Hey! Say! JUMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hey! Say! JUMP
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2007年9月24日 -
レーベル ジェイ・ストーム
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト Johnny's net > Hey! Say! JUMP
J Storm > Hey! Say! JUMP
メンバー Hey! Say! 7
山田涼介
知念侑李
中島裕翔
岡本圭人
Hey! Say! BEST
有岡大貴
高木雄也
伊野尾慧
八乙女光
薮宏太
旧メンバー 森本龍太郎

Hey! Say! JUMP(ヘイ! セイ! ジャンプ)は、日本男性アイドルグループ。所属芸能事務所ジャニーズ事務所。所属レコード会社ジェイ・ストーム2007年9月24日結成[1][2]

メンバー[編集]

イメージカラーはJ storm公式サイトのメンバープロフィールページで表示されている背景色[3]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

Hey! Say! 7[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 イメージカラー 備考
山田涼介
(やまだ りょうすけ)
(1993-05-09) 1993年5月9日(23歳) B型 東京都
知念侑李
(ちねん ゆうり)
(1993-11-30) 1993年11月30日(23歳) AB型 静岡県 ピンク
中島裕翔
(なかじま ゆうと)
(1993-08-10) 1993年8月10日(23歳) A型 東京都 水色
岡本圭人
(おかもと けいと)
(1993-04-01) 1993年4月1日(24歳) O型 東京都

Hey! Say! BEST[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 イメージカラー 備考
有岡大貴
(ありおか だいき)
(1991-04-15) 1991年4月15日(26歳) A型 千葉県 オレンジ
髙木雄也
(たかき ゆうや)
(1990-03-26) 1990年3月26日(27歳) O型 大阪府
伊野尾慧
(いのお けい)
(1990-06-22) 1990年6月22日(26歳) A型 埼玉県
八乙女光
(やおとめ ひかる)
(1990-12-02) 1990年12月2日(26歳) O型 宮城県
薮宏太
(やぶ こうた)
(1990-01-31) 1990年1月31日(27歳) A型 神奈川県 黄緑

元メンバー[編集]

名前 生年月日 血液型 出身地 備考
森本龍太郎
(もりもと りゅうたろう)
(1995-04-06) 1995年4月6日(22歳) A型 神奈川県 未成年喫煙で脱退後、退所。
現在はダンス&ボーカルグループ「ZERO」のメンバー[4]。活動時は最年少

概要[編集]

グループ名の由来[編集]

Hey! Say! Johnny's Ultra Music Power」の略で、「平成の時代を高くジャンプしていく」という意味が込められている[2]

記録[編集]

  • 2009年、横浜アリーナ史上初の7日間連続コンサートを開催[5]
  • 男闘呼組岡本健一を父に持つ岡本圭人がメンバーにおり、日本の音楽史上では初めて親子ともにデビュー曲で“1位”を獲得した[6]
  • 2012年、横浜アリーナ史上初の7日間連続10公演のコンサートを開催、2009年に達成した連続公演記録を更新[7]
  • 東京ドームでのグループ史上最年少公演記録(平均15.2歳)を保持している[8]
  • 2017年1月1日、東京ドームで史上初の1日2回公演を行なった[9]
  • 2017年3月現在、今まで発売したすべてのシングル[10]・アルバム[11]オリコンの週間ランキングで初登場1位を獲得している。

年譜[編集]

2007年[編集]

  • 9月24日:『JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA』を『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』にて生中継し、結成を発表[1][2]
  • 10月7日:初の冠番組『爆笑100分テレビ!平成ファミリーズ』が放送開始。山田、中島、森本がレギュラー出演。
  • 11月3日:冠番組『Hi! Hey! Say!』が放送開始。薮と八乙女がレギュラー出演。
  • 11月14日:「Ultra Music Power」でCDデビュー。オリコンの週間シングルランキングで初登場1位を記録[6]
  • 11月2日 - 12月2日:『ワールドカップバレーボール2007』のスペシャルサポーターを担当[12][13]
  • 12月22日:初の単独コンサート『Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり! in 東京ドーム』を開催。東京ドームでのグループ・ソロ合わせて史上最年少公演記録(当時、平均年齢15歳7か月)を更新[8][13](それまでの記録は1998年10月10日のSPEEDの当時、平均15歳8ヶ月)。

2008年[編集]

2009年[編集]

  • 3月20日 - 26日:『第40回春の高校バレー全国大会』のスペシャルサポーターを担当[20]
  • 3月21日 - 25日:Hey! Say! 7が初の単独コンサート『Hey! Say! 7 spring concert 09 MONKEY』を開催[21]
  • 3月31日 - 5月4日:コンサート『Hey! Say! JUMP CONCERT TOUR '09春』を開催。
  • 4月5日:『時空間☆世代バトル 昭和×平成 SHOWはHey! Say!』が放送終了し『スクール革命!』がスタート。出演者が変更され山田、知念、八乙女の3人となった。
  • 6月7日:山田と知念が「NYC boys」に参加して活動開始[22]
  • 7月23日 - 8月27日:コンサート『Hey! Say! サマーコンサート'09 JUMP天国TENGOKU-』を開催。
  • 9月13日:コンサート『Hey! Say! JUMP TENGOKU DOME 何が起こるかわからない!? 東京ドーム』を開催。この公演でコンサート観客動員が延べ100万人を突破し、単独のファンクラブの発足が発表された[23]
  • 10月10日:『Hi! Hey! Say!』がリニューアルし『週末YY JUMPing』が放送開始。出演者は引き続き薮と八乙女。
  • 11月11日:山田、知念、有岡が東京ドームシティで「ウインターイルミネーション01」の点灯式を行い[24]終了後には握手会も開催[要出典]
  • 12月19日 - 2010年1月6日:コンサート『Hey! Say! JUMP WINTER CONCERT 09-10』を開催。

2010年[編集]

  • 2月24日:5作目のシングル「瞳のスクリーン」を発売。通算5作目のオリコン初登場1位を記録[25]
  • 3月2日:山田と知念が中山優馬と「NYC」として活動することを発表[26]
  • 3月20日 - 26日:Hey! Say! 7が『第41回春の高校バレー全国大会』のスペシャルサポーターを担当[27]
  • 4月2日 - 5月16日:コンサート『Hey! Say! 2010 TEN JUMP』を開催。初日の4月2日に国立代々木競技場の入り口前に特設ステージを作り公開会見を開いた[28]
  • 4月2日:『ザ少年倶楽部』に年間番組サポーターとしてレギュラー出演開始。
  • 7月7日:ファーストアルバム『JUMP NO.1』を発売。オリコン初登場1位を記録[29]
  • 7月19日 - 8月29日:舞台『SUMMARY 2010』に出演[30]
  • 12月15日:6作目のシングル「「ありがとう」~世界のどこにいても~」を発売。通算6作目のオリコン初登場1位を記録[31]
  • 12月25日 - 2011年1月16日:コンサート『Hey! Say! JUMP「ありがとう」~世界のどこにいても~ WINTER CONCERT 2010-2011』を開催。

2011年[編集]

  • 3月28日 - 5月29日:コンサート『Hey! Say! JUMP with NYC SPRING CONCERT 2011』を開催予定だったが、東日本大震災の影響で3月の公演を中止する[32][33]
  • 4月 - :『ザ少年倶楽部』の司会を務める。
  • 4月10日 - 5月29日:コンサート『Hey! Say! JUMP&「勇気100%」全国ツアー』を開催。
  • 4月16日 -:全員での冠番組『ヤンヤンJUMP』がスタートする。
  • 6月27日:森本が過去に喫煙していたことが『週刊女性』の報道で発覚。無期限の活動休止処分をジャニーズ事務所が発表し、当面は9人で活動することになった[34][35][36]
  • 6月29日:7作目のシングル「OVER」を発売。通算7作目のオリコン初登場1位を記録[37]
  • 8月7日 ‐ 9月11日:舞台『SUMMARY 2011』に出演。公演初日の開演前にメンバーが会見を開き、謹慎処分について謝罪した[38]
  • 9月18日、24日、25日:舞台「さよなら夏休み! SUMMARYスペシャル」を開催[39]
  • 9月21日:8作目のシングル「Magic Power」を発売。通算8作目のオリコン初登場1位を記録[40]
  • 11月14日時点で、ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」、同公式携帯サイト「Johnny's web」、所属レコード会社「ジェイ・ストーム」公式サイトから、森本のプロフィールが削除されていることが判明する。

2012年[編集]

  • 1月2日:3月から6月にかけて初のアジアツアーを開催することを、横浜アリーナでのコンサートで発表[41][42]
  • 2月22日:9作目のシングル「SUPER DELICATE」を発売。通算9作目のオリコン初登場1位を記録[43]
  • 5月26日、27日:初の海外公演(計4公演)を香港で行った。
  • 6月6日:2作目のアルバム『JUMP WORLD』を発売[44]
  • 7月8日:海外公演を含むコンサートツアー『Hey! Say! JUMP TOUR 2012』がスタート。
  • 11月10日:『JOHNNYS' World』がスタート。メンバー全員で座長として出演。

2013年[編集]

  • 1月9日:山田涼介がシングル「ミステリー ヴァージン」でソロデビュー。
  • 4月 - 8月:コンサートツアー『Hey! Say! JUMP 全国へJUMPツアー2013』を開催[45]
  • 6月26日:10作目のシングル「Come On A My House」を発売、通算10作目のオリコン初登場1位を記録[46]
  • 12月25日:11作目のシングル「Ride With Me」を発売[47]、通算11作目のオリコン初登場1位を記録[48]

2014年[編集]

  • 2月5日:12作目のシングル「AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ」(両A面)を発売、通算12作目のオリコン初登場1位を記録[49]
  • 4月1日:八乙女と有岡が日本テレビ系『ヒルナンデス!』の火曜レギュラーに起用。
  • 6月18日:3作目のアルバム『smart』発売、オリコン初登場1位を記録[50]
  • 9月3日:13作目のシングル「ウィークエンダー/明日へのYELL」(両A面)を発売、通算13作目のオリコン初登場1位を記録[51]
  • 10月13日:横浜アリーナで行われた全国ツアーで、同所公演の観客動員数が100万人を突破した。通算69公演、動員総数103万5000人は現役アーティストで最多記録。

2015年[編集]

  • 4月29日:14作目のシングル「Chau#/我 I Need You」(両A面)を発売、通算14作目のオリコン初登場1位を記録[52]
  • 6月24日:4作目のアルバム『JUMPing CAR』を発売、オリコン初登場1位を記録[53]
  • 7月8日:冠番組『いただきハイジャンプ』スタート。
  • 7月25日 - 10月12日:コンサートツアー『JUMPing CARnival』を開催。
  • 8月22、23日:『24時間テレビ38』のメインパーソナリティーを[V6 (グループ)|V6]とともに務める[54]
  • 10月21日:15作目のシングル「キミアトラクション」を発売、通算15作目のオリコン初登場1位を記録[55]
  • 12月9日:Yahoo!検索大賞 2015・アイドル部門賞を受賞[56]
  • 12月30、31日:京セラドーム大阪にて、初の単独カウントダウンコンサートを開催。

2016年[編集]

  • 5月11日:16作目のシングル「真剣SUNSHINE」を発売、通算16作目のオリコン初登場1位を記録[57]
  • 7月23日、24日:『FNS27時間フェスティバル』で、「全国高校ダンク選手権」のスペシャルサポーターに抜擢。
  • 7月27日:5枚目のアルバム『DEAR.』を発売、通算オリジナルアルバム5作目の1位を記録[11]
  • 7月28日 - 11月3日:コンサートツアー『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.』を開催。
  • 10月26日:17枚目のシングル「Fantastic Time」を発売、通算17作目のオリコン初登場1位を記録[58]
  • 12月14日:18枚目のシングル「Give Me Love」を発売、通算18作目のオリコン初登場1位を記録[59]
  • 12月31日 - 2017年1月1日:東京ドームで単独カウントダウンコンサート。

2017年[編集]

  • 1月1日:東京ドーム史上初の1日2回コンサート公演[9]
  • 2月22日:19枚目のシングル「OVER THE TOP」を発売、通算19作目のオリコン初登場1位を記録[10]

作品[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 週間
チャート
収録アルバム
1 2007年11月14日 Ultra Music Power 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5072/3 1位[6] JUMP NO.1
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5074
通常盤 (CD) JACA-5075
2 2008年5月21日 Dreams come true 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5096/7 1位[15]
通常盤 (CD) JACA-5098
3 2008年7月23日 Your Seed/冒険ライダー 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5106/7 1位[17]
通常盤 (CD) JACA-5108
4 2008年10月22日 真夜中のシャドーボーイ 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5119/20 1位[19]
通常盤 (CD) JACA-5121
5 2010年2月24日 瞳のスクリーン 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5209/10 1位[25]
通常盤 (CD) JACA-5211
6 2010年12月15日 「ありがとう」〜世界のどこにいても〜 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5251/2 1位[31] JUMP WORLD
通常盤 (CD) JACA-5253
7 2011年6月29日 OVER 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5271/2 1位[37]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5274/5
通常盤 (CD) JACA-5273
8 2011年9月21日 Magic Power 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5280/1 1位[40]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5282/3
通常盤 (CD) JACA-5284
9 2012年2月22日 SUPER DELICATE 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5304/5 1位[43]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5306/7
通常盤 (CD) JACA-5308
10 2013年6月26日 Come On A My House 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5369/70 1位[46] smart
初回限定盤2 (CD) JACA-5371
通常盤 (CD) JACA-5372
11 2013年12月25日 Ride With Me 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5389/90 1位[48]
初回限定盤2 (CD) JACA-5391
通常盤 (CD) JACA-5392
12 2014年2月5日 AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5393/4 1位[49]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5395/6
初回限定盤3 (CD) JACA-5397
通常盤 (CD) JACA-5398
13 2014年9月3日 ウィークエンダー/明日へのYELL 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5437/8 1位[51] JUMPing CAR
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5439/40
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5441
通常盤 (CD) JACA-5442
14 2015年4月29日 Chau#/我 I Need You 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5459/60 1位[52]
通常盤初回プレス仕様 (CD+DVD) JACA-5461/2
通常盤 (CD) JACA-5463
15 2015年10月21日 キミアトラクション 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5475/6 1位[55] DEAR.
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5477/8
通常盤 (CD) JACA-5479
16 2016年5月11日 真剣SUNSHINE 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5598/9 1位[57]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5600/1
通常盤 (CD) JACA-5602
17 2016年10月26日 Fantastic Time 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5628/9 1位[58]
初回限定盤2 (CD) JACA-5630
通常盤 (CD) JACA-5631
18 2016年12月14日 Give Me Love 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5640/1 1位[59]
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5642
通常盤 (CD) JACA-5643
19 2017年2月22日 OVER THE TOP 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5649/50 1位[10]
初回限定盤2 (CD) JACA-5651/2
通常盤 (CD) JACA-5653

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 週間
チャート
1 2010年7月7日 JUMP NO.1 初回限定盤 (CD) JACA-5230 1位[29]
通常盤 (CD) JACA-5231
2 2012年6月6日 JUMP WORLD 初回限定盤 (CD+DVD) JACA-5322/3 1位[44]
通常盤初回プレス仕様 (CD) JACA-5324
通常盤 (CD)
3 2014年6月18日 smart 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5430/1 1位[50]
初回限定盤2(CD+DVD) JACA-5432/3
通常盤初回プレス仕様 (2CD) JACA-5434/5
通常盤 (CD) JACA-5436
4 2015年6月24日 JUMPing CAR 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5467/8 1位[53]
初回限定盤2 (CD+DVD) JACA-5469/70
通常盤 (CD) JACA-5471
5 2016年7月27日 DEAR. 初回限定盤1 (CD+DVD) JACA-5614/5 1位[11]
初回限定盤2 (2CD) JACA-5616/7
通常盤 (CD) JACA-5618

映像作品[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 規格品番 週間
チャート
1 2008年4月30日 Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり!in 東京ドーム 2DVD JABA-5040/1 2位[60]
2 2009年4月29日 Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09 DVD JABA-5049 1位[60]
3 2010年9月15日 Hey! Say! 2010TEN JUMP 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5072/3 1位[60]
通常盤 (2DVD)
4 2011年1月12日 SUMMARY2010 DVD JABA-5079 1位[60]
5 2012年3月7日 SUMMARY 2011 in DOME 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5094/5 1位[61]
通常盤 (2DVD)
6 2012年11月7日 JUMP WORLD 2012 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5103/4 1位[62]
通常盤 (2DVD)
7 2013年11月13日 全国へJUMPツアー2013[63] 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5112/3 1位[60]
通常盤 (2DVD)
8 2015年2月18日 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2014 smart 初回プレス仕様 (3DVD) JABA-5124〜6 1位[64]
通常盤 (2DVD) JABA-5127/8
9 2016年2月10日 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5158/9 1位[65]
通常盤 (DVD) JABA-5160
10 2017年4月26日 Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR. 初回プレス仕様 (2DVD) JABA-5174/5
通常盤 (DVD) JABA-5176

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

単発番組[編集]

  • 平成タイムジャンパー(2014年4月26日・11月29日・2016年1月15日、テレビ朝日)
  • いただきSUPERハイジャンプ(2015年12月30日、フジテレビ)
  • いただきハイジャンプ年末人助け大放出SP!(2016年12月29日、フジテレビ)

特別番組[編集]

バレーボール大会[編集]

イメージキャラクターやスペシャルサポーターに就任し、イメージソングを担当した大会を挙げる。

その他のテレビ番組[編集]

  • 体操の時間。「JUMP体操」(2007年10月22日 - 11月2日、フジテレビ)
  • ワールドカップバレー2007Wの伝説(2007年10月22日 - 11月1日、フジテレビ)
  • ワールドカップバレーボール2007(2007年11月2日 - 12月2日、フジテレビ)
  • ワールドカップバレー2007ハイライト(2007年11月2日 - 12月2日、フジテレビ)

CM[編集]

  • Wii
    • DECA SPORTA(Hey! Say! JUMP)
    • Wii DECA SPORTA2(Hey! Say! BEST)
    • Wii はたらくヒト(八乙女光、髙木雄也、伊野尾慧)
  • ハウス食品
  • ロッテ
    • ガーナ(Hey! Say! 7)
    • フルーティオ(Hey! Say! 7)
    • フルーティオ スカッシュ(Hey! Say! 7)
  • ブルボン
    • ゼリーシリーズ(Hey! Say! 7)
    • アーモンドラッシュ(Hey! Say! 7)
    • フルじぇら(Hey! Say! 7)
    • じゃがチョコ(Hey! Say! 7)
    • アーモンドキャラメルポップコーン(Hey! Say! JUMP)
  • コーセーコスメポート
    • ソフティモ(Hey! Say! JUMP)
    • サンカット(Hey! Say! JUMP)
    • クリアターン(Hey! Say! JUMP)
  • セブン-イレブン
    • セブン-イレブンフェア(Hey! Say! JUMP)
  • エムティーアイ
    • music.jp(Hey! Say! JUMP)

舞台[編集]

イベント[編集]

  • 東京ドームシティ点灯式(握手会)(2009年11月11日)- 山田、知念、有岡
  • ジャニーズ選抜大運動会(2009年12月13日)- 白組:山田・知念、赤組:中島・森本・岡本・有岡・高木・伊野尾・八乙女(欠席:薮)
  • 吠えろ!ジャニーズ虎の巻 東西ドーム10万人集結!!超豪華年越し生歌合戦(2009年12月31日 ‐ 2010年1月1日) - Hey! Say! BESTHey! Say! 7(映像出演)
  • Marching J(2011年4月1日 ‐ 3日、代々木体育館
  • リュウ達来ちゃいなよ!ジャニーズ東西ドーム年越し生歌合戦!!(2011年12月31日 ‐ 2012年1月1日、東京ドーム)
  • 平成25!!15年目だよ!見なきゃソンSONGジャニーズ年越し生放送(2012年12月31日 ‐ 2013年1月1日、東京ドーム)
  • ウマれる新たな伝説 ジャニーズ年越し生放送(2013年12月31日 ‐ 2014年1月1日、東京ドーム)
  • 嵐のワクワク学校2015 ~日本がもっと楽しくなる四季の授業~(2015年6月6日 - 6月28日、 京セラドーム大阪、東京ドーム)
  • “東京ドームに全員集合” みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会(2016年4月13日、東京ドーム)- 欠席 伊野尾
  • ジャニーズ大運動会2017(2017年4月16日、東京ドーム)

コンサート[編集]

タイトル 日程・会場 備考
2007年 JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA ジャニーズJr.の一員として出演。初お披露目。
2007年 Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり! in 東京ドーム 初の単独公演。
アリーナ席を設けずステージを設置し、360度観客を入れたスタジアム公演の形となった。
後に同公演をDVDとして発売
2008年 Hey! Say! JUMP Spring concert 2008 髙木はスケジュールの都合により、4月6日・5月4日は欠席。
ステージの演出、構成、プロデュースなどは八乙女が、メンバーの意見を取り入れながら行なった。
2008年 SUMMARY 2008 過去にNEWSKAT-TUNYa-Ya-yahなどが行なった総合エンターテイメントショー。
髙木はスケジュールの都合により、9月1日 - 2日は欠席。
2008年-
2009年
Hey! Say! Jump-ing Tour '08-'09 ステージの演出、構成、プロデュース等は薮と八乙女が行なった。
横浜の最終公演の映像がDVDとして発売[66]
2009年 Hey! Say! JUMP CONCERT TOUR '09春 Hey! Say! 7 Hey! Say! 7(中島、山田、知念、森本、岡本)のみの出演
名古屋公演のみ八乙女、有岡も参加(高木はインフルエンザのため欠席)
Hey! Say! JUMP
2009年 Hey! Say! サマーコンサート'09 JUMP天国TENGOKU- 横浜アリーナでは、同会場初の7日間連続公演を行った。
2009年 Hey! Say! JUMP TENGOKU DOME
何が起こるかわからない!? 東京ドーム
当初予定されていた公演タイトルは、「Hey! Say! JUMP in 東京ドーム なにが起こるかわからない!? お楽しみ公演!」であった。先に行なわれたアリーナツアーとは演出・セットリスト等が全く異なる。
2009年-
2010年
Hey! Say! JUMP WINTER CONCERT 09-10 薮は自身が主演する舞台「シーラブズ・ミー」に出演するため、大阪公演、名古屋公演および、1月6日の横浜公演を欠席。
2010年 Hey! Say! 2010 TEN JUMP グループ初となる国立代々木競技場、京セラドーム大阪公演が行われた。
最終公演の大阪公演がDVDとして発売[67]
2010年 SUMMARY 2010 グループ主演としては2度目の公演。
8月25日の公演を収録したDVDが発売された[68]
2010年-
2011年
Hey! Say! JUMP「ありがとう」~世界のどこにいても~ WINTER CONCERT 2010-2011
2011年 Hey! Say! JUMP&「勇気100%」全国ツアー 東日本大震災のため大阪・仙台公演は中止[32]、福岡公演は会場を福岡国際センターに変更して5月8日に開催。
岡本圭人は、学校の試験のため、横浜公演については、17時開始公演(3公演)のみ参加。
中山優馬は関西ジャニーズJr. with 中山優馬の公演に出演のため、3月31日・5月3日 - 5月5日は欠席。
その模様はシングル「Magic Power」初回限定2に収録
2011年 SUMMARY 2011
2011年 Hey! Say! JUMP さよなら夏休み! SUMMARYスペシャル 『SUMMARY 2011』の追加公演として開催。
2012年 Hey! Say! JUMP New Year Concert 2012[69] 1月2日の公演で、新シングル曲「SUPER DELICATE」とアジアツアー開催を発表[41][42]
2012年 Hey! Say! JUMP 東北スペシャルイベント Hey!Say!JUMP&「勇気100%」全国ツアー・仙台公演が行われなかったため
2012年 Hey! Say! JUMP ASIA FIRST TOUR 2012[70] 初の海外公演を開催。
2012年 Hey! Say! JUMP TOUR 2012[71]
2013年 JOHNNYS' Worldの感謝祭 in 東京ドーム・大阪ドーム[45] 共演:A.B.C-ZSexy ZoneジャニーズJr.
2013年 Hey! Say! JUMP 全国へJUMPツアー2013[45]
2014年 Hey!Say!JUMP LiVE with me in TOKYO DOME
2014年 Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2014 smart グループ初のアルバムをもとにしたツアー。
2015年 Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival
2015年 Hey!Say!JUMP 大阪ドーム Countdown Concert 2015-2016 グループ初の単独カウントダウンコンサート
2016年 Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.
2016年-
2017年
Hey!Say!JUMP LIVE 2016-2017 DEAR.

書籍[編集]

写真集[編集]

  • Hey! Say! JUMP ファースト写真集(2009年11月21日、集英社
    • 付録として写真集のメイキングと涙のコンサートの時の心境を収めたDVDが付いている

漫画[編集]

  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP(2010年6月1日、小学館
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 2巻(2011年4月28日、小学館)
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 3巻(2012年12月27日、小学館)
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 4巻(2014年7月25日、小学館)
  • わいわいっ☆Hey! Say! JUMP 5巻(2015年11月28日、小学館)

関連ユニット[編集]

Hey! Say! 7(期間限定ユニット)[編集]

Hey! Say! 7
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2007年4月3日 - 9月30日
レーベル ジェイ・ストーム
事務所 ジャニーズ事務所
メンバー 山田涼介
知念侑李
中島裕翔
有岡大貴
髙木雄也

Hey! Say! JUMPの内部ユニットである「Hey! Say! 7」(ヘイセイセブン)の前身に当たる、期間限定のユニットである。TBS系アニメ『ラブ★コン』7月 - 9月期のテーマ曲を歌う、番組と連動したユニットとして結成された[72]

2007年4月3日名古屋で行われた、KAT-TUNのコンサートで初披露され、同年8月1日にデビューシングル「Hey! Say!」を発売[72]。ジャニーズとして、メンバー全員が平成生まれのユニットがCDをリリースすることは初めてであった。8月4日東京ドーム周辺、8月5日インテックス大阪1号館にてシングル発売記念の握手会を行った。

メンバー[編集]

  • 山田涼介
  • 知念侑李
  • 中島裕翔
  • 有岡大貴
  • 髙木雄也

シングル[編集]

出演[編集]

バラエティ[編集]
コンサート[編集]

いずれもジャニーズ事務所所属の先輩グループが行っていたコンサートのゲスト出演、及びジャニーズJr.の一員としての出演であり、単独公演は行われていない。

タイトル 公演日程 公演箇所
公演数
会場
2007年 TOUR2007 cartoon KAT-TUN II You 4月3日 - 6月17日 7会場・28公演 日本ガイシホール広島グリーンアリーナホットハウススーパーアリーナ宮城県)・大阪城ホール北海道立総合体育センター(北海きたえーる)マリンメッセ福岡東京ドーム
2007年 嵐 海外ツアー凱旋記念公演 ARASHI AROUND ASIA+ in Dome 4月29日・30日 1会場・2公演 東京ドーム
2007年 関西ジャニーズJr. 大阪城ホール FIRST CONCERT 5月6日 1会場 大阪城ホール
2007年 関ジャニ∞ えっ!ホンマ!?ビックリ!! TOUR 2007 8月4日 - 8月5日 1会場・2公演 東京ドーム
2007年 ジャニーズJr.の大冒険! @メリディアン 8月15日 - 24日 1会場 ホテル・グランパシフィック・メリディアン
2007年 JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA 9月23日 - 24日第1部 1会場 横浜アリーナ

イベント[編集]

  • CDシングル「Hey! Say!」 発売記念握手会(2007年8月4日・東京、8月5日・大阪)

NYC boys・NYC[編集]

2009年6月、メンバーの山田涼介と知念侑李が中山優馬 w/B.I.Shadowとともに「NYC boys」を結成[22]。当初は期間限定とされていたが、同年末の紅白歌合戦にも出場し、活動継続が決まった[73]。2010年3月、中山・山田・知念の3人組ユニット「NYC」を結成し、新曲の発売を発表[26]。以降、山田と知念は2015年10月までHey! Say! JUMPとNYCを兼任しながら活動していた。

せんせーションズ[編集]

2015年公開の山田涼介主演映画『暗殺教室』の主題歌を担当するグループとして結成された9人組ユニット。外見は酷似しているものの設定としてはHey! Say! JUMPとは別物という扱いになっている。

メンバー[編集]

  • コマンダー - 山田涼介
  • ドクター - 知念侑李
  • バレット - 中島裕翔
  • SHINOBI - 岡本圭人
  • ファルコンJr. - 有岡大貴
  • ラピッドファイヤー - 髙木雄也
  • ギーク - 伊野尾慧
  • ソニックハンター - 八乙女光
  • スコープ - 薮宏太

作品[編集]

すべてDVDシングル

  1. 殺せんせーションズ(2015年3月18日)
  2. さよならセンセーション(2016年3月23日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “ジャニーズ平成生まれ10人組デビュー”. nikkansports.com. (2007年9月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070925-260982.html 2011年9月29日閲覧。 
  2. ^ a b c “「Hey! Say! JUMP」メンバー全員平成生まれ!…ジャニーズ最多10人グループ誕生!”. スポーツ報知. (2007年9月25日). オリジナル2007年10月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071015155539/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20070925-OHT1T00048.htm 2011年9月29日閲覧。 
  3. ^ PROFILE/プロフィール | Hey! Say! JUMP オフィシャルサイト”. J storm. 2017年4月13日閲覧。(各メンバーのページを参照)
  4. ^ “Hey!Say!脱退の森本龍太郎が新ユニットで芸能活動再開「本当にごめんなさい」”. スポーツ報知. (2016年4月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160421-OHT1T50096.html 2016年4月21日閲覧。 
  5. ^ “山田涼介セクシーさで魅了、熱狂の横アリ”. nikkansports.com. (2009年7月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090729-524701.html 2011年9月29日閲覧。 
  6. ^ a b c “Hey! Say! JUMP、初登場1位デビュー! 史上初の親子でデビュー作1位に”. ORICON STYLE. (2007年11月20日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/49809/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  7. ^ “Hey! Say! JUMP 世界へ舞い上がる 初のアジアツアー初日”. 中日スポーツ. (2012年5月4日). オリジナル2012年5月7日時点によるアーカイブ。. https://web-beta.archive.org/web/20120507033204/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012050402000134.html 2012年5月5日閲覧。 
  8. ^ a b “Hey! Say! 最年少東京ドーム公演”. nikkansports.com. (2007年12月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071223-298804.html 2011年9月29日閲覧。 
  9. ^ a b 10年目のHey! Say! JUMP、東京ドーム史上初の1日2公演”. オリコン (2017年1月1日). 2017年4月1日閲覧。
  10. ^ a b c “【オリコン】Hey! Say! JUMP、シングル19作連続首位 自己最高の初週売上”. ORICON STYLE. (2017年2月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2086644/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  11. ^ a b c “【オリコン】Hey! Say! JUMP、アルバム自己最高売上で首位 1stから5作連続”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年8月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2076099/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  12. ^ “W杯バレーはHey! Say! JUMP”. nikkansports.com. (2007年10月12日). http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20071012-268949.html 2011年9月29日閲覧。 
  13. ^ a b “Hey! Say! JUMP、華々しいデビュー!”. ORICON STYLE. (2007年12月26日). http://www.oricon.co.jp/news/music/50749/ 2011年9月29日閲覧。 
  14. ^ “Hey! Say! JUMPが春高バレーに”. nikkansports.com. (2008年3月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20080320-337841.html 2011年9月29日閲覧。 
  15. ^ a b “バレー女子北京行きを後押し! Hey! Say! JUMPが1位獲得”. ORICON STYLE. (2008年5月27日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/54908/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  16. ^ “Hey! Say! JUMPがバレー五輪応援”. nikkansports.com. (2008年5月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080518-361314.html 2011年9月29日閲覧。 
  17. ^ a b “Hey! Say! JUMP、デビュー以来3作連続首位!”. ORICON STYLE. (2008年7月29日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/56765/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  18. ^ “ジャニーズ総出のサマリーは水24トン使用”. nikkansports.com. (2008年8月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080804-391480.html 2011年9月29日閲覧。 
  19. ^ a b “Hey! Say! JUMP、デビューから4作連続シングル首位”. ORICON STYLE. (2008年10月28日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/59451/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  20. ^ “今年もJUMPが春高バレーサポーター役”. nikkansports.com. (2009年3月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090320-473444.html 2011年9月29日閲覧。 
  21. ^ “Hey! Say! 7が横浜で単独3公演”. nikkansports.com. (2009年3月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090322-474187.html 2011年9月29日閲覧。 
  22. ^ a b “ジャニー社長が新ユニット命名! その名は「NYC」”. Sponichi Annex. (2009年6月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2009jani/KFullNormal20090608036.html 2011年9月29日閲覧。 
  23. ^ “Hey! Say! JUMPに5万5000人”. nikkansports.com. (2009年9月14日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090914-543452.html 2011年9月29日閲覧。 
  24. ^ “Hey! Say! JUMP山田知念有岡、5000人と雨の点灯式”. 日テレNEWS24. (2009年11月11日). http://www.news24.jp/entertainment/news/168948.html 2011年9月29日閲覧。 
  25. ^ a b “Hey! Say! JUMPがデビューから5作連続首位、KAT-TUN以来2年3ヶ月ぶりの記録”. ORICON STYLE. (2010年3月2日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/73853/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  26. ^ a b “限定ユニット「NYC」が活動継続の新曲”. Sponichi Annex. (2010年3月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/03/02/kiji/K20100302Z00002220.html 2011年9月29日閲覧。 
  27. ^ “Hey! Say! 春高バレー開会式で熱演”. nikkansports.com. (2010年3月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100320-608142.html 2011年9月29日閲覧。 
  28. ^ “今度は本物Hey! Say! JUMP原宿現る! 広場で異例の公開記者会見”. スポーツ報知. (2010年4月3日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100403-OHT1T00026.htm 2011年9月29日閲覧。 
  29. ^ a b “Hey! Say! JUMP、1stアルバムが首位獲得”. ORICON STYLE. (2010年7月13日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/78082/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  30. ^ “Hey! Say! JUMP飛んだ! 舞った!”. デイリースポーツオンライン. (2010年7月22日). http://www.daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2010/07/22/0003229546.shtml 2011年9月29日閲覧。 
  31. ^ a b “Hey! Say! JUMP、デビューから6作連続シングル首位”. ORICON STYLE. (2010年12月21日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/83207/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  32. ^ a b “ジャニーズ3月のコンサートすべて中止”. nikkansports.com. (2011年3月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110316-749016.html 2011年9月29日閲覧。 
  33. ^ “ジャニーズ、トラックを無償で貸し出しへ”. SANSPO.COM. (2011年3月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/110316/gng1103160504000-n1.htm 2011年9月29日閲覧。 
  34. ^ “16歳森本龍太郎、喫煙発覚「無期限謹慎」”. デイリースポーツオンライン. (2011年6月28日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/28/0004216644.shtml 2011年9月29日閲覧。 
  35. ^ “Hey! Say! 森本、喫煙で芸能活動停止”. SANSPO.COM. (2011年6月28日). http://www.sanspo.com/geino/news/110628/gng1106280520001-n1.htm 2011年9月29日閲覧。 
  36. ^ “Hey! Say! メンバー喫煙余波…9人でドーム”. デイリースポーツオンライン. (2011年6月29日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/29/0004219604.shtml 2011年9月29日閲覧。 
  37. ^ a b “Hey! Say! JUMP、自己最高初週売上で7作連続首位”. ORICON STYLE. (2011年7月5日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/89520/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  38. ^ “Hey! Say! JUMP、メンバーの喫煙問題を謝罪し、夏恒例舞台開幕”. ORICON STYLE. (2011年8月8日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2000575/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  39. ^ “Hey! Say! JUMP 祝4歳 東京ドームで“誕生日”ライブ”. 中日スポーツ. (2011年9月25日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2011092502000075.html 2011年9月29日閲覧。 
  40. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、新曲がデビューから8作連続首位”. ORICON STYLE. (2011年9月27日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2002111/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  41. ^ a b “Hey! Say! 初アジアツアー決定”. デイリースポーツオンライン. (2012年1月3日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/01/03/0004719219.shtml 2012年1月3日閲覧。 
  42. ^ a b “Hey! Say! 初アジアツアーが決定!”. SANSPO.COM. (2012年1月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/120103/gng1201030509001-n1.htm 2012年1月3日閲覧。 
  43. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビューから9作連続首位 脚本家・野島伸司氏作詞曲”. ORICON STYLE. (2012年2月28日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2007638/full/ 2012年6月10日閲覧。 
  44. ^ a b “【オリコン】嵐、新曲で35作目首位 アルバムはHey! Say! JUMPが2作連続首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年6月12日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2012846/full/ 2013年5月17日閲覧。 
  45. ^ a b c d e Hey! Say! JUMP > Biography > 2013”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2013年5月14日閲覧。
  46. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、史上4組目のデビューから10作連続1位”. ORICON STYLE. (2013年7月2日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2026162/full/ 2013年9月20日閲覧。 
  47. ^ “Hey! Say! JUMP、新シングル“Ride With Me”は新春ドラマ〈金田一少年の事件簿〉主題歌”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年11月15日). http://tower.jp/article/news/2013/11/15/n04 2013年12月26日閲覧。 
  48. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビューから11作連続首位”. ORICON STYLE. (2014年1月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2032728/full/ 2014年1月8日閲覧。 
  49. ^ a b “Hey! Say! JUMP、新シングル『AinoArika/愛すればもっとハッピーライフ』発売”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年12月20日). http://tower.jp/article/news/2013/12/20/n04 2013年12月26日閲覧。 
  50. ^ a b “【オリコン】Hey!Say!JUMP、3作連続アルバム1位 『アナ雪』は80万枚突破”. ORICON STYLE. (2014年6月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2038960/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  51. ^ a b “【オリコン】Hey!Say!JUMP、デビューから13作連続首位”. ORICON STYLE. (2014年9月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2041890/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  52. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、14作連続首位”. ORICON STYLE. (2015年5月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2052468/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  53. ^ a b “【オリコン】Hey!Say!JUMPが4作連続1位 アルバム自己最高初動”. ORICON STYLE. (2015年6月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2055134/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  54. ^ 「24時間テレビ」平均視聴率15・4%、歴代18位タイ”. スポニチアネックス (2015年8月25日). 2017年4月15日閲覧。
  55. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビュー曲から15作連続1位”. ORICON STYLE. (2015年10月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2061337/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  56. ^ Yahoo!検索大賞:“今年の顔”に三代目JSB 大賞受賞に「全ての方に感謝」”. MANTAN WEB (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  57. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、自己最高初週売上で1位 デビューから16作連続”. ORICON STYLE. (2016年5月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2071753/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  58. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビュー曲から17作連続1位”. ORICON STYLE. (2016年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2080781/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  59. ^ a b “【オリコン】Hey! Say! JUMP、デビューから18作連続シングル首位 歴代単独4位に”. ORICON STYLE. (2016年12月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2083295/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  60. ^ a b c d e Hey!Say!JUMPのDVD売上ランキング”. ORICON NEWS. 2017年4月15日閲覧。
  61. ^ 【オリコン】Hey!Say!JUMP、4作連続DVD総合首位ORICON STYLE 2012年3月14日
  62. ^ “【オリコン】Hey! Say! JUMP、5作連続DVD総合首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2018701/full/ 2013年5月17日閲覧。 
  63. ^ “Hey! Say! JUMP、〈全国へJUMPツアー2013〉がDVD化! 東京ドーム公演ダイジェストも”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2013年10月2日). http://tower.jp/article/news/2013/10/02/n05 2013年10月2日閲覧。 
  64. ^ “Hey!Say!JUMP、7作連続7作目のオリコンDVD総合首位”. MUSICMAN-NET (MUSICMAN). (2015年2月25日). http://www.musicman-net.com/artist/44803.html 2015年2月25日閲覧。 
  65. ^ “【オリコン】Hey!Say!JUMP、8作連続DVD総合1位 自己最高の週間売上”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年2月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2066977/full/ 2017年4月14日閲覧。 
  66. ^ “Hey! Say! JUMP、DVDランキングで男性アーティスト史上最年少1位”. ORICON STYLE. (2009年5月6日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/65856/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  67. ^ “Hey! Say! JUMP、自己最高初週売上で2作連続DVD総合首位”. ORICON STYLE. (2010年9月22日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/80278/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  68. ^ “Hey! Say! JUMPのDVDが3作連続首位”. ORICON STYLE. (2011年1月9日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/83992/full/ 2011年9月29日閲覧。 
  69. ^ 公演情報は以下のページより。Hey! Say! JUMP > Concert/Stage > Hey! Say! JUMP New Year Concert 2012”. Johnny's net. 2012年1月3日閲覧。
  70. ^ 公演情報は以下のページより。Hey! Say! JUMP > Concert/Stage > Hey! Say! JUMP ASIA FIRST TOUR 2012”. Johnny's net. 2012年2月14日閲覧。
  71. ^ 公演情報は以下のページより。Hey! Say! JUMP > Concert/Stage > Hey! Say! JUMP TOUR 2012”. Johnny's net. 2012年5月10日閲覧。
  72. ^ a b “Hey!Say!7が男性グループ史上最年少1位!”. ORICON STYLE (oricon ME). (2007年8月7日). http://www.oricon.co.jp/news/47004/full/ 2014年9月30日閲覧。 
  73. ^ “NYC boys、活動継続 ジャニー喜多川社長「正式ユニット」…紅白歌合戦”. スポーツ報知. (2010年1月1日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100101-OHT1T00036.htm 2011年9月29日閲覧。 

外部リンク[編集]