コンテンツにスキップ

ABEMA Prime

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
AbemaPrime

報道リアリティーショー
ABEMA Prime

変わる報道番組#アベプラ
収録場所であるEXけやき坂スタジオ
ジャンル 報道番組
配信国 日本の旗 日本
製作総指揮 水野篤
プロデューサー 郭晃彰(CP)
杉原啓太
末松孝一郎
出演者 大空幸星 (月) 
田村淳 (火)
週替わりMC (水)
EXIT (木)
西村博之 (金)
仁科健吾田中萌(テレビ朝日アナウンサー、月曜・火曜担当)
平石直之(テレビ朝日アナウンサー、水曜 - 金曜担当)
穂川果音 ほか
ナレーター #ナレーションを参照
オープニング TOMOO『Super Ball』
エンディング #エンディングテーマを参照
外部リンク 公式サイト
放送開始から2016年7月第2週まで
配信時間 平日 20:00 - 21:50(110分)
配信期間 2016年4月11日 - 7月15日
2016年7月第3週から2016年3月第4週まで
配信時間 平日 21:00 - 23:00(120分)
配信期間 2016年7月18日 - 2020年3月27日
AbemaPrime

報道リアリティーショーABEMA Prime
(2020年3月30日から)
配信時間 平日 21:00 - 23:00(120分)
配信期間 2020年3月30日 - 現在
テンプレートを表示

ABEMA Prime』(アベマプライム)は、インターネットテレビABEMAニュースチャンネルであるAbemaNewsで平日の21・22時台に生配信されている日本報道番組。略称は「アベプラ」。

過度な演出や切り取りを完全排除し、ニュース解説だけでなく議論を通して、これまでの常識価値観が大きく変わる今の時代に合った「変わる報道番組」を目指している。

概要

[編集]

2016年4月、AbemaTVの開局に伴い、2015年6月、テレビ朝日会長である早河洋からパイロット版制作を依頼され番組企画が立ち上がり[1]、AbemaTV先行配信期のAbemaNewsの番組先行配信に伴い、同年3月25日、4月5日に、事実上のパイロット版として『AbemaPrime本開局直前スペシャル』を配信[2][3]。開局日である4月11日より本配信[4]

配信開始当初は、本来のAbemaNewsのメインスタジオである「EXけやき坂スタジオ」では無く、テレビ朝日本社ビル内の第3スタジオ(『羽鳥慎一モーニングショー』のセット)を間借りして番組を制作していたが、同年4月25日配信分より「EXけやき坂スタジオ」からの配信に切り替わった[5]。同年7月18日配信分より、AbemaNewsの改編に伴い21時開始に繰り下がるとともに、配信時間も10分拡大して2時間枠となる[6]

コンセプトは“オトナの事情をスルーしまくる、尖りまくったニュース番組”をキャッチフレーズに、普段地上波テレビ番組を視聴しない若者層に向けたニュースショーで、AbemaNewsの旗艦番組である。前半はその日の速報的話題を紹介しながらゲストを招いて議論し、後半は特集VTRの話題を紹介しつつ番組を進行する。また、外からの中継取材でスマートフォンを、中継先との応答にSkypeによるビデオチャットを活用するなど、インターネット技術をフル活用した取材手法が特徴である。番組制作コードについては、民放連加盟放送局が定めている放送コードを準拠しており、「メディアの人間としてやるべきじゃないということはやらない」という大前提のもと、「アプローチの方法を変えている」と番組プロデューサーの植村俊和は語っている[1]。前述のように通常はニュースを映像取材で深追いし議論することが多く速報性は少ないが、本配信3日後に起きた熊本地震など災害発生時にはネット配信の即時性と利便性を生かした内容編成に切り替えている[7]

2018年8月17日時点の番組セット

2017年1月から、一部出演者・コーナーを入れ替え、大幅なリニューアルを実施。2018年9月、当該番組の進行をしていた小松が『ワイド!スクランブル』のMC就任に伴い降板し[8]、10月からは、9月まで『報道ステーション』のサブキャスターを務めていた小川彩佳が進行役を務める[9]。2019年3月、小川のテレビ朝日退社に伴い降板。4月1日からはテレビ朝日アナウンサー・平石直之が担当[10]。これに伴い一部出演者も入れ替えられる[11]。また、AbemaTV一部番組で先行配信していた海外向け配信、ニコニコ動画での配信をこの日よりスタートした[12][13]

番組配信中、視聴者からの意見をTwitterや配信アプリからのコメント投稿欄から募っており、ハッシュタグは番組略称である「アベプラ」を用いている。

4代目キャスターとなった平石は地上波報道番組との製作者側から見た差異を「オンエア後の“反省会”(事後会議)がない」、「その時間を視聴者からの感想を読む時間に充てられる」。また、スタッフ間の連絡の多くを会議やメールではなくSlackを使用して行っていることを挙げている[14]

2020年4月3日時点の番組セット

2020年3月30日週より番組名を維持しつつも、21時から22時をニュースの1部[15]、22時から23時を特集の2部[16] と分け、お笑いコンビ・EXIT[17]、ひろゆきこと西村博之らが新たに曜日MCに就任する[18]。アンカーキャスターの役職を取りやめ、MC、キャスター以外は一律コメンテーターとなる。2部では進行キャスターの平石直之もコメンテーターとなり、別に進行キャスターが招かれる(コメント読みなど以前のアンカーキャスターの役周りも務める)。冒頭のあいさつも「手のひらから世界につながるニュース番組AbemaPrime」から「報道リアリティーショーAbemaPrime」に変更された。また新型コロナウイルス対策のため、出演者の席間隔を空けるソーシャルディスタンス、ゲストを原則スカイプ配信での出演とするなどの対策が当面の間取られる[19]

AbemaTVのサービスブランドがABEMAへ変わるのに伴い、4月13日配信分よりタイトル表記が『AbemaPrime』から『ABEMA Prime』となる(番組セットなどには「AbemaPrime」表記も残されている)。

プロデューサーを務める郭晃彰によれば「生放送が一番だというのは、今も変わりません」としながらも、2020年以降は「ユーザーがいる所にコンテンツを届けないといけない」という理念から、番組を一つの素材ととらえ、配信後もウェブ、地上波を問わずコンテンツに合わせた届け方を模索しているという[20]

2021年2月24日の配信では特集「手話通訳士 なぜ少ない?」にちなみ2時間全編にわたり、手話通訳士をワイプ表示する試みを行った[21]

2021年4月からは「変わる報道番組」を番組コンセプトに一部出演者を入れ替えるリニューアル。毎週水曜日枠を週替わりのMC枠とする[22]

2022年4月からのリニューアルでは「みんなでしゃべるとニュースはおもしろい」をキャッチコピーに掲げ、これまで以上に多様な視点を盛り込んだ言論空間を目指すため、レギュラーメンバーをこれまでの27人から53人に倍増[23]。月曜MCも週替わりにするなど、前年以上に曜日固定しない多様な出演者で送る。また、議論だけでなく、番組最後にその日のテーマの答え合わせを出すコーナーも設ける[23]

2023年4月のリニューアルでは昨年の編成を踏襲しつつも、不定期出演した3名をレギュラーMCに指名。レギュラーコメンテーターを60名とした[24]

2023年10月のリニューアルではセットの一部が変更になった。また、同月から平石が『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・朝日放送テレビ名古屋テレビ共同製作)のメインキャスターに就任した事情から水曜から金曜までの進行担当となり、月曜と火曜についてはテレビ朝日アナウンサーの仁科健吾田中萌が担当することになった[25][26]

出演者

[編集]

現在

[編集]
注釈のない場合は全曜日に出演

MC

[編集]

コメンテーター

[編集]

曜日固定はされておらず、週初めに各曜日の出演者が発表される。

Primeキャスター(進行)

[編集]
  • 平石直之(テレビ朝日アナウンサー)2019年4月1日 - ※2023年9月以前は全曜日担当。同年10月以降は水曜 - 金曜担当。
  • 仁科健吾(テレビ朝日アナウンサー)2023年10月3日 - ※月曜・火曜担当。
  • 田中萌(テレビ朝日アナウンサー)2023年10月3日 - ※月曜・火曜担当。

特集キャスター

[編集]

日替わり。2020年4月13日まで、2021年4月以降は曜日固定されていない。木曜日は柴田阿弥がこの役割も兼任する。

  • 田中萌 - 2021年10月4日[27] -(月曜、火曜担当)
  • 宮尾玲衣 - 2021年11月10日
  • 鈴木杏花 - 2021年11月17日
  • 福井セリナ - 2021年11月24日、2022年2月16日

気象キャスター

[編集]

ナレーション

[編集]

過去

[編集]

Primeキャスター(進行)

[編集]
  • 小松靖(テレビ朝日アナウンサー)[注 1] - 2016年4月11日 - 2018年9月28日
  • 徳永有美(フリーアナウンサー、元テレビ朝日アナウンサー) - 2018年3月22日、8月9日、9月7日
  • 小川彩佳(当時テレビ朝日アナウンサー) - 2018年10月2日 - 2019年3月29日[28]
    • 進行役の夏季及び冬期休暇中はテレビ朝日アナウンサーが日替わりで代打を務めるが、2023年8月17日、18日はフリーアナウンサーの青木源太が務めた。

2021年4月から2023年3月までのMC

[編集]
  • 月曜:(週替わり)カンニング竹山(2018年10月8日[29]=月曜、12月19日=水曜、2019年4月1日より月曜専任となり2022年3月まで原則毎週出演)、成田悠輔(2022年4月4日、5月2日 - 12月12日[注 2][31])、石田拳智(2022年4月11日、5月9日 - )、呂布カルマ(2022年4月18日、5月16日 - )、大空幸星(2022年12月19日 - )、山崎怜奈(2023年1月23日、3月20日)、長谷川ミラ(2023年2月20日)、
  • 火曜:田村淳(2021年4月13日[32] -、※2022年3月までは隔週出演)
  • 水曜:(週替わり)益若つばさ(2021年5月12日[33]、8月4日[注 3]、11月3日、12月22日、2022年1月26日、3月2日、4月6日、5月4日、2023年3月1日)、安藤美姫(2021年8月18日、9月15日、11月10日、12月8日、2022年1月19日[34]、2月16日、4月13日、5月11日、7月20日、8月3日、9月7日、10月5日、11月23日、12月14日、2023年1月18日、2月15日、3月8日)、柏木由紀(2021年6月9日[35]、9月1日、10月20日、11月24日、2022年2月9日、6月8日、11月2日、2022年2月8日)ryuchell(2022年9月14日、10月26日、11月9日、12月7日、2023年1月25日、2月22日、3月15日)せきぐちあいみ(2022年9月28日)山崎怜奈(2022年10月12日、12月21日)吉川美代子(2022年10月19日、2023年1月11日)横山由依(2022年11月16日)パックン(2023年2月1日)、長谷川ミラ(2023年3月22日)
  • 木曜:EXIT(お笑いコンビ、2020年4月2日 - )
  • 金曜:西村博之(2020年4月3日 - )

2021年4月から2023年3月までのコメンテーター

[編集]

2021年4月以降、曜日固定は流動的なものとなっており、一部出演者は他曜日にも出演する。2022年4月以降原則撤廃[23]。毎週週初めに出演者が明かされる形となった。

2021年以前のMC

[編集]

アンカー

[編集]

アシスタント

[編集]

2021年以前のコメンテーター

[編集]
レギュラー
[編集]

リポーター(イケキャス)

[編集]
スターダストプロモーション所属の若手イケメン男性タレントによるリポーター陣

特集キャスター

[編集]

ナレーション

[編集]
アベプラファミリー(準レギュラー)
[編集]

番組に不定期出演する準レギュラー出演者[57]。2016年7月18日からの配信枠移動を機に制定。主に番組開始以降何度かゲスト出演や代打MCを経験したタレントで構成されている。2017年の改編以降出演減少し、事実上フェードアウト。アベプラファミリーの用語は出演者全体を包括した意味合いとして使用されている。

特集担当
[編集]

※番組開始当初はAbemaTV親会社サイバーエージェントの女性社員が『エージェントガールズ』として出演していた。

リポーター

[編集]
『ラップでニュースを斬る』(水曜日に放送)担当
  • DOTAMA(2016年8月 - 2017年9月)

曜日テーマ

[編集]

※2017年1月から、各曜日のテーマと内容。その後の改編などにより曜日テーマの要素は薄くなっている。

曜日 曜日テーマ 内容
月曜日 『炎上上等!!タブー知らずの月曜日』(炎上) 月曜MCの村本がタブーを無視して大胆発言で世の中を斬る。
火曜日 『ガチ対決!!激論ファイヤー火曜日』(激論) 火曜MCの小籔(ケンドーコバヤシ)が人気の論客たちを交えて、徹底生激論をする。
水曜日 『WorldWide!!世界レベルの水曜日』(WorldWide) 海外経験豊富な総理の孫こと水曜MCの宮澤が世界で話題のニュースや問題を斬る。
木曜日 『明瞭会!!マネーに夢中な木曜日』(経済) 木曜MCのふかわが暮らしに役立つ経済情報をマネーな視点で斬る。
金曜日 『カルチャフル!!文化メガ盛り金曜日』(カルチャー) 金曜MCの石井が社会問題からサブカルチャーまでを文化的に斬る。

主なコーナー

[編集]
各曜日共通
  • 天気予報
穂川が送る手作り天気予報。スタジオ出演者1名がアシスタント的に参加する。番組開始時は「外れたら責任を取る天気予報」と題し、天気予報が外れた場合コスプレで登場[59] していた。過去にはスタジオ外から伝えていたが、のちにスタジオ内から伝える。
  • 未来のバズツイート
これから注目を集めそうな情報を『Togetter』、『デイリーポータルZ』、『ガジェット通信』、『Jタウンネット』の4つのウェブメディアと協力し、伝えるコーナー[60]。不定期。

過去の主なコーナー

[編集]

各曜日共通

[編集]
  • アベプラ×ニュースクラウド
雲のように流れ変わりゆく毎日のニュースを、独自目線で追う特集コーナー。
  • 1分でわかるニュース
ある1件のニュースを1分間のイラストVTRで解説。
  • Around the WoRDS
ツイッターのトレンドワードからニュースをピックアップし報道するコーナー。関連する場所には概ねイケキャスが赴く。
2020年4月のリニューアルでオープニング内にまとめられ、中継は廃止された。同月8日より再びコーナーとして独立。特集アナが進行する。2021年度は不定期。
  • SPORTS
映像使用解禁に伴いリニューアル。題字は蛭子能収。AbemaTVで扱う横浜ベイスターズ、大相撲を扱うことが比較的多いが、モータースポーツなども扱う。キャスターはレギュラーMC陣、穂川果音が日替わりで担当。金曜日は黒田凛→新保里歩が固定で担当していた。
月曜日
  • 中2ニュース
中学2年生のリポーターがニュースで話題になった人物にインタビューする
  • 隣国ジャーナル
主に中国韓国・ロシアで起きたB級ニュースを伝える。
  • 居酒屋むらじゅん酔いどれニュース道場
村本と堀が居酒屋の個室で時事談義を行う。
  • アイリスinなんだー?ランド日本
マレーシア出身の歌手Irisが日本の不思議な文化・風習をレポート。
  • 江奈さやかの“イケ変”見つけた
今まであまりメディアに取材されてこなかった、謎多き行動をとる人物を取材
火曜日
  • 喧嘩上等!激論バトルスタジアム
社会問題について2つの相反する意見に分かれて対決するディベートバトル。
  • イケキャス.下剋上!
イケキャス各メンバーがレギュラーの座をかけてアピール合戦を行う
  • 若新・友里恵のシアワセですが文句あります?!
誰にも見向きされない趣味を持つ人に、そこにある「幸せ」をテーマに取材
  • コレ来るガジェット!
山田菜々がヒットするかもしれない新商品をリポートする
水曜日
  • 世界再発見World Moving
世界各国のドキュメンタリー映画を紹介。
  • 週間BuzzFeedニュース
  • ほぼほぼ毎週アベプラLIVE
注目のアーティストをゲストに招いてスタジオでミニライブを行う。
  • REINAの知らない世界奇人紀行
識者を招きつつ世界各地で起きている、日本であまり知られていない社会問題について取材。
木曜日
  • 現場取材5000件!所太郎の今だから言える真実
ワイドショーリポーターの所太郎氏による、過去の報道取材における証言や解説
  • ざっくり社会学
金曜日
  • ニュースをお金で斬る
  • クイズ!東洋経済 ヨノナカ最前線
経済にまつわるキーワードをクイズ形式で出題
  • てる美にtell me 全国オモシロ企業の秘密
石井が全国の一風変わった取り組みをする企業を取材
  • スゴ女図鑑
世界中の第一線で活躍する日本人女性を取材
  • テルミーも転職したい!大注目マスコミの現場
石井がマスコミ業界の最前線をレポート。第1回はC CHANNELを取材した。
  • 夕方の横並びTOP NEWS
全曜日。NHK、テレビ朝日、TOKYO MXのみ局公式ロゴで表記される。
  • 敢えて映像を使わないスポーツコーナー[59]
権利処理の問題から映像が使用できないため、蛭子能収が中継映像を見ながら、絵を描き途中経過を報告するニュースコーナー。蛭子自身スポーツに興味がないため、多くの場合、視聴者は絵を見ても結局ほぼ何も分からない[61]
  • YouTuberニュース[59]
  • ラップでニュースを斬る

特別番組

[編集]
  • 平成最後の年越しカウントダウン
2018年の年越し特番として、第1部と第3部(討論SP)を当該番組ベースで番組を編成
2018年12月31日 18:00 - 18:30、20:00 - 2019年1月1日 0:30
出演者:MC:小川、柴田、討論者:堀、宇佐美、江川、藤井靖、若新
討論ゲスト:佐藤正久八木秀次西岡力門田隆将松浦大悟杉山文野、南和行(同性愛者弁護士)
リポーター:青峰、穂川、タカガキ
  • AbemaTV×Twitter特番!平成から令和へ 25時間テレビ
25時間特別番組。オープニング、カウントダウンを伴うエンディング部分を当該番組ベースで編成。
2019年4月30日 0:00 - 5月1日 1:00
詳細はAbemaNews#特別番組を参照。
  • AbemaTV×Twitter第2弾 アベマ選挙SP〜民主主義オワコン危機〜
第25回参議院議員通常選挙開票特番として編成。第48回衆議院議員総選挙までは『みのもんたのよるバズ!』をベースとした開票特番を配信していたが、2019年6月をもって終了したため[62]、AbemaNews開局以降、当該番組ベースとして初めて編成された選挙特番である[63]
2019年7月21日 19:45 - 23:00
出演者:MC:乙武、アンカー:池澤、進行:平石、アシスタント:三谷紬(テレビ朝日アナウンサー)、ゲスト:石橋文登(政治ジャーナリスト、元産経新聞政治部部長)、細川隆三三浦瑠麗、米重克洋(JX通信社代表取締役)
  • アベマ選挙SP 開票速報 選挙区・比例区 全ての情勢を伝えます
    2019年7月21日 23:00 - 7月22日 2:00、2:00 - 4:00、4:00 - 7:00
    出演者:辻歩(AbemaNewsキャスター)
  • AbemaPrime 令和初の年越しカウントダウン
2019年12月31日 21:00 - 2020年1月1日 00:30
出演者:MC:カンニング竹山、アンカー:池澤あやか、柴田阿弥、司会進行:平石直之、コメンテーター:安部敏樹、速水健朗、藤井靖、若新雄純
中継リポーター:青峰佑樹、辻歩、楪望、中継出演:陳暁夏代、ピクピクン
討論ゲスト:籾井勝人相澤冬樹青識亜論柴田英里千田有紀、井上奨(日大アメフト部元コーチ)[64]
  • ひろゆきとリモート年越し特番 報道リアリティ―ショー #アベプラ
2020年12月31日 21:00 - 2021年1月1日 00:30
出演者:西村博之、平石直之[65]
中継リポーター:辻歩、三上洋
リモートで様々なゲストをつなぎ討論。カウントダウン前後にはレギュラーコメンテーターもリモートで集合した。
  • ABEMA Prime 衆院選特番 ひろゆき&柏木由紀と考える総選挙2021 日本は変わる?変わらない?
2021年10月31日 19:50 - 23:00
MC:西村博之・柏木由紀、進行:平石直之
ゲスト:亀井静香斎木陽平石田拳智、鈴鹿久美子、西山里緒
気象情報:穂川果音
第49回衆議院議員総選挙開票特番AbemaNews#特別番組も参照。
  • ABEMA Prime 年越しSP 誰かひろゆきを止めろ
2021年12月31日 21:00 - 24:30
MC:西村博之、出演:成田悠輔、西山里緒、宮台真司、若新雄純、田中萌、辻歩、平石直之
  • ABEMA Prime 転職を考える22時間
2022年6月24日 21:00 - 6月25日19:00[66]
進行:平石直之、ひろゆき/弘中綾香、成田悠輔(時間帯によって変更)
  • ABEMA Prime 参院選特番2022
2022年7月10日 19:50 - 23:00
MC:EXIT 進行:平石直之 出演:たかまつなな、渡辺喜美、ほか[67]
  • #アベプラ ABEMA Prime 年末年越しSP 誰かを打ち負かさない議論は?山崎怜奈&當間ローズ
12月31日 21:00 - 1月1日 0:30
MC:山崎怜奈[68]、當間ローズ[68] 進行:平石直之 コメンテーター:西山里緒、若新雄純、あおちゃんぺ、ひろゆき、米山隆一ほか リポート:田中萌、辻歩

テーマ曲

[編集]
オープニングテーマ
挿入歌
  • Awesome City Club『青春の胸騒ぎ』(インスト)

エンディングテーマ

[編集]
アーティスト 曲名 脚注
2016年 7月18日- GLAY 超音速デスティニー [72][注 49]
8月- Iris 小さな声 [73]
2017年 1月 nowisee バイブレーション [74]
2月 Ayasa Re:Birth [75]
3月 FINAL FRASH PARADISE [76]
4月 Awesome City Club 今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる [注 50]
5月 神聖かまってちゃん 光の言葉 [77]
6月 never young beach 明るい未来
7月 Nulbarich It's Who We Are
8月 LUCKY TAPES レイディ・ブルース
9月
10月 Awesome City Club ASAYAKE [78]
11月 平井大 Story of Our Life [79]
12月
2018年 1月
2月
3月 Saucy Dog いつか [80]
4月 chelmico ずるいね [70]
5月 Helsinki Lambda Club This is a pen. [81]
6月 FINLANDS 恋の前 [82]
7月 BRADIO Boom!Boom!ヘブン [83]
8月 フレンズ 常夏ヴァカンス [84]
9月 佐藤千亜妃 Summer Gate [85]
10月 I Don't Like Mondays. ONE THING feat. SALU [86]
11月 向井太一 Pure [87]
12月 SIX LOUNGE ラストシーン [88]
2019年 1月 ぼくのりりっくのぼうよみ 没落
2月 the peggies 明日 [注 50]
3月 ReN Life Saver [89]
4月 SIRUP LOOP
5月 ニガミ17才 化けるレコード [90]
6月 BRADIO O・TE・A・GE・DA!
7月 CYBERJAPAN DANCERS スキスキスー [91]
8月 PEDRO 猫背矯正中
9月 ネクライトーキー 音楽が嫌いな女の子
10月 原因は自分にある。 原因は自分にある。 [92]
11月 レルエ 時鳴りの街 [93]
12月
2020年 1月 ジェニーハイ シャミナミ
2月
3月 MONO NO AWARE 言葉がなかったら [94]
4月 Omoinotake トニカ [95]
5月 変態紳士クラブ HERO [96]
6月 空白ごっこ [97]
7月 Mr.FanTastiC Always the best day
8月 さとうもか Glints
9月 Reol 第六感
10月 ゆいにしお Drink, Pray, Love! [98]
11月 Creepy Nuts かつて天才だった俺たちへ
12月 黒川沙良 ブリコー [99]
2021年 1月 KALMA パリラリラ [100]
2月 Ado レディメイド [101]
3月 sloppy dim Minority
4月 Cody・Lee(李) 我愛你 [注 50]
5月 YAJICO GIRL Better [102]
6月 変態紳士クラブ YOKAZE
7月 さとうもか Love Buds
8月 GLAY SHINING MAN [103]
9月 ジェニーハイ 華奢なリップ (feat. ちゃんみな)
10月 インナージャーニー 深海列車 [104]
11月 asmi Call me
12月 BiSH 柏木由紀なりのBiSH -BAD TEMPER- [105]
2022年 1月 ナナヲアカリ 学校だるい学校だるい学校だるい
2月 シズクノメ ハイ [106]
3月 Penthouse 単焦点
4月 三月のパンタシア 花冷列車 [107]
5月 SARD UNDERGROUND 運命のルーレット廻して [108]
6月 マハラージャン 持たざる者 [109]
7月 ツユ いつかオトナになれるといいね。 [110]
8月 新東京 Metro [111]
9月 w.o.d. リビド [112]
10月 Hiplin おわかれ [113]
11月 ウルフルズ ツーベーコーベー [114]
12月 Sincere I'll be [115]
2023年 1月 Kroi Hard Pool [116]
2月 あたらよ 雪冴ゆる [117]
3月 春野 Venus Flytrap feat. 佐藤千亜妃 [118]
4月 新東京 36℃ [注 50]
5月 超学生 Let's go [119]
6月 Furui Riho Super Star [120]
7月 imase Nagisa [121]
8月 ん・フェニ MAKE [122]
9月 ELAIZA わたしたち
10月 NIKO NIKO TAN TAN 琥珀 [123]
11月 GOOD BYE APRIL BRAND NEW MEMORY [124]
12月 NEE ばっどくらい
2024年 1月 Chevon 大行浸 [125]
2月 リュックと添い寝ごはん 天国街道 [126]
3月 from00 feat.ココラシカ 恋よ、踊りだせ [127]
4月 TOMOO Super Ball [注 50]
5月 Kvi Baba Ms. U feat. idom & SALU [128]
6月 muque Bite you [129]

スタッフ

[編集]
  • 構成:姫路まさのり、植田靖章、中倉けんじ、一場麻美
  • TM:大槻和也(テレビ朝日技術局)
  • CAM:井出善彦
  • デザイン:横井勝
  • CG:村澤ちひろ
  • 美術:高野安嗣。近藤千春
  • 美術進行:テレビ朝日クリエイト
  • リサーチ・SNS:大村椿、佐野桃子
  • イラストレーター:K-chan、今井美保
  • 技術協力:テイクシステムズFLEXTSP、ふくみみプロ
  • 宣伝:サイバーエージェント宣伝本部、AbemaTIMES編集部
  • 報道担当デスク:原弘三郎
  • 庶務:珍田明美、志村真穂
  • ディレクター:椛山陽、眞鍋晋作、東出惇弥、岩渕純一、河南拓郎、豊原誠也、杉田哲也、安藤孝洋、澤田尚樹、宇野雅也、早川恵介、杉田亜矢、内田奈央人、小西裕司、具島友紀、奥山勇太郎、渡辺恭介、重廣秋加莉、浅賀勇希、井上晋平、熊田哲也、小久保泰二、箱田泰史、鴻巣将樹、初野沙織、福島茂樹、佐藤良、西村誠一郎、加藤真人、佐藤有夏、安達優貴
  • チーフディレクター:木村圭二、鈴木剛太、木下健、杉原啓太[130](テレビ朝日)
  • 総合演出:井手康行(2020年3月31日から、以前はプロデューサー)
  • プロデューサー:太田翔、佐藤久人(共にテレビ朝日報道局クロスメディアセンター)、朝日健一(JCTV)
  • チーフプロデューサー:郭晃彰(テレビ朝日報道局クロスメディアセンター、2018年以前は演出・プロデューサー補佐。2020年3月まで総合演出。)[131]
  • 制作統括:水野篤(2020年3月から)
  • 制作協力:JCTV
  • 制作:テレビ朝日

過去のスタッフ

[編集]
  • チーフディレクター:数野雅司
  • プロデューサー:植村俊和(テレビ朝日、2020年3月まで)[132]、早川卓志、林和伸、富松裕之、矢田部壮(JCTV)
  • チーフプロデューサー:佐々木毅(テレビ朝日、2020年3月まで)

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ ※2018年8月3日前半はコメンテーターとして出演
  2. ^ 自身の意向で2023年2月9日に降板したことをTwitter上にて明らかにした[30]
  3. ^ 2021年7月21日も担当予定だったが新型コロナウイルスワクチン副反応のため欠席
  4. ^ 2021年3月まで火曜コメンテータ、2021年4月から水曜コメンテーター
  5. ^ 2020年3月まで金曜コメンテーター、2021年4月から不定期レギュラー
  6. ^ 2018年10月8日 - 2019年3月25日までは月曜コメンテーター、2019年4月5日 - 2019年3月27日までは金曜コメンテーター。2019年4月5日 - 2021年3月まで水曜MC、2021年4月から不定期レギュラー
  7. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  8. ^ 2016年4月25日配信分では村本の代打として月曜MCに登場。2021年3月までは火曜隔週MC。2021年4月から月曜コメンテーター。
  9. ^ a b 2021年4月6日から出演
  10. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  11. ^ 2020年3月まで木曜コメンテーター
  12. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  13. ^ 2021年3月まで金曜コメンテーター、2021年4月から不定期レギュラー予定
  14. ^ a b 木曜隔週出演
  15. ^ 2020年3月まで月曜コメンテーター
  16. ^ 夏野が社長を務めているKADOKAWAにおいて、2022年9月に2020年東京オリンピック・パラリンピック公式スポンサーを巡る汚職事件で同社会長の角川歴彦が逮捕されたことなどを受けて、同月から2023年2月まで出演を休止していた[36][37]
  17. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  18. ^ 2020年3月まで水曜アンカー、2021年3月まで水曜コメンテーター、2021年4月から木曜コメンテーター
  19. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  20. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  21. ^ 2021年3月まで金曜コメンテーター、2021年4月から木曜コメンテーター。木曜異動後は「大下容子ワイド!スクランブル」(木曜コメンテーター)にも出演
  22. ^ 2021年3月まで月曜コメンテーター。2021年4月から金曜コメンテーター。
  23. ^ ※2016年12月までは金曜日MC、2020年3月まで月曜アンカー、2021年3月まで水曜コメンテーター。2021年4月から金曜コメンテーター。
  24. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  25. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  26. ^ 火曜MCなど以前にも出演経験あるものの、コメンテーターとしては2022年4月からレギュラー扱い
  27. ^ 火曜MCなど以前にも出演経験あるものの、コメンテーターとしては2022年4月からレギュラー扱い
  28. ^ 2018年9月までは金曜コメンテーター、その後2020年3月まで金曜アンカー。2021年4月から水曜コメンテーター。
  29. ^ 2020年3月までアンカー。
  30. ^ 2020年3月まで水曜アンカー、2021年3月まで水曜コメンテーター、2021年4月から木曜コメンテーター。スケジュール都合上原則木曜出演
  31. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  32. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  33. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  34. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  35. ^ 火曜MCなど以前にも出演経験あるものの、コメンテーターとしては2022年4月からレギュラー扱い
  36. ^ 以前にも出演経験あるものの、コメンテーターとしては2022年4月からレギュラー扱い
  37. ^ 以前にも出演経験あるものの、2022年4月からレギュラー扱い
  38. ^ ※2016年12月までは金曜日MC、2018年9月までは金曜アンカー、2020年3月まで金曜コメンテーター、2021年3月まで火曜コメンテーター
  39. ^ 火曜MCなど以前にも出演経験あるものの、コメンテーターとしては2022年4月からレギュラー扱い
  40. ^ 降板中はよしもと所属芸人が週替わりで出演。10月以降も出演しないことがあり、この間は事務所を問わずお笑い芸人が出演していた。
  41. ^ 当該番組の裏番組である『ニュース女子』(DHCテレビ)のコメンテーターとして双方出演していたが、2代目MC昇格に伴い番組から退いた。但し、ゲスト出演では同年6月20日に出演している。
  42. ^ ※2018年以降は月1出演
  43. ^ 2019年3月までは火曜レギュラー
  44. ^ 2021年4月5日から出演。不定期レギュラー扱いだった
  45. ^ 2021年3月まで金曜コメンテーター、2021年4月から2022年3月まで不定期レギュラー
  46. ^ 2016年6月1日、6月22日配信分で代打MCを務めた。
  47. ^ 2016年5月25日、6月8日、7月13日配信分で代打MCを務めた。
  48. ^ 2016年5月5日配信分で代打MC、6月7日配信分で山田の代理としてリポーターを務めた。
  49. ^ TVアニメ『クロムクロ』オープニングテーマとのダブルタイアップ
  50. ^ a b c d e オープニング・エンディング兼用。

出典

[編集]
  1. ^ a b 「放送後、僕たちの夜中のLINEはヤバい」AbemaTV「AbemaNews」プロデューサーに聞く(2)”. AbemaTIMES (2017年8月14日). 2017年11月6日閲覧。
  2. ^ AbemaPrime 本開局直前スペシャル!”. AbemaTV. 2016年5月15日閲覧。
  3. ^ 好評につき急遽決定!『AbemaPrime』本開局直前スペシャル第2弾”. AbemaTV. 2016年5月15日閲覧。
  4. ^ “ぼくりり”、4月11日開局のインターネットテレビ局「AbemaTV」のニュース番組のテーマソングを担当”. M-ON! MUSIC (2016年4月4日). 2020年4月14日閲覧。
  5. ^ わいせつ裁判中のろくでなし子 「結婚式では刑事にスピーチして欲しい」”. AbemaTIMES. 2016年5月15日閲覧。
  6. ^ 「AbemaTV」の24時間放送ニュース「AbemaNewsチャンネル」がリニューアル”. サイバーエージェント. 2016年7月18日閲覧。
  7. ^ “手探り状態で始まった番組づくり、3年間で感じた興奮と喜び AbemaTV卒業のテレ朝・小松靖アナに聞く” (日本語). AbemaTIMES. https://times.abema.tv/articles/-/4932838 2018年10月8日閲覧。 
  8. ^ “『ワイド!スクランブル』“5代目MC”に小松靖アナ、テレ朝の新たな“昼の顔”に” (日本語). AbemaTIMES. https://times.abema.tv/articles/-/4660737 2018年8月13日閲覧。 
  9. ^ “AbemaTV「AbemaPrime」2代目司会は小川彩佳アナに決定!小松アナへの感謝のメッセージも” (日本語). AbemaTIMES. https://times.abema.tv/articles/-/4732878 2018年8月13日閲覧。 
  10. ^ 「視聴者の皆さんと一緒に番組を作っていきたい」AbemaPrime司会進行の平石直之アナウンサーが炎上覚悟の"Twitterアナ"に挑戦”. AbemaTIMES. 2019年3月30日閲覧。
  11. ^ 乙武洋匡氏がMC就任、箕輪厚介氏、夏野剛氏、佐々木俊尚氏、カンニング竹山も参戦 AbemaPrime、4月1日からの新レギュラー陣を発表”. AbemaTIMES. 2019年3月30日閲覧。
  12. ^ インターネットテレビ局「AbemaTV」が全世界からの視聴に対応”. 株式会社サイバーエージェント(2019年4月18日作成). 2019年4月18日閲覧。
  13. ^ 「AbemaTV」と「niconico」がパートナーシップを締結”. 株式会社サイバーエージェント(2019年3月27日作成). 2019年4月18日閲覧。
  14. ^ 「反省会なし、Slackベースでやりとり」テレ朝・平石アナも共感…「ニュータイプの時代」令和流の働き方・仕事への価値観”. AbemaTIMES (2019年11月20日). 2019年11月21日閲覧。
  15. ^ 報道リアリティーショー#アベプラ①ニュース MC カンニング竹山 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】https://abema.tv/channels/abema-news/slots/DAXtH9tEq9Tiz32020年3月27日閲覧 
  16. ^ 報道リアリティーショー#アベプラ②特集 MC カンニング竹山 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】https://abema.tv/channels/abema-news/slots/DAXtFeLTDCYxrb2020年3月27日閲覧 
  17. ^ Inc, Natasha. “EXITが初のニュース番組レギュラーMC就任、“チャラ男”だからこそ挑戦する意義(コメントあり)”. お笑いナタリー. 2020年3月27日閲覧。
  18. ^ nakajima (2020年3月27日). “平日夜のニュース番組『AbemaPrime』がリニューアル!EXITが初の報道番組MCに就任 | ジェイタメ”. 2020年3月27日閲覧。
  19. ^ AbemaTVニュースch (2020年3月30日). “本日から#アベプラ でも新型コロナ対策を始めます・ソーシャル・ディスタンシング→出演者は1.5~2mの距離を空ける→ゲストはスカイプ出演・スタジオを常に換気 検温・手洗い・消毒はもちろん行っています 感染爆発をみんなで防ぎたいです”. @news_abematv. 2020年3月30日閲覧。
  20. ^ WEB編集者の教科書 (2020年6月3日). “ABEMAニュースの作り方 スマホでの「放送」に大事な「二つの軸」”. withnews.jp. 2020年6月26日閲覧。
  21. ^ #アベプラ②今井絵理子議員と学ぶ手話通訳士 なぜ少ない?日常的なマスク着用と課題”. ABEMA (2021年2月24日). 2021年2月25日閲覧。
  22. ^ a b c 和田彩花と中田花奈、多様性実現へアベマでMC就任 - 芸能 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ (2021年4月3日). 2021年4月3日閲覧。
  23. ^ a b c ABEMA夜のニュース番組『ABEMA Prime』がリニューアル!MCに成田悠輔・柏木由紀・宇垣美里のレギュラー出演が決定”. CINEMA Life! シネマライフ|映画情報 (2022年4月4日). 2022年4月23日閲覧。
  24. ^ a b TIMES編集部, ABEMA (2023年4月3日). “『ABEMA Prime』新レギュラーMCに山崎玲奈、ryuchell、大空幸星が就任 テーマソングは現役大学生バンド・新東京の『36℃』 <コメントあり> | 告知 | ABEMA TIMES | アベマタイムズ”. ABEMA TIMES. 2023年4月4日閲覧。
  25. ^ 『サンデーLIVE!!』東山紀之の後任に平石直之アナ 今後は〝ジャニーズ問題〟どう放送していくかに注目”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2023年10月1日). 2023年10月4日閲覧。
  26. ^ 平石直之@naohiraishiのツイート”. X(旧・Twitter) (2023年10月3日). 2023年10月4日閲覧。
  27. ^ 変わる報道番組#アベプラ①カンニング竹山&田中萌アナ新加入”. ABEMA NEWSチャンネル. 2021年10月3日閲覧。
  28. ^ テレ朝・小川彩佳アナ アベプラ卒業に感慨「人生でかなり上位に入るくらいに泣いた」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2019年4月1日). 2019年4月1日閲覧。
  29. ^ AbemaPrime | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】”. AbemaTV. 2018年10月8日閲覧。
  30. ^ 成田悠輔氏 ウエブ番組からの引退を報告「また22世紀にお会いしましょう」”. 東京スポーツ (2023年2月9日). 2023年2月10日閲覧。
  31. ^ 平石直之@ABEMA Prime@naohiraishiのツイート”. Twitter (2022年12月11日). 2023年2月10日閲覧。
  32. ^ a b ロンブー淳、ニュース番組「ABEMA Prime」新MCに就任 「全力でコメントします!」:中日スポーツ・東京中日スポーツ”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年4月1日). 2021年4月3日閲覧。
  33. ^ a b c 新型コロナの出口がなかなか見えませんが5月に入りました。変わる報道番組 #アベプラ 水曜日は週替わりMCが登場 👀今月もとっても楽しみ😊よろしくお願いいたします!”. 平石直之@ABEMA Prime@naohiraishi (2021年5月3日). 2021年5月1日閲覧。
  34. ^ "DX遅れ"原因は40代? "関わりたくない"4割 北京五輪 選手用アプリに欠陥? 米 選手に"スマホ持参しないで" 負担増す"社会保険料" 給与上がらないのになぜ? 浜田聡議員 大河内薫さん コロナ禍のパパ活•ママ活 安藤美姫さん 夏野剛さん 安部敏樹さん ケンコバさん 福岡みなみさん ほかのん”. 平石直之『超ファシリテーション力』重版御礼 @naohiraishi (2022年1月19日). 2022年1月31日閲覧。
  35. ^ AKB48 柏木由紀が休養発表後初の生出演!『ABEMA Prime』で報道番組MCに挑戦”. TV LIFE web (2021年6月8日). 2021年6月8日閲覧。
  36. ^ KADOKAWA夏野剛社長 ABEMA番組出演見合わせ 五輪汚職で会長逮捕受け”. スポーツニッポン (2022年9月14日). 2023年2月10日閲覧。
  37. ^ 平石直之@ABEMA Prime@naohiraishiのツイート”. Twitter (2023年2月5日). 2023年2月10日閲覧。
  38. ^ AbemaPrime | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】”. AbemaTV. 2018年10月4日閲覧。
  39. ^ AbemaPrime 消費税10%は渋々表明?キャッシュレス還元ホントの狙いは | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】”. AbemaTV. 2018年10月16日閲覧。
  40. ^ “「彼のことを応援しているから」アルバイトをしながらウーマン村本の帰国を待つ中川パラダイスの胸の内” (日本語). AbemaTIMES. https://times.abema.tv/articles/-/5068297 2018年10月26日閲覧。 
  41. ^ ウーマン村本、LAで披露した飛び込みネタの意図「自虐ネタで笑っていたコメディアンにムカついた」”. AbemaTIMES. 2018年3月14日閲覧。
  42. ^ ウーマン村本1回5万のAbema Prime降板 - 芸能 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com (2019年3月18日). 2019年3月18日閲覧。
  43. ^ 【自粛警察】「あの時の価値観では正しかった」歪んだ正義の暴走?勧善懲悪のカルチャー?パチンコ行列を晒した令和タケちゃんの告白|#アベプラ《アベマで放送中》”. ABEMA 変わる報道番組#アベプラ【公式】 (2022年1月15日). 2022年1月15日閲覧。
  44. ^ 緊急事態宣言は現状20日(日)まで。その先どうするかが決まる1週間。時短要請やお酒の提供など飲食店への対応は? ワクチンをめぐっては、職場接種を前倒しで始める企業も。今週も #アベプラ で”. 平石直之@ABEMA Prime@naohiraishi (2021年6月13日). 2021年6月16日閲覧。
  45. ^ 2022年8月10日・8月17日も出演予定だったが、急遽番組降板となった。
  46. ^ 変わる報道番組#アベプラ①MC宇垣美里 時短・休業は最適解?/中国がサイバー攻撃”. ABEMA (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。
  47. ^ 宇垣の代行出演
  48. ^ AbemaPrime - Twitter 2018年9月24日
  49. ^ REINA - Twitter 2018年9月26日
  50. ^ a b AbemaPrime - Twitter 2018年9月27日
  51. ^ 乙武洋匡が初の番組MC「AbemaTVさん、ずいぶん強心臓」 - Entame Plex” (2019年3月29日). 2019年4月1日閲覧。
  52. ^ ABEMA、箕輪厚介氏のレギュラー番組降板を発表 セクハラ報道受け「事態を重く受け止めて」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2020年6月8日). 2020年7月9日閲覧。
  53. ^ #アベプラ②メディアの使命は伝えること?渡辺瑠海アナ卒業企画”. ABEMA NEWSチャンネル (2021年9月29日). 2021年10月3日閲覧。
  54. ^ 「ずっと報道志望でした。現場にも行ってみたいです!」テレビ朝日の新人アナウンサー・田原萌々アナがABEMA Prime進行アシスタントに抜擢 【ABEMA TIMES】”. ABEMA TIMES (2021年4月1日). 2021年4月3日閲覧。
  55. ^ AbemaTV『AbemaPrime』桐谷蝶々”. 最新ナレーション出演|キャスティング猪鹿蝶のBlog. 2016年5月15日閲覧。
  56. ^ インターネット番組「AbemaPrime」のナレーションを担当”. 井上喜久子 オフィシャルサイト @manbow. 2016年5月15日閲覧。
  57. ^ TKO木本、間寛平、ノッチ、天津 木村らがニュースを斬る!ニュース番組『AbemaPrime』新レギュラーを発表!”. owarai favclip. 2016年7月18日閲覧。
  58. ^ アメマーとアベマを掛けてコマーシャルに出てもらったことが出演のきっかけ。
  59. ^ a b c オトナの事情をスルーする 尖りまくったニュース番組『AbemaPrime(アベマプライム)』4月11日(月)スタート”. AbemaTV. 2016年5月15日閲覧。
  60. ^ “袋に入った白い粉”に“無地のコップ”? Togetter編集部が選ぶ“未来のバズツイート”(21/04/05)”. ABEMA (2021年4月5日). 2021年4月9日閲覧。
  61. ^ 草創期の「ABEMA」はデタラメだった だから楽しかった”. デイリー新潮 (2020年7月15日). 2020年7月18日閲覧。
  62. ^ Abema看板番組「みのもんたのよるバズ」3年の歴史に幕「役割が十分に果たされた」みの「よく飲んだ」”. スポーツニッポン(2019年7月1日作成). 2019年7月22日閲覧。
  63. ^ AbemaTV選挙特番『アベマ選挙SP〜民主主義オワコン危機〜』生放送決定 Twitterで「#政治家に聞きたいギリギリな質問」を募集”. AbemaTIMES. 2019年7月21日閲覧。
  64. ^ AbemaTV選挙特番『アベマ選挙SP〜民主主義オワコン危機〜』生放送決定 Twitterで「#政治家に聞きたいギリギリな質問」を募集”. AbemaTV (2019年12月31日). 2020年1月5日閲覧。
  65. ^ AbemaTV選挙特番『アベマ選挙SP〜民主主義オワコン危機〜』生放送決定 Twitterで「#政治家に聞きたいギリギリな質問」を募集”. ABEMA. 2020年12月26日閲覧。
  66. ^ TIMES編集部, ABEMA (2022年6月17日). ““転職”に特化した特別番組『ABEMA Prime 転職を考える22時間』 24日21時〜放送決定! | 告知”. ABEMA TIMES. 2022年7月5日閲覧。
  67. ^ WEBザテレビジョン (2022年7月4日). “EXIT“選挙特番MC”に初挑戦「史上最もチャラい参院選特番」生放送決定”. WEBザテレビジョン. 2022年7月5日閲覧。
  68. ^ a b 元乃木坂・山崎怜奈がABEMAの年越し生番組でMC「考えを遠慮なく伝えられる雰囲気を」 - 芸能 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com (2022年12月26日). 2023年1月1日閲覧。
  69. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ、“オトナの事情をスルーする”ニュース『AbemaPrime』OP曲に決定」”. Real Sound. 2016年5月15日閲覧。
  70. ^ a b chelmico [@chelmico_offi] (2018年4月4日). "AbemaPrime」のオープニング曲に、chelmicoの「Highlight」が起用されました". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  71. ^ Super Ballが、ABEMA Prime番組テーマソングに決定!”. 2024年4月5日閲覧。
  72. ^ GLAYの新曲「超音速デスティニー」が、AbemaTV報道番組のEDテーマに決定”. アベマタイムズ. 2021年9月1日閲覧。
  73. ^ Iris(アイリス)、2nd Single『小さな声』がAbemaPrimeのエンディングテーマに決定!”. ACTRESS PRESS. 2016年8月15日閲覧。
  74. ^ nowisee [@nowisee_jp] (2017年1月3日). "nowisee『バイブレーション』が「AbemaPrime」1/4(水)からの新エンディングテーマに決定しました!". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  75. ^ AbemaPraime 2月度エンディングテーマに「Re:Birth」が決定!”. バイオリン演奏 Ayasa/あやさ website. 2021年9月1日閲覧。
  76. ^ DOTAMA [@dotamatica] (2017年3月1日). "『AbemaPrime』3月のエンディングテーマがFINAL FRASH『PARADISE』になりました。". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  77. ^ 神聖かまってちゃん [@kamattechaninfo] (2017年5月1日). "「光の言葉」がAbemaTV「AbemaPrime」5月度のエンディングテーマ曲に決定‼️". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  78. ^ Awesome City Club [@CcAwesome] (2017年10月2日). "「AbemaPrime」の10月エンディング曲として、「ASAYAKE」が本日からオンエアされます". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  79. ^ 平 井 大_information [@hiraidaistaff] (2017年10月31日). "「AbemaPrime」の11月度エンディング曲に「Story of Our Life」が決定致しました。". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  80. ^ Saucy Dog [@saucydog_offi] (2018年3月2日). "「AbemaPrime」3月エンディングに「いつか」が使用されました。". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  81. ^ 「This is a pen.」が"AbemaPrime"の5月度エンディング曲に決定!”. Helsinki Lambda Club. 2021年9月4日閲覧。
  82. ^ ABEMAニュース [@News_ABEMA] (2018年6月1日). "【#アベプラ 6月のエンディング曲】「恋の前」/FINLANDS". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  83. ^ 「Boom!Boom!ヘブン」がAbemaTV「AbemaPrime」7月エンディングテーマに決定!”. BRADIO. 2021年9月4日閲覧。
  84. ^ ABEMAニュース [@News_ABEMA] (2018年8月4日). "【#アベプラ 8月のエンディング曲】「常夏ヴァカンス」/フレンズ". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  85. ^ ABEMAニュース [@News_ABEMA] (2018年9月1日). "【#アベプラ 9月のエンディングテーマ】「Summer Gate」/佐藤千亜妃". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  86. ^ 「ONE THING feat. SALU」がAbemaTV「AbemaPrime」の10月期エンディングテーマに決定!”. I Don't Like Mondays. Official Site. 2021年9月4日閲覧。
  87. ^ ABEMAニュース [@News_ABEMA] (2018年11月1日). "【#アベプラ 11月のエンディング曲】「Pure」/向井太一". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  88. ^ ABEMAニュース [@News_ABEMA] (2018年12月1日). "#アベプラ 12月のエンディング曲 「ラストシーン」/SIXLOUNGE". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  89. ^ AbemaPrimeの3月エンディング曲にReNの「Life Saver」が決定!!”. ReN. 2021年9月4日閲覧。
  90. ^ ニガミ17才公式 [@nigami17] (2019年4月30日). "ニガミ17才の「化けるレコード」がAbemaPrime5月のエンディングテーマに決定しました". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  91. ^ 新曲「スキスキスー」が、 AbemaTV「AbemaPrime」7月度エンディグテーマに決定!”. CYBERJAPAN DANCERS (2019年6月28日). 2021年2月4日閲覧。
  92. ^ AbemaTV「Abema Prime」10月度エンディングテーマソングに「原因は自分にある。」決定!”. 原因は自分にある。オフィシャルサイト. 2021年9月4日閲覧。
  93. ^ 「時鳴りの街」がAbema TV報道番組「Abema Prime」11月度エンディングテーマソングに決定!”. レルエ Official Site (2019年11月1日). 2021年2月4日閲覧。
  94. ^ MONO NO AWARE [@mono_no_aware_] (2020年3月2日). "「AbemaPrime」3月度のエンディングテーマにMONO NO AWARE「言葉がなかったら」が決定!". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  95. ^ AbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」のエンディングテーマにOmoinotake「トニカ」 が決定”. Omoinotake. 2021年9月4日閲覧。
  96. ^ 「HERO」がABEMA/ABEMA NEWSチャンネル「ABEMA Prime」5月度エンディングテーマに決定!”. 変態紳士クラブ | TOY'S FACTORY. 2021年9月4日閲覧。
  97. ^ 空白ごっこ [@kuhaku_gokko] (2020年5月31日). "空白ごっこ「雨」が、ABEMAのニュース番組「ABEMA Prime」の6月度のエンディングテーマに決定しました!". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  98. ^ 「Drink, Pray, Love!」が「ABEMA Prime」10月度エンディングテーマソングに決定!”. ゆいにしおOFFICIAL SITE. 2021年2月4日閲覧。
  99. ^ 黒川沙良 [@salatun224] (2020年12月1日). "黒川沙良の「ブリコー」がAbema TVの報道番組ABEMA Primeエンディングテーマに決定しました🙏✨". X(旧Twitter)より2021年9月4日閲覧
  100. ^ 『パリラリラ』 ABEMA Newsチャンネル「ABEMA Prime」1月度エンディングテーマソングに決定!”. KALMA OFFICIAL SITE. 2021年2月4日閲覧。
  101. ^ Ado:「レディメイド」が報道リアリティーショー 「ABEMA Prime」の2月度のエンディングテーマ に決定!”. 株式会社クラウドナイン. 2021年2月4日閲覧。
  102. ^ 【MEDIA】ABEMA/ABEMA NEWSチャンネル/報道番組「ABEMA Prime」の5月度エンディングテーマに決定!”. YAJICO GIRL. 2021年9月1日閲覧。
  103. ^ 『SHINING MAN』が「ABEMA Prime」の8月度エンディングテーマに決定!”. GLAY公式サイト. 2021年9月1日閲覧。
  104. ^ インナージャーニー [@innerjourney_] (2021年10月2日). "「深海列車」が、ABEMAの報道番組『ABEMA Prime』の10月のエンディングテーマに選ばれました。". X(旧Twitter)より2021年11月1日閲覧
  105. ^ 郭晃彰@ABEMA Prime [@kakuteruaki] (2021年12月1日). "12月のエンディングテーマ曲は「柏木由紀なりのBiSH -BAD TEMPER-」をかけさせて頂きます。". X(旧Twitter)より2022年1月6日閲覧
  106. ^ シズクノメ [@shizukunome] (2022年2月1日). "『ABEMA Prime』の、2月エンディングテーマとして、シズクノメ「ハイ」が流れます!". X(旧Twitter)より2022年2月1日閲覧
  107. ^ 『花冷列車』が「ABEMA Prime」の2022年4月度エンディングテーマに決定!”. 三月のパンタシア Official Website. 2022年8月1日閲覧。
  108. ^ 「運命のルーレット廻して」タイアップ決定!”. SARD UNDERGROUND OFFICIAL WEBSITE. 2022年6月3日閲覧。
  109. ^ マハラージャン [@MoeChu4] (2022年6月1日). "『ABEMA Prime』6月のエンディングテーマに、「持たざる者」が決定!". X(旧Twitter)より2022年6月3日閲覧
  110. ^ ツユSTAFF [@TUYU_staff] (2022年7月1日). "『いつかオトナになれるといいね。』「ABEMA Prime」7月度エンディングテーマ決定!". X(旧Twitter)より2022年7月1日閲覧
  111. ^ 新東京 [@NeoTokyoMetro] (2022年8月23日). "新東京の"Metro"がエンディングテーマに起用され、8月からエンディングでMusic Videoが流れています!". X(旧Twitter)より2022年9月1日閲覧
  112. ^ 「ABEMAPrime」 9月度EDテーマに新曲「リビド」が決定!”. 兵庫県出身の3ピースバンド、w.o.d.のオフィシャルサイト。. 2022年9月1日閲覧。
  113. ^ Goosebumps Music [@goosebumps2020] (2022年10月3日). "Hiplin(@HiplinTomo)の「おわかれ」が「ABEMA Prime」10月度エンディングテーマに決定!". X(旧Twitter)より2022年10月8日閲覧
  114. ^ ABEMA / ABEMA NEWSチャンネル「ABEMA Prime」エンディングテーマに決定!”. ULFULS.com. 2022年11月2日閲覧。
  115. ^ Sincere [@sincere_tanya] (2022年12月1日). "「I'll be」が『ABEMA Prime』12月度エンディングテーマに抜擢されました". X(旧Twitter)より2022年12月8日閲覧
  116. ^ 「Hard Pool」が『ABEMA Prime』の1月度番組エンディング・テーマに決定した。”. Spincoaster. 2023年1月5日閲覧。
  117. ^ あたらよ [@Atarayo_band] (2023年2月1日). "あたらよの「雪冴ゆる」が「ABEMA Prime」2月度エンディングテーマに決定❄️". X(旧Twitter)より2023年2月2日閲覧
  118. ^ New Single『Venus Flytrap feat. 佐藤千亜妃』が、ABEMA/ABEMA NEWSチャンネル「ABEMA Prime」3月度のエンディングテーマに決定!”. 春野 Official HP. 2023年3月2日閲覧。
  119. ^ 「ABEMA Prime」5月度エンディングテーマに「Let's go」が抜擢!”. 超学生 CHOGAKUSEI OFFICIAL SITE. 2023年5月5日閲覧。
  120. ^ Furui Riho [@furui_riho] (2023年6月2日). "アペプラのエンディングテーマになりました🥺💗". X(旧Twitter)より2023年6月3日閲覧
  121. ^ imaseすたっふ [@imase_staff] (2023年7月4日). "「Nagisa」がABEMA『ABEMA Prime』7月の番組エンディングテーマソングに決定!🏄‍♂️". X(旧Twitter)より2023年7月5日閲覧
  122. ^ ん・フェニ [@n__feni] (2023年8月1日). "Abema TV 8月度エンディングテーマがん・フェニの「MAKE」に決定!". X(旧Twitter)より2023年8月5日閲覧
  123. ^ NIKO NIKO TAN TAN [@NIKONIKOTANTAN_] (2023年10月2日). "『琥珀』が「ABEMA Prime」10月度のエンディングテーマに決定しました💫". X(旧Twitter)より2023年10月3日閲覧
  124. ^ GOOD BYE APRIL [@GOOD_BYE_APRIL] (2023年11月2日). "「ABEMA Prime」11月エンディングテーマに「BRAND NEW MEMORY」が決定❗️". X(旧Twitter)より2023年11月3日閲覧
  125. ^ Chevon [@Chev0n] (2024年1月8日). "Chevonの新曲「大行侵」が1月度エンディングテーマに決定致しました". X(旧Twitter)より2024年1月12日閲覧
  126. ^ リュックと添い寝ごはん [@sleeping_rices] (2024年2月1日). "『天国街道』が、ABEMA Prime 2月のエンディングテーマに決定!". X(旧Twitter)より2024年2月3日閲覧
  127. ^ ココラシカ [@cocola_deer] (2024年2月29日). "「恋よ、踊りだせ」が、ABEMA / ABEMA NEWSチャンネル「ABEMA Prime」3月度のエンディングテーマに決定!". X(旧Twitter)より2024年3月2日閲覧
  128. ^ 「Ms. U feat. idom & SALU」が『ABEMA Prime』5月エンディングテーマに決定”. Kvi Baba. 2024年5月5日閲覧。
  129. ^ muque [@muque] (2024年6月1日). "『ABEMA Prime』の6月エンディングテーマとして、『Bite you』が決定!". X(旧Twitter)より2024年6月8日閲覧
  130. ^ 川崎19人殺傷、”一人で死ね”論は正しいのか?問題提起した藤田孝典氏「言葉を選んでほしい」”. AbemaTIMES (2019年5月31日). 2019年6月1日閲覧。
  131. ^ 「言論」「討論」ではハードルが高い..."参加資格"を広げて、もっと多くの人がしゃべれるように|文化|中央公論.jp”. 中央公論.jp (2024年3月8日). 2024年4月2日閲覧。
  132. ^ “「放送後、僕たちの夜中のLINEはヤバい」AbemaTV「AbemaNews」プロデューサーに聞く(2)” (日本語). AbemaTIMES. https://times.abema.tv/articles/-/2782528 2018年4月10日閲覧。 

関連項目

[編集]
  • みのもんたのよるバズ! - 2019年6月まで土曜夜に配信していた兄弟番組。金曜のエンディングではこちらの予告を告知していた。
  • モーニングCROSSTOKYO MX)※水曜のコメンテーター陣(堀、松浦、パトリック等)や他曜日のコメンテーターが出演する朝の情報番組。公式Twitterも案にその存在を醸し出して紹介していた

外部リンク

[編集]