ぼくのりりっくのぼうよみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぼくのりりっくのぼうよみ
別名 紫外線、市街戦
生誕 (1998-02-12) 1998年2月12日(19歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
ジャンル ヒップホップ
職業 歌手ラッパー
活動期間 2013年 - 現在
レーベル CONNECTONE(2015年 - 現在)
事務所 ソリッドボンド(2015年 - 現在)
公式サイト bokuriri.com

ぼくのりりっくのぼうよみ1998年2月12日 - )[1]は、日本男性ラッパー歌手。略称は「ぼくりり」。所属レコードレーベルJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント傘下のCONNECTONE、所属芸能事務所ソリッドボンド

概要[編集]

動画サイトに楽曲を投稿したことをきっかけに、そのポップな楽曲と独特の言葉のセンスが注目される[2]。現所属事務所ソリッドボンド社長の中島理智がネットで拾ってきた彼の音源をEMIグループ時代から交流のあるCONNECTONE代表の高木亮に聞かせたことでレーベルとの契約が決まり、現役高校生としてメジャーデビュー[2][3]

トラックメーカーが作った音源に自身の卓越した言語力に裏打ちされたリリックメロディを乗せていくスタイルをベースとする[4][5]

エッセイ短編小説を執筆するなどもしている[1]。楽曲制作は、最初にトラックメーカーに曲調やBPMや使用する楽器などやりたいことの大枠だけを伝え、それで出てきたものに対して、具体的な要望を加えて完成させる[6]

人物[編集]

ニコニコ動画で使用していた「紫外線」という名前は、紫色が好きだったことから付けた[7]。現在の芸名2012年頃から名乗りだしたもので、ラップを始めた頃まだ慣れておらず、棒読みで歌っていたことに由来する[8][9]

幼い頃から音楽好きだったのは母親の影響が大きい[10]EGO-WRAPPIN'MONDO GROSSOは、その母親がファンだったこともあって好きになった[11]。しかし特定の曲が好きなだけで個々のアーティストにはそれほど詳しくはない[10]。初めて買ったCDはポケットモンスターの映画「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」のエンディングテーマ「ひとりぼっちじゃない」(coba & 宮沢和史[10]

経歴[編集]

  • 2012年
    • 2月25日、「ゆるふわ樹海ガール 歌ってみた」を紫外線名義でニコニコ動画に初投稿。
    • 12月16日、「【ニコラップ】One Night Stand and Rain」をぼくのりりっくのぼうよみ名義で初投稿。
  • 2014年
    • 高校生2年生の時に日本最大級の10代向けオーディション「閃光ライオット」に応募、約1万組の中からファイナリスト10組に選出され新木場STUDIO COASTでライブを披露[12]TOKYO FMSCHOOL OF LOCK!」で紹介され高評価を得る[2]
  • 2015年
    • 11月12日、EPシングル「Parrot's Paranoia」を発売。
    • 12月16日、ビクターエンタテインメント内のレーベル「CONNECTONE」より1stアルバム「hollow world」でメジャーデビュー[2]。発売当時は17歳の現役高校3年生。
  • 2016年
    • 2月5日発売の文芸雑誌文學界』2016年3月号にエッセイ「地盤沈下」を寄稿。
    • 大学進学。
    • 7月、EP『ディストピア』をリリース。CDの遺影を模したアートワークやEPの限定盤用に書き下ろした短編小説「Water boarding」で話題を集める[1][13]
  • 2017年
    • 1月24日刊行の小説家伊藤計劃のトリビュートアンソロジー『伊藤計劃トリビュート2』に短編小説「guilty」が掲載される。
    • 1月25日、2ndアルバム『Noah's Ark』をリリース。それにともない、1月から3月末までの期間限定でオウンドメディア「Noah's Ark」を運営。
    • 3月から5月まで、初の全国ツアー「ぼくのりりっくのぼうよみ tour 2017」を開催。
    • 5月24日、2ndシングル「SKY's the limit/つきとさなぎ」をリリース。

作品[編集]

スタジオ[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定
オリコン[14] Billboard JAPAN
Top Albums Sales[注釈 1]
1st 2015年12月26日 Hollow World 30 17
2nd 2017年1月25日 Noah's Ark 24 22
"—"はチャート圏外、チャート対象外のいずれかを意味する。

ep[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定
オリコン
[14]
Billboard JAPAN
[注釈 1]
1st 2014年4月30日[17] Parrot's Paranoia
2nd 2016年7月20日 ディストピア 26 [注釈 2]
"—"はチャート圏外、チャート対象外のいずれかを意味する。

シングル[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリコン
[14]
Billboard JAPAN
[注釈 1]
1st 2017年3月8日 Be Noble Noah's Ark
2nd 2017年5月24日 SKY's the limit/つきとさなぎ

配信[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリコン
[14]
Billboard JAPAN
[注釈 3]
1st 2015年10月23日 パッチワーク[24] 86 Hollow World
2nd 2015年11月12日 sub/objective[24] 39
3rd 2016年6月22日 Newspeak[13] 73 ディストピアNoah's Ark
4th 2016年12月7日 after that[25] 53 Noah's Ark
5th 2017年3月8日 Be Noble 50
"—"はチャート圏外かチャート対象外のいずれかを意味する。

参加作品[編集]

発売日 作品 備考
2014年8月9日 sunrise feat. nqrse コンピレーション・アルバム「COMPILATION ALBUM W.W.W 2014」収録[26]
2014年9月29日 COCK PITT idler records所属MC5名によるマイクリレー。他参加者は野崎りこん、SHAKABOOZ,nera_K、TWOFACE[27]
2014年10月29日 fuckin' summer vacatioooooon!!!!!!!!!!! コンピレーション・アルバム「閃光ライオット2014」収録[28]
2015年7月8日 idler stella feat.nera_K,ぼくのりりっくのぼうよみ,野崎りこん 電波少女のアルバム「WHO」収録[29]
2016年10月19日 Fukurou Session featuring ぼくのりりっくのぼうよみ
(Broadcasted on LINE LIVE on 2016.06.21)
サカナクションのシングル「多分、風。」完全限定盤Blu-ray、DVDに収録[30]
2017年9月27日 クビナワ feat. ぼくのりりっくのぼうよみ&ササノマリイ 電波少女のアルバム「HEALTH」収録。

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
東市篤憲 sub/objective」(出演:池田大吉村界人池田エライザ)
CITI」(出演:池田大・吉村界人・池田エライザ)
Sunrise(re-build)」(出演:池田大・吉村界人・池田エライザ・本山順子・GOMESS)
※以上3作品は三部作となっている。
SKY's the limit
ぼくのりりっくのぼうよみ / 東市篤憲(サポート) Newspeak
木村豊 Be noble
沖崇信 after that

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ先
Be Noble 映画『3月のライオン 前編』主題歌[31]
SKY's the limit 資生堂ANESSA』2017年CMソング
つきとさなぎ ドラマ『SRサイタマノラッパー〜マイクの細道〜』EDテーマ

主なライブ[編集]

  • 2016年05月06日 - CONNECTONE NIGHT Vol.1
  • 2016年05月22日 - 電波少女 E.P "パラノイア" Release Party
  • 2016年05月28日 - VIVA LA ROCK 2016
  • 2016年06月10日 - clubEARTH 10th Anniversaryイベント
  • 2016年07月16日 - JOIN ALIVE 2016
  • 2016年08月20日 - MONSTER baSH 2016
  • 2016年08月21日 - WILD BUNCH FEST. 2016
  • 2016年08月27日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016
  • 2016年10月13日 - MINAMI WHEEL 2016
  • 2016年11月11日 SPACE SHOWER vol.2
  • 2016年12月12日 Hello,world!
  • 2017年3月よりワンマンツアー開催決定

注釈[編集]

  1. ^ a b c それぞれの曲による脚注: Hollow World,[15] Noah's Ark.[16]
  2. ^ Billboard Japanのセールス・チャートTop Single Salesで最高27位を記録した[18]
  3. ^ それぞれの曲の脚注: Patchwork",[19] "Sub/objective",[20] "Newspeak",[21] "After That",[22] "Be Noble".[23]

脚注[編集]

  1. ^ a b c BIOGRAPHY”. 公式サイト. 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c d ぼくのりりっくのぼうよみ (2015年12月15日). 変幻自在に言葉を操る、ぼくのりりっくのぼうよみという名の17歳. インタビュアー:武田砂鉄. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201512-bokunolyricnobouyomi 2017年3月19日閲覧。 
  3. ^ CONNECTONE (2016年4月13日). ぼくりりを輩出したCONNECTONEが実践する新たなメジャー戦略 (1/4). インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201604-connectone 2017年3月19日閲覧。 
  4. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ”. 音楽ナタリー. 2017年5月26日閲覧。
  5. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ (2015年12月29日). 「悲しいものを俯瞰的なところから見ている。その両方がずっとある」. インタビュアー:柴那典. NEXUS.. http://www.nexus-web.net/article/bokuriri/ 2017年5月26日閲覧。 
  6. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ (2015年12月16日). 「hollow world」インタビュー 音楽ナタリー Power Push (3/3). インタビュアー:レジー. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bokuriri/page/3 2017年2月26日閲覧。 
  7. ^ “ぼくのりりっくのぼうよみ、「紫外線」名義だったワケ”. J-WAVE NEWS. (2017年2月23日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/02/post-3291.html 
  8. ^ “4組目...神奈川県「ぼくのりりっくのぼうよみ」!!”. 閃光BLOG. (2014年6月29日). http://www.tfm.co.jp/lock/riotblog/index.php?archive=2014-06-29&page=2 
  9. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ. ぼくのりりっくのぼうよみが語る、ネットと音楽のリアル「僕自身すぐにコロコロ変わっちゃう」. インタビュアー:神谷弘一. Real Sound.. http://realsound.jp/2015/12/post-5595.html 2015年12月14日閲覧。 
  10. ^ a b c ぼくのりりっくのぼうよみ (2015年12月16日). 「hollow world」インタビュー 音楽ナタリー Power Push (2/3). インタビュアー:レジー. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bokuriri/page/2 2017年2月26日閲覧。 
  11. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ (2015年12月14日). ぼくのりりっくのぼうよみが語る、ネットと音楽のリアル「僕自身すぐにコロコロ変わっちゃう」. (インタビュー). リアルサウンド.. http://realsound.jp/2015/12/post-5595_4.html 2017年5月26日閲覧。 
  12. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ、初の全国ツアー大盛況のうちに全公演終了! 秋に初の野音ワンマン開催を発表!!”. T-SITE (2017年5月22日). 2017年5月27日閲覧。
  13. ^ a b ぼくのりりっくのぼうよみ 最新アー写は"CD遺影"” (Japanese). HMV (2016年6月10日). 2017年2月12日閲覧。
  14. ^ a b c d ぼくのりりっくのぼうよみ”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2017年2月25日閲覧。
  15. ^ Japan Billboard Hot Albums” (Japanese). Billboard (2015年12月23日). 2017年2月12日閲覧。
  16. ^ Japan Billboard Hot Albums” (Japanese). Billboard (2017年2月1日). 2017年2月12日閲覧。
  17. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ – Parrot’s paranoiaのフリーダウンロードを開始しました” (Japanese). Idler Records (2014年9月29日). 2006年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月1日閲覧。
  18. ^ Japan Billboard Top Single Sales” (Japanese). Billboard (2016年7月27日). 2017年2月12日閲覧。
  19. ^ Japan Billboard Hot 100” (Japanese). Billboard (2015年12月16日). 2017年2月12日閲覧。
  20. ^ Japan Billboard Hot 100” (Japanese). Billboard (2015年12月23日). 2017年2月12日閲覧。
  21. ^ Japan Billboard Hot 100” (Japanese). Billboard (2016年7月27日). 2017年2月12日閲覧。
  22. ^ Japan Billboard Hot 100” (Japanese). Billboard (2017年1月18日). 2017年2月12日閲覧。
  23. ^ Japan Billboard Hot 100” (Japanese). Billboard (2017年2月1日). 2017年2月12日閲覧。
  24. ^ a b 期待の新星・ぼくのりりっくのぼうよみがアルバムリード曲「パッチワーク」の先行配信をスタート” (Japanese). MTI (2016年10月23日). 2017年2月12日閲覧。
  25. ^ ぼくのりりっくのぼうよみ 新AL収録曲「after that」物語の始まりを暗示するMV公開” (Japanese). Billboard (2017年12月7日). 2017年2月12日閲覧。
  26. ^ COMPILATION ALBUM W.W.W 2014 / V.A.” (Japanese). #ORGMENT STORE. 2017年2月12日閲覧。
  27. ^ fuckin’ summer vacatiooon!!!!!!-ぼくのりりっくのぼうよみを公開しました” (Japanese). Idler Records (2014年9月29日). 2006年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月12日閲覧。
  28. ^ 突然少年/閃光ライオット2014” (Japanese). Kinokuniya. 2017年2月12日閲覧。
  29. ^ WHO” (Japanese). Kinokuniya. 2017年2月12日閲覧。
  30. ^ サカナクション、ニューSGの特典映像に“BARサカナクション”&スタジオセッション”. BARKS (2016年7月8日). 2016年10月18日閲覧。
  31. ^ “神木隆之介「3月のライオン」、ぼくりりと藤原さくらの主題歌流れる予告公開”. 映画ナタリー. (2017年1月13日). http://natalie.mu/eiga/news/216615 

外部リンク[編集]