天才!志村どうぶつ園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天才!志村どうぶつ園
ジャンル 教養バラエティ番組/動物番組
企画 清水星人
演出 清水星人(総合演出)
司会者 相葉雅紀)(飼育係)
山瀬まみ(秘書)
出演者 タカアンドトシタカトシ)ほか
ナレーター 石川英郎
製作
チーフ・
プロデューサー
道坂忠久
プロデューサー 笹部智大
制作 日本テレビ放送網
放送
映像形式 文字多重放送
リアルタイム字幕放送(一部放送回)
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
2007年3月まで
放送期間 2004年4月15日 - 2007年3月29日
放送時間 木曜日19:00 - 19:58
放送分 58分
2007年4月より
放送期間 2007年4月14日 - 2020年9月[1](予定)
放送時間 土曜日19:00 - 19:57
→19:00 - 19:56
放送分 57→56分
テンプレートを表示

天才!志村どうぶつ園』(てんさい!しむらどうぶつえん)は、2004年4月15日から日本テレビ系列で毎週土曜日の19:00 - 19:56[2]JST)に放送されている動物バラエティ番組志村けん冠番組

概要[編集]

動物を取り扱う教養バラエティ番組である。文字多重放送(字幕放送)を実施している。

2004年4月の放送開始時から、志村けんザ・ドリフターズ)が「園長」(司会)役で出演してきたほか、山瀬まみが「秘書」、相葉雅紀)が「飼育係」でそれぞれ出演している。

2007年3月までは木曜19時台に放送されていたが、2007年春の改編で土曜19時台に移動した。放送時間の移動により、土曜日のゴールデン・プライムタイムを日本テレビ系列としているテレビ大分も同時ネットに移行した。

2010年4月17日放送分より地上アナログ放送では画角16:9のレターボックス放送に移行した。

志村が動物と接触する際に心掛けていたのが、対等な関係性であり、また番組への思いを「家族で見られる番組が少なくなっている中で、見ているだけで和める番組。出演者が楽しまないと見ている人も楽しんでくれない」と語っていた[3]2019年に番組放送15周年を迎え、ザテレビジョンKADOKAWA)での誌上インタビューでも「動物たちは台本は読めないけど(その場の)空気を読んでるね」などと語っていた[4]

志村けんの急逝を受けて[編集]

2020年3月29日、志村が新型コロナウイルスによる肺炎のため急逝(70歳没)。志村の逝去を悼み、同日、スタッフ一同によるお悔やみのコメントが出された[5]。また、4月4日放送の2時間スペシャルは番組内容を変更し、志村の在りし日の本番組での姿を振り返る追悼特別番組として放送し[6]、番組最高視聴率となる世帯平均視聴率27.3%、個人平均視聴率18.2%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。

志村の急逝に際し、相葉は4月4日の番組冒頭で

志村さんが亡くなられたことは信じられませんし、受け止めきることができません。
“…嫌です…悲しすぎます”。志村さんの優しい笑顔が頭から離れません。
僕たちは志村さんに教えていただいたことがたくさんあります。その一つ、いつもみんなを笑顔に。
志村さんが安心してお休みしていただけるように、今日はみんなを笑顔にできるように頑張りたいと思います、よろしくお願いします。
相葉雅紀、2020年4月4日放送の冒頭にて

と涙ながらに述べ、別れを惜しんだ[7][8]

この時点では、志村の遺志を受け継ぎ、志村の逝去後も番組名を変更せずに、相葉を総合司会として、彼を中心に現在のメンバーで放送を続ける予定とし、相葉の「飼育係」、山瀬の「秘書」の肩書も継続するとしていたが[9]、「志村のアドバイスで設計し、志村との思い出が詰まったスタジオで、志村無しに今後も番組を作り続けるのは辛く難しい」として議論を重ねた結果、最終的に制作陣は同年9月末をもって「『天才!志村どうぶつ園』を閉園する」という名目で本番組としては16年半の歴史に幕を下ろすという決断を下し、志村の急逝から3ヶ月程経過した7月4日に日本テレビが番組終了を公式発表した[10][11]

10月からは放送曜日・時間はそのままで、後継番組となる『I Loveみんなのどうぶつ園(仮題)』の放送開始を予定している[12][11]。MCは本番組で「飼育係」でMCの相葉が引き続き務め、番組内容も動物たちが持つ「一生懸命さ」や「健気さ」「純粋さ」にスポットを当てたものに刷新する予定である。

志村の急逝から5か月後、8月22日は『24時間テレビ 「愛は地球を救う」43』( - 8月23日予定)のため休止となるが、その『24時間テレビ』内での企画として、志村にスポットを当てた「スペシャルヒューマンストーリー」として『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』(22日21時 - 予定)を放送することが、7月25日に発表された。ドラマパートでは、本番組の立ち上げに関わったテレビディレクターの役として『24時間テレビ』のメインパーソナリティーの一人である重岡大毅ジャニーズWEST)が主演する[13]ほか、相葉もこの企画に出演することが8月1日に明らかとなった[14]。 

出演者[編集]

総合司会[編集]

  • 飼育係 - 相葉雅紀
    当初はレギュラーパネリストの1人だったが、「ワケあり動物園修行」の体当たりロケが人気を博して司会補佐に昇格。志村の死去後は飼育係の肩書きのまま総合司会を引き継ぎ、後継番組の司会にも決定。また志村が生前着用していたオーバオールの衣装も相葉が引き継ぎ着用している。
  • 秘書 - 山瀬まみ
    過去に同局で放送された「志村けんの失礼しまぁーす!」でも志村のアシスタントを務めたことがある。

志村どうぶつ園ファミリー(レギュラーパネリスト)[編集]

VTR出演(不定期)

過去の出演者[編集]

総合司会[編集]

  • 園長 - 志村けんザ・ドリフターズ、番組開始当初 - 2020年3月21日)
    上記の通り2020年3月29日に死去したため、同年3月21日放送分が生前最後のスタジオ出演となった。
    前述の通り、死去後初の放送となった4月4日放送分で追悼特集を放送。以降の放送分も、生前のVTRを週替わりで再放送する形式で毎週ライブラリ出演を果たしており、公式サイトにおいても名前が残されている。

レギュラー[編集]

2016年2月に休演という形で事実上降板。しかし、4年以上経過した現在も番組ホームページには出演者として名前が載っている。

主なコーナー[編集]

速報!どうぶつニュース
日本中・世界中から飛び込んできた今話題のどうぶつのニュースを紹介する。
当初は山瀬まみが進行を務めていたが、山瀬が収録中の怪我で番組を休んでいる期間は、相葉雅紀が代わりに進行していた。
相葉雅紀の動物を10倍楽しくする方法(マサキ.com)
相葉が「動物を楽しくさせる」ため奮闘するコーナー。相葉が示したアイディアを実行するが、最初の1ネタ目は不発に終わる事が多く、2ネタ目以降に成功する事が多い。
こっちのほうがカワイイ ワン!ニャン!
相葉が犬派、伊ニャー(伊野尾)が猫派に分かれゲストにプレゼンし、犬と猫どっちのほうがカワイイかを判定する。
DAIGOが行く!
DAIGOが動物にまつわる噂の現場に出向き実態を調査する。
また、DAIGOに限らず、レギュラー出演者やゲストが噂の現場へ出向く「○○が行く!」(○○には出演者名が入る)が放送される場合もある。
動物と話せる女性・ハイジ[15](年に数回程度で放送)
ハイジは、五感を駆使し意識を集中させ、犬や猫などの動物の気持ちや、動物自身の痛みや匂いや記憶を掬い取ることができる米国人女性である。
飼い主にダメ出し!坂上道場
坂上忍が、飼い主の間違ったしつけが原因で、問題のある行動をする犬を飼っている家庭を訪問して、飼い主に正しいしつけ方を伝授して解決をする。
坂上忍と筑波サンタ
坂上忍が前足が片方無い保護犬を飼う。
動物たちの大工仕事請け負います!泉組
志村どうぶつ園ファミリーの森泉が、困っている動物たちのために、大工仕事をする。
捨て犬ゼロ部
保護施設へ出向き、活動をお手伝いする。
保護ネコゼロ部
保護施設や保護猫カフェへ出向き、活動をお手伝いする。
絶滅ゼロ部
女優の加藤ゆうみが部員となり、絶滅の危機にさらされている動物たちの命を救い、絶滅を阻止しようと活動する人たちを少しお手伝いする。
タカアンドトシの「オモシロ動物生態」
動物のちょっとせつないオモシロ生態の真相を確かめるために全国の動物園へ行き、調査する。
志村どうぶつ園ハリコミ隊
番組スタッフがさまざまな動物に張り込み、不思議な生態を解き明かす。
どうぶつ赤ちゃんスカウトキャラバン
カワイイ赤ちゃんを見つけ、1週間後のスタジオ収録に向けてスカウトし、連れてくる。
ブサカワ犬わさおシリーズ
  • 不定期にパンくんシリーズの過去の映像を編集した傑作集を放送することもある。

終了したコーナー[編集]

  • 志村園長&プリンちゃん
    • 志村けんが、チンパンジーのパン君の子供・プリンちゃんのもとへ出向き、成長を見る。
  • 飼い主(ゲストは)だ〜れ?
  • 嵐・相葉のワケあり動物園修行
  • 超かわいいどうぶつ動画集
  • いろんな動物を家で飼ってみよう!
  • ベッキーのかわいい赤ちゃんを探せ
  • ベッキー&柴犬モモのサイドカーの旅
    • ベッキーが相棒の天才柴犬のモモちゃんとサイドカーで街へ出て、「動物ふれあいMAP!!」を作る企画。
  • ベッキーと2匹の犬
  • パンくんシリーズ
    • パンくん・志村園長の社会科見学(スペシャルのみ放送)
    • パンくんの森へ行こう!
    • パンくんのできるかな?
  • タカアンドトシのどうぶつ自由研究
主に「飼い主が普段と違う格好をするとペットはどういう反応をするか」というテーマで、前ふりではタカがコスプレでボケて、それをトシがツッコむというパターンが定番となっている。
  • 森の動物レストラン
  • 日本列島縦断路線バスの旅→路線バスで日本縦断!行き当たりばったりの旅
DAIGOがメスニホンザル「さくら」と宗谷岬から沖縄を目指す企画。TBSそこが知りたい』の同企画をイメージしている。2011年12月放送分で島根県に到着、DAIGOの母方の祖父、竹下登の実家に立ち寄った時に、「さくら」は猿回しの修行に入るため、村崎太郎の元に返された。
2012年1月21日放送分より新たなパートナー、のニホンザル「いずも」と旅することになった。2013年8月3日放送分でゴール地点の沖縄県波照間島に到着した。
  • 芦田愛菜のどうぶつ社会科見学
  • DAIGO&いずもの旅
  • 日本犬のかわいさを世界遺産にした~い!!
  • 志村園長と捨て犬ちびのふれあい散歩
  • A-1グランプリ
    • 視聴者からの動物に関する投稿写真や動画をタカアンドトシが紹介する。
    • このコーナーでは、タカがタイトルを読み上げる際にボケを入れたり、写真の中の動物が何か言いたそうな表情をしていたらタカが大喜利感覚でパネラー[16]やゲストに無茶振りをするのが恒例になっている。猿(またはチンパンジー)がメインの写真の時はタイトルに「トシ」が使われることが多く、その際にトシは「誰がサル(チンパンジー)だ!」と突っ込みを入れている。
  • 相葉くんの移動どうぶつ園
  • タカトシペットショップ
  • ハリセンボンのどうぶつマンション
  • 志村園長とぽちのふれあい散歩

類人猿の出演[編集]

パンくん(チンパンジー
チカちゃん(オランウータン

エンディングテーマ[編集]

番組初期には、エンディングテーマとして下記の楽曲を使用していた。

放送時間[編集]

期間 放送時間(日本時間
2004.04.15 2007.03.29 木曜日 19:00 - 19:58(58分)
2007.04.14 2008.09.20 土曜日 19:00 - 19:57(57分)[17][18]
2008.10.18 現在 土曜日 19:00 - 19:56(56分)

ネット局[編集]

『天才!志村どうぶつ園』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
制作局
日本テレビ系列 土曜日 19:00 - 19:56
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県
島根県
日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県
岡山県
西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
日曜日 12:00 - 13:00[19]
沖縄県 琉球放送(RBC)[20] TBS系列 土曜日 9:30 - 10:25

スタッフ[編集]

  • 企画・総合演出:清水星人(2017年6月3日 - 以前は総合演出のみ)
  • ナレーション:石川英郎(毎週)/奥谷楓森圭介鈴木賢(不定期)
  • 監修:堀浩(AWRC)、藤原幸一、飯塚修(光が丘動物病院グループ)
  • 構成:小野高義、桝本壮志、塩野智章、市川榮里
  • TM:新名大作
  • SW:津野祐一、松村(村松)明(週替り)
  • CAM:橋本圭祐、横田将宏(週替り)
  • VE:八木一夫、吉﨑慶(週替り)
  • MIX:山田値久、中村宏美(週替り)
  • 音声:山田美羽、上野優(週替り)
  • 照明:横山杏奈
  • 技術協力:ヌーベルバーグNiTRoジャパンテレビ(毎週)/プレゼンスクルー(不定期)
  • 美術プロデューサー:滋田由布子
  • 美術デザイン:本田恵子
  • 美術協力:日テレアート
  • 音楽:吉田比呂樹(佳夢音M-TANK、以前は、音効)
  • 編集:大場浩二(麻布プラザ、以前は、VTR編集)
  • MA:迫久寿(美)雄(麻布プラザ)
  • リサーチ:古杉美香(AGASUS)、今井紳介(フォーミュレーション)、羽柴千晶(パンドラ)
  • 協力:阿蘇カドリー・ドミニオン宮沢厚(宮沢→以前は、トレーナー)他
  • TK:井﨑綾子
  • デスク:木村真由美、砂金房枝
  • 制作進行:伊藤拓也、長谷川才帆子、齋藤恵、寺内基子
  • 演出補:小林浩樹、西宮義和、大西ひかる、釋麻耶、田中萌々絵、寺尾弥宮、小﨑育海、竹本祥太、池本陽介、梶川裕太朗、坂川勇輝、柴野智貴、甚田匠哉、湯谷彰人、山根俊記、稲富勝也、小林華織、小野瀬静香、井田裕子、上運天楓、稲冨勝也、山田有夏/島野涼太、水澤佳澄、梶江優徳、坂田朋久、廣木翔研、吉本英一朗、髙田悠介(週替り)
  • ディレクター:大浦充生、清水智博、大山隆浩、柄本昌太、島本敬之、田村幸大、秋山哲也、菅谷亮介(菅谷→以前は演出補)/小ヶ倉剛、須原翔(週替り)
  • 演出:菅沼修平、千葉晃史、鴻巣裕司、松谷夢々、徳永美哲、小早川憲一/壁下真紀子、堺大輔、畑山あゆみ、勝俣晋、徳永清孝、内田浩、大樂和也(週替り)
  • プロデューサー:笹部智大(以前はAP►一時離脱)/米川昭吾、宮﨑文夫、榎本晃子、藤井理絵、渡部祐一、松島美由紀、小坂真由美、猪股有紀子(榎本・藤井→以前は、制作進行)
  • 制作協力:クリエイティブ30ZION創輝
  • チーフプロデューサー:道坂忠久
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:沢口義明石原健次天野慎也、竹尾明子、西秀進/山田美保子、田中直人
  • ナレーション:皆口裕子関口伸江森浩子三村ロンド中尾良平西野嘉良子
  • TM:福王寺貴之、牛山雅博、伊東俊哉、石塚功
  • SW:三井隆裕
  • カメラ:山田祐一、加美山稔
  • VE:舘野真也、牛山敏彦、斎藤孝行
  • MIX:池田正義、大島康彦
  • 音声:山崎宏喜、今野健、望月裕梨香、野々垣香織、藤岡絵里子、鎌田万由子
  • 照明:合田憲司、河内俊明、掛橋司
  • 美術プロデューサー:小野寺一幸、星野充紀、三浦昭彦、牧野沙和
  • タイトル:キャニットG
  • 音効:竹中幸治(M-TANK)、山口将史
  • 広報:柳沢典子
  • マーケティング:佐藤政治、進英二
  • TK:大岡伸江
  • リサーチ:香野勇雄、今別府亮、金田佑馬(フォーミュレーション)
  • デスク:尾上長生、野口美樹、佐々木美香、植松香、小林奈緒子、大橋真理、中川聡子、岩渕里菜
  • FM:安達敏春
  • 制作進行:佐々木雅子、石田美和(2人共→以前は、アシスタントプロデューサー)、久野木麻子、吉峰香美、樋口絵里子、岩田うらら、百瀬和幸、木崎陽子、坂野裕、川島道子、宮本知佳、門脇衣良
  • AP:今井康則
  • ディレクター:田中拓郎、小林景、岡本光浩、島田顕、上原千絵、海老澤里菜、唐沢宏一、松井一樹(松井→以前は、演出補)、片山雄飛、佐藤弘興、生越直紀、岩鼻優、高橋正人、福田龍、高木香織、高宮聡子、生井真、内田あかね、関野政昭、吉川真一朗、境浩平
  • 演出:長谷川孝行、三浦正樹、林田竜一、加藤孝司、田辺昌邦、中野裕子、守屋茂員
  • スーパーバイザー:上村達也、伊東浩一(2人共→以前は、アドバイザリープロデューサー)、小山伸一(以前は、プロデューサー)
  • プロデューサー:磯野太[21]中西太瀬戸口正克環真吾下田明宏前田直敬、岩沢錬、荻野健、宮太一/山野和也、栗林謙、羽村直子、野津静花、進藤裕貴、阿部滋子、高橋政光(高橋→以前は、ディレクター►制作進行)、松原寛
  • ラインプロデューサー:鈴木雅人(以前は、プロデューサー►一時離脱►チーフプロデューサー)
  • 統轄プロデューサー:横田崇(2017年6月3日 - 2018年6月2日)、島田総一郎(2018年6月9日 - 2019年6月1日)
  • チーフプロデューサー:桜田和之梅原幹森實陽三(森實→以前は、チーフクリエイター)、菅賢治加藤幸二郎
  • 制作協力:モスキート、ディレクターズ・ウェーブ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組”. ORICON NEWS (2020年7月4日). 2020年7月4日閲覧。
  2. ^ 2007年3月までの放送時間は、毎週木曜日19:00 - 19:58。
  3. ^ “天才!志村どうぶつ園:志村けん“園長”が語る動物への愛 パン君との思い出も”. MANTANWEB. (2017年4月17日). https://mantan-web.jp/article/20170407dog00m200041000c.html 2020年7月9日閲覧。 
  4. ^ “【追悼】志村けんさん「本当に、(動物は)予想以上のことをやってくれる」『天才!志村どうぶつ園』“園長”が語った動物たちへの思い”. ザテレビジョン: pp. 1-4. (2017年4月17日). https://thetv.jp/news/detail/229341/ 2020年7月9日閲覧。 
  5. ^ “志村けんさん死去:「天才!志村どうぶつ園」が“志村園長”を追悼「大活躍する姿を皆楽しみにしておりました」”. MANTANWEB. (2020年3月30日). https://mantan-web.jp/article/20200330dog00m200058000c.html 2020年4月2日閲覧。 
  6. ^ 日テレ、4日放送予定の「志村どうぶつ園」は「一部内容を変更」 スポーツ報知、2020年3月30日配信、7月9日閲覧
  7. ^ “相葉雅紀、涙ながらに志村けんさん追悼「嫌です。悲しすぎます」”. マイナビニュース. (2020年4月4日). https://news.mynavi.jp/article/20200404-1011019/ 2020年7月8日閲覧。 
  8. ^ “相葉雅紀、志村園長に約束「みんなを笑顔にできるようにこれからも頑張っていきます」”. ザテレビジョン: pp. 1-2. (2020年4月4日). https://thetv.jp/news/detail/229343/ 2020年7月8日閲覧。 
  9. ^ “相葉雅紀、「志村どうぶつ園」収録でMCのコロナ急死に涙…今後もタイトル変えず番組続行”. スポーツ報知. (2020年4月3日). https://hochi.news/articles/20200402-OHT1T50310.html 2020年4月3日閲覧。 
  10. ^ 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組”. ORICON NEWS (2020年7月4日). 2020年7月4日閲覧。
  11. ^ a b ““相葉どうぶつ園”が10月開園 日テレ系「天才! 志村どうぶつ園」は9月終了”. SANSPO.COM. (2020年7月4日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200704/joh20070404000002-n1.html 2020年7月4日閲覧。 
  12. ^ 天才!志村どうぶつ園:9月いっぱいで“閉園”決定… 10月からは相葉雅紀MCの新動物番組スタート”. MANTAN WEB (2020年7月4日). 2020年7月4日閲覧。
  13. ^ “24時間テレビで“志村けんさん物語”、ジャニーズWEST重岡が主演「精いっぱい頑張る」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年7月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/25/kiji/20200725s00041000185000c.html 2020年8月2日閲覧。 
  14. ^ “相葉雅紀 「24時間テレビ」の志村けん企画に出演”. 音楽ナタリー. ナターシャ. (2020年8月1日). https://natalie.mu/music/news/390127 2020年8月2日閲覧。 
  15. ^ #バラエティ化する宗教107頁
  16. ^ 主にDAIGOが多い。
  17. ^ 億万のココロ」時代から続いたSBレスで次番組へ継ぐ形式を廃止
  18. ^ これによりテレビ大分(フジテレビ系とのクロスネット局)も同時ネットに切り替え。また、テレビ宮崎(フジテレビ系・テレビ朝日系とのトリプルネット局)でも土曜日13:00 - 13:57に放送している。
  19. ^ 長らく土曜13時から放送していたが、『ウチくる!?』の終了に伴う後番組として2018年4月に移動した。
  20. ^ 日本テレビ系列局が無い沖縄県において、現在、本番組としては唯一、TBS系列局による番販放送となっている。
  21. ^ 現在は太田プロの第2代社長

参考文献[編集]

  • 石井研士編『バラエティ化する宗教』青弓社、2010年10月。ISBN 978-4-7872-1045-6
  • 葛西賢太著 第5章『「動物と話せる女性」の世界 テレビに描かれる「共存と癒し」の物語

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 木曜19時台
前番組 番組名 次番組
天才!志村どうぶつ園
(2004年4月 - 2007年3月)
モクスペ
※19:00 - 20:54
日本テレビ系列 土曜19時台
天才!志村どうぶつ園
(2007年4月 - 2020年9月〈予定〉)
I Loveみんなのどうぶつ園(仮題)
日本テレビ系列 土曜19:56 - 19:57枠
シャル・ウィ・ダンス?
〜オールスター社交ダンス選手権〜
※19:00 - 19:57
天才!志村どうぶつ園
世界一受けたい授業
※19:56 - 20:54
【1分拡大】