好きか嫌いか言う時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
好きか嫌いか言う時間
ジャンル バラエティ番組 / 討論
出演者 坂上忍
吉田敬ブラックマヨネーズ
ほか
オープニング capsule「e.d.i.t.」
エンディング 同上
製作
プロデューサー 神尾祐輔
制作 TBS
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
単発パイロット版
放送期間2015年1月6日
放送時間23:53 - 翌1:08
放送分75分
第2回
放送期間2015年10月1日
放送時間21:00 - 22:48
放送分108分
第3回
放送期間2016年3月22日
放送時間21:00 - 22:48
放送分108分
第4回
放送期間2016年6月30日
放送時間19:56 - 22:54
放送分178分
レギュラー版(第1シリーズ)
放送期間2016年8月15日 - 12月19日
放送時間月曜19:56 - 20:57
放送分61分
回数6
レギュラー版(第2シリーズ)
放送期間2017年1月3日〈火曜日〉[1] - 9月4日
放送時間月曜21:53 - 22:54
放送分61分
回数24

特記事項:
【レギュラー版(第2シーズン)】枠移動後初回は新春編成のため、2017年1月3日(火)21:00 - 23:25に臨時枠移動の上『新春から超々々大激論SP』を放送し、同2回目は同月16日に20:57 - 22:54の2時間SPを放送。
テンプレートを表示

好きか嫌いか言う時間』(すきかきらいかいうじかん)は、TBS系列2016年8月15日から2017年9月4日まで毎週月曜夜に放送されたディベートバラエティ番組[2]。全30回。レギュラー放送開始前に複数回単発特番として放送されている。

レギュラー放送開始から9月5日まではタイトルが『坂上忍の好きか嫌いか言う時間』(さかがみしのぶのすきかきらいかいうじかん)だった。

レギュラー放送開始から2016年12月までは19:56 - 20:57枠で放送していた。2017年1月23日から『月曜名作劇場』が枠移動・縮小となり、20:00 - 21:50での放送となることが決まった。これに伴って、2017年1月から、本番組の通常編成時の放送時間が毎週月曜21:53 - 22:54に変更された[1]

2017年9月4日をもって当番組は終了した[3]

放送日時と放送時間の変遷[編集]

パイロット版[編集]

放送日 放送時間(JST
1 2015年
1月6日
火曜日 23:53 - 翌1:08(75分)
2 2015年
10月1日
木曜日 21:00 - 22:48(108分)
3 2016年
3月22日
火曜日 21:00 - 22:48(108分)
4 2016年
6月30日
木曜日 19:56 - 22:54(178分)

※レギュラー放送開始前日の2016年8月14日(日曜日)には、14:00 - 15:54(『スパニチ!!』枠)で直前SPを放送。

レギュラー版[編集]

期間 放送時間(JST
2016.8.15 2016.12.19 月曜日 19:56 - 20:57(61分)
2017.1.3
(火曜日)[1]
2017.9.4 月曜日 21:53 - 22:54(61分)

出演者[編集]

MC(特番時代→レギュラー版)[編集]

MC(特番時代のみ)[編集]

進行(レギュラー版)[編集]

進行(特番時代)[編集]

外国人出演者[編集]

主な出演者

ネルソン・バビンコイ

シンガーソングライター。数多くの日本のバラエティー番組にも出演。

ケビン・クローン

2017年1月16日放送分にて出演。『ここがヘンだよ日本人』のレギュラー出演者として著名。

サンドラ・ヘフェリン

タレント、コメンテーター。『ここがヘンだよ日本人』のレギュラー出演者(当時の芸名はヘーフェリン・アレキサンドラ→サンドラ・ヘーフェリン)。

ネジャット

通訳、タレント。『ここがヘンだよ日本人』のレギュラー出演者。

サミ・ポップ

2017年1月16日放送分のみ出演。俳優・タレントであり、『ここがヘンだよ日本人』のレギュラー出演者(当時の芸名はサムエル・ポップ・エニング)。

周来友

ジャーナリスト。日本に30年以上滞在し、中国の社会事情を詳しく解説。『ここがヘンだよ日本人』や『なかよしテレビ』にレギュラー出演していた事でも知られている。

アマンダ

浅井企画所属のタレント。『ネプ&イモトの世界番付』のレギュラー出演者。

放送リスト[編集]

パイロット版[編集]

放送日 ゲスト 当事者ゲスト 備考
1 2015年1月6日 高岡早紀浅田舞 (なし) ※23:53 - 翌1:08(75分)
2 2015年10月1日 高岡早紀、田原総一朗デヴィ夫人
友近堀江貴文吉川美代子
藤田ニコルこんどうようぢ
とまん、ほりえりく、椎木里佳
※21:00 - 22:48(108分)
3 2016年3月22日 大竹まこと小芝風花小籔千豊、田原総一朗、堀江貴文、
横澤夏子、吉川美代子、りゅうちぇるREINA若槻千夏
(なし) ※21:00 - 22:48(108分)
4 2016年6月30日 哀川翔石原良純河北麻友子菊地亜美
北村晴男、小籔千豊、坂下千里子杉田かおる
武井壮千原せいじ(千原兄弟)、友近、りゅうちぇる
狩野英孝田嶋陽子
成田童夢佐々木一真
※19:56 - 22:54(178分)

レギュラー版[編集]

レギュラー放送・第1シリーズ(2016年)
放送日 ゲスト 備考
1 8月15日 哀川翔綾部祐二ピース)、石原良純勝俣州和住田裕子武井壮
カンニング竹山辰巳琢郎デヴィ夫人山田菜々YOUりゅうちぇる
※初回3時間スペシャル
(19:56 - 22:54)
(※8月22日は『世界の超S級危険生物』〈19:00 - 20:57〉のため休止。)
(※8月29日は『ご対面バラエティー 7時にあいましょう 2時間SP』〈19:00 - 20:57〉のため休止。)
2 9月5日 辰巳琢郎、IKKOえなりかずき、武井壮、池谷幸雄
(※9月12日 - 10月10日は改編期特番のため休止。)
3 10月17日 りゅうちぇる、デヴィ夫人、北村晴男渡辺満里奈吉川美代子大谷亮平
YOU、指原莉乃鳥越俊太郎ホラン千秋ナジャ・グランディーバ、綾部祐二(ピース)
※3時間スペシャル
(19:56 - 22:54)
(※10月24日は『結婚したら人生劇変!○○の妻たち』〈19:00 - 20:57〉のため休止。)
(※10月31日は『ハロウィン音楽祭2016』〈19:00 - 22:54〉のため休止。)
4 11月7日 安藤美姫、YOU、松田公太南美希子、りゅうちぇる、蜷川有紀江川達也
友近、綾部祐二(ピース)、鳥越俊太郎、ホラン千秋、ナジャ・グランディーバ、小宮浩信三四郎)、藤田ニコル
※3時間スペシャル
(19:56 - 22:54)
(※11月14日は『今夜解決!噂の健康術 名医のTHE太鼓判!』〈19:00 - 20:57〉のため休止。)
11月21日は『アイ・アム・冒険少年』〈19:56 - 22:54〉のため休止。
5 11月28日 堀ちえみ、哀川翔、ホラン千秋、りゅうちぇる
(※12月5日は『第49回日本有線大賞』〈19:00 - 20:57〉のため休止。)
(※12月12日は『ご対面バラエティー 7時にあいましょう 2時間SP』〈19:00 - 20:57〉のため休止。)
6 12月19日 デヴィ夫人、YOU、綾部祐二(ピース)、りゅうちぇる、田嶋陽子、住田裕子、勝俣州和、長嶋一茂古田新太 ※3時間スペシャル
(19:56 - 22:54)
※枠移動前最終回
  • レギュラー放送第1シリーズは、連続して放送されることがなく、ほとんどは前番組の『ご対面バラエティー 7時にあいましょう』(2016年12月19日で最終回)の2時間スペシャルや特番で2週連続で休止になることが多く、放送2回目終了後には、5週連続で休止するなどして、通常放送が2回、スペシャルが4回のわずか全6回にとどまった。
レギュラー放送・第2シリーズ(2017年)
放送日 ゲスト 備考
1 1月3日
(火曜日)[5]
りゅうちぇる、友近、中尾彬春香クリスティーン渡辺満里奈
尾木直樹大宮エリー、勝俣州和、古閑美保
※2時間30分スペシャル
(21:00 - 23:25)
(※1月9日は『さんま玉緒のお年玉! あんたの夢かなえたろかSP』〈21:00 - 22:54〉のため休止。)
2 1月16日 綾部祐二(ピース)、田原総一朗堀江貴文厚切りジェイソン
田嶋陽子、吉岡里帆、デヴィ夫人、哀川翔
※2時間スペシャル
(20:57 - 22:54)
3 1月23日 吉岡里帆、友近、長嶋一茂
4 1月30日 ホラン千秋、ピーター、りゅうちぇる
5 2月6日 原晋、ホラン千秋、武井壮
(※2月13日は『歌のゴールデンヒット〜オリコン1位の50年間〜』〈第1弾、19:00 - 22:54〉のため休止。)
6 2月20日 デヴィ夫人、田原総一朗、山里亮太南海キャンディーズ)、吉木誉絵菊地亜美、綾部祐二(ピース) ※2時間スペシャル
(20:57 - 22:54)
7 2月27日 眞鍋かをり、渡辺満里奈、住田裕子
8 3月6日 片山さつき宇都宮健児風間トオル
9 3月13日 デヴィ夫人、龍崎孝、吉木誉絵
(※3月20日3月27日は改編期特番のため休止。)
10 4月3日 小川泰平、住田裕子、紀藤正樹、デヴィ夫人、和田アキ子、りゅうちぇる
(※4月10日は『美空ひばり生誕80年 特別企画in東京ドーム 不死鳥コンサート2017』〈19:00 - 22:54〉のため休止。)
11 4月17日 りゅうちぇる、田嶋陽子、出口保行
12 4月24日 りゅうちぇる、田嶋陽子、出口保行、東国原英夫、堀ちえみ、松沢成文
(※5月1日は『あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル』〈19:00 - 22:54〉のため休止。)
13 5月8日 北村晴男、りゅうちぇる、くわばたりえ
14 5月15日 りゅうちぇる、渡辺満里奈、小峠英二バイきんぐ)、吉村崇平成ノブシコブシ)、住田裕子、芳根京子
(※5月22日は『1番だけが知っている』〈20:57 - 22:54〉のため休止。)
15 5月29日 虻川美穂子北陽)、出口保行、りゅうちぇる ※2時間スペシャル
(20:57 - 22:54)
16 6月5日 吉村崇(平成ノブシコブシ)、住田裕子、芳根京子
17 6月12日 中尾彬村井國夫音無美紀子安藤和津、住田裕子、高草木陽光、りゅうちぇる
18 6月19日 友近、北村晴男、田嶋陽子、田中美佐子長嶋一茂
矢田部孝司、峯岸みなみAKB48)今村核、小川泰平
(※7月3日は『緊急!首都大決戦の全真相』〈21:50 - 23:00〉のため休止。)
19 7月10日 梅宮アンナ内山信二、東国原英夫、森泉山崎樹範くまだまさしIMALU
SILVA、武井壮、渡辺裕太青山佾Kダブシャイン井上咲楽
20 7月17日 梅宮アンナ、石原良純、森泉、伍代夏子
(※7月24日は『名医のTHE太鼓判5&スーパードクターズ合体4時間SP』〈19:00 - 22:54〉のため休止。)
(※7月31日は『あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル』〈19:00 - 22:54〉のため休止。)
21 8月7日 東国原英夫、谷まりあ、小峠英二(バイきんぐ)、ボビー・オロゴン
(※8月14日は『生命38億年スペシャル 人間とは何だ…!?』〈20:00 - 22:54〉のため休止。)
22 8月21日 (なし)
23 8月28日 加藤一二三、吉村崇(平成ノブシコブシ)、斎藤孝、りゅうちぇる
24 9月4日 野々村真的場浩司、YOU、りゅうちぇる ※最終回
  • レギュラー放送第2シリーズは、第1シリーズと比べて休止が少なく、前番組に『月曜名作劇場』がある関係上、通常放送が増えてきた。

ナレーション[編集]

ネット局[編集]

第1回(2015年1月6日)
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2015年1月6日 23:53 - 翌1:08 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
山梨県 テレビ山梨(UTY) 2015年2月14日 12:30 - 13:54
富山県 チューリップテレビ(TUT) 2015年4月2日 0:38 - 1:53(1日深夜)
石川県 北陸放送(MRO) 2015年4月15日 23:53 - 翌1:08
長崎県 長崎放送(NBC) 2015年6月13日 0:20 - 1:30(12日深夜)
第2回(2015年10月1日)
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2015年10月1日 21:00 - 22:48 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)
レギュラー版
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 月曜 19:56 - 20:57 (JST)

月曜 21:53 - 22:54
制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)
  • 枠移動前は『月曜名作劇場』を休止して後拡大のSPを、枠移動後は(臨時枠移動した新春SPを除き)『月曜名作劇場』を休止して前拡大のSPを、それぞれ放送することがある。

主なスタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • ナレーター:石塚運昇山田みほ
  • 構成:北本かつら石井裕之鈴川朋治、片岡章博、美濃部達宏(美濃部→2016年9月5日 - )、戸田倫彰、松本健(建)一、河口ワタル
  • TM:山下直
  • TD:山田賢司、中村年正
  • カメラ:中村年正、中里子
  • VE:姫野雅美、藤本剛、高橋康弘、鈴木昭平、木野内洋
  • 音声:森和哉、稲津貴之、宇野仁美
  • 照明:押木佑介、鈴木英敬、原昇
  • 美術プロデューサー:太田卓志
  • 美術デザイン:木村真梨子
  • 美術制作:小栗綾介
  • 装置:正代俊明
  • 操作:佐藤翔太
  • 装飾:高橋香織
  • メカシステム:濱口利行
  • 電飾:荒谷奏子
  • アクリル装飾:渡邉卓也
  • 化粧:荒川瑠美
  • CG:前川恭平
  • 小道具:フルマーク
  • 編集・MA:T-TEX
  • 音効:山本達也、西方裕弥
  • TK:葛貫明子
  • リサーチ:トロリー、荒井元気、スコープ
  • MP:中川通成(2017年1月16日 - )
  • 編成:中井芳彦
  • 宣伝:山岸信良
  • デスク:大澤麻子
  • AD:松野亮、高良咲子、兼武沙和、朴宇誠、山﨑勇人、飯塚絵利加、中川優子、松﨑義大、水戸直希、朴貴玲、中野裕美子、古坂和也、小山鹿の子、安井堅吾、酒井完慈、遠渡美帆、上坂和也、長谷川侑也、石原大輔、細渕舞香、飯塚絵利加、豊里琴乃、廣瀬大亮、池田絢太、島田諒太朗、本間佑香、小田朋美、末井聡、大城慶太、伊東春香、池田絢太、横田夏実、和久心、水上真澄、蛯原実生、前上門周汰、五十嵐尭、宇津宮祐二、犬迫莉菜、武木田一馬、牛山萌美、戸邊綾香、長谷川優太、原田卓弥、岡本裕太、袴田俊平、宮下雅俊
  • ディレクター:佐々木卓也、小林悦子、永山靖章、瀬津巧、小川真人、中村裕紀、及能貴之、藤本良雄、青木良憲、中野伸郎、吉村鉄平、大馬渡伸、財津猛、佐藤秀樹、山内学、関谷優作、青柳剛、橋詰圭太、冬野白珠、黒田長憲、市川大作(市川→以前は演出)、中島一彦、堀香奈子、川野雅貴(川野→以前はAD)、真鍋正孝、杉野将人、守山龍之介、田中慶(田中→以前はディレクター→演出)、有馬基揮、久佐賀浩之、谷澤諒、堀田大輔、児玉アトム
  • 演出:安永洋平、香西康位、平野亮一、大城浩一郎/中原芳、平野彰子、妹尾篤志、赤堀哲也(安永~大城、妹尾・赤堀→共に以前はディレクター、大城→一時離脱→復帰)
  • AP:宮里良子、竹井晶子、伊東芙美子
  • 制作進行:清水なつみ(清水→以前はAD)
  • キャスティングP:緒方伸介、中垣佐知子(中垣→以前はキャスティングP→協力プロデューサー→一時離脱)
  • 協力プロデューサー:八木沼邦彦
  • プロデューサー:石黒光典(石黒→2016年10月17日 - )、嵯峨祥平(嵯峨→以前は編成)
  • 総合演出:神尾祐輔(以前は演出)
  • 制作協力:ロングテイル、WAONZ、frame inf.、LOGIC ENTERTAINMENT(2017年2月20日 - )
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:石坂伸太郎(石坂→2016年9月5日 - )、相川真紀(相川→2017年5月8日 - )、清水泰之(清水→2017年7月10日 - )
  • TM:京屋知行、長谷川晃司
  • 美術制作:与田滋
  • CG:清水誠一郎
  • 化粧:大岩乃里子
  • 音効:赤津裕明
  • リサーチ:渡辺晃太
  • 編成:田口健介
  • 宣伝:奥住達也
  • AP:石川涼子(石川→一時離脱→復帰)
  • 制作進行:川村理美、安田真弓(安田→以前はAD)
  • ディレクター:大松雅和
  • 演出:成田雅仁(成田→以前はディレクター)
  • キャスティングP :佐藤正子(佐藤→2017年5月29日 - )
  • プロデューサー:金原将公
  • 制作協力:JUMP

パイロット版[編集]

第1回(2015年1月6日)
  • 企画・編成:嵯峨祥平
  • ナレーター:石塚運昇
  • 構成:石井裕之、興津豪乃、鈴川朋治
  • TM:山下直
  • TD:橋場照幸
  • CAM:梶原美保
  • VE:沖田祐貴
  • 音声:山崎和敏
  • 照明:森田典光
  • 編集:井上達生
  • MA:橋本光平
  • 音効:西野有彦
  • CG:前川恭平、清水誠一郎
  • 美術:木村真梨子
  • 美術制作:与田滋
  • 装置:正代俊明
  • 操作:牧ヶ谷純二
  • 化粧:大桶恭子
  • スタイリスト:岩田洋一、勝俣淳子
  • 技術協力:e-naスタジオ、スタジオましゅ、バックヤードスタヂオ
  • TK:岸田純子
  • リサーチ:フォーミュレーション
  • 宣伝:井田香帆里
  • デスク:大澤麻子
  • AD:及能貴之、田中岳大
  • ディレクター:中原芳、妹尾篤志、香西康位、小林悦子
  • プロデューサー:神尾祐輔、八木沼邦彦、緒方伸介、中垣佐知子
  • 制作協力:ロングテイル
  • 製作著作:TBS

脚注[編集]

  1. ^ a b c 枠移動後初回は特記事項にあるとおり、新春編成に伴う臨時枠移動が発生したため、曜日変更。
  2. ^ “TBS『好きか嫌いか言う時間』がレギュラー化 “論客”に坂上忍、りゅうちぇるら”. ORICON STYLE. (2016年8月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2076559/full/ 2016年8月10日閲覧。 
  3. ^ 好きか嫌いか言う時間 (2017年9月4日). “(ツイート)”. (公式アカウント). 2019年6月13日閲覧。
  4. ^ 前番組『直撃!コロシアム!! ズバッと!TV』より再度出演。
  5. ^ 枠移動後 初回は特記事項にあるとおり、新春編成に伴う臨時枠移動が発生したため、曜日変更。

関連項目[編集]

  • ここがヘンだよ日本人 - 同じくTBS系列で1998年から2002年まで放送された討論バラエティー番組。外国人と討論する企画、および外国人出演者が一部共通。
  • 有田とマツコと男と女 - 同じくTBS系列で放送されたトークバラエティー番組。番組プロデューサーと一部の外国人出演者が共通。

外部リンク[編集]

TBS系列 月曜19:56 - 20:00枠
前番組 番組名 次番組
好きか嫌いか言う時間
2016年8月15日 - 12月19日
TBS系列 月曜20:00 - 20:57枠
直撃!コロシアム!! ズバッと!TV
※19:56 - 20:57
(2016年4月11日 - 7月25日)
好きか嫌いか言う時間
(2016年 8月15日 - 12月19日)
月曜名作劇場
※20:00 - 21:50
【1時間繰り上げ・4分縮小して継続】
TBS系列 月曜21:53 - 22:00枠
月曜名作劇場
※21:00 - 22:54
【1時間繰り上げ・4分縮小して継続】
好きか嫌いか言う時間
2017年1月3日〈火〉[1] - 9月4日)
月曜名作劇場
※20:00 - 22:00
(2017年10月16日 - 2019年3月25日)
【10分拡大】
TBS系列 月曜22:00 - 22:54枠
月曜名作劇場
※21:00 - 22:54
【1時間繰り上げ・4分縮小して継続】
好きか嫌いか言う時間
(2017年1月3日〈火〉[1] - 9月4日)
  1. ^ a b 枠移動後初回は特記事項にあるとおり、新春編成に伴う臨時枠移動が発生したため、曜日変更。