ryuchell

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
りゅうちぇる
ryuchell
2019年撮影
2019年撮影
プロフィール
別名 比嘉 龍二(本名)
りゅうちぇる(旧表記)
生年月日 1995年9月29日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本沖縄県
瞳の色 ヘーゼルブラウン
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 172 cm / 56 kg
BMI 18.9
単位系換算
身長 / 体重 5 9 / 123 lb
活動
ジャンル モデル
モデル内容 読者
他の活動 タレント
その他の記録
比嘉企画代表取締役
モデル: テンプレート - カテゴリ

ryuchell(りゅうちぇる、本名:比嘉 龍二(ひが りゅうじ)[1][2]1995年平成7年〉9月29日[3] - )は、日本男性読者モデル[4]タレント[3]歌手[5]実業家沖縄県沖縄市出身。比嘉企画所属タレント兼代表取締役[6][7][8]

元妻はタレントのpeco[2]。現在は事実婚状態(事務所によると人生のパートナーであり事実婚ではない)にある。

経歴[編集]

1995年(平成7年)9月29日、沖縄県宜野湾市で生まれる[9][10]。 高校卒業後にアパレル関係の仕事に就くため、上京[4]

読者モデル[編集]

上京後、読者モデルとして活動する傍ら、原宿にある古着店「SUPER WEGO」に勤務[11]。バイト先で出会ったぺこと2014年5月から交際開始[12]。旧芸名の「りゅうちぇる」は、アメリカ合衆国テレビドラマglee/グリー」の登場人物レイチェル・ベリーに由来[13]。モデルのこんどうようぢとまんゆうたろうらとともに、オネエらしさと男性的な面を併せ持ったいわゆる「ジェンダーレス男子」として注目される[14]

2015年9月、『行列のできる法律相談所』に恋人のpeco(旧芸名「ぺこ」、「オクヒラテツコ」)と共に出演。司会の明石家さんまとギャグを生み出すなど、これが話題を呼び以降、ぺこと2人揃ってぺこ&りゅうちぇるとしてバラエティ番組への出演が増加した[4]。2016年4月10日、同番組に再びぺこ&りゅうちぇるで出演。放送前にLINE NEWS等で記事に掲載され、Twitterでシンガーソングライターの比花知春が実姉である事を告白し[15]、実姉とテレビ番組初共演を果たした。なお、ブレイクするきっかけとなった『行列-』の前に、同局の『ナイナイアンサー』にぺこの恋人として出演予定で収録も済んでいたが、放送では彼の出演部分はすべてカットされた。この出来事を彼は「初めての屈辱」と振り返っている。しかし、その翌日に行われた『行列-』の収録は、ぺこの助言で「自分の素を出そう」と臨み、結果ブレイクに繋がった[16][17]。天然キャラと奔放な発言で人気を集め、メディア出演が増加し、原宿系ファッションにおいてカリスマ的存在となる[18][19]

2016年4月、AbemaTVにて初の冠番組『りゅうちぇる×ちゃんねる』が放送開始[20]

結婚以降[編集]

2016年12月28日にペコちゃん(オクヒラテツコ)と結婚[1]、戸籍名が比嘉龍二、妻は比嘉哲子となる[2]

2018年2月14日、RYUCHELL名義によるアーティスト活動を開始し、同日、デビュー曲となる「Hands up!! If you're Awesome」を配信リリースした[5]

2018年7月11日 、第1子となる男児が誕生[21]

2021年9月30日付で夫婦でスターレイプロダクションを退社[22]。10月1日に個人事務所・比嘉企画を設立し、代表取締役を務め、妻とともにタレントとしても所属[6]

2021年11月10日に更新した公式YouTubeチャンネルにて芸名表記を夫婦でそれぞれryuchellpecoに変えることを発表[23]。改名の理由については、夫婦で所属事務所を退所し、夫婦で個人事務所を立ち上げたからだと説明[2]

2022年8月25日に「父親であることは心の底から誇りに思えるのに、自分で自分を縛りつけてしまっていたせいで、夫であることには、つらさを感じてしまうようになりました。」と妻pecoに明かし、離婚届を提出。以後は人生のパートナーとなると公表[24]した[12][25]。翌26日に所属事務所がコメントを発表、「『新しい家族の形』として同居は続ける」「事実婚というカテゴライズではない」としている[26]

人物[編集]

日本の南に存在するという『ちぇるちぇるランド』(または『ちぇるちぇるらんど』)出身と自称している。1980年代のアイドルを思わせるヘアバンドがトレードマークで、女性的な仕草で手と体を激しく動かすハイテンションなキャラクターが特徴[4]。テレビでは度々「可愛くなりたい」と発言しており、濃い髭を隠すために様々なメイクを施している[27]。高校生の頃から原宿ファッションに関心を持ったが、近年は、アメリカの1990年代映画連続ドラマに登場するようなファッションを真似している[4]2017年オリコンは彼が愛らしいキャラクターはそのままに「おバカ枠」から脱皮し、「若者の代弁者」に変化したと指摘[28]。しかし、彼は2016年後半から自分の意見を主張する番組への出演が増えたことは認めつつも、代弁者になったつもりは一切ないと否定している[29]

性的指向・性自認[編集]

幼少期から身体性は男だけど、かわいいものが大好きで、飲水時に小指が立っちゃうタイプであったことを明かしている。かつては「男の子が好きな方がまだわかりやすい」「普通の男の子になりたいと思ってた。」「こんなにかわいいものが好きなのに、なんで女の子が好きなんだろうって」と自身がLGBTどれにも当てはまらない性的指向・性自認であることに葛藤を抱いていた経験から、LGBTに対して理解を示している[30]

2022年8月25日、夫婦関係の解消をSNSで公表した際に、pecoは「正直、墓場まで持っていってほしかったと一瞬たりとも思ったことはないと言えば嘘になります。」「今 生きて、勇気を振り絞ってわたしに打ち明けてくれたことに、ありがとうの気持ちでいっぱいなのです」「最高の旦那さんだった」と語り、pecoについて「女性を好きになることは、僕の人生の中で、初めての事」と語り、ファンには「僕には隠していた部分がありました」などと謝った[31][32][12][33][26]

結婚と離婚[編集]

妻であるpecoとは、 高校卒業後の上京後、2014年5月にバイト先の古着店「SUPER WEGO」で出会い、交際に発展[12]。初めて女性を好きになったと明かしている[33]。pecoの好きなところについて、「優しいところ、僕のこと分かってくれているところ、しっかりしているところ、自分のことが大好きで大切で自信満々なところ、出会ったときから日に日に可愛くなっていてドキドキさせてくれるところ、金髪も赤毛も似合うところ、センスがあるところ、僕のこと褒めてくれるところ、僕の決して終わらない無限のお喋り&病みに付き合ってくれてそばにいてくれるところ、僕の個性をバカにせず愛してくれるところ、僕の仕事している姿を好きでいてくれるところ、一緒に夢を語り合えるところ、愛嬌があるところ、人に失礼な行動を絶対とらないところ、僕のことをたててくれるところ、家事も子育ても楽しんでやってくれるところ」と16個をあげている[34]

2016年12月28日に結婚[1](公表は同年12月31日[7][8])。2017年9月10日、挙式・披露宴を行う[35]

2018年2月3日、第1子妊娠を報告[36]。同年7月11日、男児が誕生[37]。ファンの間では2人を合わせて「りゅうぺこ」と呼ばれている[38]。2018年10月18日に育児を楽しみながら頑張ったパパタレントを表彰する『イクメン オブ ザ イヤー 2018』「芸能部門」を受賞、式に参加し、「(夫婦間で)決めつけをせず、個人としてしっかり思い合えるパパがイクメンなんじゃないかな。子育ては2人でするもの」と自身のイクメン論を語った[39]

2022年8月25日にマスメディアで自分の生き方や、夫としての生き方について語る機会が増えていく中で、「本当の自分と、本当の自分を隠すryuchellとの間に、少しずつ溝ができてしまいました」と本心を告白し、気づくと男でいなきゃいけないという気持ちが強くなっていたと明かした。そして、父親であることは誇りに思えるのに、夫であることには辛さを感じていたため、夫婦関係から人生のパートナー関係へ変更するとして離婚するが、家族として同居は続ける(事実婚とは異なるとしている)[26][32][40]

交友関係[編集]

JO1與那城奨THE RAMPAGE from EXILE TRIBE神谷健太与那嶺瑠唯は小学校からの友人である[41]

家族[編集]

5人兄弟姉妹の次男で、末っ子である。姉はシンガーソングライターの比花知春[42]。両親は離婚している[43]。祖父がスペイン系アメリカ人[44]。戦時中に日本にきたアメリカ兵であり、戦後沖縄でryuchellの祖母と出会い、彼の父が生まれた。祖父は離婚してアメリカに帰ったが、祖母は「戦争は人を変えてしまう。皆が皆悪い人じゃないし、皆が皆いい人でもない」といってアメリカ兵や祖父を悪く言うことはなかった。なお、祖母は10代の頃に集団自決しようとする一団から1人だけ逃げて生き残った経験を持つ[45]。ryuchell自身は、2004年に起きた沖国大米軍ヘリ墜落事件を近くで目撃している[46]

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
  • りゅうちぇる×ちゃんねる(2016年4月 - 2017年6月)、(AbemaTV
  • 恋んトス
    • シーズン4:2016年7月 - シーズン7:2018年、TBSテレビ - MC
    • シーズン8(2018年10月 - 、配信サイト Paravi) - MC
  • ドキドキ宅配便 それ、届けに行きませんか?(2016年8月、テレビ東京) - MC(全3回)
  • 青春!Live Channel(2017年4月 - 、テレビ東京) - MC
準レギュラー

ラジオ[編集]

ウェブテレビ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

CM・広報[編集]

舞台[編集]

  • アリカナシカ(2015年)

ミュージック・ビデオ[編集]

雑誌[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “「原宿の神」モデル、ちぇるちぇるランド出身彼氏との同棲暴露 さんまと「建築関係トントントン」新ネタも披露”. モデルプレス. (2015年9月27日). http://mdpr.jp/news/detail/1527414 
  2. ^ a b c d ぺこ&りゅうちぇる、夫婦での改名にネットざわつく「比嘉龍二&比嘉哲子を期待した」「事務所やめたから…」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年11月11日). 2022年8月25日閲覧。
  3. ^ a b りゅうちぇる”. スターレイプロダクション. 2020年10月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e ぺこ&りゅうちぇる (2015年11月5日). カップルでブレイク“ぺこ&りゅうちぇる”テレビ出演急増の反響・変化は?今後の夢も宣言. インタビュアー:modelpress編集部. モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1538467 2015年11月5日閲覧。 
  5. ^ a b “りゅうちぇる、アーティストRYUCHELLへ!デビュー曲はケンモチヒデフミ作曲”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年2月14日). https://natalie.mu/music/news/269394 2018年2月14日閲覧。 
  6. ^ a b 宮澤諒 (2021年10月1日). “りゅうちぇる、個人事務所「比嘉企画」を立ち上げタレント兼代表取締役に 「決めたからには頑張っていきたい」”. ねとらぼ. https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2110/01/news163.html 2021年10月9日閲覧。 
  7. ^ a b “ぺこ&りゅうちぇる、大晦日に結婚発表”. モデルプレス. (2016年12月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1650943 2016年12月31日閲覧。 
  8. ^ a b “ぺこ&りゅうちぇる、結婚しちゃった~”. スポーツ報知. (2016年12月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161231-OHT1T50144.html 2016年12月31日閲覧。 
  9. ^ modelpress編集部 (2016年7月6日). “りゅうちぇる“丸坊主”で熱演 イメージ覆す小学生時代の姿に絶賛の声”. model press. http://mdpr.jp/news/detail/1596821 2016年9月5日閲覧。 
  10. ^ “りゅうちぇる「いつも笑って」引きこもり生活変えた母の言葉”. 女性自身. (2016年6月9日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612883/ 2021年2月21日閲覧。 
  11. ^ オクヒラテツコ (2014年11月4日). “馴れ初め・・・”. オクヒラテツコ official Blog Ameblo. 2016年6月2日閲覧。
  12. ^ a b c d “peco、パートナー・ryuchellの告白に思いつづる「最高の彼氏だったし、最高の旦那さんだった」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年8月25日). https://mdpr.jp/news/detail/3321059 2022年8月26日閲覧。 
  13. ^ “「4文字を見ただけで乳首立っちゃう」21歳の人気芸能人がまさかの告白”. スポーツ報知. (2017年4月8日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170408-OHT1T50167.html 
  14. ^ “オネエ系とは一線を画す、バラエティで高まるジェンダーレス男子の需要”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2072212/full/ 2022年8月26日閲覧。 
  15. ^ ryuchell すべてのド真ん中には愛がある [@RYUZi33WORLD929] (2016年4月10日). "LINENEWSにもなってるので告知しちゃいます 僕の実のお姉ちゃん比花知春が今夜放送の日本テレビ「行列の出来る法律相談所2時間半SP」に出演させていただきます 僕達2人もスタジオでゲスト出演してます是非みてね〜〜" (ツイート). Twitterより2022年8月26日閲覧
  16. ^ “りゅうちぇる大号泣の過去「初めての屈辱」全カット”. 日刊スポーツ. (2016年11月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1738888.html 
  17. ^ “りゅうちぇる“出番全カットで大号泣”の過去 ぺこの言葉で飛躍「1人だと病んじゃってたと思う」”. モデルプレス. (2016年11月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1635844 
  18. ^ “りゅうちぇる、お茶の間で人気爆発の理由は?“ミッキーマウス効果”でテレビ出演数100本”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年4月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1581068 2022年8月26日閲覧。 
  19. ^ “りゅうちぇる、衝撃発言連発で圧倒「最高に面白い」「腹筋崩壊」の声”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年1月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1560285 2022年8月26日閲覧。 
  20. ^ “異色のモデル・りゅうちぇる初の冠番組決定!AbemaTVで『りゅうちぇる×ちゃんねる』”. テレビPABLO. (2016年4月15日). http://pablo.click/tv/news/2003/ 
  21. ^ “ぺこ、第1子出産を発表 りゅうちぇるがパパに”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月11日). https://mdpr.jp/news/detail/1778917 2022年8月26日閲覧。 
  22. ^ “ぺこ&りゅうちぇる、事務所を円満退社 独立を発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年10月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2208902/full/ 2021年10月1日閲覧。 
  23. ^ りゅうちぇる&ぺこ“改名” 「ryuchell」と「peco」で活動”. ORICON NEWS (2021年11月11日). 2021年12月14日閲覧。
  24. ^ ryuchellが夫であるつらさ告白 peco「最高の旦那さんだった」新しい家族の形構築”. 日刊スポーツ (2022年8月26日). 2022年8月26日閲覧。
  25. ^ “ryuchell・peco 離婚届を提出し“人生のパートナー”へ 「本当の自分で、新しい形の家族を」”. 日テレNEWS (日本テレビ). (2022年8月26日). https://news.ntv.co.jp/category/culture/e1acc3a514e647a5b3d78a9c3075383f 2022年8月26日閲覧。 
  26. ^ a b c ryuchell&peco所属事務所、2人の離婚についてコメント「事実婚というカテゴライズではない」 - モデルプレス”. モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年8月29日閲覧。
  27. ^ りゅうちぇる王子を悩ます「口臭」と「押し寄せる濃ゆいヒゲ」”. messy (2016年1月28日). 2022年8月26日閲覧。
  28. ^ “りゅうちぇる、“おバカ枠”から脱皮?“若者の代弁者”としての需要高まる”. オリコン. (2017年2月3日). https://www.oricon.co.jp/special/49831/ 2017年3月19日閲覧。 
  29. ^ “りゅうちぇる、“若者の代弁者”報道に反論 「そんな気持ち一切ない」”. AmebaTimes. (2017年3月11日). https://times.abema.tv/articles/-/2121085 2017年3月19日閲覧。 
  30. ^ “りゅうちぇる、性的指向に葛藤した過去 「男の子が好きな方が楽だった」”. AmebaTimes. (2017年3月11日). https://times.abema.tv/articles/-/2121066 2017年3月19日閲覧。 
  31. ^ ryuchellが夫であるつらさ告白 peco「最高の旦那さんだった」新しい家族の形構築”. nikkansports.com (2022年8月26日). 2022年8月26日閲覧。
  32. ^ a b “りゅうちぇる 妻ぺこと夫妻関係を「人生のパートナー」に変更 「僕には隠していた部分が」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2022年8月26日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/08/26/0015585040.shtml 2022年8月26日閲覧。 
  33. ^ a b “ryuchell「隠していた部分が」 pecoと夫婦関係を変更「夫と妻でなく人生のパートナー」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年8月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/26/kiji/20220825s00041000663000c.html 2022年8月26日閲覧。 
  34. ^ “りゅうちぇる、ぺこの“大好きなところ”列挙 溢れる愛に感動の声「泣ける」「いいね100回押したい」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年11月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1806829 2022年8月26日閲覧。 
  35. ^ “ぺこ&りゅうちぇる夫妻が挙式 ウェディングドレス姿を披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月10日). https://mdpr.jp/news/detail/1713464 2018年2月3日閲覧。 
  36. ^ “ぺこが妊娠5か月 りゅうちぇる7月パパに”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年2月3日). https://hochi.news/articles/20180203-OHT1T50098.html 2018年2月3日閲覧。 
  37. ^ “ぺこ、第1子男児出産「母子共に健康で、元気なかわいい男の子です」”. ORICON NEWS. (2018年7月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2115389/full/ 2018年7月11日閲覧。 
  38. ^ オクヒラテツコ (2015年7月3日). “1YEAR”. オクヒラテツコ official Blog Ameblo. 2016年8月2日閲覧。
  39. ^ “りゅうちぇる、イクメン賞に恐縮「当たり前のことをやってきただけ」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2121679/full/ 2022年8月26日閲覧。 
  40. ^ “ryuchell「生きていくことさえ辛いと思ってしまう瞬間も」正直な思い、パートナー・pecoに打ち明けた時の様子も明かす”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年8月25日). https://mdpr.jp/news/detail/3321058 2022年8月26日閲覧。 
  41. ^ りゅうちぇる・JO1與那城奨・THE RAMPAGE与那嶺瑠唯&神谷健太「小学校からの友達」“沖縄95年組”ショット公開”. モデルプレス. ネットネイティブ (2020年6月26日). 2021年10月23日閲覧。
  42. ^ “りゅうちぇる 比花知春の弟だった!本名もバラされ、スタジオ騒然”. スポニチアネックス. (2016年4月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/10/kiji/K20160410012372870.html 2016年4月11日閲覧。 
  43. ^ “情熱大陸 りゅうちぇる/マジ涙…大ブレイク中の21歳にドキュメンタリー初密着”. gooテレビ番組. (2017年2月5日). https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/25923/567917/ 2017年2月23日閲覧。 
  44. ^ りゅうちぇる(タレント・読者モデル)”. 情熱大陸. 2017年2月23日閲覧。
  45. ^ “りゅうちぇるさん「沖縄を熱心に考える一日」 慰霊の日”. 朝日新聞. (2018年6月21日). https://www.asahi.com/articles/ASL6C64PCL6CUBFE002.html 2018年7月22日閲覧。 
  46. ^ りゅうちぇる (2018年6月23日). りゅうちぇるさん、目撃した米軍ヘリ墜落 沖縄慰霊の日. インタビュアー:逸見那由子. 朝日新聞.. https://www.asahi.com/articles/ASL685TBJL68UBFE001.html 2018年6月23日閲覧。 
  47. ^ “『LOVE RAINBOW TRAIN』新パーソナリティryuchellとドリアン・ロロブリジーダに決定!” (プレスリリース), 株式会社TBSラジオ, (2021年12月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000668.000003392.html 2022年8月26日閲覧。 
  48. ^ 重盛さと美、りゅうちぇる、ゆうこすがMCを務める“韓国コスメメイクアップショー”配信「メイクはパンツみたいなもの」”. ザテレビジョン (2021年1月13日). 2020年1月15日閲覧。
  49. ^ 愛してる! : 作品情報” (日本語). 映画.com (2022年9月16日). 2022年10月22日閲覧。
  50. ^ 「映画クレヨンしんちゃん」ゲスト声優に木南晴夏!小島よしお、ぺこりゅうは本人役”. 映画ナタリー (2019年1月21日). 2019年1月21日閲覧。
  51. ^ ショートアニメが放送決定!AbemaTV サンリオ「こぎみゅん」”. Dtimes (2017年7月28日). 2020年10月21日閲覧。
  52. ^ “多様性をテーマに語るきっかけを生む全10話のショートアニメ『実験都市DIVER CITY』がスタート!フワちゃん、夏木マリ、志田未来など8名の豪華なキャストが声優を務める!” (プレスリリース), 実験都市DIVER CITYプロジェクト, (2020年11月23日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000069619.html 2022年10月28日閲覧。 
  53. ^ TOHYO都”. 東京都選挙管理委員会. 2016年5月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年5月31日閲覧。
  54. ^ “ぺこ&りゅうちぇるが18歳選挙権PR”. デイリースポーツ. (2016年5月22日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/05/22/0009109014.shtml 2016年5月31日閲覧。 
  55. ^ “りゅうちぇるが驚きのバイト経験を告白!”. Smartザテレビジョン. (2016年9月30日). https://thetv.jp/news/detail/88369/ 2016年10月4日閲覧。 
  56. ^ “りゅうちぇるがエッジオブライフMVでイケメン変身”. ORICON STYLE. (2016年10月26日). オリジナルの2016年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161026163731/http://www.oricon.co.jp/article/34649/ 2016年10月26日閲覧。 
  57. ^ 『新連載★ぺこ&りゅうちぇるのめざせ!最強ママ&パパへの道』 たまひよONLINE(2018年5月29日).
  58. ^ ぺこ&りゅうちぇるが答える育児のモヤモヤ相談室”. たまひよONLINE (2020年9月15日). 2019年1月21日閲覧。
  59. ^ “りゅうちぇる、心霊写真の正体は“もののけ”「勘違いして寄ってきた」”. ORICON STYLE. (2016年12月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2082668/full/ 2016年12月7日閲覧。 

外部リンク[編集]