PROFILE/プロフィール | Hey! Say! JUMP オフィシャルサイト”. J storm. 2017年4月13日閲覧。(各メンバーのページを参照)
  4. ^ “Hey!Say!脱退の森本龍太郎が新ユニットで芸能活動再開「本当にごめんなさい」”. スポーツ報知. (2016年4月21日). オリジナル2016年4月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160423015225/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160421-OHT1T50096.html 2016年4月21日閲覧。 
  5. ^ “山田涼介セクシーさで魅了、熱狂の横アリ”. nikkansports.com. (2009年7月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090729-524701.html 2011年9月29日閲覧。 
  6. ^ a b c “Hey! Say! JUMP、初登場1位デビュー! 史上初の親子でデビュー作1位に”. ORICON STYLE. (2007年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/49809/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  7. ^ “Hey! Say! JUMP 世界へ舞い上がる 初のアジアツアー初日”. 中日スポーツ. (2012年5月4日). オリジナル2012年5月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120507033204/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012050402000134.html 2012年5月5日閲覧。 
  8. ^ a b c “Hey! Say! 最年少東京ドーム公演”. nikkansports.com. (2007年12月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071223-298804.html 2011年9月29日閲覧。 
  9. ^ a b 10年目のHey! Say! JUMP、東京ドーム史上初の1日2公演”. オリコン (2017年1月1日). 2017年4月1日閲覧。
  10. ^ a b c “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビュー曲から22作連続1位 歴代3位タイ”. ORICON STYLE. (2018年2月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2106003/full/ 2018年2月20日閲覧。 
  11. ^ a b c “【オリコン】Hey! Say! JUMP、アルバム自己最高売上で首位 1stから5作連続”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年8月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2076099/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  12. ^ a b “八乙女VS薮“ライバル心メラメラ””. スポーツ報知. (2007年10月21日). オリジナル2008年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080522081902/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20071021-OHT1T00059.htm 2016年7月7日閲覧。 
  13. ^ a b Hi! Hey! Say!”. Hi! Hey! Say!. テレビ東京 (2009年). 2018年5月25日閲覧。
  14. ^ “W杯バレーはHey! Say! JUMP”. nikkansports.com. (2007年10月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20071012-268949.html 2011年9月29日閲覧。 
  15. ^ a b c “Hey! Say! JUMP、華々しいデビュー!”. ORICON STYLE. (2007年12月26日). http://www.oricon.co.jp/news/music/50749/ 2011年9月29日閲覧。 
  16. ^ “Hey! Say! JUMPが春高バレーに”. nikkansports.com. (2008年3月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080320-337841.html 2011年9月29日閲覧。 
  17. ^ a b c Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP Spring Concert 2008 - ウェブアーカイブInternet Archive、2008年5月6日)
  18. ^ a b “バレー女子北京行きを後押し! Hey! Say! JUMPが1位獲得”. ORICON STYLE. (2008年5月27日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/54908/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  19. ^ “Hey! Say! JUMPがバレー五輪応援”. nikkansports.com. (2008年5月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080518-361314.html 2011年9月29日閲覧。 
  20. ^ a b “Hey! Say! JUMP、デビュー以来3作連続首位!”. ORICON STYLE. (2008年7月29日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/56765/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  21. ^ “ジャニーズ総出のサマリーは水24トン使用”. nikkansports.com. (2008年8月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080804-391480.html 2011年9月29日閲覧。 
  22. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > SUMMARY 2008”. Johnny's net. 2008年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  23. ^ a b “Hey! Say! JUMP、デビューから4作連続シングル首位”. ORICON STYLE. (2008年10月28日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/59451/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  24. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09”. Johnny's net. 2009年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  25. ^ “今年もJUMPが春高バレーサポーター役”. nikkansports.com. (2009年3月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090320-473444.html 2011年9月29日閲覧。 
  26. ^ “Hey! Say! 7が横浜で単独3公演”. nikkansports.com. (2009年3月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090322-474187.html 2011年9月29日閲覧。 
  27. ^ a b c 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP CONCERT TOUR '09春”. Johnny's net. 2009年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  28. ^ a b “ジャニー社長が新ユニット命名! その名は「NYC」”. Sponichi Annex. (2009年6月8日). オリジナル2015年12月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151222105133/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090608036.html 2011年9月29日閲覧。 
  29. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! サマーコンサート'09 JUMP天国”. Johnny's net. 2009年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  30. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP in TOKYO DOME”. Johnny's net. 2009年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  31. ^ “Hey! Say! JUMPに5万5000人”. nikkansports.com. (2009年9月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090914-543452.html 2011年9月29日閲覧。 
  32. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP CONCERT TOUR 2009-2010”. Johnny's net. 2010年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  33. ^ a b “Hey! Say! JUMPがデビューから5作連続首位、KAT-TUN以来2年3ヶ月ぶりの記録”. ORICON STYLE. (2010年3月2日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/73853/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  34. ^ a b “限定ユニット「NYC」が活動継続の新曲”. Sponichi Annex. (2010年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/03/02/kiji/K20100302Z00002220.html 2011年9月29日閲覧。 
  35. ^ “Hey! Say! 春高バレー開会式で熱演”. nikkansports.com. (2010年3月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100320-608142.html 2011年9月29日閲覧。 
  36. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! 2010 TEN JUMP”. Johnny's net. 2010年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  37. ^ “今度は本物Hey! Say! JUMP原宿現る! 広場で異例の公開記者会見”. スポーツ報知. (2010年4月3日). オリジナル2010年4月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100406193431/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100403-OHT1T00026.htm 2011年9月29日閲覧。 
  38. ^ a b “Hey! Say! JUMP、1stアルバムが首位獲得”. ORICON STYLE. (2010年7月13日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/78082/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  39. ^ “Hey! Say! JUMP飛んだ! 舞った!”. デイリースポーツオンライン. (2010年7月22日). オリジナル2012年1月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120116082527/http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2010/07/22/0003229546.shtml 2011年9月29日閲覧。 
  40. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > SUMMARY 2010”. Johnny's net. 2010年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  41. ^ a b “Hey! Say! JUMP、デビューから6作連続シングル首位”. ORICON STYLE. (2010年12月21日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/83207/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  42. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP 「ありがとう」 〜世界のどこにいても〜 WINTER CONCERT 2010〜2011”. Johnny's net. 2011年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  43. ^ a b “ジャニーズ3月のコンサートすべて中止”. nikkansports.com. (2011年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110316-749016.html 2011年9月29日閲覧。 
  44. ^ “ジャニーズ、トラックを無償で貸し出しへ”. SANSPO.COM. (2011年3月16日). オリジナル2011年8月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110830230123/http://www.sanspo.com/geino/news/110316/gng1103160504000-n1.htm 2011年9月29日閲覧。 
  45. ^ a b c 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP&「勇気100%」 全国ツアー”. Johnny's net. 2011年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  46. ^ “16歳森本龍太郎、喫煙発覚「無期限謹慎」”. デイリースポーツオンライン. (2011年6月28日). オリジナル2011年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110629094738/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/28/0004216644.shtml 2011年9月29日閲覧。 
  47. ^ “Hey! Say! 森本、喫煙で芸能活動停止”. SANSPO.COM. (2011年6月28日). オリジナル2011年9月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110902024054/http://www.sanspo.com/geino/news/110628/gng1106280520001-n1.htm 2011年9月29日閲覧。 
  48. ^ “Hey! Say! メンバー喫煙余波…9人でドーム”. デイリースポーツオンライン. (2011年6月29日). オリジナル2011年7月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110702005329/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/29/0004219604.shtml 2011年9月29日閲覧。 
  49. ^ a b “Hey! Say! JUMP、自己最高初週売上で7作連続首位”. ORICON STYLE. (2011年7月5日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/89520/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  50. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > SUMMARY 2011”. Johnny's net. 2011年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  51. ^ “Hey! Say! JUMP、メンバーの喫煙問題を謝罪し、夏恒例舞台開幕”. ORICON STYLE. (2011年8月8日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2000575/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  52. ^ “Hey! Say! JUMP 祝4歳 東京ドームで“誕生日”ライブ”. 中日スポーツ. (2011年9月25日). オリジナル2011年9月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110927165735/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011092502000075.html 2011年9月29日閲覧。 
  53. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP さよなら夏休み! SUMMARYスペシャル”. Johnny's net. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  54. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、新曲がデビューから8作連続首位”. ORICON STYLE. (2011年9月27日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2002111/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  55. ^ a b “Hey! Say! 初アジアツアー決定”. デイリースポーツオンライン. (2012年1月3日). オリジナル2012年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120103025436/http://daily.co.jp/gossip/article/2012/01/03/0004719219.shtml 2012年1月3日閲覧。 
  56. ^ a b “Hey! Say! 初アジアツアーが決定!”. SANSPO.COM. (2012年1月3日). オリジナル2012年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120103104731/http://www.sanspo.com/geino/news/120103/gng1201030509001-n1.htm 2012年1月3日閲覧。 
  57. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビューから9作連続首位 脚本家・野島伸司氏作詞曲”. ORICON STYLE. (2012年2月28日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2007638/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  58. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP ASIA FIRST TOUR 2012”. Johnny's net. 2012年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  59. ^ a b “【オリコン】嵐、新曲で35作目首位 アルバムはHey! Say! JUMPが2作連続首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年6月12日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2012846/full/ 2013年5月17日閲覧。 
  60. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP TOUR 2012”. Johnny's net. 2012年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  61. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP 全国へJUMPツアー2013”. Johnny's net. 2013年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  62. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、史上4組目のデビューから10作連続1位”. ORICON STYLE. (2013年7月2日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2026162/full/ 2013年9月20日閲覧。 
  63. ^ “Hey! Say! JUMP、新シングル“Ride With Me”は新春ドラマ〈金田一少年の事件簿〉主題歌”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年11月15日). http://tower.jp/article/news/2013/11/15/n04 2013年12月26日閲覧。 
  64. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビューから11作連続首位”. ORICON STYLE. (2014年1月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2032728/full/ 2014年1月8日閲覧。 
  65. ^ a b “Hey! Say! JUMP、新シングル『AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ』発売”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年12月20日). http://tower.jp/article/news/2013/12/20/n04 2013年12月26日閲覧。 
  66. ^ a b “【オリコン】Hey!Say!JUMP、3作連続アルバム1位 『アナ雪』は80万枚突破”. ORICON STYLE. (2014年6月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2038960/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  67. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2014 smart”. Johnny's net. 2014年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  68. ^ a b “【オリコン】Hey!Say!JUMP、デビューから13作連続首位”. ORICON STYLE. (2014年9月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2041890/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  69. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、14作連続首位”. ORICON STYLE. (2015年5月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2052468/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  70. ^ a b “【オリコン】Hey!Say!JUMPが4作連続1位 アルバム自己最高初動”. ORICON STYLE. (2015年6月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2055134/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  71. ^ a b c Hey! Say! JUMPの冠番組がレギュラー化”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2015年6月8日). 2018年5月25日閲覧。
  72. ^ 視聴者の声に応えて、土曜昼に大ジャンプ!”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2017年10月4日). 2018年5月25日閲覧。
  73. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival”. Johnny's net. 2015年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  74. ^ 「24時間テレビ」平均視聴率15・4%、歴代18位タイ”. スポニチアネックス (2015年8月25日). 2017年4月15日閲覧。
  75. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビュー曲から15作連続1位”. ORICON STYLE. (2015年10月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2061337/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  76. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  77. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP COUNTDOWN LIVE 2015-2016 JUMPing CARnival Count Down”. Johnny's net. 2015年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  78. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、自己最高初週売上で1位 デビューから16作連続”. ORICON STYLE. (2016年5月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2071753/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  79. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.”. Johnny's net. 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  80. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビュー曲から17作連続1位”. ORICON STYLE. (2016年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2080781/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  81. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビューから18作連続シングル首位 歴代単独4位に”. ORICON STYLE. (2016年12月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2083295/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  82. ^ a b 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.”. Johnny's net. 2016年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  83. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、シングル19作連続首位 自己最高の初週売上”. ORICON STYLE. (2017年2月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2086644/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  84. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、20作連続シングル首位 ユニット「A.Y.T.」曲と両A面”. ORICON STYLE. (2017年7月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2093901/full/ 2017年7月15日閲覧。 
  85. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、シングル21作連続1位 歴代3位タイに”. ORICON STYLE. (2017年12月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2103045/full/ 2017年12月26日閲覧。 
  86. ^ a b “宮城県×Hey!Say!JUMP 18年度観光キャンペーン 八乙女さんと薮さん、復興を後押し”. 河北新報. (2018年1月18日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180118_13012.html 2018年5月12日閲覧。 
  87. ^ a b c d e Hey!Say!JUMPのDVD売上ランキング”. ORICON NEWS. 2017年4月15日閲覧。
  88. ^ 【オリコン】Hey!Say!JUMP、4作連続DVD総合首位ORICON STYLE 2012年3月14日
  89. ^ “【オリコン】Hey! Say! JUMP、5作連続DVD総合首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2018701/full/ 2013年5月17日閲覧。 
  90. ^ “Hey! Say! JUMP、〈全国へJUMPツアー2013〉がDVD化! 東京ドーム公演ダイジェストも”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年10月2日). http://tower.jp/article/news/2013/10/02/n05 2013年10月2日閲覧。 
  91. ^ “Hey!Say!JUMP、7作連続7作目のオリコンDVD総合首位”. MUSICMAN-NET (MUSICMAN). (2015年2月25日). http://www.musicman-net.com/artist/44803.html 2015年2月25日閲覧。 
  92. ^ “【オリコン】Hey!Say!JUMP、8作連続DVD総合1位 自己最高の週間売上”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年2月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2066977/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  93. ^ “【オリコン】Hey! Say! JUMP、全国ツアーDVDが総合1位 初週自己最高を記録”. ORICON STYLE (オリコン). (2017年5月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2090200/full/ 2017年5月5日閲覧。 
  94. ^ a b “Hey!Say!JUMPが同世代“春高”プレーヤーを応援”. SANSPO.COM. (2008年3月21日). オリジナル2008年4月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080428111216/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200803/gt2008032118.html 2018年5月19日閲覧。 
  95. ^ “Hey!Say!JUMP初CMオンエア”. デイリースポーツonline. (2008年3月8日). オリジナル2008年3月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080313004940/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2008/03/08/0000865838.shtml 2018年5月19日閲覧。 
  96. ^ ““Hey! Say! JUMP”が映画を語る!『music.jp』の新TVCMが1月18日放映開始〜映画が月に4本観られる「2018年、もっと映画を観よう」キャンペーンを実施〜” (プレスリリース), エムティーアイ, (2018年1月17日), http://www.mti.co.jp/?p=22409 2018年5月12日閲覧。 
  97. ^ 帝国劇場『JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-』”. 東宝. 2013年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月12日閲覧。
  98. ^ a b 「Hey!Say!JUMP Spring Concert 2008 大阪大好き!また絶対に戻ってくるからね!」、『POTATO』2008年6月号、学研2008年5月7日、 87-90頁。
  99. ^ “Hey! Say! JUMP、DVDランキングで男性アーティスト史上最年少1位”. ORICON STYLE. (2009年5月6日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/65856/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  100. ^ “Hey! Say! JUMP、自己最高初週売上で2作連続DVD総合首位”. ORICON STYLE. (2010年9月22日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/80278/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  101. ^ “Hey! Say! JUMPのDVDが3作連続首位”. ORICON STYLE. (2011年1月9日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/83992/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  102. ^ 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP New Year Concert 2012”. Johnny's net. 2012年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  103. ^ サイゾーウーマン (2012年5月2日). “「みなさんが笑顔でいてくれるから」Hey!Say!JUMPが仙台イベントで涙”. excite ニュース. http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20120502/Cyzowoman_201205_post_5782.html 2017年5月21日閲覧。 
  104. ^ a b “Hey!Say!JUMP、5月に香港公演”. デイリースポーツonline. (2012年3月26日). オリジナル2012年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120413020025/http:/daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2012/03/26/0004916152.shtml 2018年5月25日閲覧。 
  105. ^ 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > JOHNNYS' Worldの感謝祭 in DOME TOKYO・OSAKA”. Johnny's net. 2013年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  106. ^ 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP LiVE with me in TOKYO DOME”. Johnny's net. 2014年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  107. ^ 公演情報は以下より:Hey! Say! JUMP > Concert/Srage > Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2017”. Johnny's net. 2017年5月21日閲覧。
  108. ^ a b c d e “ジャニーズ初!平成生まれユニット”. デイリースポーツonline. (2007年6月16日). オリジナル2007年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070619132424/https://www.daily.co.jp/gossip/2007/06/16/0000392183.shtml 2018年5月12日閲覧。 
  109. ^ a b “Hey!Say!7ナマ歌披露 ジャニーズジュニア・ユニット”. 中日スポーツ. (2007年6月17日). オリジナル2007年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070620064505/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2007061702024772.html 2018年5月12日閲覧。 
  110. ^ “時はHey!Say!7”. スポーツ報知. (2007年6月17日). オリジナル2007年10月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071015154233/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070617-OHT1T00028.htm 2018年5月2日閲覧。 
  111. ^ a b “Hey!Say!7が男性グループ史上最年少1位!”. ORICON STYLE (oricon ME). (2007年8月7日). http://www.oricon.co.jp/news/47004/full/ 2014年9月30日閲覧。 
  112. ^ a b c d e f “ジャニ初!オール平成生まれユニット”. Sponichi Annex. (2007年6月17日). オリジナル2007年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070620082833/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/06/17/03.html 2018年5月12日閲覧。 
  113. ^ 「ジャニーズJr.もかけつけた、大阪城ホールのアツい夜!「家に帰るまでがコンサートです!」」、『ポポロ』2007年7月号、麻布台出版社2007年5月23日、 104-106頁。
  114. ^ 「えっ!ホンマ!?ビックリ!! TOUR 2007 関ジャニ∞」、『POTATO』2007年10月号、学研2007年9月7日、 83-85頁。
  115. ^ “NYC boys、活動継続 ジャニー喜多川社長「正式ユニット」…紅白歌合戦”. スポーツ報知. (2010年1月1日). オリジナル2010年1月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100103115541/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100101-OHT1T00036.htm 2011年9月29日閲覧。 

外部リンク[編集]