BRADIO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BRADIO
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
ファンク
ディスコ
R&B
活動期間 2010年 -
レーベル D&S RECORDS
HERO MUSIC ENTERTAINMENT (2014年 - )
事務所 インディーズ
公式サイト bradio-web.com
メンバー 真行寺貴秋(リードボーカル
大山聡一(ボーカルギター
酒井亮輔(ボーカル・ベース
田邊有希(ボーカル・ドラム
旧メンバー 北澤雄大(ギター)

BRADIO(ブラディオ)は、日本の男性ロックバンドである。

概要[編集]

  • 2010年 真行寺(ex/The Movie Archives)、田邊(ex/The Movie Archives)、大山、酒井、北澤雄大によって結成。12月12日、自主企画イベント 「Break the Rule And Do Image On vol.1」にて初ライブ。
  • 2012年6月、ギターの北澤が脱退。
  • BRADIOのバンド名そのものは造語であり、「Break the Rule And Do Image On・・・」(日常の世界に、素敵な時間・空間のイメージを加え、良き変化を。)の頭文字を取ったものである。
  • ファンの通称としてBRADIOのメンバーはファンのことを、FPP(Funky Party People)と呼んでいる[1]。ファンの中ではFPPから派生した、FPF(Funky Party Friends)と呼び合うこともある。
  • ファンクソウルR&Bといったブラックミュージックの影響を強く受けたバンドであり、メンバーの衣装も往年のドゥーワップグループのようなスーツ姿で統一している。

名古屋 栄でライブがあった際、栄と叫ぶところを間違えて大阪と叫んでしまった経験あり。

メンバー[編集]

  • 真行寺 貴秋(しんぎょうじ たかあき) - ボーカル
  • 大山 聡一(おおやま そういち) - ギター
  • 酒井 亮輔(さかい りょうすけ) - リードボーカル、ベース
  • 田邊 有希(たなべ ゆうき) - ボーカル、ドラム

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 詳細 レーベル 規格品番 順位
demo 2010年12月12日 My Answer 1.My Answer
2.Crush On You
3.Say That
自主制作
ライブ会場限定販売
Acoustic 2011年4月2日 You take me away 1.You take me away 自主制作
ライブ会場限定販売
demo 2012年4月28日 DANCE'N' SOUL 1.Abracadabra
2.Party Talk
3.Sugar Spot
自主制作
ライブ会場限定販売
1st 2014年11月19日 オトナHIT PARADE
/Step In Time
1.オトナHIT PARADE
2.Step In Time
3.オトナHIT PARADE (Hidden AFRO ver.)
4.Step In Time (Hidden AFRO ver.)
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
HRME-1002 160位
2nd 2015年2月25日 Flyers 1.Flyers
2.感情リテラシー
3.Flyers (Hidden AFRO ver.)
4.感情リテラシー (Hidden AFRO ver.)
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
HRME-1003 47位
3rd 2015年11月11日 HOTELエイリアン 1.HOTELエイリアン
2.Super Wonderful
3.HOTELエイリアン (Hidden AFRO ver.)
4.Super Wonderful (Hidden AFRO ver.)
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
HRME-1007
(Peeping Life版)

HRME-1008
(エイリアン版)
47位
4th 2016年6月1日 ギフト 1.ギフト
2.Bring It On!
3.ギフト (Hidden AFRO ver.)
4.Bring It On! (Hidden AFRO ver.)
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
HRME-1010 51位
5th 2016年11月2日 Back To The Funk 1.Back To The Funk
2.夢見るEnergy
3.Back To The Funk (Hidden AFRO ver.)
4.夢見るEnergy (Hidden AFRO ver.)
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
ライブ会場限定販売
HRME-1011 -

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 詳細 レーベル 規格品番 順位
1st
mini
2013年10月2日 DIAMOND POPS 1.Golden Liar
2.語らぬ愛は美しい
3.Playback
4.Take Me Higher
5.雨恋
6.Tonight! Tonight! Tonight! -決戦は今夜-
D&S RECORDS DADS-1001
2nd
mini
2014年7月9日 Swipe Times 1.ハートビートを打ち鳴らせ
2.Overnight Superstar
3.Save Our Souls
4.真夏の悪魔
5.Jasmine
6.ダイナマイト
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
HRME-1001 120位
1st
Full
2015年6月3日 POWER OF LIFE 1. FUNKASISTA
2. Flyers
3.真っ赤なカーチェイス
4.Sunday feat. MICRO(from HOME MADE 家族)
5.Chocolate Flavor
6.Flash Light Baby
7.オトナHIT PARADE
8.シークレットコード
9.スパイシーマドンナ
10.腰振る夜は君のせい
11.You Make Me Feel Brand New
12.Ride On Time feat.谷川正憲 (from UNCHAIN)
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
HRME-1004
(初回限定版)

HRME-1005
(通常版)
22位
2nd
Full
2017年1月18日 FREEDOM 1. Back To The Funk
2. -Freedom-
3.彼女ハリケーン
4.蝙蝠
5.ギフト
6.Revolution
7.KAMISAMA
8.HOTEL エイリアン
9.思い通りにならない世界
10.Get Money
11.All I Need Is You
12.Colors
HERO MUSIC
ENTERTAINMENT
HRME-1013
(初回限定版)

HRME-1014
(通常版)
11位

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 時期
Flyers

日本テレビ系アニメ『デス・パレード』オープニングテーマ [1]
日本テレビ系「ミュージックドラゴン」POWER PLAY
福島中央テレビ「二畳半レコード」3月エンディングテーマ
北海道テレビ「エン・プロ」3月エンディングテーマ
福岡放送「クロ女子白書」4月エンディングテーマ
南海放送「ヒ・ト・ミ目線」4月エンディングテーマ
テレビ金沢「花のテレ金ちゃん」4月エンディングテーマ

2015年
HOTEL エイリアン

日本テレビほかアニメ『Peeping Life TV シーズン 1??』オープニングテーマ

2015年
Back To The Funk

日本テレビ系「バズリズム」10月オープニングテーマ

2016年
-Freedom-

第一興商 1月D-PUSH アーティスト
スペースシャワーTV 2017年1月度ローテーション「it!」(1/1-15)
日本テレビ系「バズリズム」1月POWER PLAY(1/13,20,27 OA)
札幌テレビ「ジョシスタ あいく的」1月オープニングテーマ
札幌テレビ「シアターS」1月エンディングテーマ
テレビ金沢「花のテレ金ちゃん」1月エンディングテーマ
福島中央テレビ「二畳半レコード」1月エンディングテーマ
福岡放送「クロ女子白書」1月エンディングテーマ

2017年
Get Money

関西テレビ ドラマ「新・ミナミの帝王」主題歌

2017年
Colors

第68回さっぽろ雪まつり 「雪のHTB広場」テーマソング

2017年

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
Hiroya Brian Nakano Take Me Higher
Mani Kato Flyers
Satoshi Kuroda Back To The Funk
Shunki Baba Overnight Superstar」「Golden Liar」「オトナHIT PARADE」「ギフト
Tomoharu Konuma(OkuriBunt Inc.) HOTELエイリアン
佐藤マサオ -Freedom-
小沼朋治(おくりバント) スパイシーマドンナ
増山準哉 Revolution
藤代雄一朗 真っ赤なカーチェイス
不明 Abracadabra」「Crush On You」「You Take Me Away(Acoustic Ver.)」「All I Want For Christmas Is You / Mariah Carey (cover)」「Flyers

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2013年10月26日-12月15日(13公演) - 〜DIAMOND POPS tour 2013〜
    w/トライアンパサンディ/Chunky6/UMBERBROWN/THE TURQUOISE
  • 2014年09月05日-10月05日(13公演) - 〜Swipe Times tour 2014〜
    w/FAT PROP/ircle/A(c)/My Hair is Bad/RED JETS/UNCHAIN/Shiggy Jr./ADAM at/EYE BALL DADdY/ザ•キャプテンズ/THE GELUGUGU/ニューロティカ/桑嶋将彦
  • 2014年12月06日-12月19日(5公演) - 大人達よ、遊べ〜HIT PARADE TOUR〜
  • 2015年3月27日-4月8日(3公演) FUNKY PARTY ONE MAN TOUR 〜ようこそどうぞはじめまして〜
    • 初の東京以外のワンマンライブを敢行。3公演全てチケットはソールドアウト。
  • 2015年9月11日-10月16日(5公演)POWER OF LIFE〜ファンカジスタツアー2015〜
    • 初のフルアルバムツアー。東名阪に福岡、Gt聡一・Ba亮輔の地元新潟での5箇所で行われる。
  • 2016年1月8日-1月23日(3公演)BRADIO 「エイリアンサーカス」
    w/NegiccoHOME MADE 家族ザ・チャレンジ
  • 2016年6月10日-7月17日(7公演)ファンカジスタツアー 2016~レインボービックバン編~
  • 2016年11月2日-12月9日(3公演)ファンカジスタツアー 2016~PUMP UP FUNK編~
  • 2017年3月5日-4月22日(12公演)FREEDOM tour 2017

出演イベント[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 若田悠希(インタビュアー)「BRADIO」、『ROCKIN'ON JAPAN』2015年4月号(29巻5号,通巻450号)、ロッキング・オン2015年4月、 270-271頁。

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]