斎木陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斎木 陽平(さいき ようへい、1992年2月[1] - )は、日本実業家。AO入試専門塾「AO義塾」塾長、Edventure株式会社代表取締役社長、一般社団法人リビジョン代表理事[2]

経歴[編集]

福岡県北九州市生まれ[1]。有力政治家が輩出した安倍家と遠縁にあたり、祖父は元外務大臣安倍晋太郎の地元後援会長、曾祖父山口県長門市長を務めたといわれる[3]

2010年[3]慶應義塾大学法学部政治学科にAO入試で合格[4]2014年4月、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻課程へ進学[1]2016年3月、慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)[1][2]

2010年12月、「AO義塾」を設立[1]。「日経ビジネス 各界で活躍する平成生まれ30人」に選出され[4]、また「第2回学生起業家輩出プロジェクト(KBB)金山社長賞」を受賞[5]2013年、リビジョンを設立[4]。2013年12月、女子高校生未来会議共同発起人[1]2015年4月、東北高校生未来会議共同発起人[1]。2015年11月、全国高校生未来会議共同発起人[1]

2014年2月22日衆議院憲法審査会参考人として招致され、日本国憲法の改正手続に関する法律の改正案に関して、投票権年齢と選挙権年齢の同時引き下げを主張した[6]2015年5月、衆議院政治倫理及び公選法改正特別委員会で意見陳述[1][7]2016年6月26日渋谷駅ハチ公前で、自由と民主主義のための学生緊急行動(SEALDs)の奥田愛基ら主張や立場が異なる6人とともに、18歳選挙権実施後初めての選挙となる第24回参議院議員通常選挙での投票を若者に呼びかける緊急アピール行動をおこなった[8]

政治家をめざしており、東京都知事小池百合子主宰の政経塾「希望の塾」に参加している[3]

著作[編集]

  • 斎木陽平『AO入試を受ける前に知っておいて欲しいこと―AO義塾塾長が教える 早慶AO入試完全攻略法』エール出版社、2011年6月
  • 斎木陽平・後藤大希・AO義塾『書き込み式 AO入試で必ず受かる!完全マニュアル 基礎知識から、早慶・難関校・人気校の二次対策まで』実業之日本社、2014年10月1日

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]