西澤由夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にしざわ ゆか
西澤 由夏
プロフィール
愛称 にしゆか
にっしー
ざわわ
西澤ちゃん
出身地 日本の旗 日本 埼玉県[1]
生年月日 (1993-08-12) 1993年8月12日(29歳)
血液型 O型
最終学歴 中央大学経済学部公共環境学科[2]
勤務局 ABEMA
活動期間 2016年(Abema TV(現ABEMA)専属キャスターとしては2018年) -
ジャンル 情報バラエティ
出演番組・活動
出演中チャンスの時間
Abemaミッドナイト競輪
ニューヨーク恋愛市場
出演経歴マジガチランキング
偏差値32の田村淳が100日で青学一直線〜学歴リベンジ〜
その他 ミス中央大学2013グランプリ

西澤 由夏(にしざわ ゆか、本名同じ、1993年8月12日 - )は、ABEMAアナウンサー。元サイバーエージェント勤務のキャスター、元スペースクラフト所属のタレントモデル

来歴[編集]

埼玉県出身。多くのアナウンサーを輩出している中央大学への進学を見据えて、中央大学附属高等学校に入学[3]。中央大学在学中、「ミス中央大学2013」グランプリを受賞。応募はアナウンサー志望であることを知った友人による他薦だった[4]。大学では放送研究会に所属したが、ほとんど活動には参加しなかった。一方で、オールラウンドサークルの活動には積極的に参加した。同年の「Miss of Miss Campus Queen Contest」でもファイナリストとなった[5]

その後、「キャンパスクイーン」としてスペースクラフトに所属し、タレント活動を行う。就職活動でアナウンススクールに通い、テレビ局各局のアナウンス試験を受けるも不合格。2016年からサイバーエージェントに入社。オフィシャルブログの開設提案やコンサルティングを行う[6]

担当タレントがAbemaTV出演の際にはサポートするなど関連会社の一員としてかかわっていたが、タレントの活動歴があることから『業界激震!?マジガチランキング』、『AbemaPrime』に起用され、美人社員としてレポーター、番組アシスタントとして出演。もともとアナウンサー志望であったことから、AbemaTVが専属アナウンサーの募集を開始すると、自ら手を挙げ合格。サイバーエージェント社員としての勤務と並行しテレビ朝日アスクに通い、2018年4月よりAbemaTV専属キャスターとなる[7]

他のキャスターと違い、すでに進行経験などの実績があったため1月よりAbemaTVの大相撲プロ野球中継などでレポーターを担当する。

2022年9月、『チャンスの時間』の企画で『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の表紙&グラビア撮影を行った[8]。同誌2022年No.43 表紙&巻頭グラビアとして掲載[9]。アザーカットを含むデジタル写真集も発売された。

人物[編集]

  • どんなときも比較的冷静な自分でいられるのが強みとしている[6]
  • 身長158cm。スリーサイズはB78/W57/H82[1]
  • 千鳥・ノブからは“アナウンサーもどき”といじられている[10]。西澤はもともとキー局アナウンサーを目指していたこと、最初に言われた収録ではテレビ朝日・弘中綾香もいたことから驚きと混乱に陥ったが、『もどき』の文言でABEMAに専業アナウンサーがいることを知った人、ファンも生まれたことから2023年現在は感謝している[10]

現在の出演番組[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 堀江貴文と藤田晋のビジネスジャッジ!!(2016年 - 2017年、2018年 - 、堀江貴文FRESH!チャンネル)- アシスタント
  • チャンスの時間(2018年4月18日 - 、AbemaTV)- アシスタント
  • 熱闘!Mリーグ(2018年10月7日 - 12月23日、AbemaTV AbemaNewsチャンネル)[11]- アシスタント(ローテーションで担当、2019年以降はナレーション)
  • 大和証券Mリーグ2018(2018年11月2日 - 、AbemaTV麻雀チャンネル)- レポーター[12]
  • 芸人代理戦争(2019年4月29日 - 、AbemaTV)[13]
  • ニューヨーク恋愛市場(2021年9月28日 - 、AbemaTV) - アシスタント
  • 愛、足りてますか?(2022年11月27日 - 、ABEMA) - アシスタント[14]

過去の出演番組[編集]

AbemaTV入社前[編集]

テレビ[編集]

映像外部リンク
BSフジ『月刊 素敵なスマートライフ』
「バリスタテクニックセミナー 現役女子大生が体験」2015年7月25日放送)
「バレエダンサー美尻王子直伝!ボディメイク術」(2015年9月26日放送)
「おのころ心平“話題のツキヨミ”カウンセリング」(2015年10月24日放送)
「天宮玲桜“世にも明るい公開人生相談”セミナー」(2015年11月28日放送)
「話題のオチョダイエットセミナー」(2015年12月26日放送)
「パラリンピックの魅力を知るセミナー」2016年2月27日放送)

ラジオ[編集]

  • NACK5 DREAM CARAVAN(GOGOMONZ内のコーナー、NACK5)- レポーター

ウェブテレビ[編集]

執筆[編集]

  • 日刊ゲンダイ連載リレーコラム「キャンパスクイーンの本当にあったグッとくる話」

広告モデル[編集]

  • AEON TOPVALU SELECT「ギリシャヨーグルト」

イベント[編集]

AbemaTV入社後[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 大相撲LIVE(2018年1月 - 3月、AbemaTV)- VTRレポーター[16]
  • プロ野球中継(2018年4月 - 10月、AbemaTV)- 選手インタビュアー、球場レポーター
  • ベイチャンネル(2018年4月 - 10月、AbemaTV)- 選手インタビュアー
  • ラスト亀田興毅(2018年5月5日、AbemaTV)- レポーター
  • 格闘代理戦争2ndシーズン(2018年、AbemaTV)- 進行
  • 鈴木愛理 ソロデビュー特番 #DMAF(2018年6月6日、AbemaTV) - 進行
  • Abemaミッドナイト競輪(2019年4月‐6月、AbemaTV)日替わりで担当
  • WinTicket ミッドナイト競輪(2019年6月‐11月、AbemaTV)日替わりで担当
  • Merry ボートレース GRAND PRIX(2019年12月22日、AbemaTV) - MC[17]
  • 男女7人波物語 ―恋愛も、競走だー(2020年3月8日、AbemaTV)- 進行[18]
  • 日村がゆく(2020年1月29日 - 3月4日、AbemaTV) - 変態サミットMC
  • 家-1グランプリ2020〜お笑い自宅芸No.1決定戦〜(2020年5月3日、ABEMA) - アシスタント
  • ラスアイのクロ歴史だってよ!!(2020年9月19日、ABEMA) - アシスタント[19]
  • FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜 #48#49(2021年2月19日、AbemaTV) - ナレーション
  • 笑ラウドネスGP(2021年7月18日、ABEMA) - アシスタント[20]
  • 大人の恋愛地図 Supported by 東京カレンダー(2021年10月14日 - 11月25日、ABEMA)- MC

ウェブラジオ[編集]

  • Abema学園(2018年8月24日 - 12月29日[21]、AbemaTVラジオチャンネル)[22][23]

舞台[編集]

CM[編集]

  • 「JALPAKでハワイ」(2018年6月、ジャルパック
  • ポコロンダンジョンズ×幽☆遊☆白書(2018年、グレンジ)テレビCM出演およびナレーション

その他[編集]

  • 週刊ヤングジャンプ 2022年43号 表紙(2022年9月22日発売)[24]
  • デジタル写真集「いつも全力。いつも等身大の君と。」(2022年9月22日)[25]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 西澤由夏”. スペースクラフト. 2018年2月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年11月6日閲覧。
  2. ^ 西澤由夏”. MISS COLLE ミスコレ. 2017年11月6日閲覧。
  3. ^ 挫折しても遠回りしても夢を諦めないで” (日本語). アンビシャス 〜100人の仕事〜. 2022年3月10日閲覧。
  4. ^ アナウンサーが出たらTVを消していた。Abema西澤アナが“キー局全滅”から夢を叶えられた理由|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。” (日本語). 新R25 (2019年11月13日). 2019年12月29日閲覧。
  5. ^ 西澤由夏 インタビュー”. EH株式会社(エクセルヒューマン)presents MISS KIMONO COLLECTION. 2017年11月6日閲覧。
  6. ^ a b “「夢を諦めきれず…」現役サイバーエージェント社員・西澤由夏がAbemaTV初代キャスターに決定”. Abema TIMES (Abema TV). (2017年9月21日). https://times.abema.tv/articles/-/2976295 2017年11月6日閲覧。 
  7. ^ “元NMB研究生の瀧山あかねさんら、AbemaTV初“局アナ”に!”. SANSPO.COM(サンスポ) (産業経済新聞社). (2017年9月21日). https://www.sanspo.com/article/20170921-NB3RYBLT3BJUBOAGHKMSWY47TI/ 2017年11月6日閲覧。 
  8. ^ TIMES編集部, ABEMA (2022年9月5日). “西澤アナがヤングジャンプの表紙&巻頭グラビアに決定! 千鳥・大悟からのサプライズ発表に「手が震えてる」 | バラエティ”. ABEMA TIMES. 2022年9月5日閲覧。
  9. ^ 週刊ヤングジャンプ|集英社. “No.43 表紙&巻頭グラビア 西澤由夏|週刊ヤングジャンプ公式サイト” (日本語). 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 2022年10月2日閲覧。
  10. ^ a b ABEMA西澤由夏のターニングポイント “アナウンサーもどき”と呼ばれて広がった世界” (日本語). ENCOUNT (2023年1月29日). 2023年1月29日閲覧。
  11. ^ 熱闘!Mリーグ | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2018年10月6日閲覧。
  12. ^ 松本圭世が休みの場合の代理レポーターとして2018年11月2日から不定期で出演
  13. ^ 先輩芸人が後輩芸人のネタをプロデュース!『芸人代理戦争』4・29スタート|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE (2019年4月7日). 2019年5月1日閲覧。
  14. ^ 愛、足りてますか? #1”. ABEMA SPECIAL 2チャンネル (2022年11月27日). 2022年11月27日閲覧。
  15. ^ “ミスコンファイナリスト達がサバゲーに挑戦する「キャンパスクイーン・サバイバル部」始動”. music.jpニュース. (2015年12月23日). https://music-book.jp/video/news/news/104928 2017年11月6日閲覧。 
  16. ^ https://twitter.com/miss_4chuo/status/973969001175957504
  17. ^ Merry ボートレース GRAND PRIX | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV (2019年12月22日). 2019年12月29日閲覧。
  18. ^ ボートレース業界初のボートレース×恋愛バラエティ 『男女7人波物語 -恋愛も、競走だ-』 3月8日(日)午後3時から「AbemaTV」「BOATRACEチャンネル」にて生放送!”. 2021年8月25日閲覧。
  19. ^ びわこヤングダービー特番「ラスアイのクロ歴史だってよ!!」 ABEMAできょう午後6時から生放送” (日本語). 西日本スポーツ. 2020年9月19日閲覧。
  20. ^ 総勢821組から"笑いの量"だけで最も面白い芸人を決める!『笑ラウドネスGP』ABEMAで放送決定 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES (2021年7月6日). 2021年7月24日閲覧。
  21. ^ 新人女子アナ初のレギュラー番組『Abema学園』(終) | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV (2018年12月29日). 2019年1月17日閲覧。
  22. ^ 「AbemaTV」新人アナウンサー初のレギュラー番組 『Abema学園』 「ラジオチャンネル」にて8月24日(金)より毎週生放送が決定 | 株式会社サイバーエージェント” (日本語). 株式会社サイバーエージェント. 2018年8月23日閲覧。
  23. ^ 新人女子アナ初のレギュラー番組『Abema学園』 | 無料のインターネットテレビはAbemaTV(アベマTV)” (日本語). AbemaTV. 2018年8月23日閲覧。
  24. ^ 西澤由夏:ABEMAアナが「ヤンジャン」表紙に マンガ誌グラビア初挑戦”. MANTAN WEB. 2022年9月25日閲覧。
  25. ^ YJ PHOTO BOOK 西澤由夏”. ヤングジャンプ. 2022年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]